交通広告を成功させるカギは代理店をフル活用すること

合同会社RASH
監修者
合同会社RASH CEO 望月 昌一
最終更新日:2024年01月22日
交通広告を成功させるカギは代理店をフル活用すること

メリットが多く、大きな効果を期待できる交通広告ですが、今まで利用したことがないと、どのような手順で掲出したら良いか分からないものです。そこで、交通広告を出す場合の流れと共に、どのような点に注意して依頼すべきなのかを考えてみましょう。他の種類の広告よりも規模も予算も大きくなる傾向が強いので、事前の社内検討も重要です。同時に、代理店の重要性を知り、上手に活用するよう意識したいものです。

広告媒体・メディアの依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの媒体が自社に適しているかわからない
  • 媒体ごとの効果測定の方法がわからない
  • 広告の制作・運用の専門知識が不足している

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の広告媒体・メディアの専門会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

広告媒体・メディアに対応できる業者を一覧から探す

交通広告を出す場合の流れ

交通広告は、オンライン広告のように自分たちだけで気軽に出稿できる広告とは違い、多少プロセスが複雑になります。そのため、しっかりと広告掲出までの流れを押さえておき、期間や担当者の準備を進めるようにしましょう。

広告代理店に相談

交通広告を出したいと思っているのであれば、ある程度どの交通機関にポスターや映像を掲出したいという希望があるはずです。それぞれの交通機関が指定している広告代理店が存在しますので、その代理店に相談しましょう。

自分たちとして考えている広告掲出の期間や規模、交通機関などを伝えて、見積もりを出してもらうことになります。同時に、交通機関ごとに広告を貼る審査基準というものがありますので、それにパスできそうかもチェックしてもらいます。

その上で、自分たちとしてこんな広告を出したいという希望を伝えておくと、見積もりを出しやすくなります。また、その後のプランニングも短期間で終わらせることができます。

広告のプランを立てる

広告代理店との相談の中で、審査や見積もりについて確認し、ある程度広告プランを具体化していきます。交通広告と一口に言っても、中吊りやドア横、ボディー広告など、いろいろな種類に分かれています。

依頼主の方針に最も合う広告種類を考えて、ポスターの雰囲気などの方向性も検討します。そのためにも、マーケティングのターゲットとなる層の分析や、アピールしたい商品の特徴などを考えて、最も優れた広告戦略を見極めていきます。

代理店との契約

こうして広告代理店からの見積もりとプランの提案を受けて、会社として納得できるようであれば、そのまま契約となります。交通広告は多くの場合、高額の料金がかかりますので、契約内容もしっかりと確認して、トラブルが起きないようにしましょう。

広告の制作

すでに掲出する場所は決まっていますので、その大きさや仕様に合わせて、ポスターもしくは映像を作ります。広告そのものは会社側で内製することもできますし、広告代理店側で制作することも可能です。

それにより予算が変わってきますし、仕上がりのイメージも大きく差が出ることもあります。交通広告を内製する場合は、掲載するポスターなどについて内容の審査もありますので、事前に広告代理店に審査ポイントを確認しておくべきです。

また、掲出する場所や交通機関の種類によって、訴求効果の高いポスターのデザインが異なります。たとえば、電車やバスのボディーに貼る場合は、細かな文字を入れても意味がありませんので、大きなイラストや画像を目立たせるといった工夫が求められます。

広告掲載

デザイン制作が終わると、それを交通機関に提出して、内容審査を受けます。仕様や内容に問題がないようであれば、広告の掲載となります。多くの場合、2週間を一つのスパンとして掲出しますので、明確に期間を区切って広告を打つことができます。

交通広告で代理店を利用する際のポイント

多くの企業は、折り込みチラシやWeb広告を利用する機会は多くても、なかなか交通広告を出すことはありません。そのため、失敗しないためにも成功のためのポイントをしっかりと理解しておくことが重要です。

そもそも代理店経由でないと掲出できないことが多い

交通広告を成功させるためには、広告代理店のサポートをフルに活用することがコツです。そもそも、ほとんどの交通機関では、企業からの依頼をダイレクトに受けることはなく、指定代理店経由でしか受け付けをしていません。

代理店を通すことで、様々な手続きをスムーズに行うことができますので、初めてでも安心です。また、交通機関ごとの特性をよく理解していますので、より効果のある広告を打つ方法を教えてもらうことができて、大きな助けとなります。

デザイン制作や掲載するスペースの提案も行ってくれて、それぞれの企業に合った交通広告の利用法も知ることができます。そのため、交通広告を検討しているのであれば、利用の可否も含めてまずは相談をしてみると良いでしょう。

希望する交通機関の指定代理店を探す

どの交通機関、どのエリアに広告を掲出するかによって、マーケティングの効果はかなり変わってきます。そのため、広告戦略を立ててから、どの交通機関に掲出するかを決めるようにしましょう。

その上で、希望する交通機関はどこを指定代理店としているかをリサーチできます。いろいろな事情があって、交通機関ごとに異なる代理店が指定されていますので、複数の交通機関に広告を出したい場合、異なる代理店に依頼を出さないといけなくなることもあります。

エリアとターゲットを決めておく

スムーズに広告掲出まで進めるために、社内で事前にいくつかの点を決めておくことが大事です。まずは、広告を出すエリアとターゲットとする層です。それにより、出稿する交通機関と広告代理店が変わってきますので、最初に決定すべき事項となります。

商品の特性からターゲットを決めて、どんな形で訴求したいかも明確にしておくことが大事です。それにより、掲出するポスターや流す映像の内容が変わってくるからです。自社で制作するのではなく、代理店に制作も依頼するのであれば、なおさら訴求内容は具体化しておくべきです。

予算を検討しておく

交通広告は、他の広告タイプと比べても、かなりの額の費用がかかるものです。数百万円から数千万円という単位でコストが求められます。そのため、どこまでコストをかけられるか、上層部も含めて予算検討をしておかないといけません。

広告代理店との相談の中で見積もりも出してもらいますが、あらかじめ自分たちの予算を伝えることができれば、その範囲内でできる戦略を立ててくれます。予算によってやり方が大きく変わることもありますので、ここは大事なポイントです。

まとめ

交通広告を利用する場合には、指定された広告代理店のサポートをフル活用することが成功のカギです。コストもかかりますし、プロセスも多少複雑になりますので、じっくりと相談しながらプランを立てましょう。

交通広告は他の広告タイプよりも訴求できる範囲が広く、効果も高いです。いろいろなアイディアを出して、より魅力的な広告を作れるようにしましょう。

監修者のコメント
合同会社RASH
CEO 望月 昌一

【集客/マーケティングの代行/コンサルティング/研修】【ホームページ制作/システム開発】と、国内初を自負する【行動経済学/脳科学/心理学の理論や根拠】を組み合わせたサービスを提供。お客様伴走型のサービスにアイデアを乗せて「一緒に盛り上がるサービスを考える」ことを得意とする。

交通広告の成功の鍵は、広告代理店のフル活用にあります。代理店を通じてのみ掲出可能なケースも多く、代理店は手続きのスムーズ化や効果的な広告戦略の提案に役立ちます。広告プランの具体化、ターゲット層の分析、予算の検討も重要です。

また、掲出する交通機関やエリアの選定、広告のデザイン制作にも注意が必要。交通広告は他の広告タイプよりも訴求範囲が広く、効果が高いため、慎重なプランニングと代理店との密接な協力が成功へのカギとなります。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

広告媒体・メディアの依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの媒体が自社に適しているかわからない
  • 媒体ごとの効果測定の方法がわからない
  • 広告の制作・運用の専門知識が不足している

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の広告媒体・メディアの専門会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

広告媒体・メディアに対応できる業者を一覧から探す

アンケート募集中

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら