ローンが組めなくなる?任意整理のデメリットをチェックしよう

更新日:2021年07月16日 発注カテゴリ: 民事再生・自己破産
ローンが組めなくなる?任意整理のデメリットをチェックしよう

任意整理をすると、その事故情報が信用情報機関に記録されます。その人がお金に関するトラブルを起こしたという情報が残ることで、様々な場面で影響を受けることがあるのです。任意整理をして借金の返済条件を緩和しても、デメリットと呼べる部分はあるので注意しましょう。特に、クレジットカードやローンを活用したい人は、任意整理をするとしばらく使えなくなるので、どういう仕組みなのかも含めてチェックしておきましょう。

任意整理のデメリット

任意整理は、借金の返済が困難な場合に、債権者と交渉をして返済条件を緩和する仕組みです。その内容は交渉によって変わりますが、そのまま返済を続けていたら生活が成り立たなくなるような人にとって、大きなメリットがあります。

しかし、債権者からすれば、無理な借金をして返済できなくなった人という扱いに変わりはありません。

任意整理のデメリットはブラックリストに載ること?

債務整理をするとブラックリストに載ると言われていますが、それは半分間違いです。そもそも、そのようなブラックリストは存在しません。ただし、複数の信用情報機関が持つデータベースには、一定期間情報が残ってしまいます。

専用のリストは存在しませんが、参照すればお金に関する事故を起こした情報は出てくるので、あながち間違いとも言えない状況です。

事故情報が載ってしまうと、その人はお金に関して信用度が低いと判断されます。いかなる事情があったとしても、当初に交わした契約をねじ曲げているからです。もちろん、そこにも色々な事情はあるでしょうが、起きたことに対する情報は残されます。

任意整理の情報があるとどうなるのか

信用情報機関に任意整理の情報が記録されると、その情報は5年間保持されます。ここで注意したいのは、任意整理をした瞬間から5年ではなく、返済を終えてから5年です。

任意整理をした場合は3〜5年の時間をかけて返済することになるので、その年数が経過して、無事に完済してから5年間は、ローンの類いが利用できなくなります。

ちなみに、任意整理以外の個人再生や自己破産になると、情報が残されるのは5年から10年になります。それだけの期間、制限を受けることになるのは大変です。そうならないためにも、債務整理を利用するような事態はできるだけ避けましょう。

任意整理をした情報が残っていると、ローンが組めないだけでなく、住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの新規発行ができなくなります。

これらのサービスを利用するためには審査が必要で、その審査の段階で任意整理をしたことが判明し、返済能力に難ありと判断されてしまうからです。

任意整理をした後でローンが組めるようになるまで

任意整理をした人は経済的に苦しかったからといっても、その状況がいつまでも続くとは限りません。逆に、何かきっかけがあって、一気に経済状況が好転することもあります。

もちろん、それは特殊なケースですが、そうなった場合に任意整理の記録をどうにかできないかと考える人もいるでしょう。

任意整理の記録は例外なく残り続ける

いくら経済的な状況が好転しても、それで任意整理をした事実は変わりません。そして、信用情報に残されているのは過去に起こった情報であり、現在がどうなのかは関係ないのです。

そのため、任意整理後に借金を完済してローンを組みたくなっても、まずは5年の歳月が流れるのを待つ必要があります。

もうひとつ注意したいのは、そこから再びお金のトラブルを起こさないように気をつけることです。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉もありますが、借金を返済した後は気持ちが大きくなりがちです。

しばらくの間はおとなしくしているとしても、大きな開放感があります。そこで気持ちが大きくなって、お金の使い方が荒くならないように気をつけましょう。

「痛い目を見て学習したから今度は間違えない」と考える人は多くいますが、それでも再び間違えてしまう人はいます。借金から解放してお金を貯めていくうちに「これくらいなら大丈夫」という気持ちが出てしまう人は少なからずいるのです。

そして、それを繰り返しているうちに、再び借金の返済に頭を悩ませる事態になりかねません。

任意整理後にローンを組むなら注意したいこと

任意整理をした人が再びローンを組めるようになるためには、信用情報機関に残った情報が削除される必要があります。しかし、それでローンが無条件で組めるようになるとは限りません。あくまでもスタートラインに戻っただけであり、そこから審査を受けて通る必要があるからです。

任意整理後のローンは信用情報を確認してから

任意整理での借金完済後に5年が経過したら信用情報は元に戻りますが、それだけ長い期間を待ち続けるので、日付を間違えてしまうこともあります。そうすると、審査を受けても落ちてしまいますし、その審査に落ちたこと自体が記録に残ることにもなるのです。

あらためてローンを組もうとする前に、自分自身の信用情報を確認しておきましょう。そうすれば日付の間違いを起こすこともなくなりますし、安心して生活できるようになります。そのために必要なのは、信用情報機関へ情報開示請求を行うことです。

各種信用機関では、500〜1,000円の手数料で、現在の自分の信用情報を確認できます。CIC、JICC、KSCと3つもありますが、念のためにこの3種全てに開示請求をするようにしてください。

ローン審査に落ちた実績は6か月程度残るので、再びそれだけの期間を待つことになるリスクを考えたら、念には念を入れた方が良いです。

任意整理をした金融機関でのローンは避ける

もうひとつ注意したい点があります。過去に任意整理をした金融機関を再び利用しようとするのは避けましょう。他の金融機関なら確認するのは信用情報のみですが、過去に任意整理をしたことがある場合はそれ以上の期間、情報が残り続けている可能性が高いからです。

この場合、さらに長期間待てば情報が破棄される可能性もありますが、ずっと残り続けることもあります。そうなると、ローンを組むことは不可能と考えて良いでしょう。任意整理をすることで生じるデメリットには、このようなものもあるのです。

まとめ

任意整理にはメリットとデメリットがあり、その中でもローンに関しては大きなデメリットがあります。そのため、任意整理後をしただけでなく、その後のマネープランについてもしっかりと検討しましょう。その際には、お金や法律の専門家を頼ることを考えましょう。『比較ビズ』のようなサービスを使うと便利です。多くの信頼できる専門家が登録しているので、一から専門家探そうとしているのなら、その手間が省けます。同時に見積もりを請求することで比較もしやすくなるので、ぜひ活用してください。

民事再生・自己破産を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

民事再生・自己破産の案件一覧

民事再生・自己破産のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す