会社紹介動画の構成は?決めるポイントや事例5選を紹介

株式会社Reinolz
監修者
株式会社Reinolz 代表取締役CEO 織畠 宗典
最終更新日:2024年07月11日
会社紹介動画の構成は?決めるポイントや事例5選を紹介
この記事で解決できるお悩み
  • 会社紹介動画の構成はどう作ればいい?
  • どんな会社紹介動画の事例がある?
  • かっこいい会社紹介動画を作るための注意点は?

「会社紹介動画の構成とは」「会社紹介動画の参考事例を知りたい」とお悩みの方必見。会社紹介動画は、目的やターゲットに応じて最適な構成が異なります。

この記事では、会社紹介動画を作成する方へ向けて、効果的な動画構成や作成時のポイントを解説します。この記事を読み終わった頃には、自社の会社紹介動画のイメージがつかめるでしょう。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

会社紹介動画の構成5選

pixta_85921702_S

会社紹介動画の構成は、制作の目的や用途に応じて異なります。主に以下の5つで構成されます。

  1. 会社の理念・ビジョンの紹介
  2. 事業内容の紹介
  3. 製品・サービスの紹介
  4. 代表・社員の紹介
  5. 労働環境・福利厚生の紹介

1. 会社の理念・ビジョンの紹介

会社の理念やビジョンを動画で紹介し、会社を知ってもらう構成です。会社ごとに大切にしている考え方や今後のビジョンは異なります。会社を理解し、支持してもらうためには理念・ビジョンへの共感が大切です。

会社紹介のターゲットが入社希望者の場合、理念やビジョンはとくにていねいに説明する必要があります。会社の考え方を理解したうえで同じ方向を向いて仕事に取り組めるためです。

顧客に対しても理念・ビジョンを紹介することは重要になります。商品やサービスだけではなく、会社そのものに魅力を感じてもらえると深い関係性の構築につながるためです。

2. 事業内容の紹介

会社紹介動画では、取り組んでいる事業内容を紹介する構成がおすすめです。業務内容は外部からは見えにくく、発信する機会も限られています。

入社希望者への会社紹介動画では、事業内容の紹介は必須です。会社の事業は複数に渡るケースもあり、すべてを理解して入社を希望する人は多くはありません。入社後に配属される可能性がある部署や事業内容を動画で伝え、働き方をイメージさせる効果があります。

3. 製品・サービスの紹介

会社紹介に重要な要素として、製品やサービスの紹介が挙げられます。製品やサービスは会社の顔になる存在で、紹介動画に盛り込むと会社がどのような商材を扱っているか簡潔に伝える効果があります。

入社希望者や顧客に向けた動画では、製品やサービスの紹介は重要です。商品を多くの人に認知させる効果以外にも、会社が製品・サービスを通じて目指すゴールを伝達できます。

4. 代表・社員の紹介

会社紹介動画の構成として、代表や社員を紹介するケースがあります。代表や社員の言葉を動画をとおして伝えると、親近感を与えることが可能です。

代表や社員のバックグラウンドを伝える機会は、多くありません。社員紹介は、動画を通じて会社内の雰囲気が伝えられるため、親しみやすい印象の動画になります。

5. 労働環境・福利厚生の紹介

入社希望者に向けた会社紹介動画で欠かせないポイントが、労働環境や福利厚生の紹介です。

労働環境や福利厚生は、入社を希望する人が事前に知りたいと考える情報です。動画で必要な情報が伝達できれば、問い合わせや質問が減り時間や人件費が抑えられます。

労働環境や福利厚生の紹介は、顧客向けの会社紹介動画ではあまり必要ない部分です。

会社紹介動画の構成を決める3つのポイント

pixta_58274133_S

会社紹介動画の構成を決めるためには、次の3つのポイントをおさえる必要があります。

  1. ターゲット
  2. 伝えたい内容
  3. 使用用途・使用シーン

1. ターゲット

ターゲットにあわせて構成を決めるため、重要なポイントです。ターゲットを選定する際は、なるべく具体的なイメージを持つとスムーズです。

会社紹介動画を「入社希望者」に向けて制作すると定めます。入社希望者が知りたいであろう内容や、優秀な人材獲得のために伝えたい内容などが自然と決まるでしょう。

ターゲットを複数にすると、核となるメッセージが不明瞭になります。ターゲットを絞り、明確な方向性を決めて効果的な動画に仕上げましょう。

2. 伝えたい内容

視聴者へ伝えたい内容を決めると、構成が決めやすくなります。たとえば「サービスや製品の特徴や強みを伝えたい」「入社希望者に会社のことを伝えたい」などです。

伝える内容が多すぎると、視聴の負担がかかるだけではなく心象に残りにくい動画になるリスクがあります。核となるメッセージを絞り、視聴者の視点にあわせた伝え方が必要です。

3. 使用用途・使用シーン

ターゲットの選定と同時に、どのような場面で使用する動画か考えましょう。入社希望者に向けて会社紹介動画を制作する場合でも、使用段階に応じて含めるべき内容は異なります。

たとえば合同会社説明会でほかのたくさんの企業のなかから興味を引くためには、キャッチーでわかりやすい事業説明や理念紹介が適しているでしょう。

個別の会社説明会で流す動画の場合、すでに会社に関する基礎知識がある人がターゲットです。労働環境や福利厚生など、会社に関するより深い内実を知りたいと感じているでしょう。使用シーンを想定することで、効果的な構成で会社紹介動画を制作できます。

会社紹介動画の事例5選

会社紹介動画の事例に、次の5つを紹介します。

  • ロフト
  • Honda
  • 富士通Japan
  • 三菱商事
  • 旭化成

事例1. ロフト

ロフトの会社紹介動画は「台本のないチーフ座談会」がテーマです。実際の社員の意見を、動画をとおして知られる仕組みです。新卒入社希望者を対象とした動画で、学生から寄せられた質問に社員が回答する構成です。

学生の質問への回答をとおして、日ごろの仕事内容が伝わります。会話の途中で適宜仕事中の映像が流れるため、実際の業務のイメージがしやすいです。社員がどのように仕事に向き合っているかわかります。

事例2. Honda

Hondaの会社紹介動画は、企業の歴史と社員の意見を動画にして伝える構成です。会社紹介のなかで、企業が大切にしている理念や哲学に触れられます。

社員に「Hondaを一言で表現するならば?」と問い、それぞれの仕事への想いを紹介する内容です。情熱的な構造は、入社希望者が一緒に働きたいと感じるようなモチベーションアップ効果があります。

事例3. 富士通Japan

富士通Japanの会社紹介動画は、企業理念や沿革を紹介し、職場の様子を映像に納める構成です。企業の事業を目指すゴールに触れています。

入社希望者に実際の働き方や事業のビジョンを伝える内容です。具体性が高く、すでに入社希望の段階にある人を対象にした動画といえます。

事例4. 三菱商事

三菱商事の会社紹介動画は、企業の事業内容を説明する構成です。企業が社会に与えている影響や企業変革に紹介しています。三菱商事の事業が商社の貿易業にとどまらず、環境事業やデジタル事業など幅広い範囲に及ぶことがわかる内容です。

入社を検討している希望者を対象に、具体的な事業範囲を伝えることで現実的な仕事内容を伝えています。

事例5. 旭化成

旭化成グループの会社紹介動画は、会社の歴史から始まり企業の理念を伝える構成です。歴史を知ることで、企業が大切にしてきた哲学に触れられます。研究開発を通じて日本の成長を支えてきたことが簡潔にわかる内容です。

動画には当時の写真や史料を含め、歴史の重みを伝えています。特徴は、全体的にアニメーションを使い、親しみのあるテーマが用いられていることです。堅いイメージを与えず、楽しく視聴できる工夫がされています。

会社紹介動画の構成を決める際の3つの注意点

会社紹介動画の構成を決める際は、次の3つのポイントに注意しましょう。

  1. 視聴者の視点を意識する
  2. 会社のブランディングを大切にする
  3. 動画の長さを基準に内容を決める

1. 視聴者の視点を意識する

会社紹介動画の構成を決めるためには、視聴者の視点を意識する必要があります。視聴者に情報がうまく伝わらなければ、一方的な押し付けになり動画の効果が得られないためです。視聴者の視点とは、視聴者の知識レベルおよび視聴者が知りたい内容を把握することを指します。

入社希望者に向けた会社紹介動画で事業を説明する場合、希望者は専門用語や業界の実情に明るくないケースが多いです。

専門性の高い表現や、前提を共有しない情報伝達は視聴者のストレスになり、必要な内容が伝わりません。視聴者の理解度を意識し、確実に内容が伝わる構成を意識しましょう。

2. 会社のブランディングを大切にする

動画制作の構成を決める際、ブランディングを意識する必要があります。ターゲットにあわせて最適な構成は異なりますが、会社のブランディングに反した内容は避けましょう。

たとえば社員紹介を動画の構成に含める場合、企業理念やビジョンにそぐわない内容があれば視聴者にネガティブな印象を与えます。動画で紹介する内容は一貫性が大切で、視聴した人が納得できる構成が理想的です。

3. 動画の長さを基準に内容を決める

動画の長さは、構成を決める際にあらかじめ把握しておく必要があります。豊富なコンテンツを作ろうとしても、動画の長さが不十分では駆け足の動画になるためです。動画の長さは、使用用途により異なります。

10分前後の動画は、理念と社員紹介など複数の要素を含められます。同じ内容を10分間繰り返すと視聴者が飽きてしまうため、適宜切り替えがあると集中力が切れません。2〜3分動画は、多くの内容を混ぜるのではなくシンプルな構成を深掘りするほうが視聴者が理解しやすくなります。

会社紹介動画の作り方2つ

会社紹介動画は内製と外注の2つの作り方があります。内製の場合はテンプレートを利用がおすすめで、外注では動画制作会社への依頼が一般的です。

テンプレートを利用する

会社紹介動画の作成は、既存のテンプレートを利用すると比較的簡単に作業できます。テンプレートとは、動画の素材を挿入するだけでおしゃれな動画になるように準備された土台です。動画編集ツールのなかには、テンプレートが充実しており動画編集初心者でも扱いやすいものもあります。

テンプレートは費用を抑えて簡単に動画を作成できることがメリットです。一方で、多くの人が利用できるテンプレートを使えばオリジナリティは低く、特別感のない会社紹介動画になる可能性があります。

動画制作会社に依頼する

外注する場合は、動画制作会社への依頼がおすすめです。制作会社にはノウハウやスキルがあるため、伝わりやすい理想の動画を制作できます。

動画制作会社のなかでも、企業向けの動画を得意とする業者を探すと、スムーズにやり取りが進められるでしょう。実績とポートフォリオをチェックして、希望に近い動画がある制作会社であれば安心です。

動画制作会社への見積もりは、複数社に依頼することで内容を比較できます。

まとめ

会社紹介動画は、会社の魅力を効果的に伝えられる方法です。目的やターゲットに応じて伝え方が異なるため、動画制作の際は事前に内容を精査する必要があります。

動画制作は、制作会社に依頼すると品質の高い成果物が得られます。複数の制作会社への見積もりには一括見積もりサービスの利用がおすすめです。

比較ビズでは、制作会社への一括見積もりが無料でできます。会社紹介動画を制作できる業者を探している方は、お気軽にご利用ください。

監修者のコメント
株式会社Reinolz
代表取締役CEO 織畠 宗典

大学時代よりWebライティングを開始。自社メディアを2年で月間PV300万PVまで到達させ売却・これまで高額売却の成功したメディアの数は35サイトを超えコンサルティングで関わったサイト数は1000サイト上、その中で86%のサイトが1年で飛躍的な成長を遂げた。またSEO分野における国内TOP10ノミネート実績がある。SEO分野では講師も務めた経験があり、これまで100名を超えるSEOプロフェッショナルへ講義を行なっている。現在は数多くの企業へWebマーケティング全般のコンサルティングを行っており、株式会社Reinolz代表取締役としてクライアントからの要望に応える。

会社紹介動画において、「誰に届けるのか、どんな目的があるのか」を明確に決めることが最も重要です。

例えば自社の採用が目的な場合、求職者に向けて募集要項を見ただけでは感じられない会社の雰囲気や魅力を動画を通して伝えることができます。外部の会社にアピールすることが目的であれば、自社のサービスや商品を具体的にイメージしてもらいやすくなる動画を作成することが可能です。

また、紹介動画を通してブランディングを意識すると自社に問い合わせが来る方のミスマッチを防ぐ手段にもなるのです。制作会社に依頼する場合、一番伝えたいことを整理した上で動画の構成を組み立てると効果的な動画を制作することができるでしょう。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

アンケート募集中

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら