採用動画制作の費用相場はどれくらい?費用の抑え方と制作会社の選び方を徹底解説

最終更新日:2024年06月06日
採用動画制作の費用相場はどれくらい?費用の抑え方と制作会社の選び方を徹底解説
この記事で解決できるお悩み
  • 採用動画制作の費用相場は?
  • 採用動画制作の費用を抑える方法?
  • 制作会社の選び方は?

「これから採用動画制作したいけど、費用相場を知りたい」経営者・採用担当者の方、必見!

採用動画制作の費用相場は10万円〜250万円と幅広いです。撮影パターンや期間によって変動します。採用したいターゲットに向けて、高品質で訴求できる動画を制作したい場合は、制作会社に外注するのがおすすめです。

本記事では、採用動画制作の費用相場を解説します。費用の抑え方と制作会社の選び方も紹介しました!記事を読むと、採用動画制作の費用相場を把握し、自社にマッチした制作会社に依頼できるでしょう。

【種類別】採用動画制作の費用相場

採用動画制作の費用相場を、種類別にまとめました。

採用動画の種類 費用相場 動画の再生時間 撮影場所 撮影条件 撮影時間 制作期間
インタビューのみの構成の場合 10万円〜30万円 90秒〜120秒 社内(1カ所) キャスト:社員
カメラ:1台
半日以内 2週間〜1ヵ月
インタビューと社内紹介を含める場合 30万円〜80万円 120秒〜180秒 社内(2カ所〜3カ所) キャスト:社員
カメラ:1台〜2台
1日〜2日 1ヵ月〜1.5ヵ月
社員の密着取材を行う場合 80万円〜200万円 数分〜10分 社内+外部ロケ地 キャスト:社員またはプロ演者
カメラ:1台〜2台
3日〜4日 1.5ヵ月〜2ヵ月
ドラマ風にストーリー仕立てにする場合 250万円〜 15分以上 社内+外部ロケ地 キャスト:社員またはプロ演者
カメラ:複数+ドローン等
1週間程度 3ヵ月以上

下記でそれぞれ詳しく解説します。

インタビューのみの構成の場合:10万円〜30万円

採用動画の種類 インタビューのみ
費用相場 10万円〜30万円
動画の再生時間 90秒〜120秒
撮影場所 社内(1カ所)
撮影条件 キャスト:社員
カメラ:1台
撮影時間 半日以内
制作期間 2週間〜1ヵ月

社員のインタビューのみを撮影するシンプルな採用動画です。カメラを固定して同じ視点で撮影するため、費用相場は10万円〜30万円と比較的安価です。

カメラや画質にこだわりがない場合は、スマホのカメラで撮影できます。機材にこだわりがなければ、相場よりも安くなる可能性があるでしょう。

撮影と編集に時間がかからないため、早く安く採用動画を制作したい企業にはおすすめです。

インタビューと社内紹介を含める場合:30万円〜80万円

採用動画の種類 インタビュー+社内紹介
費用相場 30万円〜80万円
動画の再生時間 120秒〜180秒
撮影場所 社内(2カ所〜3カ所)
撮影条件 キャスト:社員
カメラ:1台〜2台
撮影時間 1日〜2日
制作期間 1ヵ月〜1.5ヵ月

社員のインタビューと社内を紹介する採用動画です。社内のスポットを2カ所〜3カ所撮影するため、費用相場は30万円〜80万円と、社内インタビューのみよりも大きく費用がかかります。

カメラは1台撮影可能ですが、2台あると違う画角からも撮影できるため、就活生に社内の臨場感を与える動画が制作できるでしょう。

撮影は1日〜2日程度で済みますが、インタビューと社内紹介が構成に含まれているため、制作に1ヵ月以上はかかるでしょう。採用活動で、社員の人柄と職場のイメージを伝えたい企業におすすめです。

社員の密着取材を行う場合:80万円〜200万円

採用動画の種類 社員の密着取材
費用相場 80万円〜200万円
動画の再生時間 数分〜10分
撮影場所 社内+外部ロケ地
撮影条件 キャスト:社員またはプロ演者
カメラ:1台〜2台
撮影時間 3日〜4日
制作期間 1.5ヵ月〜2ヵ月

とある社員の1日を密着取材する採用動画です。社内以外にも外で撮影する場合があるため、費用相場は80万円〜200万円と社内のみで撮影するよりも高額です。

実際の社員をキャストとして密着取材をする方が臨場感は出ますが、ビジュアルや演技重視でプロの演者をキャスティングする場合もあります。

編集に時間がかかるため、スケジュールに余裕をもって動画制作する必要があるでしょう。就活生に自社で働くイメージを詳しく見せたい企業におすすめです。

ドラマ風にストーリー仕立てにする場合:250万円〜

採用動画の種類 ドラマ風にストーリー仕立て
費用相場 250万円〜
動画の再生時間 15分以上
撮影場所 社内+外部ロケ地
撮影条件 キャスト:社員またはプロ演者
カメラ:複数+ドローン等
撮影時間 1週間程度
制作期間 3ヵ月以上

ドラマ形式で物語を進めながら企業が伝えたいメッセージを伝える採用動画です。外部ロケ地によって事前に手配する必要があるため、費用相場は250万円以上と、非常に高額です。

複数のカメラを利用しつつ、撮影内容によってはドローンが必要になる場合があります。照明やレールなどの機材の準備に時間がかかるため、撮影と合わせて1週間程度かかることが多いでしょう。

さまざまなカットを撮影するため、おのずと制作期間も長くなります。エンタメ要素を取り入れつつ、自社のことを就活生に詳しく伝えたい企業におすすめです。

採用動画制作を制作会社に依頼する際の料金体系例

採用動画制作を制作会社に依頼する際の料金体系例を。2社ピックアップしました。

株式会社VIDWEBの料金体系例

株式会社VIDWEBの画像

参照:株式会社VIDWEB

※新卒・中途採用動画の例

費用相場 50万円〜
制作期間 2カ月
スタイル 実写
制作内容 企画・構成作成・撮影・編集・ナレーション

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントの料金体系例

株式会社アジアピクチャーズエンタテインメントの画像

参照:株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

※採用社長メッセージ動画の例

費用相場 50万円〜80万円
撮影時間 1日
制作期間 1週間
企画・構成 2日

採用動画制作の費用相場が変動する要因5つ

採用動画制作の費用相場が変動する要因は、主に5つあります。

  • 動画の種類
  • 撮影時間と制作期間
  • キャストの出演費
  • 撮影場所
  • 編集技法

動画の種類

採用動画の種類によって費用が大きく変動します。社内のみで完結するインタビュー動画と外部ロケが必要な密着取材動画だと、費用相場が100万円近く変動するでしょう。

動画の種類によって使用する機材や撮影人材が変動するため、費用の差が出やすいです。また、撮影する動画内容によっては事前に手配を進めないとスムーズに撮影できないため、スケジュールに余裕をもって進めましょう。

撮影時間と制作期間

撮影時間と制作期間の長さによっても、採用動画の費用が変動します。理由は、撮影と制作の期間が長くなると以下の費用が増加するためです。

  • 撮影スタッフや編集スタッフの人件費
  • 動画制作に必要な機材の諸経費

人件費は撮影・制作期間の長さと比例して増加していくため、長引かないように企画・構成段階で撮影内容や期間を念入りに打ち合わせしましょう。

キャストの出演費

キャストの人数や演者の選定も、採用動画制作の費用に大きく左右されます。外部からプロの演者をキャスティングする場合は、出演費用が大きくかかるでしょう。

有名芸能人や有名YouTuberをキャスティングする場合は、出演費用のみで数百万円程度かかることもあります。予算と相談しながら慎重に外部からキャストを出演させるか、検討しましょう。

撮影場所

撮影場所も採用動画制作の費用が変動する要因の1つです。社内のみではなく、外部のロケ地で撮影する場合は、費用が大きく増える可能性があるでしょう。

特に遠征で撮影する場合は、下記の費用も加算されます。

  • 撮影スタッフや編集スタッフの交通費
  • 撮影スタッフや編集スタッフの宿泊費用(※撮影が1日以上の場合)
  • 撮影場所のレンタル費用

撮影場所によってスケジュールも大きく変わるため、日程管理にも注意しましょう。

編集技法

動画の編集方法によっても、採用動画制作の費用が変動するでしょう。下記のような編集を動画に加える場合は、制作費用が増加するでしょう。

  • アニメーションやエフェクトの追加
  • 3DCGの追加
  • ナレーションの追加

採用動画の場合は、アニメーションやエフェクト、3DCGの追加はほとんどないため、複雑な動画構成にしなければ費用の変動を抑えられるでしょう。

採用動画制作の費用を抑える方法4つ

採用動画制作の費用を抑える方法を、4つ紹介します。

  • 無駄を省き撮影時間を長引かせない
  • 自社内で撮影を行う
  • キャストを社内の人材にする
  • 撮影プロセスとカットを抑える

無駄を省き撮影時間を長引かせない

撮影したい内容を明確にして、無駄な撮影時間を短縮させましょう。制作費用の要因で説明したとおり、撮影時間が長引くと人件費や諸経費が加算されます。

撮影時間を長引かせないように、企画段階で下記の項目について詳細に決めておきましょう。

  • 動画の目的やターゲット
  • 動画制作の予算
  • 動画制作の担当者
  • 全体の制作スケジュール

また上記の項目を決めておかないと、修正の際に取り返しがつかなくなる場合があります。

自社内で撮影を行う

自社内で撮影を行うと、採用動画制作の費用を抑えられるでしょう。外部でロケを実施すると、レンタル料と交通費や宿泊費などの人件費が大きくかかります。

自社内で撮影することで、自社の雰囲気や職場のイメージを就活生に伝えやすくなるでしょう。慣れ親しんだ自社で撮影すると、外部で撮影するよりも、緊張も和らげて撮影がスムーズに進む可能性が上がります。

キャストを社内の人材にする

なるべく社員をキャストにして、採用動画を制作しましょう。外部のキャストは出演費用がかかります。

社員が動画に出演することで、就活生に自社の人材に関する特徴を知る機会になるため、採用のブランディングになるでしょう。自社にマッチした人材を採用につなげるチャンスにもなります。

社員の特性やタイプを考慮して、キャストを採用しましょう。

撮影プロセスとカットを抑える

採用動画の制作をするうえで、撮影プロセスやカットが多いと費用が著しく増加します。。

機器の利用にも費用がかかることを把握していれば、以下のよう費用を抑えられるでしょう。

  • 追加費用のかかるロケは行わない
  • カメラの台数を絞る
  • 照明の必要性が薄い屋外を利用する

撮影プロセスとカットを極力減らせるところがないか、企画段階で検討しましょう。

【失敗しない】採用動画制作で意識するポイント3つ

採用動画制作で失敗しないために、意識するポイントは下記の3つです。

  • 採用したいターゲット層を明確にする
  • 伝えたい自社の強みを明確にする
  • 企画・構成の打ち合わせは念入りに行う

採用したいターゲット層を明確にする

採用動画を誰に届けたいのか、採用したいターゲット層を明確にしましょう。採用したい人材によって、動画で訴求するポイントも大きく変わります。

失敗を恐れずベンチャー精神で挑戦する人材か、論理的思考力をもって高度な提案を慎重に提示できる人材かでは、動画のコンセプトが変わるでしょう。

自社が欲しい人材を採用するためにも、ターゲットを明確にしておきましょう。

伝えたい自社の強みを明確にする

採用動画のなかで、自社のどのような強みを伝えたいのか明確にしましょう。自社の強みがわからないと、就活生に「自社で働きたい」という訴求ができません。

たとえば自社の強みとして挙げられる例として、以下の要素が強みとして活用できるでしょう。

  • キレイで設備が整ったオフィス
  • 豊富な福利厚生
  • 充実した教育制度
  • 他社にはない事業や業務内容

ワークライフバランスの重視を自社の強みにするなら、休暇制度や育休制度などにスポットを当てて動画の構成に組み込むべきでしょう。

企画・構成の打ち合わせは念入りに行う

企画・構成の打ち合わせは念入りに行いましょう。慎重に打ち合わせを行わないと、制作関係者の間で撮影や編集に関して大きな齟齬が発生するでしょう。

代表例として、認識の違いによって撮影場所や機材の手配に不備が生じ、スケジュールに大きな遅延が起こるケースがよくあります。

誰が何をやるのか明確にし、いつまでに完了させるのか企画・構成の打ち合わせを複数回行いましょう。

採用動画制作を制作会社に外注するべき理由2つ

採用動画制作を制作会社に外注するべき理由は、下記の2つです。

  • 高品質で訴求できる動画を制作できる
  • 他の作業にリソースをまわせる

採用動画制作は自社で作成できますが、いちから作成しようとなると経験がなければ果てしなく時間がかかります。1日でも早く効果的な動画を制作するためにも、制作会社に外注するのが得策です。

高品質で訴求できる動画を制作できる

採用動画制作を外注する最大のメリットは、専門的なスキルと経験を持つプロフェッショナルが高品質な動画を制作してくれることです。

外部の制作会社は映像制作における知識や技術に長けているため、豊富な経験を活かしてクリエイティブなアイデアを提供します。

プロの手によって、以下の要素を周年記念動画に含めることで、視聴者に強いインパクトを与えられるでしょう。

  • 高度な編集技術や視覚効果の導入
  • 洗練されたストーリーテリングの配置

外部の制作会社に依頼することで、クオリティの高い採用動画ができるでしょう。

他の作業にリソースをまわせる

採用動画制作を制作会社に外注すると、企業担当者の方が他の業務にリソースをまわす余裕ができるでしょう。

自社で動画制作する場合は、企画から動画編集まで多くの人材を確保する必要があるため、他の業務にあてられる工数が減るリスクがあります。

制作会社に外注すれば制作の人材を確保し、動画編集まで一貫して対応してくれるため、別業務を対応するリソースが生まれるでしょう。

採用動画制作を外注する際の制作会社の選び方5つ

採用動画制作を外注する際、制作会社の選び方を5つ紹介します。

  • 採用動画制作で実績が豊富な制作会社を選ぶ
  • マーケティングの知識がある制作会社を選ぶ
  • 制作担当者とコミュニケーションが取れるか確認する
  • 料金体系が明確でサポートが充実しているか確認する
  • 複数社から相見積もりをとる

採用動画制作で実績が豊富な制作会社を選ぶ

採用動画制作で実績が豊富か確認しましょう。新卒・中途採用向けに、制作した実績がない制作会社に採用動画制作を依頼しても、自社が思い描いている成果物が期待できないでしょう。

制作会社にも制作ジャンルによって得手不得手があります。制作会社に依頼する前にホームページやSNSを活用して隈なくチェックしましょう。

マーケティングの知識がある制作会社を選ぶ

制作会社がマーケティングの知識を持っているか確認しましょう。マーケティング知識がないと、採用したい人材に向けて訴求できる動画を制作できません。

採用動画は広告を利用して自社のブランディングとして発信することもあるため、以下に関する広告マーケティングの基礎知識があるか確認しましょう。

CPA 広告から1人の新規顧客を獲得するのにかかった費用
ROAS 広告費に対してどのくらいの売上が発生したかを表す指標
ROI 広告費に対してどのくらいの利益が発生したかを表す指標
LTV サービスを開始し終了までの期間に発生する顧客1人あたりで得られる利益

上記の数値を意識しつつ、想定ユーザーに刺さる動画制作をするのが重要です。

制作担当者とコミュニケーションが取れるか確認する

制作担当者とコミュニケーションが取りやすいかも、採用動画を制作するうえで重要です。担当者とコミュニケーションがうまく取れないと、さまざまな場面で齟齬が生じ、自社が求めている動画ができ上がってしまうでしょう。

以下の要素で担当者に問題がないか確認しましょう。

  • 上から目線がなく物腰が柔らかいか
  • 依頼者の理解レベルにあわせて噛み砕いて説明できるか
  • 進捗報告を定期的に行ってくれるか

担当者と馬が合えば、採用動画制作を成功に近づける可能性が上がります。

料金体系が明確でサポートが充実しているか確認する

採用動画を制作会社に依頼する際は、細かい費用が発生するため、料金体系が明確な見積もりがあると安心できます。

採用動画制作には、制作費用のほかにキャストやカメラマンの人件費や諸経費が細かく費用が発生するでしょう。見積もりの時点で注意深く確認しましょう。また、動画制作を依頼した際にどのようなサポートがあるかも確認しましょう。

料金体系が明確で、修正に関する無料サポートがある制作会社を選ぶといい制作会社の可能性が高いです。

複数社から相見積もりをとる

1社の制作会社のみではなく、複数の制作会社から相見積もりをとりましょう。見積もり項目がほとんど同じなのに、費用に差が大きく出るケースがよくあります。

おすすめは3社〜4社ほど相見積もりをとることです。

参考にしたい採用動画の事例3選

参考にしたい採用動画の事例を、3つピックアップしました。

株式会社Cygames

参照:株式会社Cygames

株式会社Cygamesは、ブラウザやモバイルのゲーム開発事業やアニメーション事業などを手掛けるサイバーエージェントグループの企業です。上記の動画は新卒採用向けのオフィスツアー動画となっています。

職場や社員の雰囲気を映像で見せながら、開発者やイラストレーター、作曲家など多くの人材が関わってゲームが作られていることがわかります。この動画の特徴点は、動画にほとんどテロップ表示していない点です。

無駄なテロップを省き、職場の様子がシンプルに理解できる動画構成になっています。シンプルだからこそ、就活生に社内のイメージが伝わりやすいでしょう。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

参照:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、ソニーグループの音楽系事業の統括会社です。上記の動画は、2016年度の新卒採用のオープニングムービーとなっています。

エンタメ事業に強みを活かした、アニメーションや音響やナレーションは、就活生の心に残る動画となるでしょう。企業の強みを生かしながら事業の紹介を説明しつつ、入社する新卒者にどうあってほしいかメッセージがの残されています。

新卒採用向けの動画ですが、企業のブランディング目的でも活用できるクオリティです。

豊友工業株式会社

参照:豊友工業株式会社

豊友工業株式会社は、配管工事や製缶工事を中心とした建設会社です。上記の動画は新卒・中途採用向けた、社員インタビューの動画となっています。

女性社員という点に着目し、まわりの社員が気が利くため、女性でも働きやすい環境であるのがインタビューから伝わってくるでしょう。また、社員同士が接している様子や作業風景の映像は、就活生により臨場感を与えてくれます。

インタビューの目的が明確に仕上がっている動画といえるでしょう。

まとめ

本記事では、採用動画制作の費用相場を紹介しました。撮影や編集期間などによって人件費や諸経費が変化するため、企画段階で念入りに打ち合わせをしましょう。採用動画を制作する動画制作会社を選ぶ際は、新卒・中途採用で制作実績のある制作会社を選びましょう。

制作費用を抑えたい場合は、3社〜4社ほど相見積もりをとるといいでしょう。いち早く一括で複数の動画制作会社に見積もり取りたい方は、ビジネスマッチングサービス「比較ビズ」を活用するのがおすすめです。

「比較ビズ」では、2分程度の必要項目の入力が完了し、完全無料で自社にマッチした動画制作会社から、一括見積もりサービスが利用できます。ぜひご活用ください。

比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら