Wordpressのドメイン変更手順を解説!デメリットや注意点も確認

最終更新日:2023年05月19日
SeekNext合同会社
監修者
代表 兼 CEO 佐藤 潤嗣
Wordpressのドメイン変更手順を解説!デメリットや注意点も確認
この記事で解決できるお悩み
  • Wordpressのドメイン変更方法とは?
  • ドメインを変更する必要がある場合は?
  • Wordpressのドメイン変更をする際の注意点は?

「Wordpressのドメイン変更をしたいが、変更手順がわからない…」とお悩みの方必見!

この記事では自分のWebサイトやブログを運営し、ドメインを変更したい方に向けて、Wordpressのドメイン変更方法や変更をする際の注意点について解説します。最後まで読めば、Wordpressのドメイン変更をするデメリットもわかります。

Wordpressのドメイン変更は正しい手順に従えば実行できます。ドメインを変更する必要がある場合も紹介しているため、変更後の影響を知りたい方もぜひ参考にしてください。

WordPressのドメイン変更にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • SEOへの影響が心配
  • 設定ミスによるサイトダウンが不安
  • データ移行できるか不安

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す

Wordpressのドメイン変更方法

pixta_64123367_M

Wordpressのドメイン変更は、ホームページのURLを変更する方法です。この変更は、ホームページの移行やブランド名の変更など、多くの理由から必要になる場合があります。
ここでは、Wordpressのドメイン変更方法を順番に解説します。

  1. 新しいドメインを取得する
  2. Wordpressの設定を変更する
  3. 「.htaccessファイル」を変更する
  4. 古いドメインの301リダイレクトを設定する

1. 新しいドメインを取得する

まず、新しいドメインを取得します。ドメインは、ドメインレジストラから購入するか、すでに所有している場合は移管できます。

2. Wordpressの設定を変更する

新しいドメインを取得したら、Wordpressの管理画面にログインし「設定」から「一般」を選択し、以下の2つの項目を変更します。

  • Wordpress アドレス (URL):新しいドメインを入力
  • サイトアドレス (URL):新しいドメインを入力

これらを入力し終えたら、保存するために「変更を保存」をクリックします。

3. 「.htaccessファイル」を変更する

Wordpressのルートディレクトリにある.htaccessファイルを変更します。.htaccessファイルを編集するには、FTPクライアントを使用するか、ホスティングプロバイダーが提供するファイルマネージャーを使用します。

以下のコードを追加して、旧ドメインから新しいドメインにリダイレクトするように変更しましょう。

追加するコード

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^old-domain.com$ [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.old-domain.com$
RewriteRule (.*)$ http://www.new-domain.com/$1 [R=301,L]

4. 古いドメインの301リダイレクトを設定する

新しいドメインに切り替えた後も、古いドメインのランキングやバックリンクを維持するために、301リダイレクトを設定します。古いドメインを所有している場合は、ドメインレジストラやホスティングプロバイダーに問い合わせて、301リダイレクトを設定してください。

プラグインを使ったWordpressのドメイン変更方法

Wordpressのドメイン変更は、プラグインを使用する方法もあります。専用のプラグインを使用することで、手動でおこなう場合に比べて簡単にドメイン変更を実行できるでしょう。ここでは、専用のプラグインを使ったWordpressのドメイン変更をおこなう方法を解説します。

  1. All-in-One WPMigrationをインストールする
  2. エクスポートを作成する
  3. 新しいドメイン名でWordpressをインストールする
  4. インポートを行う
  5. パーマリンクを再設定する
  6. リダイレクトを設定する

1. All-in-One WPMigrationをインストールする

Wordpressに「All-in-One WPMigration」プラグインをインストールします。プラグインを有効化し、左側のメニューに表示される同プラグインを選択します。

2. エクスポートを作成する

「エクスポート」を選択し、ホームページのエクスポートを作成します。プラグインは、ホームページのすべてのデータベースやファイル、メディアなどを含むバックアップを作成します。エクスポートが完了したら、エクスポートファイルをダウンロードしてください。

3. 新しいドメイン名でWordpressをインストールする

新しいドメイン名でWordpressをインストールし、All-in-One WPMigrationプラグインを再度インストールします。

4. インポートを行う

新しいWordpressを入れたら「インポート」を選択し、ダウンロードしたエクスポートファイルを選択します。All-in-One WPMigrationプラグインは、自動的にファイルをインポートし、新しいドメイン名にあわせてすべての設定を更新します。

5. パーマリンクを再設定する

新しいドメイン名でWordpressを再起動した後、管理画面で「設定」から「パーマリンク」を選択し、パーマリンクの再設定を行います。これにより、すべてのページのURLが更新されます。

6. リダイレクトを設定する

新しいドメイン名にリダイレクトするために、.htaccessファイルを編集して301リダイレクトを設定します。以下のコードを追加してください。

追加するコード

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^new-domain.com$ [NC]
RewriteRule ^(.*)$ http://new-domain.com/$1 [L,R=301]

「new-domain.com」には新しいドメイン名を入力してください。

ドメインを変更する必要がある場合2つ

pixta_81150667_M

Wordpressのドメイン変更は頻繁にする必要はありませんが、状況により必要になる場合があります。ここでは、一般的にドメインを変更する必要がある場合2つを解説します。

  1. ホームページのデザインや構造を変更する場合
  2. Googleのペナルティ対象で検索上位になれない場合

1. ホームページのデザインや構造を変更する場合

ホームページのデザインや構造を変更する場合、ドメイン名の変更が必要な可能性があります。たとえば、新しいデザインやサービスが今のドメイン名で一致しない場合、ドメイン名を変更する必要があるでしょう。

新しいドメインにホームページを移行することで、検索エンジンに新しいサイト構造を通知し、検索結果でのランキング向上につなげることができます。

2. Googleのペナルティ対象で検索上位になれない場合

Googleのペナルティによって検索上位になれなくなった場合に、ドメイン名の変更が必要でしょう。

たとえば、スパム行為や不正なSEOの使用、ウェブサイトの品質が低下した場合、Googleによりペナルティが課せられます。このような場合、ドメインを変更することで、ホームページの信頼性を回復し、Googleの検索結果でふたたび上位にランキングされる可能性があります。

Wordpressのドメイン変更をするデメリット3つ

Wordpressのドメイン変更は、新しいドメインにホームページを移行することで、検索エンジンやユーザーに新しいウェブサイトを通知できます。ここでは、Wordpressのドメイン変更をする際のデメリットを3つ解説します。

  1. 検索エンジンの評価がリセットされる
  2. 既存のバックリンクを失効する
  3. コピーサイトと判断される可能性がある

1. 検索エンジンの評価がリセットされる

新しいドメインに移行する場合、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは新しいドメインを新しいホームページと見なします。

これにより、古いドメインの評価や検索エンジン結果ページ(SERP)ランキングはすべてリセットされます。したがって、新しいドメインでのSEO戦略を再開する必要があるでしょう。

2. 既存のバックリンクを失効する

古いドメインに対する多数のバックリンクがある場合、ドメインを変更することにより、これらのバックリンクが失効します。バックリンクは、サイトの評価に重要な役割を果たしているため、これはサイトのSEOにとって大きな問題です。

ホームページのドメインを変更した後、古いドメインからのバックリンクは新しいドメインにリダイレクトされるように設定する必要があります。

3. コピーサイトと判断される可能性がある

検索エンジンは、重複したコンテンツがあると、それらをスパムサイトと見なす可能性があります。コピーサイトと判断されると、検索エンジンのランキングで低い評価を受け、検索上位にランキングされなくなります。

コピーサイトにならないよう、ドメイン変更前後のホームページのコンテンツやデザインを比較し、重複している部分を修正しましょう。

Wordpressのドメイン変更をする際の注意点3つ

pixta_87589137_M (1)

Wordpressのドメイン変更は、慎重に行う必要があります。誤った手順を取ると、ホームページが検索エンジンで見つからなくなったり、復元できなくなったりする可能性があります。
ここでは、Wordpressのドメイン変更をする際の注意点を3つ紹介します。

  1. ホームページのバックアップを取得する
  2. サイトマップを更新する
  3. コンテンツを更新する

1. ホームページのバックアップを取得する

Wordpressのドメイン変更を行う際には、まずホームページのバックアップの取得が非常に重要です。

バックアップを取得することで、変更作業中に何か問題が発生した場合でも、以前の状態に簡単に戻せます。ホームページが検索エンジンで検索されなくなった場合も、以前の状態に戻せます。

バックアップの取得方法は、プラグインを使用する方法や、FTPを使用する方法などがあるため、忘れないようにしましょう。

2. サイトマップを更新する

Wordpressのドメイン変更を行う際は、サイトマップを更新しましょう。サイトマップは、検索エンジンに対してホームページの構造やページの情報を提供するもので、ドメイン変更後は新しいドメインに更新する必要があります。

更新しない場合、検索エンジンが古いドメインにアクセスし、ホームページが検索結果に表示されなくなる可能性があるため、注意しましょう。サイトマップの更新には、サイトマップを生成するプラグインを使用する方法や、手動で更新する方法があります。

3. コンテンツを更新する

Wordpressのドメイン変更を行う際には、コンテンツを更新することも重要です。

ドメイン変更後、旧ドメインから新ドメインにリダイレクトされる設定をしても、一部のコンテンツは古いドメインのまま残ってしまうことがあります。これにより、検索エンジンが重複コンテンツとして認識し、ペナルティを課すことがあります。

ドメイン変更後はコンテンツをひととおり確認し、古いドメインの部分を新しいドメインに更新しましょう。

まとめ

Wordpressのドメイン変更は正しい手順に従えば実行できますが、注意点もあります。検索エンジンにどう影響するか不安な場合や、変更手順が複雑で難しそうと感じる場合は、専門家に依頼することで、スムーズに変更作業を行えます。

比較ビズでは数多くの経験豊富な制作会社が登録しているため、数分で比較でき、外注できます。完全無料で利用できるため、ぜひ相談から始めてください。

監修者の一言

会社名の変更や組織の改変などによってドメインの変更を行うことがあると思います。ドメインの変更自体は移転の手順を踏めば、移行可能かと思いますが、重要なのはそれに付随して行わなければならない作業です。それが以下のような作業となります。

・リダイレクト設定
・SEO設定

上記の対応をしっかり行っていなければ、SEOの大幅な低下やダミーサイトと認識されてペナルティを受ける可能性もあります。そのような状況になることを避けるために、ドメインを移行した後はすぐにでも上記の対応をすることを推奨しています。

ただし、上記の対応はドメインの知識、DNSの知識、サーバーの知識が必要な場合が多々ありますので、不安な方は専門家に相談しながら進めることをおすすめします!

SeekNext合同会社
代表 兼 CEO 佐藤 潤嗣
監修者

福岡県のホームページ制作会社代表。福岡県出身。趣味はフットサル。システム会社、ホームページ制作会社に勤務した後、SeekNext合同会社を立ち上げる。福岡を中心に全国のサイト制作・運用に携わっている。中小企業はもちろん大手企業との制作実績あり。制作したホームページは100件以上。SEO対策やSNS運用でも実績あり。動画制作や名刺・チラシ・パンフレット・パッケージデザインなども手がける。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
WordPressのドメイン変更にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • SEOへの影響が心配
  • 設定ミスによるサイトダウンが不安
  • データ移行できるか不安

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数のWeb制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ホームページ制作・デザインに対応できる業者を一覧から探す