WordPressでLP(ランディングページ)を作る方法と注意点

更新日:2020年05月20日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
WordPressでLP(ランディングページ)を作る方法と注意点

ECサイトのマーケティングのためにアフィリエイトやリスティング広告を利用している場合、魅力的なLP(ランディングページ)を作ることは重要です。LPの有無、そしてその出来具合によって、売上が大きく変わってしまうからです。しかし、実際にLPの制作を外部の専門会社に依頼するとなると、それなりのコストがかかるのは事実です。wordpressを使えるのであれば、自分でLPも作ってみるという選択肢を考えることもできるでしょう。ここでは、どのようにwordpressでLPを作ったらいいのか、どんな注意点があるのかなどを解説していきます。

関連する記事

素朴な疑問、WordPressでLPは作れるのか?

結論から述べると、作ることができます。

wordpressはブログを作るためにとても優れたツールですが、LP作りにも適しています。プラグインを導入することで、いろいろな機能を簡単に埋め込めるからです。

また、管理がしやすいため、利用状況に応じて修正が簡単というのも、LP制作に向いている点だと言えるでしょう。ランディングページ制作に必要な機能や特性をwordpressは持っていますので、自分でもこのツールを作って制作することができるのです。

WordPressでLPを作るメリット

メリットが2つあります。具体的には以下の通りです。

メリット(1)コストがかからない

自分でLPを作れますので、コストがかなり安く済みます。高機能のプラグインや有料のテーマを入れても、外注するよりもずっと安くなります。

メリット(2)短期間で作れる

依頼のための打ち合わせの時間もなくなりますので、素早いページアップが可能というのもメリットです。短期間ですぐにLPを始められます。

そして、運用しながら解析をし、その結果を反映しやすいという点にも注目できます。wordpressを使えば、自分でちょくちょく変更が可能ですので、顧客の使いやすい形に調整していくことが楽なのです。

作成する方法

サイトのデザインや商品イメージに合ったテーマを使うという方法が一番楽です。

テーマ設定

wordpressのデフォルトのテーマ、もしくは対応している外部のテーマをチェックしましょう。その際には、デザインと共に、機能や構成、そして価格を検討することが肝心です。

インストール

wordpress上からテーマをインストールする場合は、ダッシュボードから行えます。外部サイトからのダウンロードのケースでは、それぞれのテーマごとにやり方が違うので、説明を見ながらインストールしましょう。

テーマのカスタマイズ

商品やサービスごとに、見やすく雰囲気に合うようカスタマイズしなければなりません。カラーや枠の大きさ、画像の配置、フォームの位置などを検討して変更していきましょう。

それぞれの項目を設定するごとに実際の見た目をプレビューして、購入へと誘導しやすい作りにしていくのがポイントです。また、全体の流れを統一させ、見やすくスムーズな流れとなっているかを確認します。

プラグインを組み合わせて編集

テーマの中にすでにいろいろな機能が入っているものもありますが、通常はプラグインを追加しないとLPとしては不十分です。足りない機能については、プラグインを追加させることで補完することができます。

たとえば、入力フォームや会員ログインシステム、コメント機能などを加えることができます。また、決済システムの導入など、そのまま購入を促す機能もプラグインを使って入れるようにしましょう。

ランディングページを作る際の注意点

きちんとLPに必要な機能が動くように、いくつかの点に注意する必要があります。

テーマとプラグインの互換性

デフォルトのテーマを使えばほぼ問題はありませんが、外部のテーマを使う際には、プラグインとの互換性に注意しましょう。欲しいと思っている機能を持つプラグインが、特定のテーマでは動かないことがあるのです。

互換性は、内容の説明に記載されていることもありますが、記載がないこともあります。実装してみないと分からないということも多いので、逐一動作を確認しましょう。

プラグインを入れすぎない

いろいろな機能が欲しいからと、プラグインを入れ過ぎると問題が起こります。まず、ページが重くなってしまって、読み込みに時間がかかるようになります。

また、有料プラグインをいくつも入れるとコストがかかり、自分でwordpressを使って作る意味が薄れてしまいます。

おすすめのWordPressテーマ

簡単に魅力的なLPを作れるテーマをご紹介します。

有料版なら「ALBATROS」

「ALBATROS」は、もともとブログを作るためのテーマですが、LP作成機能を持っています。そのため、LPを作るための設定がとても楽で、カスタマイズがしやすいです。

また、日本で作られているものですので、日本マーケットの雰囲気に合ったデザインなのも魅力。日本語でのサポートもしっかりしていますので、初めての人でも安心できます。

無料版なら「MINIMABLE」

「MINIMABLE」は、無料でありながら高機能ということで人気です。レスポンシブなLPを作れますし、エフェクトも充実しています。

動きのあるLPを作りたい時に最適のテーマと言えます。デザインもクールなものが多く、いろいろな商材に対応できるのもメリットです。

ランディングページをプロに依頼するメリット

このように、wordpressを使って自分でLPを作るとしても、テーマを活用すればさほど難しくありません。しかし、LPを作れば商品は売れるワケではありません。

売れるLPを作るためには、豊富なノウハウが必要となります。そのため、外注費を払ってでもプロに依頼することにはメリットがあるのです。

プロに依頼すれば広告から入ってきた見込み客を、巧みに販売まで誘導する流れや、惹きつける魅力的なデザインと構成を作ることができます。

また、無駄のないページにし、顧客が購入しやすいようにデザインするというのもプロの技と言えるでしょう。

LPの制作自体はカンタンだが奥が深い

広告サービスを活用しているのであれば、LPを魅力的に作るというのは、商売の成否を分ける重要なカギとなります。コストをかけずに作りたいのであれば、wordpressを活用してカンタンに制作することが可能です。

その際には、センスが良く必要な機能がしっかりと入っているテーマを利用しましょう。雰囲気に合ったデザインにすることで、顧客の購買意欲を高めることができます。

一方で、よりコンバージョン率の高いLPを作りたいのであれば、ノウハウを豊富に持つプロに外注するという選択肢も考えることができるでしょう。

なぜなら、ランディングページを閲覧するユーザーは購買意欲が高くない状態が少なくありません。そうした状況から商品やサービスの購入や申し込みを促すことになります。

Webページだけで購買意欲を高めさせ購買に繋げるには消費者心理などを踏まえる必要があります。LP自体を作るのは簡単ですが、売れるLPを作るのは難しいのです。

成果が出るランディングページを作るならプロの制作業者に依頼するのも視野に入れたほうがよいでしょう。

なお弊社が運営しているマッチングサイト『比較ビズ』では、実績豊富なLP制作会社が数多く登録しています。

どんなLPを作りたいのかWeb上の相談フォームに入力すれば、一括で複数の制作会社に気軽に相談することが可能です。

無料で利用できますし、自分の足で一社一社業者を選ぶ手間も省けます。「専門業者に話を聞いてみたい」と考えている方でしたら、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインに関連する記事

Web制作会社・システム開発会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら