販促動画とは?活用するメリットや制作費用・作成する際の6つのポイントを解説

最終更新日:2023年10月27日
販促動画とは?活用するメリットや制作費用・作成する際の6つのポイントを解説
この記事で解決できるお悩み
  • 販促動画とは?
  • 販促動画制作のメリットは?
  • 効果的な販促動画を作るポイントは?

「新商品のアピールに販促動画が効果的と聞いたけど、どのような動画なのかがわからない...」とお悩みの会社経営者や広報担当の方、必見です。

販促動画とは、商品・サービスの販売促進を目的として作られた動画です。動画はテキストや静止画を用いたものよりも短時間でより多くの情報を提供できるため、視聴者の購買意欲向上に役立てられるでしょう。

本記事では、販促動画の概要や活用するメリット・制作費用・作成する際の6つのポイントを解説します。記事を読み終わった頃には、販促動画の概要やメリットを理解して商品・サービスの販売促進に役立てられるでしょう。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

販促動画とは顧客の購買意欲を高めるためのプロモーション動画

イベント 紹介

顧客の購買意欲を高めるために、商品やサービスをプロモーションする動画が販促動画です。主にテレビCMやデジタルサイネージ・SNSにアップする動画広告も販促動画に該当します。

最近はYoutubeを利用して、販促動画を宣伝する企業も増えています。商品・サービスのプロモーション動画を、視聴者がさまざまな媒体で視聴可能です。インパクトのある販促動画の場合は記憶に残りやすいため、見込み客の購買意欲も誘いやすいでしょう。

販促動画を活用する5つのメリット

販促動画を活用するメリットは5つです。

  1. 視聴者の購買意欲を高める
  2. 情報をわかりやすく伝えられる
  3. 短時間で多くの情報を伝えられる
  4. 無形商材でも視覚化できる
  5. SNSで拡散されやすい

販促動画は、時間や場所を選ばずにスマホやPCなどで視聴してもらい、SNSや口コミで拡散されることで宣伝効果が高まります。クオリティが高くわかりやすい情報を短時間で詰め込むことで、販促動画を宣伝広告として使えるでしょう。

購入までの導線がスムーズになると商品・サービスをすぐに購入してもらえるため、コンバージョン率の向上も十分に期待できます。販促動画のメリットを活用しながら、販促活動を進めていきましょう。

1. 視聴者の購買意欲を高める

視聴者の視覚・聴覚に対して販促動画はダイレクトに訴求できるため、購買意欲を高められます。販促動画を見た方は、提供する商品・サービスをイメージしやすいでしょう。わかりやすく短時間で商品・サービスを理解できれば、即時購入も可能です。

昨今、スマートフォンやタブレットなど通信機器の普及によって、誰もが動画視聴ができる環境にあります。時間や場所を選ばずに商品・サービスのアピールができるため、販促動画を活用したい企業が増えるでしょう。

2. 情報をわかりやすく伝えられる

販促動画は情報をわかりやすく伝えられます。動画はインパクトを与えやすく、視聴者の記憶に残りやすいです。短時間ながら、記憶に残る動画によってテキストや画像で与える以上に情報を理解しやすくなるでしょう。

動きのないテキストや画像などでは、どうしても購買意欲を誘えないことがあります。販促動画に宣伝したい商品・サービスを使っている場面を取り込むことで、視聴者は商品・サービスが使いやすいかどうかの判断が可能です。

販促動画は、視聴者にわかりやすく商品・サービスの情報を伝えて、効果を生み出します。記憶に残りやすく、何らかのきっかけで「思い出し購入」につなげられるでしょう。

3. 短時間で多くの情報を伝えられる

販促動画は、短時間で多くの情報を伝えられます。テキストや画像のみの情報と比べると、内容を凝縮して提供できるためです。2分程度の販促動画で、視聴者は多くの知りたい情報を得られるでしょう。

視聴者は通信機器を利用して、時間や場所を選ばずに動画を視聴できます。短時間ながら視聴者の視覚・聴覚に情報を伝えられ、共感を持ってもらえるでしょう。印象に残っていれば、日常生活の中で販促動画で宣伝した商品・サービスを購入しやすくなります。

4. 無形商材でも視覚化できる

商品の形が存在しない「無形商材」の場合も、販促動画にすると視覚化しやすいです。制作時にアニメーション動画を使うと、サービス内容をより視覚的に表現できます。

無形商材をテキストや画像だけで伝えようとすると、視聴者に情報が入りにくいです。アニメーション動画を活用して無形商材を表現することで、わかりやすく伝えられます。

5. SNSで拡散されやすい

販促動画はSNSで拡散されやすく、効率のよい宣伝効果が生まれます。SNSは自然に拡散される可能性があり、広告費を使わずに認知度を上げられる可能性が高いです。販促動画の拡散で多くの人に見てもらえるため、短期間で商品・サービスを理解してもらえるでしょう。

テキストや画像をSNSで拡散する場合「広告」として見られます。広告と判断されることで、共有したい人も少なくなり、拡散は難しいでしょう。

反対に販促動画をドラマ仕立てにしたりストーリ性を持たせたりすることで、広告ではなく「おもしろ動画」と見られる可能性が高いです。宣伝費を別途用意しなくても、コストをかけずに情報を拡散できるでしょう。

販促動画制作にかかる費用相場は30万円

動画 映像

販促動画の制作費用は、一般的に業者は30万円から請け負うケースが多いです。制作時の費用対効果を検討すると、決して高い金額ではありません。

1度販促動画を制作すると、複数のメディアで活用できるだけではなく、大きくリニューアルしなければ長期間の利用が可能です。中長期間のコストを考えると30万円は決して高い金額にならず、テキストや写真以上に継続して購買意欲を高められるでしょう。

以下は、費用に影響する要素です。依頼や費用決定の参考にしてください。

動画の内容や規模・演出などで金額に差が出る

販促動画の内容や制作規模で費用に大きな差が出るため、あらかじめどのような内容にするか決めておくことが重要です。その後、依頼項目に沿って、複数の業者に見積もりを出してもらうようにしましょう。

動画の内容や演出・機材・撮影場所などの違いで費用が大きく変わります。可能な限り細かく見積もりを出してもらい、説明を聞きながら実際にかかる費用を判断しましょう。

依頼先が企業か個人かで費用が異なる

依頼先が企業か個人事業主かどうかで、販促動画の費用が異なります。個人事業主に依頼する方が10万円程度安くなる可能性が高いです。どのような販促動画を作成してくれるのか、内容を確認してから判断するようにしましょう。

いきなり1社に決めずに複数業者への相談がおすすめです。相談後に見積もりを取って比較し、理想的な費用を見積もった業者に依頼しましょう。見積もりでコストを抑えられても、ミスマッチには要注意です。安さとクオリティが比例する可能性があります。

付随するオプションでコストが変わる場合があるため、見積もりが確定したあとは細かく内訳を説明してもらいましょう。

コストを抑える方法は?

コストを抑える方法を事前に検討し、見積もり依頼時にお願いする内容に反映させましょう。自社で「何ができるか」を検討し、自社でできることは見積もり依頼の項目から外します。外した分だけコストを抑えられるため、じっくりと検討しましょう。

具体的なコストを抑える方法として、撮影を必要とする動画を減らして写真やイラストを用意したり、ナレーションを社員に任せたりする方法もあります。クオリティを下げないように、業者と相談しながら決めましょう。

効果的な販促動画を作る6つのポイント

ポイント_!

効果的な販促動画を作るポイントは、次の6つが挙げられます。

  1. 販促動画の目的を明確にする
  2. ターゲットを設定する
  3. 競合他社の動画をリサーチして差別化を図る
  4. 商品購入の導線を作る
  5. PDCAサイクルを回す
  6. 動画制作をプロに任せる

1. 販促動画の目的を明確にする

販促動画は目的を明確にすることが重要です。制作する目的を明確にして、商品・サービスをアピールできる販促動画を制作しましょう。

代表的な販促動画のゴールは、売り込みたい商品・サービスを視聴者に購入してもらうことです。購入以外にも商品・サービスの認知や、値下げを伝えることもあります。

販促動画で競合他社との違いを伝えたり、認知度アップを目指すインパクトのあるキャッチコピーを考えておいたりするとよいでしょう。

2. ターゲットを設定する

販促動画は、動画を見せたい世代・性別など、ターゲットを設定することによって効果を発揮します。ターゲットを絞ることによって、販促動画の内容を決めやすくなるためです。

ターゲット設定で想定すべき主な項目は、年代・性別以外にも年収・家族構成などです。商品・サービスを購入して悩みを解消したい視聴者をターゲットにして、構成を練る方法もあります。ターゲットを的確に設定し、着実に購買意欲を誘う販促動画を制作しましょう。

3. 競合他社の動画をリサーチして差別化を図る

同じような商品・サービスを提供する競合他社の販促動画をチェックして、差別化を図りましょう。競合他社の動画をリサーチすることによって、他にはないオリジナリティを加えられます。差別化することによって、売り込みたい商品・サービスの魅力をスムーズに伝えられるでしょう。

他者との違いを明確に伝えると、より差別化が期待できます。売り込むポイントを考えつつ、理想的な情報を提供できる販促動画を制作しましょう。

4. 商品購入の導線を作る

商品購入の導線を作ることによって、コンバージョン率をアップさせます。販促動画を視聴した方がすぐに購入したいと考えても、導線を作らないとチャンスを逃すでしょう。販促動画からのスムーズな導線を作ることで、売上アップが可能です。

販促動画の最後に購入用ページにアクセスできるリンクを貼り付けたり、掲載したホームページに商品情報と購入フォームを用意したりすると便利です。視聴者が簡単に商品購入ができるように、使いやすい導線を作りましょう。

5. PDCAサイクルを回す

販促動画は、公開後にPDCAサイクルを回すことが重要です。動画の効果をチェック・問題点を検討・実際に改善を実行・効果検証をチェックの順で行います。販促動画を公開してから、ある程度時間が経過したところで行うとよいでしょう。

販促動画は動画を制作して終わりではなく、目的を達成できるように運用しなければなりません。動画公開後はPDCAサイクルを回せる体制を整え、健全な運営を心がけましょう。

6. 動画制作をプロに任せる

動画制作をプロに任せることによって、クオリティが高い販促動画を完成できます。費用はかかるものの、制作にかかる手間や時間を減らせるでしょう。

経験豊富な制作会社に依頼することで、より効果が期待できます。プロに任せてクオリティの高い動画を制作し、売り込みたい商品・サービスの販促に活かすことが重要です。制作時には依頼項目を事前にまとめて、どのような販促動画を制作したいか的確に伝えましょう。

販促動画の活用方法6選

動画レパートリ

販促動画の活用方法6選は、次のとおりです。

  1. 自社のサイトに掲載する
  2. YouTubeにアップロードする
  3. 広告で動画を放映する
  4. SNSに投稿する
  5. イベントで上映する
  6. 店頭で放映する

販促動画は、自社サイトに掲載されることが多いです。サイトに訪問したユーザーに的確に販売促進を行います。近年では、YouTubeやSNSなどお金をかけずに拡散させる手法も人気です。その他にも、店頭やイベント・広告で使われるケースもあります。

販促動画は「何をアピールしたいのか」「どのターゲットに訴求したいのか」など、目的にあった活用方法が望ましいでしょう。

1. 自社のサイトに掲載する

自社のホームページに商品・サービスの販促動画を掲載することで購買意欲を誘えます。ホームページで動画の詳細を伝えるページをあわせて掲載すると、よりコンバージョン率のアップが可能です。

自社サイトのトップページに販促動画を掲載する企業が増えており、目に留まりやすいレイアウトになっています。目を引きやすく、販促動画の印象が残りやすいです。

競合他社がトップページに販促動画を掲載している場合は、どこに掲載しているのかチェックしておきましょう。商品・サービスの購入しやすい導線もできあがっているため、参考にしやすいです。

2. YouTubeにアップロードする

世界最大のプラットフォームであるYouTubeに販促動画をアップロードして、購買意欲を高める方法があります。YouTubeは時間や場所を選ばずに視聴が可能なため、ビジネス目線で見ても集客力の高いプラットフォームです。

販促動画の基本の活用法といわれており、多くの企業が参入しています。購買意欲を誘えるように具体的な数字を紹介しながら、わかりやすく伝えることが重要です。売り込みたい商品・サービスを宣伝して、どのくらいの効果が見込めるかを事前に検討しましょう。

3. 広告で動画を放映する

広告の掲載内容を販促動画にすることで、購買意欲を高められます。動画はテキストや画像など色々と取り入れて表現できるため、商品・サービスをイメージしやすいです。購買意欲を誘える販促動画になっていると、早ければ掲載日に効果を感じられるでしょう。

近年の広告は、看板・ポスターに限らず、デジタルサイネージ・SNS広告・ネット広告など、容易に動画を放映できる環境が整っています。街頭や駅構内・電車の中など、デジタルパネルを配置した動画広告が主流です。費用対効果をよく考えて、販促動画を活用しましょう。

4. SNSに投稿する

販促動画をSNSに投稿して、販促動画を拡散する方法があります。日本で主に活用されているSNSは、X(旧Twitter)やInstagram・Facebookなどです。SNSを使うことで、宣伝費用を別途用意せずに高い効果が期待できるでしょう。

SNSでよく掲載されている動画は、視聴者が関心を持つ動画の傾向を分析し、どのくらいの効果が見込めるのかデータを取り入れた内容が多いです。ドラマ仕立てやストーリー性のある動画の場合は、話題となり知らぬ間に拡散されます。積極的に販促動画をアップロードして、拡散を期待しましょう。

5. イベントで上映する

自社のイベント開催時に販促動画を上映することによって、効果を発揮します。人が多く集まる展示会や説明会などで上映することで、提供する商品・サービスをわかりやすく紹介できるでしょう。内容をスムーズに伝えられるため、購買意欲の向上に期待できます。

商品・サービスの情報がわかりやすく視覚・聴覚に伝わることで、販売促進の効果が期待できるでしょう。来場した方の印象に残っていれば購入につながりやすくなるため、何度も販促動画を放映すると効果が高いです。

6. 店頭で放映する

販促動画を店頭で何度も放映することによって、購買意欲を高められます。テキストや写真などの広告や、従業員による宣伝よりも高い効果が期待できるでしょう。

モニターを店頭に設置して視聴者に販促動画を見せながら、テキストや画像で伝えたい内容を補足して伝えられます。詳細やカスタマーレビューを販促動画とともに見えるように設置し、購買意欲を高めていきましょう。

まとめ

販促動画は売り込みたい商品・サービスを効果的に販促できる点が特徴です。近年では、YouTubeやSNS・デジタルサイネージなど動画を視聴する機会が増えており、動画を活用しやすくなっています。

制作時には、事前にターゲットや目的を明確にして短時間でわかりやすい情報を提供しましょう。クオリティの高い動画を望む場合は、プロの制作会社に依頼することがおすすめです。

比較ビズは、多数の動画制作会社から自社にぴったりの相談相手を探せる無料の比較サイトです。必要な情報を入力して全国各地の動画制作会社を比較できます。販促動画の制作でお悩みの方は、ぜひ1度比較ビズを利用してください。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す