WordPress(ワードプレス)のカスタムフィールドって?

更新日:2021年10月26日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
株式会社Weathercock
監修者
代表取締役 大野淳
WordPress(ワードプレス)のカスタムフィールドって?

wordpressを使ったページ制作を外注する際、担当者からページの構成についての説明を受けることになります。その時に、wordpressで使うことが多い用語を理解していないと話がなかなか進みません。よく出てくるワードとして、「カスタムフィールド」というものがあります。実際にページを作っていく上で欠かせない機能ですので、何を指しているのかしっかりと覚えておきましょう。

WordPressのカスタムフィールドとは?

カスタムフィールドとは、デフォルトの入力項目に追加して入れることができる情報入力項目と言えます。自由に何個でも追加できて、どんな内容でも入力できるオプションです。

具体的に言うと、wordpressのデフォルトの入力項目では、タイトルと本文の二つが用意されています。これに、「商品名」、「商品紹介文」などのフィールドを追加することで、より整然とした仕方でページを作っていくことができるのです。

フィールドの順番ごとにページが作られていきますので、複数のページを作る場合、デザイン的にまとまりが出てきます。また、本文フィールドに入力する文字数が減るため、編集もしやすくなります。

カスタムフィールドは、こんなときに便利!

カスタムフィールドの活用シーンとしては、決まった形でのページをたくさん作りたいという時に役立ちます。たとえば、観光スポットを紹介するページなら、名前、住所、見どころ、料金というフィールドを作ることで、情報を見やすく配置できるのです。

また、複数のスタッフで同じサイトを作る時にも役立ちます。それぞれのフィールドに入れるべき情報を指定しておけば、誰が作っても同じ構成でページが作れますので、デザインが統一されてサイトの質が高まるのがうれしいところです。

固定の入力項目

一つ目の活用方法である、入力項目を固定することで見た目をすっきりさせることができるという点ですが、これはさらに機能性をアップすることができます。具体的には、テンプレートタグを利用することによって、内容を動的に表示することができるのです。

たとえば、商品の紹介をするページを作ったとします。そこでは複数の商品を掲載しますが、クリック数を基にフォームの入れ替えをするタグを埋め込めば、人気のある商品をよりページの上部に表示させることができるようになるのです。

また、それぞれの追加したフィールドには、入力したい情報についてのコメントを入れることができます。この方法を採ることで、ページ作成の際に情報漏れを避けられるというメリットも生まれます。

たとえば、商品紹介をするページをたくさん作る場合、「商品名」、「特徴」、「価格」、「寸法」などのフィールドを作り、そこにコメントを入れます。こうすることで、すべての商品についての必要な情報を確実に記載させることができるようになるのです。

複数人での投稿

wordpressによるホームページ制作を外注した場合、制作会社は通常チームで働きます。同じサイトを複数のスタッフで作ることになりますので、別々に作業しても同じ体裁に仕上がるようにしなければなりません。

そこで使われるのが、このカスタムフィールドという機能です。どこにどの情報を入れるかというのを、フィールドごとに指定することができますので、指定に従って入力していけば別々に作っても同じ見た目になります。

特に、何らかのサービスや商品を紹介する形のページで威力を発揮します。たくさんの商品を短期間でアップするためには、複数のスタッフによる作業が必要となりますので、カスタムフィールドを有効活用することによって、見た目に優れたページを大量に作れるのです。

ホームページ制作外注においては、カスタムフィールドが使用されることがほとんどです。そのため、しっかりとカスタムフィールドの内容と使い方を覚えておきましょう。

カスタムフィールドの設定

wordpressでは、初期の状態のままでもカスタムフィールドを簡単に使えるようになっています。まずはこのデフォルトの状態の設定を見てみましょう。

入力画面を見てみると、通常の投稿画面の下部に「カスタムフィールド」という項目があります。もしくは画面の右上にある「表示オプション」というところをクリックすると、カスタムフィールドメニューがありますのでそこをチェックします。

もし入力内容が一つで済むようであれば、デフォルトで表示される欄に入力していくだけで十分です。もし、フォームを追加していきたいのであれば、「新規追加」という文字がありますので、そこをクリックするとさらに項目が増えていきます。

項目を追加すると、それぞれの項目で名前と値もしくは文章を入れることができるようになります。名前の部分には、その項目で入れたい内容を記載しておき、誰が見ても分かりやすいようにします。

このような方法はとても簡単ですぐにできます。しかし、デフォルトの機能だと画像や動画を入れることはできません。

そこで、カスタムフィールド用のプラグインをインストールして、より機能性を高めるのも良いでしょう。利用度が高いものとしては、「Advanced Custom Fields」というものがあります。

いろいろなファイルやカレンダープログラムなども追加できますので、かなり便利です。使い勝手も良く、直感的に操作できるというのも一つのメリットとなっています。

カスタムフィールドをタグで入れ込む

より機能のカスタマイズが必要となる場合は、自分でタグを入れ込んでカスタムフィールドを作ることになります。wordpressでよく使われる、function.phpにコーディングしていくことで、フィールドを自分好みに追加していけます。

それぞれの機能や表示の設定ごとに、異なるタグが必要となってきて、コーディングの知識がないと難しいでしょう。外注した場合、コーディングをしてカスタムフィールドを作ってもらうということであれば、実績のある会社に依頼する方が安心です。

まとめ

wordpressは、プロも利用するとても便利で機能的なホームページ制作ツールです。その便利な機能の一つと言えるのがカスタムフィールドで、デザインの統一、チームでの制作に対応することができる機能です。

決まった形式で、それぞれの項目ごとに内容を入力していくことができるので、見た目の良いサイトとすることができます。サイト制作を外注する場合には、よく使われるワードですので覚えておきましょう。

カスタムフィールドは工夫次第で、デザイン性をアップしてより魅力的なサイトにしたり、更新作業を始めとするサイトの管理を楽にしてくれる機能です。その使い方をある程度知って、サイト運営の効率を上げられるようにしましょう。

監修者の一言

WordPressでカスタムフィールドを使うことで、色々なタイプの投稿ページを作成する事が出来ます。例えば、料理のレシピであったり旅行先のホテルの概要であったり、スタッフの紹介ページであったりと様々なタイプの投稿ページを作成する事が出来ます。

また、記事内で紹介されている「Advanced Custom Fields」というWordPressプラグインをインストールする事でカスタムフィールドの幅もかなり広がります。 ホームページ制作においてもカスタムフィールドを使う機会も多いと思います。

WordPressを用いてホームページを作成される場合はとても便利な機能なので、ぜひ前向きに取り入れてみてはいかがでしょうか。

株式会社Weathercock
代表取締役 大野淳
監修者

愛媛県でホームページ制作・SEO対策を行なっている会社。コーポレートサイトやECサイトの構築はもちろん、オウンドメディアの構築を行う。クライアントに寄り添ったWEB制作を心がけており、WEBマーケティングを通して見込み客の欲求に合わせたコンテンツ作成を行うことをモットーに行う。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインの案件一覧

ホームページ制作・デザインのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営17年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す