仕事を受けたい企業と仕事を依頼したい企業を繋ぐ

日本最大級のビジネスマッチングサービス

仕事を受けたい方はこちら

受注者として活動する

営業代行とは?税理士が利用するメリットとデメリットをチェック!

更新日:2020年03月06日 カテゴリ: 税理士・公認会計士
営業代行とは?税理士が利用するメリットとデメリットをチェック!

事務所の経営を安定させるためには、営業活動を続けることが求められます。しかし、税理士としての本来業務と並行して営業をするというのはかなり大変です。事務所の規模がそれなりにあり、営業の専門部署を作れるのであれば問題ありませんが、たいがいの事務所はそこまでの余裕がありません。そこで、営業代行サービスの利用を検討できます。営業代行にはいろいろなメリットがありますので、その仕組みとメリットを理解して積極的に利用したいものです。

税理士の営業代行とは?

まずは、そもそも営業代行とはどんなサービスなのかを知るようにしましょう。詳細を知ることで、自分のところに合った依頼の仕方も確認できます。

丸投げから業務切り取りも可能

営業代行とはその言葉の通り、税理士が新規顧客を得るための営業を代わりにしてくれるという、営業のプロによるサービスです。その内容は、依頼に応じて調整することができます。

潜在顧客探しから電話アポ、アプローチ、クロージングまでをすべて丸投げすることができるものもあります。一方で、電話でのアポ取りのみを依頼できる会社もあり、それぞれの事情と予算に応じた依頼が可能です。

報酬体系は会社ごとに違う

営業代行にかかる報酬は、サービスや会社によって異なります。月額制のところもあり、一定程度の業務を続けていくことを条件として、いわば外部派遣業務のような形で営業をしてくれます。

また、単価制度になっていることもあります。電話でのアポを何件する、説明会を開催するなど、それぞれの業務に応じてあらかじめ単価が設定されています。

完全報酬制度を採っているところもあります。アポを何件取れた、新規顧客を何人獲得できたかという成果に基づいて報酬が計算されるというものです。

それぞれの報酬制度でメリットデメリットがありますので、依頼したい内容に合わせてどのシステムが合っているかを考える必要があります。

オンライン紹介サービスを提供する営業代行も

一般的な営業を行うサービスとは別に、サイト運営者が見込み客もしくは新規契約者を紹介してくれるというサービスもあります。税理士が登録する形となっていて、そのサイトを通じて依頼をしてきた場合、登録している税理士に紹介されます。

税理士としてはそのサービスサイトに紹介するだけで済みますので、手間がかかりません。一方で、紹介マージンが他の営業代行サービスに比べてかなり高いので、利益率は低くなります。

営業代行サービスを税理士が活用するメリット

こうした営業代行サービスを税理士が利用することには様々なメリットがあります。営業活動を拡大したいと考えているのであれば、このメリットを確認し営業代行という選択肢を真剣に考慮できます。

本来業務に集中できる

営業関連の業務を丸投げすることもできますので、この分野に関する手間が一切なくなります。そのため、税理士としての本来業務に集中できるのが大きなメリットです。

余計な業務に気を取られることもありませんし、時間をかけることもありません。その分、業務全体が効率化されてスムーズに経営ができるようになります。

顧客とのコミュニケーションや迅速な対応がより楽にできるようになります。結果として、業務の質も上がりますので顧客満足度をアップさせる要因が生まれます。

人件費を抑えることができる

営業部署を作り、そのためのスタッフを雇うとなると人件費がかさみます。もちろん、営業代行サービスへの依頼でも外注費がかかります。

しかし、社員への福利厚生費用やボーナス、人事管理費用などを考えると、トータルでは人件費をぐっと抑えることにつながります。短期間だけでの営業をしたいという場合には、特に有効な手段となります。

営業のエキスパートのサポートを得られる

営業代行サービスを運営している会社は、営業のプロを抱えていて質の高い仕事をしてくれます。営業のエキスパートとして、確実な成果を出してくれることを期待できますので、新規顧客拡大には大きな力となります。

特に成果報酬制度としている場合は、代行会社としても成果を出さないと意味がありませんので、より実績を求めて営業をします。短期間で確実な営業をしたいということであれば、営業代行サービスはかなり効果的と言えるでしょう。

顧客の数をコントロールしやすい

税理士の仕事は、当然顧客が少なくては経営が成り立ちませんが、顧客が多すぎても困るものです。一人の税理士が対応できる数というのはある程度決まっていますので、適正範囲を自分なりに決めてその個客数を維持していくのがベストです。

その点、営業代行サービスであれば、顧客が減ってきたら依頼する、十分な顧客数を確保したら依頼を停止するという使い方ができます。ちょうど良い状態で顧客のコントロールができますので、無理のない事務所運営ができるのです。

営業代行サービスを利用するデメリット

デメリットも確認しておくことで、より効果的な利用ができます。また、デメリットの部分が少ない会社を見つけることで、より良い会社選びができます。

費用だけがかかってしまうことも

単価制度などの報酬体系の場合は、費用だけがかかってしまい、あまり新規顧客が得られないこともあります。そのため、予算をしっかりと定めることと、新規顧客獲得と報酬のバランスを考えて、適切な会社選びと依頼をすることが肝心です。

狙った顧客タイプを得られない

顧客として欲しい業種や企業規模、契約内容が得られないこともあります。新規契約は得られるものの、あまり得意でない分野での仕事ばかりになってしまうというリスクもあるのです。

こうした事態を避けるためにも、あらかじめ営業代行サービスの担当者とじっくりと話し合い、どんな層を主にターゲットとしたいのかを検討するようにしましょう。その上で、新規顧客が集まってきた時に、その個客層でいいのかどうかを伝えることもできます。

営業ノウハウが蓄積されない

外部に依頼するため、事務所内に営業ノウハウが蓄積されないことになります。事務所を拡大して営業部門を立ち上げる時に、どうしたらいいか迷ってしまうことになります。

一部の業務だけを依頼するなどの工夫をして、一定程度の営業活動を事務所でも行うという選択もありでしょう。

まとめ

税理士が営業代行サービスを利用することで、本来業務に集中できる、人件費を削減できるなど、様々なメリットを得られます。効率的な事務所経営をしていく上でも、こうしたエキスパートによるサービスを受けることはとても大事ですので、積極的に活用したいものです。

待っているだけで仕事が獲得できる「比較ビズ」とは

最後に「比較ビズ」の告知をさせて頂きます。

  • 忙しくて新規開拓できない
  • 営業せずに案件を増やしたい
  • 月額数万で集客できるツールが欲しい

比較ビズはこんな悩みを抱えた経営者・営業マンにピッタリなサービスです。 多種多様な業界でお仕事の発注・見積依頼が日々大量に行われているので、比較ビズに掲載するだけで、 新規開拓をすることができます。

まずは下記のボタンより、お気軽に資料のご請求を頂ければと思います。しつこい営業等は一切ございません。

比較ビズへ掲載しませんか?

案件・仕事を探す

  • 業種
  • 分野
  • 予算帯(月額は年額換算)
  • フリーワード

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら