動画マーケティングの活用事例6選!成功させるポイントや制作会社選びの注意点を解説

最終更新日:2023年12月20日
株式会社Reinolz
監修者
代表取締役CEO 織畠 宗典
動画マーケティングの活用事例6選!成功させるポイントや制作会社選びの注意点を解説
この記事で解決できるお悩み
  • 動画マーケティングの活用事例とは?
  • 動画マーケティングを成功させるポイントは?
  • 動画制作会社を選ぶ際の注意点は?

「動画マーケティングに取り組みたいけど、どのような動画を作ればよいのかわからない...」とお悩みの会社経営者は必見です。

動画マーケティングとは動画を活用したマーケティング手法で、多くの企業で取り入れられています。近年では、ネット環境を利用して動画を視聴する人が多く、SNSを利用した拡散が魅力です。実際に制作するにあたって、活用事例を参考にしたい企業も多いでしょう。

本記事では、動画マーケティングの活用事例7選や成功させるポイント・制作会社選びの注意点を解説します。記事を読み終わった頃には、動画マーケティングの活用事例を参考にして自社の魅力を伝えられる動画を作成できるでしょう。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

動画マーケティングの活用事例6選

動画マーケティングの活用事例を6つ紹介します。

  1. 株式会社ダスキン
  2. 東建コーポレーション株式会社
  3. 三和シャッター株式会社
  4. 東京海上日動火災保険株式会社
  5. freee株式会社
  6. 株式会社スーパーホテル

アニメーションを用いたり名称やPRポイントを強調したりすることにより、視聴者に自社を検索・利用してもらえるような工夫が施されています。有名人の起用やテロップなど印象に残るクリエイティブが特徴的です。

freee株式会社の事例にみられる複数媒体の組みあわせも広告効果が期待できます。動画は拡散されやすいため、他媒体による拡散を図ることもよいでしょう。

1. 株式会社ダスキン

参照:ビジネスアニメ制作実績:株式会社ダスキン

1つ目は、株式会社ダスキンの家族介護支援サービスの紹介動画です。静止画ではイメージしにくい介護サービスの内容を、メリットや必要性とともに説明しています。

介護はリアルな実写ではシリアスになりがちですが、アニメーションによりソフトに表現されています。結果としてコンバージョンにつながる問いあわせが増加しました。

2. 東建コーポレーション株式会社

参照:【ホームメイト】桐谷美玲テレビCM「お部屋探し タイポグラフィ」30秒 YouTube動画

2つ目は東建コーポレーション株式会社「ホームメイト」のテレビCMです。テレビCMとYouTubeの動画を連動させ、幅広い層に情報を提供しています。

有名人の起用とCMソングの活用によりユーザーの注意を引いている点が特徴です。「ホームメイト」と検索してもらうことを行動喚起としており、視聴者に行動を促しています。

3. 三和シャッター工業株式会社

参照:『マザーテレサ』篇 15秒|TVCM【三和シヤッター工業:公式チャンネル】

3つ目は三和シャッター株式会社の「マザーテレサ編」です。動画が進むにつれてアニメーションから実写に変化しており、著名人の言葉を自社の理念とつなげることにより、ユーザーに伝わりやすくなっています。

動画の概要欄にはホームページやデジタルパンフレットのURLを掲載しており、企業に興味を持ったユーザーを誘導しています。再生回数は146万回(2023年9月時点)を突破しました。

4. 東京海上日動火災保険株式会社

参照:【採用動画】キャリア採用拡大中!|東京海上日動採用チャンネル

4つ目は東京海上日動火災保険株式会社の採用動画です。就職活動中の学生をターゲットとしており「モーショングラフィックス」が用いられインパクトのある動画に仕上げられています。

世界的名画が表情を変えながら就活生になりきって質問する様子が印象的な動画です。親しみやすく、視聴者の記憶に残りやすい動画といえるでしょう。

5. freee株式会社

参照:90秒でわかる「マイナンバー制度とは?」|freee(フリー)【公式】

5つ目はfreee株式会社のマイナンバー制度解説動画です。小規模事業の経営者に向けて、マイナンバー制度の内容をわかりやすく解説しています。プレスリリース時点で動画を配信しており、複数のニュースサイトに掲載されることにより認知度向上を狙いました。

企業のSNSやメール配信でも周知を行った結果、BtoB商材にもかかわらずYouTubeのチャンネル登録者数は約2万人を獲得しています。衆議院議員がX(旧Twitter)で紹介したことにより、大きな話題を呼び、認知拡大に貢献しました。

6. 株式会社スーパーホテル

参照:【公式】株式会社スーパーホテル テレビCM動画 2016年制作

6つ目は株式会社スーパーホテルの「スーパーホテルLohas」の紹介動画です。実際のホテルで撮影を行い、サービスの詳細を紹介しています。

動画の後半ではホームページで予約した場合の特典をアピールし、企業をより深く知ってもらうために自社ホームページに誘導している点が特徴です。最後に「スーパーホテルLohas」で動画を締め、検索しやすくしています。

動画マーケティングのメリット

メリット

動画マーケティングのメリットは以下の4つです。

  • 画像やテキストよりも多くの情報を伝えられる
  • 文字だけの説明よりもストーリーを伝えやすくなる
  • 視覚と聴覚に訴えられるため視聴者の印象に残りやすい
  • 再生回数やクリック率をもとに効果測定ができる

画像やテキストよりも多くの情報を伝えられる

動画は画像やテキストに比べて短時間で多くの情報を提供できます。バナー広告とは異なり、映像・音声・ストーリーで商品の魅力を表現可能です。1分間の動画にはWebページ3,600ページに相当する情報量があるといわれています。

人はコミュニケーションの際に視覚情報55%・聴覚情報38%・言語情報7%の割合で受け取るとされています(メラビアンの法則)。

9割以上の情報を視覚・聴覚から得ていることから、動画には圧倒的な情報伝達力があることがわかるでしょう。

文字だけの説明よりもストーリーを伝えやすくなる

動画は文字だけでは伝わりにくいストーリーをスムーズに伝えられます。動画であれば作り手の想いや表情もわかるため、文字情報以上に訴求力が高いことが特徴です。

背景や効果音・アニメーションなどによる表現も可能です。視聴者の共感を生みやすく、売り上げ増加が期待できます。

視覚と聴覚に訴えられるため視聴者の印象に残りやすい

視覚と聴覚に直感的に訴えられるため、画像やテキストよりも視聴者の印象に残りやすいです。アメリカ国立訓練研究所の研究によると、動画コンテンツの記憶定着率はテキストのみで構成されるコンテンツの2倍であるとされています。

動画は記憶に残りやすくシェアされやすい点が強みです。画像やテキストよりもイメージしやすく印象にも残りやすいため、企業や商品の認知度向上に適しています。

再生回数やクリック率をもとに効果測定ができる

動画のデータ分析には、再生回数やクリック率など効果測定しやすい数値があります。あらゆる数値をもとに視聴者の反応を数字で可視化することにより、定量的な分析が可能です。

データはリアルタイムで更新され、ユーザーへの影響を数値で測れます。掲載ページのPV数やコンバージョン率も分析項目に入れることで、マーケティング効果も把握可能です。広告内容の改善にもつながり、マーケティングに最適です。

動画マーケティングのデメリット

デメリット

動画マーケティングのデメリットは以下の4つです。

  • 動画制作やマーケティングのノウハウが必要になる
  • 制作コストがかかる
  • 作り直し・編集が難しい
  • 悪い評判が広がる可能性がある

動画制作やマーケティングのノウハウが必要になる

動画制作やマーケティングのノウハウが必要です。企画や撮影・編集に加え、Web広告の知識やマーケティングに関する知見など多くのノウハウや知識が必要になります。

動画をより多くの方に視聴してもらうためにも、マーケティングスキルの習得やノウハウの蓄積が必要です。初心者の場合は専門業者のサポートを受ける必要があるでしょう。

制作コストがかかる

動画制作はどうしてもコストがかかります。クオリティの高い動画を制作する場合コストは高くなり、外注する場合は、30万円〜150万円の外注費用が発生します。

自社で動画を撮影する場合でも、人件費や場所代などの費用が必要です。撮影機材を所持していなければ撮影機材費もかかるでしょう。制作の際は予算の考慮に加え、費用対効果の適切な把握も重要です。

作り直し・編集が難しい

1度制作が完了すると作り直しや編集が難しいです。ダイジェスト動画の場合は再編集のみで済みますが、動画の内容を大きく変更する場合は再度撮影しなければならない場合もあります。

Webページやブログよりも作り直しが難しく、作り直しや編集が生じるとコストや時間・手間が余分にかかります。作り直しが極力発生しないように、計画的に作成しましょう。

悪い評判が広がる可能性がある

動画は記憶に残りやすくシェアされやすいため、悪い評判が広がるとSNSで炎上するおそれがあります。不適切な表現が含まれていたりクレームが発生したりすると、最悪の場合配信を停止しなければなりません。

動画は注目されやすいため、多種多様な価値観に配慮して制作し、万が一炎上した場合の対策も考えておきましょう。

動画マーケティングを成功させるポイント

動画マーケティングを成功させるポイントは以下の4つです。

  • 動画マーケティングの目的を明確にする
  • 動画で伝えたい情報を整理する
  • 他広告との連携を考慮する
  • 効果測定を定期的に行う

動画マーケティングの目的を明確にする

動画マーケティングの目的を明確にしましょう。目的もなく流行りの動画を真似ると、思うような結果が出ない可能性があります。

購入者数の増加や認知度向上など、自社の課題や達成したい目的をはっきりさせると動画コンテンツの内容や伝え方が定まりやすいです。動画を配信した先の目標到達地点や動画をとおして何を伝えたいのかを明確にしてください。

動画で伝えたい情報を整理する

動画で伝えたい情報を整理しましょう。情報量が多いと視聴者が混乱してしまい、情報を受け取り切れない可能性があります。何が重要な情報であるかもわかりにくくなり、訴求力低下にもつながりかねません。

情報を整理するには、年齢や性別・趣味嗜好などを想定しターゲットを設定するとまとめやすいです。細かく設定することにより、視聴者の心理状態のイメージや視聴されやすい動画の決定がしやすくなります。

他広告との連携を考慮する

他広告と連携させることの意識も重要です。動画は拡散されることにより広告効果を生み出します。動画に高い訴求力があっても、動画の存在が認知されない限りは視聴されません。

ターゲットとするユーザーが活用するSNSやメディアに対する広告との連携を意識することがポイントです。広告との連携を考えることにより内容や訴求の方向性が固まり、拡散されやすくなります。他広告と連携し、うまく拡散させましょう。

効果測定を定期的に行う

定期的な効果測定と内容の改善は必ず行いましょう。効果測定と改善を行うことにより、動画マーケティングの効果を短期間でより高められます。動画の再生回数やシェア数・視聴完了数などを調べましょう。

成約率の計測からPDCAサイクルを回すことも重要です。効果測定を適切に行うことによりマーケティング戦略を立てやすくなります。ページの滞在時間や直帰率なども加味した動画の分析・改善を行いましょう。

動画制作会社を選ぶときの注意点

ポイント_虫眼鏡

動画制作会社を選ぶ際は、次の3点に注意しましょう。

  • サービス内容がニーズと合致しているか
  • 過去の実績は豊富か
  • 複数の業者で相見積もりを取っているか

サービス内容がニーズと合致しているか

制作会社のサービスが、求めているものと合致するかチェックしましょう。動画マーケティング全般をサポートしてくれる業者もあれば、部分的なサポートを行う業者もあります。

作りたい動画を作れない業者では意味がありません。自社の求める内容やノウハウなどに応じて、制作会社のサービスと自社のニーズが合致する業者選びが重要です。

過去の実績は豊富か

過去の実績の確認も重要です。企業規模や商品・サービスのカテゴリーなどが自社と似ている案件の実績を確認してください。イメージにあう動画を制作できる技術やノウハウがあるかがわかるため、実際に制作された動画の視聴がおすすめです。

実績が豊富な業者は信頼性が高いといえます。依頼したい業者の強みを把握し、作成したい動画や同ジャンルの業種の作品を作成したことがある業者を選びましょう。

複数の業者で相見積もりを取っているか

いきなり1社にしぼらず、複数の業者で相見積もりを取りましょう。動画の長さや希望納期・内容などは条件を同じにして見積もりとサービスを比較し、コストパフォーマンスの高い業者を選択してください。

1社だけの話しを聞いて決めてしまうと、他に比べて費用が高額となる可能性があります。4社以上の相見積もりは比較検討に時間がかかるため、比較する会社は3社程度がよいでしょう。追加費用の確認も忘れずに行ってください。

まとめ

動画は多くの情報を短時間で伝えられることに加え、視聴回数やクリック率などの数値を用いたユーザーの行動の可視化・分析も可能です。他広告や他媒体との連携もでき、マーケティングへの活用に適しています。

動画制作には自社完結・外注いずれの場合も制作コストが生じます。外注する場合は複数社間で相見積もりを取り、コストパフォーマンスの高い制作会社を選びましょう。

比較ビズは、多数の動画制作会社から自社にぴったりの相談相手を探せる無料の比較サイトです。必要な情報を入力することで、全国各地の動画制作会社を比較できます。自社のマーケティング戦略に合致した動画を制作したい方は、ぜひ1度比較ビズを利用してください。

監修者の一言

動画マーケティングの最大のメリットはなんと言っても短時間で伝えられる情報量の多さです。伝えられる情報量が多ければ多いほど魅力が伝わりやすくなるため、購買や契約に繋がりやすくなります。

また動画マーケティングは定量的な分析が可能で、定期的な効果測定を行い改善をすることができます。これらのメリットがある動画マーケティングですが、少なくない費用がかかるのも確かです。

そのため、複数の業者で相見積もりを必ず取り、実績が豊富で自社のサービス理解のある業者を選びましょう。業者選びの際には必ず過去の動画作品を実際に見てクオリティを判断することも忘れずに行いましょう。

株式会社Reinolz
代表取締役CEO 織畠 宗典
監修者

大学時代よりWebライティングを開始。自社メディアを2年で月間PV300万PVまで到達させ売却・これまで高額売却の成功したメディアの数は35サイトを超えコンサルティングで関わったサイト数は1000サイト上、その中で86%のサイトが1年で飛躍的な成長を遂げた。またSEO分野における国内TOP10ノミネート実績がある。SEO分野では講師も務めた経験があり、これまで100名を超えるSEOプロフェッショナルへ講義を行なっている。現在は数多くの企業へWebマーケティング全般のコンサルティングを行っており、株式会社Reinolz代表取締役としてクライアントからの要望に応える。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す