給与計算は社労士に代行できる?社労士へ依頼する際に必要な情報と流れを確認

最終更新日:2023年07月27日
マネーライフワークス
監修者
岡崎 壮史
給与計算は社労士に代行できる?社労士へ依頼する際に必要な情報と流れを確認
この記事で解決できるお悩み
  • 給与計算は社労士に代行できる?
  • 給与計算を社労士に依頼するメリットは?
  • 給与計算を社労士へ依頼する際に必要な情報や流れは?

「給与計算を社労士に依頼したいが、必要な情報や流れがわからない…」という方必見!

この記事では起業家や事業主に向けて、給与計算を社労士に依頼する際に必要な情報や流れ、メリットについて解説します。最後まで読めば、依頼する際の注意点もわかります。

給与計算は複雑で時間のかかる作業ですが、依頼することで煩わしい手続きを専門家に任せられます。給与計算を社労士に依頼する際の費用相場も紹介しているため、人事部門や経理部門の担当者もぜひ参考にしてください。

給与計算代行の依頼でお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 経理の人員不足で手が回らない
  • 社労士の対応範囲をしりたい
  • 給与計算代行の費用相場をしりたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、給与計算代行に精通した会社から提案がもらえ、相場感や各社の特色を把握したうえで最適な専門家を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

給与計算代行に対応できる業者を一覧から探す

給与計算は社労士に代行できる

名称未設定のデザイン (25)

給与計算は社労士に代行してもらえます。社労士は労働法や社会保険制度に関する知識を持っており、最新の法律や規則を把握しています。

給与計算においては、法的な要件や規定を遵守することが非常に重要です。地域の社労士会や口コミをチェックして、信頼できる社労士を見つけることをおすすめします。

税理士や代行会社との違い

社労士と税理士の違いは、専門性と業務範囲です。社労士は労働法や労務管理に特化し、給与計算を含む労務全般をサポートします。税理士は税務に特化し、給与計算における税金や源泉徴収に関する専門的なサポートを提供します。

代行会社は、専門の給与計算システムやソフトウェアを使用して、給与計算や源泉徴収、社会保険の手続きなどを代行します。

給与計算に関する業務だけではなく、労務管理や法的な規制に関するサポートが必要な場合は、社労士を選ぶことが適切です。

給与計算を社労士に依頼するメリット2つ

ここでは、給与計算を社労士に依頼するメリットを2つ紹介します。

  1. 専門知識と経験が豊富で安心できる
  2. 時間と労力の節約ができる

1. 専門知識と経験が豊富で安心できる

社労士は労働法や社会保険制度に関する深い知識を持ち、給与計算において正確かつ適切な手続きを行います。法的なコンプライアンスを確保し、企業は法的リスクやトラブルを回避できます。

社労士の専門的なアドバイスと信頼性により、給与計算に関する業務を安心して任せられるでしょう。

2. 時間と労力の節約ができる

給与計算は複雑な手続きや煩わしい計算が必要であり、正確性が求められます。社労士に依頼することで、企業は手続きや計算作業を専門家に任せられます。

依頼することで、従業員の給与に関連する業務にかかる時間や労力を削減できるでしょう。給与計算の煩わしい作業から解放されることで、生産性の向上や業務効率化が図れます。

給与計算を社労士へ依頼する際に必要な情報一覧

名称未設定のデザイン (26)

給与計算を社労士に依頼する際に、必要な情報は以下のとおりです。以下の情報を提供することにより、社労士は正確な給与計算を行い、法的な規定を遵守できます。

従業員情報 従業員の氏名や住所、生年月日、雇用形態、労働契約内容など
勤怠データ 従業員の出勤日数や労働時間、休暇日数など
給与情報 従業員の基本給や賞与、手当など
社会保険料や税金の控除対象となる給与要素も含まれる
労働条件や就業規則 労働時間の規定や休暇制度、残業手当の計算方法など
社会保険や労働保険に関する情報 労働保険に加入している場合、加入者数や保険料率など
税務に関する情報 源泉徴収税や所得税、住民税など
従業員の所得税の課税方式や税率、控除対象も含まれる
労働契約書や雇用規則 労働契約書や雇用規則のコピー

給与計算には従業員の個人情報が含まれるため、情報の漏洩や不正アクセスから保護するために、社労士との間で機密性の契約を結びましょう。

給与計算を社労士へ依頼する流れ

ここでは、実際に給料計算を社労士へ依頼する流れを紹介します。

  1. 社労士の選定
  2. 相談や打ち合わせ
  3. 情報の提供
  4. 給与計算の実施
  5. 労務管理のサポート
  6. 給与明細の提供
  7. 連携と定期報告

1. 社労士の選定

社労士を選ぶ際は、信頼性や専門知識、経験を重視しましょう。複数の社労士を比較し、実績や評判を確認します。料金体系や契約条件も明確化し、サービス内容や相性を検討します。

2. 相談や打ち合わせ

社労士への給与計算の依頼では、相談や打ち合わせが重要です。面談時に具体的な業務内容や契約条件を話し合い、双方の期待を共有します。

必要な情報や資料の提供方法や期限を確認し、業務範囲や料金を明確にしましょう。相談や打ち合わせを通じて信頼関係を築き、円滑な業務進行を図ります。

3. 情報の提供

給与計算を社労士に依頼する際、必要な情報を提供しましょう。従業員情報や勤怠データ、給与情報、労働条件、社会保険・労働保険情報、税務情報などが含まれます。

情報を社労士に提供することで、正確な給与計算が行われます。円滑な情報提供を通じて、給与計算業務の効率化や正確性の向上を図ります。

4. 給与計算の実施

社労士へ給与計算の依頼では、社労士が提供された情報をもとに給与計算を実施します。基本給や手当の計算、控除の適用、社会保険料や税金の計算などを行い、正確な給与明細を作成します。給与計算の実施により、企業は正確な給与処理と労務管理ができるでしょう。

5. 労務管理のサポート

社労士へ給与計算の依頼では、労務管理のサポートを受けられます。社労士は労働契約書や雇用規則の作成・管理、労働時間の管理、労務相談への対応など、幅広い労務管理業務に対応します。

労務法令の遵守や労働条件の適正な適用を確保し、雇用関係に関するリスクや問題を最小限に抑えられるでしょう。社労士の労務管理のサポートにより、企業は労務に関わる複雑な業務を適切に管理し、労働環境の改善や労働者の満足度向上に貢献できます。

6. 給与明細の提供

社労士は給与明細を作成し、従業員に提供します。給与明細には給与の詳細な内訳や控除額、支給額などが含まれます。

明細は従業員ごとに個別に作成され、給与支払いと同時または事後に配布することが一般的です。従業員は自身の給与に対する透明性や正確性を確認でき、給与に関する疑問や問題があれば社労士に相談できます。

7. 連携と定期報告

給与計算を社労士に依頼する際は、社労士との連携と定期報告が重要です。定期的に連絡を取り合い、必要な情報の提供や変更事項の共有を行いましょう。

社労士は法改正や、新たな労務規制の情報提供のアドバイスを行います。連携と定期報告により、給与計算業務や労務管理の進捗状況や問題点を把握し、迅速な対応や改善策を共有できます。

給与計算を社労士に依頼する注意点2つ

名称未設定のデザイン (27)

ここからは、給料計算を社労士に依頼する際の注意点を2つ解説します。

  1. 専門性と信頼性を確認する
  2. サービス内容と契約条件を明確にする

1. 専門性と信頼性を確認する

給与計算を社労士に依頼する際は、社労士の専門性と信頼性を確認しましょう。適切な資格や経験を持ち、給与計算業務において実績があるかを調べます。

他のクライアントの評判や紹介先の信頼性を調査し、社労士とのコミュニケーションが円滑で信頼できるかを確認しましょう。信頼できる社労士は、専門的な給与計算業務を適切に行い、正確性と法的コンプライアンスを確保できます。

2. サービス内容と契約条件を明確にする

給与計算を社労士に依頼する際は、サービス内容と契約条件を明確にしましょう。具体的な業務内容や給与計算に関わる範囲、提供されるサービスの詳細を明確に確認します。

報酬体系や料金、納期、契約期間、更新条件などの契約条件を明示してもらい、双方の合意を確認しましょう。明確なサービス内容と契約条件は、双方の間での誤解や紛争を防ぎ、円滑な業務遂行と信頼関係の構築につながります。

給与計算を社労士に依頼する際の費用相場

給与計算を社労士に依頼する際の費用は、主に従業員数により異なります。以下は一般的な費用相場の目安です。

  費用相場(月額)
5〜9人 5,000円〜
10〜19人 10,000円〜30,000円
20〜29人 20,000円〜45,000円
30〜49人 40,000円〜70,000円
50人〜 50,000円〜80,000円

詳しくは以下の記事で詳しく解説しているため、参考にしてください。

まとめ

給与計算は複雑で時間のかかる作業ですが、依頼することで複雑な手続きを専門家に任せられます。社労士に依頼することで、企業や担当者は給与計算に関連する煩わしい作業から解放されます。

比較ビズには数多くの社労士が在籍しており、一括見積が可能です。比較ビズの利用は完全無料であるため、信頼できる経験豊富な社労士を探してみてください。

よくある質問とその回答

  • 給与計算を社労士に依頼することは違法?

    給与計算を社労士に依頼することは違法ではありません。実際に多くの企業や組織が、社労士に給与計算業務を委託しています。

    社労士は労働法や社会保険に関する専門知識を持ち、給与計算の法的要件や規則を遵守するための支援を提供します。依頼する社労士が適切な資格や信頼性を持っているかを確認し、契約内容や報酬条件などを明確にすることが重要です。

  • 給与計算には社会保険手続きや年末調整も必要?

    給与計算には社会保険手続きや年末調整も含まれます。社会保険手続きには、健康保険や厚生年金保険の加入手続き、保険料の計算、社会保険の届出書の提出などが含まれます。

    ただし、一般的に社労士は年末調整作業を直接行うことはなく、税理士が専門家として対応することが多いです。税理士事務所と提携している社労士事務所や、税理士が在籍している社労士事務所を見つけて依頼するといいでしょう。

監修者の一言

給与計算は、様々なところに依頼することができる反面、何を重視するかで選ぶ先を厳選しなければ、思わぬところでトラブルになる恐れがある業務とも言えます。

給与計算は、従業員の毎月の給与や年末調整などを行う業務です。お金が絡む業務でもあるため。ある程度は信頼できる専門家や代行業者へ依頼することが多いといえます。

しかし、業務の内容によっては、特定の資格を有している人でなければできない業務(社会保険の手続きであれば、社会保険労務士。年末調整などの所得税に関連するものであれば、税理士)もあるため、どこの業者へ依頼するかについては、報酬面以外にも注意が必要であるといえます。

また、給与計算などについても、アプリや専用のソフトを使って行っているところもありますが、何かエラー(計算結果が一致しないなど)が発生した際に、解決をスムーズに行うために必要な専門的な知識を有する専門家との連携をとることが望ましいといえます。

マネーライフワークス
岡崎 壮史
監修者

1980年3月23日生まれ。社会保険労務士・1級FP技能士・CFP認定者。令和3年度 中小企業・小規模事業者等に対する働き方改革推進支援事業(専門家派遣事業) 派遣専門家。大学卒業後、外資系生命保険会社の営業、資格の専門学校の簿記・FPの講師、不動産会社の経営企画を経て現在に至る。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
給与計算代行の依頼でお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 経理の人員不足で手が回らない
  • 社労士の対応範囲をしりたい
  • 給与計算代行の費用相場をしりたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、給与計算代行に精通した会社から提案がもらえ、相場感や各社の特色を把握したうえで最適な専門家を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

給与計算代行に対応できる業者を一覧から探す