交通広告の料金はどのくらいかかる?種別にチェック!

最終更新日:2024年01月22日
合同会社RASH
監修者
CEO 望月 昌一
交通広告の料金はどのくらいかかる?種別にチェック!

マーケティング戦略を考える際には、どの媒体を使うかということが大事です。ターゲットに訴求できるか、十分な数の人にアピールできるかなどの要素を検討する必要があります。その点、交通広告は非常に多くの人に見てもらえるのがメリットです。この媒体を使いたいと思う企業は多いはずですが、一方でコストの心配も大きいです。どんな料金体系になっているのか、実際どのくらいかかるのかを見てみましょう。

広告媒体・メディアの依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの媒体が自社に適しているかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 継続的に費用が発生するのか知りたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の広告媒体・メディアの専門会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

広告媒体・メディアに対応できる業者を一覧から探す

交通広告の料金体系

交通広告を利用するに当たって、料金体系を知りどこにどのくらいの費用がかかるのかをリサーチすることは重要です。交通機関によってシステムは異なりますが、一般的なスタイルを例にしてチェックしてみましょう。

最もコストがかかるのは広告枠の購入

交通広告にかかる費用のうち、最もコストがかかるのは交通機関そのものに支払う広告枠の購入です。どの交通機関を選ぶか、どの地域に広告を出すかによって変わってきますが、少なくても数百万円という単位になると理解しておきましょう。

多くの場合、2週間程度を一つの区切りとして期間によって料金が変動します。また、シーズンによって基本料金に差が付けられているものも多く、繁忙期は数割増しの料金が設定されます。

車両自体に広告を掲載したり、全体を貸し切り広告にしたりする場合、宣伝効果はとても高くなりますが、その分料金も上がります。首都圏の場合だと、数千万円という費用がかかるケースも珍しくありません。

このように、交通広告では交通機関に支払う宣伝枠が一番高くなりますので、きちんとリサーチをしましょう。同じ電車広告でも、掲載するエリアや広告タイプによってかなりの金額差が出るものですので、いくつかのパターンを考えてシミュレーションをしましょう。

広告代理店への手数料

交通広告のノウハウがあって、戦略設計や交渉などをすべて自社で行えるのであれば楽です。しかし、多くの場合、広告代理店を通して広告枠を購入したり、広告そのものを作ったりすることになります。

その場合、広告枠購入とは別に、広告代理店へ手数料を支払うことになります。広告掲載の規模や制作内容によって、かなりの料金の差が出てきます。そのため、事前にどの程度の規模の宣伝をしたいかを伝えて、見積もりを出してもらうようにしましょう。

広告制作費

チラシや映像そのものを制作する費用もかかります。自社ですべて作ることができるのであれば問題ありませんが、多くの場合、広告代理店や交通機関の担当部署が制作に関わることになります。

チラシの大きさや印刷枚数、映像であればその内容や長さによって、料金は変わります。たいていは数十万円から百万円台というところです。正確に予算を立てるためにも、広告代理店と話し合い、見積もりを出してもらうようにしましょう。

電車を使った交通広告の料金

大まかな料金体系を理解した上で、具体的にどのくらいの金額がかかるのかを種類ごとにチェックしてみましょう。料金差が出るポイントについても確認できます。

中吊りなどのポスター広告

交通広告の中でも最も一般的な中吊りなどのポスター広告は、料金も中程度です。ポスターの大きさはB3が一般的で、2週間を一つの区切りとしてカウントすることが多いです。首都圏だと、300万円超というのが相場となっています。

2枚のポスターを組み合わせて掲載するワイドタイプにしたり、基本となる掲載枚数である800枚から1,000枚から上乗せしたりすることも可能です。この場合、多少割安になる傾向がありますので、大々的に掲載したい企業に有利です。

中吊り以外にも、ドア横のポスターや窓上ポスターなどの違いもあります。シーズンによって違いはありますが、やはり同じ条件で300万円から500万円というところでしょう。

貸し切り広告

ADトレインと呼ばれることもある広告スタイルで、電車やバスなどの広告枠のすべてを貸切るというやり方です。中吊やドア横、窓上などのすべてのスペースを自社の広告だけにできます。

それだけ目立ちますし、メディアに取り上げられる可能性も高くなり、効果が上がりやすいです。もちろん、その分料金はぐっと上がり、2週間程度で1,500万円くらいはかかることになります。

とはいえ、個別に中吊りやドア横などを依頼することを考えると、かなり割安となります。期間限定のキャンペーンをする際などは、非常に大きな効果を得られてメリットがあります。

ボディー広告

車内ではなく、電車やバスのボディー、つまり車体の側面に広告を入れます。車体いっぱいに広告が掲載されるので、非常に視覚効果が高く、認識される可能性も高くなるのがメリットです。

通常、電車だと複数車両の1編成全体に広告を掲載します。そのため、料金も高くなって、4,000万円ほどかかるケースも見られます。地方路線では、地元企業とのコラボをすることで、割安で利用できる例もあります。

その他の交通広告の料金

電車やバスの車内外にポスター掲載をするのが交通広告では一般的です。しかし、他にもいくつかのタイプの広告がありますので、その特徴と料金をチェックしてみましょう。

タクシー広告

市街地の様々な場所を走り、異なる層の人を乗せるタクシーも、交通広告では魅力的な媒体です。電車などよりも認識率が高くなりますし、近距離で長時間見てもらえるというメリットがあります。

最近はポスターの掲示だけでなく、顧客向けのモニターに広告を流すという手法も多くなっています。この場合、200万円台から600万円くらいまで、幅広い料金設定が見られます。タクシー会社によって営業地域や掲載方法が変わってきますので、会社選びも大事なポイントです。

映像を使った広告

最近は、交通広告でも映像を使うケースが増えています。ポスターよりも動的で一度にたくさんの情報を伝えられ、人目を惹きやすいというメリットがあります。電車でもタクシーでも多くなっていますので、Web動画と合わせて利用することが可能です。

映像広告は長さや流す場所によって異なり、100万円台から数千万円まで幅が広いです。かけられるコストを出して、その上でどんな形での掲載が可能か、チェックしてみましょう。

まとめ

電車やバス、タクシーなどの交通機関を活用する交通広告は、訴求できる人の数や認識率に優れています。インパクトがあり、信用されやすい広告でもありますので、活用できれば大きな効果を生み出します。

一方で、数百万円から数千万円という単位でコストがかかることも珍しくありません。そのため、予算を振り分けられるか、コストパフォーマンスに問題はないかを慎重に判断して決めるようにしましょう。

監修者の一言

交通広告の魅力は、多くの人に見てもらえることが大きなメリットですが、コストも考慮する必要があります。広告枠の購入については地域や交通機関、出稿条件によって料金が大きく異なります。広告代理店を通じた手数料や広告制作費も発生します。

電車広告では、中吊りポスターや車体広告などがあり、タクシーや映像広告も選択肢に含まれます。効果的な交通広告を行うには、ターゲット層への訴求力、広告の種類、コストパフォーマンスを慎重に検討することが重要です。

またクリエイティブと言われる広告制作物の質によっても効果が変わりますので、これらも含めた出稿準備が重要です。

合同会社RASH
CEO 望月 昌一
監修者

【集客/マーケティングの代行/コンサルティング/研修】【ホームページ制作/システム開発】と、国内初を自負する【行動経済学/脳科学/心理学の理論や根拠】を組み合わせたサービスを提供。お客様伴走型のサービスにアイデアを乗せて「一緒に盛り上がるサービスを考える」ことを得意とする。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
広告媒体・メディアの依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの媒体が自社に適しているかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 継続的に費用が発生するのか知りたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の広告媒体・メディアの専門会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

広告媒体・メディアに対応できる業者を一覧から探す