労務顧問の料金相場と、社会保険労務士の選び方のポイント「比較ビズ」

労務顧問の料金相場と、社会保険労務士の選び方のポイント

労務顧問の相場情報をまとめました。社会保険労務士に依頼した際の費用を知りたい、現在契約中の社会保険労務士の費用が適正か知りたい、という方は必見です。また無料で多くのに見積もりを取ることで、より正確な料金体系を把握することができます。

顧問契約は会社が従業員に対して行うべき「社会保険(健康保険、厚生年金)・労働保険(労災保険、雇用保険)・労災処理業務全般や、就業規則の運用支援、労基署・年金事務所の調査立会、及び、採用、教育・訓練、賃上げ、賞与、リストラ、解雇、労使トラブルといった労務相談を一括して請け負うサービスです。

社長に強い味方が出来る

「顧問」とまとめてしまうとわかりにくいですが、全般の相談が簡単にできると言うのがメリットです。 新規採用をしたり、退職をしたりすると必ず、「法律」にのっとって処理をしなくてはなりません。
手続きや、登録など多くのことをしないといけません。また、法律改正情報など、法律に改正があったときなど、「知らなかった」では、すますことが出来ません。しっかり、法律を遵守することで安心がもたらされます。

手続きが簡単になる

社会保険関連の手続きは、予想以上に多いことをご存知でしょうか? 新規採用・退職・給与・社会保険など、人が動くたびに、会社は、手続きをしないといけません。そんな手続きを顧問契約をして頂くことで、まとめて解消して頂けます。

法律改正の対応できる

「ウチは人事部があるから大丈夫」そんな風に思っていませんか?そんなことも無いようです。 新しい法律というのは、「意外にある」と言うことをご存知でしょうか?いままで適用された法律が来月から適用されないそんなこともしばしばです。
でも、顧問契約のメリットのひとつに、「ちゃんと施行されればお知らせする」と言うのがあります。

他社の事例を参照し、世間の相場がわかる

人事労務管理を行う大きなメリットとして「みんなはどんな 風にやっているのか、わかる。」と言うのがあります。「他の会社では、○○このようにやっています。これで大丈夫です」という判断基準が生まれます。
この判断基準の差は、かなり大きいものです。こういう「すぐに対処出来る」と言うのは非常に大きなメリットです。

連続した処理に対応

会社を運営している限り、新規採用したり、退職があったり、「人事労務管理」と言うのはつき物です。その度に作業が発生します。もちろん、事件が起こった時に連絡いただき、必要なときのみ相談させて頂くパターンもあります。
しかし、労務管理は、会社の状況にあわせた対応をすることになります。そのとき、「前回の資料」「前々回の資料」を参照することが出来るのも顧問契約のメリットです。

労働基準監督署との折衝

確実に処理をしていても、「労働基準監督署との折衝」というのは起こります。抜き打ちで、検査を行ったりするからです。

準備

帳簿書類等の日常的な整備・点検の必要性、労働基準監督署の強制立入調査などをきっかけに、日々の帳簿書類等の整備・点検の必要性を感じたり、社内トラブルなど困っている内容を確認しておきます。

選ぶ基準を決める

地域、年齢、得意業種、得意業務、料金、相性など。

条件の合う社労士事務所を探して問合せ

条件にあった社労士事務所を探し、 気になった社労士事務所に問合せをして実際に問合せをします。 なるべく良い先生を探すためにも複数の社労士事務所と問合せると良いでしょう。

就業規則の素案のリーガルチェック

法律に準拠した内容になっているか確認してください。 労働時間や賃金の計算方法、あるいは法改正があった項目などには特に注意してください。

打合せ

実際に会って見たり、お電話にて打合せをし今後の顧問業務の方針を決める。 不安に思っていること、わからないことはこの時点でしっかり聞いておきましょう。

契約

内容・費用・条件等のすりあわせが出来たら契約へ。

労務問題に関するノウハウや実績

常に労務について安心できる環境を作っていくには、労務問題や、就業規則、助成金など様々なことに関して詳しくなくてはいけません。
起こりうる労務問題を把握していたり、様々な危険を想定しておく必要がありますので、 なるべく豊富なノウハウや実績を持った社労士事務所に依頼するのが会社の発展の為といえます。

信頼性や先生の人となり

信頼できる労務顧問先と契約するためには、御社の社風や問題、状況を把握していないと良い就業規則はつくれません。 「ちゃんと話を聞いてくれるか?」「きっちり動いてくれるか?」「信頼できるか?」などの信頼性・先生の人となりが大事です。
ネットの情報や一回あった程度で 信頼性や人となりを見極めるのは大変難しいですが、「この先生は信頼できる!」と思える先生を選びたいものです。

費用で選ぶ

労務顧問は経営者にとって、心強いパートナーになるべき存在なので、安かろう悪かろうでは話になりませんが、 同じ質であれば当然少しでも安くあげたいものです。 「どのぐらいのレベルの労務顧問を期待し、どこまで望むか?」と「いくらまでなら払えるか?」のバランスで決める必要があります。

人員 月額報酬
4人以下 2万円〜
5〜9人 3万円〜
10〜19人 4万円〜
20〜29人 5万円〜
30〜49人 6万円〜
50〜69人 8万円〜

必要事項に入力するだけですぐに終わる、簡単2分の無料一括問い合わせができます。
御社の条件にピッタリの社会保険労務士が見つかり、これでどの社会保険労務士にしようか迷うこともありません!

社会保険労務士の相場情報

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら