動画コンテンツは何種類あるの?メリットやそれぞれの使用用途を解説

株式会社Reinolz
監修者
株式会社Reinolz 代表取締役CEO 織畠 宗典
最終更新日:2024年01月09日
動画コンテンツは何種類あるの?メリットやそれぞれの使用用途を解説
この記事で解決できるお悩み
  • 動画コンテンツにはどのような種類がある?
  • 動画コンテンツの種類のそれぞれの用途は?

「動画コンテンツにはどのような種類があるか知りたい」「動画コンテンツの種類のそれぞれの用途を知りたい」とお悩みの方は必見。

動画コンテンツの種類は大きく分けて、4つあります。それぞれ用途があり、事前に把握しておくとシーンに沿った動画を作成しやすいです。

この記事では、動画コンテンツについて詳しく知りたい方向けに、コンテンツの種類・使用用途を解説しています。最後まで読めば、テーマ・目標に合った動画コンテンツを作成できるでしょう。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

動画コンテンツとは?

pixta_74833875_M

動画コンテンツとは、映像や音声を組み合わせた情報やエンターテイメントを提供するメディア形式です。映画やテレビ番組、ドキュメンタリー、動画ブログ、チュートリアル、広告など、さまざまなジャンルや目的で制作されます。

視聴者はスマートフォンやパソコンを通じて、情報の伝達や娯楽を楽しめます。

動画コンテンツの4つの種類

動画コンテンツは、大きく分けて4種類あります。それぞれ異なる特徴・役割があるため、理解しておきましょう。

  1. 動画広告
  2. サービス・商品紹介
  3. 採用コンテンツ
  4. 社内向けコンテンツ

1. 動画広告

動画広告は、商品やサービスを宣伝するために作成された短い映像コンテンツです。SNSやYoutube、テレビなどで流れ、視聴者に対して情報やメッセージを効果的に伝える手段として利用されます。

2. サービス・商品紹介

サービス・商品紹介動画コンテンツは、特定のサービスや商品を視覚的に魅力的に紹介する映像コンテンツです。サービスや商品の特長や利点をわかりやすく伝え、視聴者の興味を引き、購買意欲を喚起する役割があります。

SNSやネットショップと相性がいいのが特徴です。

3. 採用コンテンツ

採用コンテンツ動画は、企業が新しい人材を募集する際に使用される映像コンテンツです。企業の歴史や文化、働く環境、仕事の魅力などを映像化するケースが多くあります。

求職者に対して魅力的なイメージを伝えることで、人材の採用や応募者の関心を寄せることが可能です。

4. 社内向けコンテンツ

社内向けコンテンツ動画は、企業内で使用される映像コンテンツです。従業員に対して情報の伝達や教育、コミュニケーションの促進を目的とするケースが多いです。

組織の方針や目標、研修、内部イベントの報告など、社内コミュニケーションを円滑にし、従業員の関与を高める役割があります。

動画コンテンツの4つのメリット

pixta_73138703_M

動画コンテンツには、主に4つのメリットがあります。ひとつずつ見ていきましょう。

  1. 視覚的なインパクト
  2. 効率的な情報伝達
  3. 長期的な影響
  4. SNSにおける拡散力

1. 視覚的なインパクト

動画コンテンツは映像と音声を組み合わせることで、情報を視覚的かつ感情的に伝えることが可能です。映像の鮮明さや動きの表現力により、視聴者に強いインパクトを与え、メッセージを効果的に伝えられます。

2. 効率的な情報伝達

動画コンテンツは膨大な情報を短時間で伝えることが可能です。映像やアニメーションを使って視覚的に説明するため、視聴者は迅速に内容を理解できます。

3. 長期的な影響

クオリティの高い動画コンテンツは、長期間にわたって視聴者の心に残るケースが多いです。感情的なストーリーテリング・映像により、視聴者の記憶に深く刻まれ、ブランドやメッセージの認識を高める可能性があります。

4. SNSにおける拡散力

動画コンテンツはソーシャルメディアやウェブ上で共有でき、拡散される可能性が高いです。「面白い」「感動できる」「興味深い動画」などは、ユーザーによってシェアされ、広告効果やブランドの露出が増大する可能性があります。

動画コンテンツの活用事例3選

動画コンテンツの活用事例を3つ紹介します。それぞれの動画によって、編集方法や動画の役割が異なるため、比較しながら見ていきましょう。

  1. Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」
  2. Google広告 公式
  3. ハサミ<サクサ>コクヨ

1. Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」

Web・デジタルマーケティング支援サービスの紹介動画です。 次々と変わるイラストに加え、文字と音声を使い視聴者にサービスの内容をわかりやすく説明しています。シンプルなイラストが特徴的で、サービス内容が伝わりやすい動画です。

名称未設定のデザイン - 2023-07-04T145003.358

参照:SURGE

2. Google広告 公式

Google広告の紹介動画です。 映像や文字、利用者の生の声をうまく組み合わせたり、実際の実績を表示してサービスのよさを視聴者に訴求しています。短い動画ですが、広告のメリットが非常にわかりやすいです。

名称未設定のデザイン - 2023-07-04T145057.170

参照:Google広告

3. ハサミ<サクサ>コクヨ

ハサミの商品紹介動画です。 使用中の動画〜商品の詳細説明〜顧客のニーズにあわせたタイプ別の商品紹介と、視聴者に飽きさせない動画の構成です。爽やかな音楽と背景から、企業の明るいイメージが伝わってきます

名称未設定のデザイン - 2023-07-04T145231.650

参照:ハサミ<サクサ>

まとめ

動画コンテンツはさまざまなジャンルや目的で制作され、視聴者に情報を簡潔に伝えるツールです。メリットや活用例を把握しておくことによって、視聴者のニーズにあわせた動画が作りやすくなります。

動画の編集技術を持ったスタッフがいない場合は、制作会社に依頼することをおすすめします。制作会社には多数の選択肢が存在するため、どの外注先に依頼するか迷ってしまう可能性があります。

「比較ビズ」は、2分程度で必要事項の入力が完了し、優良な動画制作会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイントです。

動画コンテンツ代行会社の選定に迷った場合は、ぜひ利用してみてください。

監修者のコメント
株式会社Reinolz
代表取締役CEO 織畠 宗典

大学時代よりWebライティングを開始。自社メディアを2年で月間PV300万PVまで到達させ売却・これまで高額売却の成功したメディアの数は35サイトを超えコンサルティングで関わったサイト数は1000サイト上、その中で86%のサイトが1年で飛躍的な成長を遂げた。またSEO分野における国内TOP10ノミネート実績がある。SEO分野では講師も務めた経験があり、これまで100名を超えるSEOプロフェッショナルへ講義を行なっている。現在は数多くの企業へWebマーケティング全般のコンサルティングを行っており、株式会社Reinolz代表取締役としてクライアントからの要望に応える。

動画コンテンツのメリットは、情報量の多さと記憶に残りやすいという点があります。汎用性が高く、社内教育の教材としてなどの内部向けに利用することや、採用やサービスの認知拡大としてなどの外部向けに利用することなど、広範囲で有効活用ができます。

制作時の際は、どんな動画コンテンツの種類でも、【目的を明確にすること】【届けたいターゲットを決めること】【ストーリー性を持たせる】この3点を軸に制作することが大切です。

また初心者の方は、他社の動画コンテンツを調査し、成功事例を見つけることから情報収集を行うことをおすすめします。動画コンテンツはあらゆる場面で活躍が期待できますので、積極的に有効活用していきましょう。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

動画制作の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 実績豊富な会社に依頼したい
  • 著作権やライセンス管理が不安
  • 制作費用の相場がわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の動画制作会社に一括で見積もりができ、相場感や各者の特色を把握したうえで会社を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

動画編集・映像に対応できる業者を一覧から探す

アンケート募集中

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら