Amazon輸入代行を使うメリットと選び方!おすすめの代行業社を5つご紹介

最終更新日:2023年09月19日
みんなの貿易相談室
監修者
台田雄樹
Amazon輸入代行を使うメリットと選び方!おすすめの代行業社を5つご紹介
この記事で解決できるお悩み
  • Amazon輸入代行を使うメリットとは?
  • Amazon輸入代行を使いときの注意点とは?
  • おすすめのAmazon輸入代行業社は?

Amazonが取り扱っている商品の種類はとても豊富です。しかし商品の中には日本への配送に対応していないものもあります。そんな時は輸入代行という手段があります。

この記事では、Amazon輸入代行を使うメリットや使うときの注意点、おすすめのAmazon輸入代行業社を紹介します。これからAmazon輸入代行を使おうとしている方は、ぜひ参考にしてください。

輸入・輸出・通関代行の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 信頼できる輸入・輸出・通関代行業者の選び方がわからない
  • 通関手続きの複雑さや国際ルールが不安
  • 通関代行の費用相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の物流・運送会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで最適な企業を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

輸入・輸出・通関代行に対応できる業者を一覧から探す

Amazon輸入代行とは何か

Amazon輸入代行とは、海外未発送の商品を代わりに購入してくれるサービスです。多くの場合はアメリカのAmazonでの商品購入に用いられています。

Amazonの商品の中には、日本への発送に対応していない商品があります。そのため、アメリカに住所を持つ代行業者が商品を購入し、日本へ発送してもらいます。

輸入代行業者を利用して個人での買い物もできますが、Amazonの輸入ビジネスとして代行業者を活用できます。

Amazon輸入代行を使う4つのメリット

個人でも購入した商品を輸入をすることは可能ですが、言語の問題や配送などの問題点があります。

Amazon輸入代行を使うと、送料の問題や発送に必要な手続きなどを代わりにやってくれます。他にも以下のようなメリットがあります。

Amazon輸入代行を使う4つのメリット

海外発送未対応の商品が購入できる

輸入代行を利用すればAmazonで売られている全ての商品が購入できます。なぜなら、現地に輸入代行業者が住所を持っているからです。輸入ビジネスをしている人は代行業者を活用して仕入れを行うこともできます。

日本へ発送を行っていないAmazonの商品は多くあるため、代行輸入できると、事業で取り扱える商品が増え、日本での取り扱い開始を待つ必要がなくなるでしょう。

送料を抑えられる

通常、個人で海外のAmazonから商品を購入した場合には送料が請求されます。そのうえ、送料はAmazonが決めています。

輸入代行では送料があらかじめ決まっており、別の商品と一緒にまとめて購入してから送ってもらったり、Amazonから海外発送してもらったりするよりも送料を安くできるメリットがあります。

複雑な輸入手続きを任せられる

個人で海外からの商品を購入して輸入した場合、必要となる手続きも全部自分で行わなければなりません。それには必要となる書類の準備や検品作業なども含まれます。

輸入代行業者を利用すれば、それら手続きに関わるすべての作業を代わりに行ってくれます。手間がかからずに簡単なだけでなく、手続きに慣れた代行業者が行ってくれるので安心できるというメリットもあります。

不良品や商品発送に関するトラブルを防げる

通販サイトでは、購入した商品が届かない、不良品であるといったトラブルがあります。日本の国内であればすぐに対応してくれますが、海外の場合は簡単ではありません。

不良品の問題があっても、海外から届いたものであれば送り返すにも送料がかかるため、基本的に返品したり交換したりすることはできません。

輸入代行を利用すれば現地で商品を確認してから発送してくれるため、不良品などのトラブルを事前にチェックして避けられます。面倒な返品・交換手続きも現地で代行業者が行ってくれます。

Amazon輸入代行業者を選ぶ際にチェックするべきポイント

Amazon輸入代行の手数料y、発送までの日数は業者によって異なります。しかし、中には悪徳な業者も存在するため、業者を選ぶ際には注意も必要です。

ここでは、Amazon輸入代行業社を選ぶ際にチェックするべきをポイントを紹介します。

Amazon輸入代行業者を選ぶ際にチェックするべきポイント

輸入代行業者のタイプ

Amazon輸入代行業社には、以下の2つのタイプがあります。

  • 輸入代行のみを行うタイプ

    配送の手続きや通関手続きを代わりにしてくれる

  • 輸入代行と購入の両方を行うタイプ

    購入も代わりにやってくれるため英語が苦手な方におすすめ

手数料や送料

代行業者によってかかる手数料や送料は異なります。1回ごとに送料や手数料がかかる業者もあれば、月ごとに会費がかかる業者もあります。使用頻度によって割安になることも割高になることもあるので、自分の利用するスタイルに合わせて料金を計算してみると良いでしょう。

あまりにも安い手数料だったり、手数料完全無料などを強調している業者は悪徳である可能性が高いために気をつけなければなりません。安いことに越したことはありませんが、悪徳業者に引っかかってしまうと大きな損失を被ることになりかねません。

発送の早さ

輸入に関わるビジネスをするのであれば、発送までのスピードが早いことは大切なポイントになります。FedExのような国際的に信用のある会社を使っている業者は、発送のスピードも早いと考えて良いでしょう。

発送が早いことは良いことですが、その分手数料などの料金が割高になることもあります。そのため、発送までのスピードも自分の利用するスタイルを考えて選びましょう。

カスタマーサービスの対応

カスタマーサービスで特に注意したいのは、問い合わせに対する反応です。

代行業者を介してAmazonとやり取りするのであれば、問い合わせへの応対が遅ければ遅いほどAmazonへのリクエストや問い合わせも遅れることになります。問い合わせに対して迅速な対応ができる業者を選ぶことは大切です。

また、英語などに自信がないような人は日本人のスタッフがいる業者を選んだ方が無難でしょう。言語が原因となるやり取りの食い違いを避けられます。

発送の丁寧さ

海外からの荷物の発送は、日本国内の荷物の梱包や運搬よりもデリケートに行わなければなりません。そのため、代行業者の梱包や検品の質にも注意を払う必要があります。

いくら料金が安く、発送スピードが早くても梱包や検品が丁寧になされておらず、不良品が届いてしまうと大きな損失になります。梱包に関するオプションや他のユーザーの口コミをきちんとチェックしましょう。

おすすめのAmazon輸入代行業社5つ紹介

Amazon輸入代行業社のメリットや選ぶ際にチェックするべきポイントを紹介してきました。

メリットやチェックするべきポイントを踏まえて、おすすめのAmazon輸入代行業社を5つ紹介します。

1. MyUS

v42gjcbVXYxIVFx1664264369_1664264394

MyUSは、世界的に有名な欧米輸入代行業社です。

MyUSに登録すると、アメリカに自分の倉庫を持てます。そのうえ、プレミアムメンバーになると、商品の到着から30日間は無料で保管してくれます。

サイトが英語表記のため、苦手な方は翻訳機を使う必要があります。

会員タイプ 月額料金
SINGLE 月額無料
PREMIUM 月額9.99ドルまたは年間60ドル
BUSINESS 月額10ドルまたは年間99ドル

参照元:MyUS

2. 輸入com

8owCQ1ZOmY7Wcoe1664327101_1664327127

輸入comは、購入と輸入の両方を行なってくれます。

無料オプションでは、商品の保管や写真撮影を行なってくれます。輸入量に応じて料金プランが違います。月の輸入量に応じて、料金プランを考えましょう。

会員タイプ 月額料金 輸入量の目安
個人会員 月額無料 1〜5点
ビジネス会員 3,035円 15〜34点
エクスパート会員 9,981円 35点以上

参照元:輸入com

3. スピアネット

zx8KmEnIHzMVoUu1664327402_1664327437

スピアネットは、他の代行業者に比べ輸入にかかる費用を安く抑えられます。商品を保管する倉庫が売上税のかからないオレゴン州にあるため安くなっています。

スピアネットは、発送方法により発生する料金とオプション・手数料を合わせた料金がかかります。

料金 手数料 注意事項
荷物目:9ドル 追加1荷物につき6ドル 追加事務手数料:5点までごとに3ドル追加 ・簡易検品・通関書類作成・基本的な梱包がすべて含まれている
・1荷物の商品数が11点以上で加算
郵便手数料:1梱包あたり5ドル 郵便物(PMIまたはEMS)で発送する場合

参照元:スピアネット

4. マッドビースト

1yoqgQySmm006ZJ1664327535_1664327561

マッドビーストは、購入と発送代行をしてくれます。商品保証が無料な点もメリットです。

料金プランは3つに分かれており、無料プランでは30日間無料で商品を保管するサービスがあります。以下が料金プランです。

料金プラン サービス内容
無料プラン ・月額料金は無料
・Amazon FBA納品代行のサービスは不可
Be Beeプラン(月額888円) ・8日間の無料お試し期間がある
・25%の転送送料割引あり
・Amazon FBA納品代行可能
プラスMAIL(月額4,900円) ・25%の転送送料割引あり
・DMチラシの受け取り可能

参照元:マッドビースト

5. XBORDER

hSdeapcPZ0q4KqM1664327619_1664327637

XBORDERは、注文から輸入までまとめて代行してくれます。また、お問い合せに購入したい商品ページのURLを送ると、輸入の手続きをやってくれます。

そのため、英語が苦手な方でも安心して使えます。

料金の内訳は以下の通りです。

  • 商品の代金
  • 送料
  • 購入代行手数料(30%:最低代行手数料10,000円

33,333円以上の購入がお得です。

参照元:XBORDER

さらに以下の記事では、日系のAmazon輸入代行業者を紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

まとめ

今回は、Amazon輸入代行を使うメリットと輸入代行を使うときの注意点、おすすめのAmazon輸入代行業社を紹介しました。

Amazon輸入代行業社を使うと、海外でのみ手に入る商品を簡単に、そして個人で行うよりも安く手に入れられます。料金や発送のスピードだけでなく、サービスの質にも十分注意を払って良い業者を見つければビジネスの幅も大きく広がるかもしれません。

監修者の一言

アマゾン輸入代行サービスを利用することで語学力や貿易の知識が無くても、手軽に海外から商品を輸入することができ、輸入ビジネスの幅も広がります。

輸入諸費用についても、個人で手配をするよりも、代行業者を通じた方が配送料金を抑えることができます。物流業界にはスケールメリットという言葉が存在し、多くの荷物を扱う業者には割安な運賃が設定される傾向にあるからです。

また、貨物の保全面でもメリットがあり、日本と比較して海外は商品を雑に扱う傾向があります。例えば、中国では航空貨物の荷役で箱物を平気で放り投げたりするようなことがあります。

そのため、そのような手荒な扱いによるダメージを防ぐためにも、発送時に適切な梱包をすることが求められます。日本に到着してから商品の破損が発覚しても、現地とのやり取りに時間を要し、負担が大きいからです。負担の要因としては、言葉の問題や時差、レスポンスの遅さなど、クレームを要求して、認められるまでの道のりが長くなります。

代行業者には、日本側だけでなく、現地側から十分に発送面のケアをしていただくことが、海外輸入ビジネスを着実に行う上では欠かせないでしょう。

みんなの貿易相談室
台田雄樹
監修者

国際輸送分野に8年間従事。東証上場の総合物流企業で、国際一貫輸送業務を中心に7年間携わる。通関士として航空貨物の通関業務も行う。またミャンマーへ6ヵ月間駐在し、現地の物流事情の調査や営業も経験する。その後大手自動車部品メーカーへ転職。現在は国内、海外工場間の国際輸送業務、及び貿易企画に従事する。北南米、中国、ベトナム、フィリピンの輸送を担当。日本と海外拠点間だけでなく、海外拠点同士の輸送管理も行っている。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
輸入・輸出・通関代行の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 信頼できる輸入・輸出・通関代行業者の選び方がわからない
  • 通関手続きの複雑さや国際ルールが不安
  • 通関代行の費用相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の物流・運送会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで最適な企業を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

輸入・輸出・通関代行に対応できる業者を一覧から探す

比較ビズ求人のお知らせ

エンジニアの募集

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら