動画マニュアルの作成方法〜メリットから作成時の注意まで〜

更新日:2020年08月07日 発注カテゴリ: 動画編集・映像
動画マニュアルの作成方法〜メリットから作成時の注意まで〜

マニュアルと言えば、これまで紙で印刷した資料が主流でした。しかし、近年では紙に代わって動画を用いる事例が増えているのをご存知でしょうか。今回は動画でマニュアルを作成するメリットや制作時の注意点などを分かりやすく解説します。教える側も教えられる側もメリットのある動画マニュアルに興味がある方は必見です。

関連する記事

動画マニュアルを作成するメリット

動画マニュアルを製作することで理解度やコスト面など、幅広い分野でプラスの効果が期待できます。そこでここでは、動画マニュアルのメリットについて主に5つのポイントに分けてみていきます。

メリット(1)視覚情報で直感的な理解が可能

動画マニュアルはビジュアル的に理解ができます。このため、必要事項の内容がより頭に入ってきやすいです。

例えば文章で「適宜行う」とか「適当なところで○○する」といわれても、適宜や適当が具体的にどのくらいか塩梅がわかりません。あいまいな表現の場合解釈の個人差が生じ、それが理解の齟齬を招きかねません。

一方動画による説明であれば、具体的にやっているところを視聴できます。紙の文書では伝わらない、細かなニュアンスの部分も同じように理解できるので社内や組織内などの意識の統一を図れます。

メリット(2)最後まで見てもらえる

紙マニュアルの場合、説明すべき情報が多ければ多いほど、ページ数も増えてしまうのがネックです。ページ数が多いと読むほうも大変で、途中で挫折してしまう人も出てくるかもしれません。

一方動画マニュアルの場合、ボリュームがあっても最後まで見てもらえる可能性が高いです。テキストでは何ページも割いて説明しなければならないポイントも、数分程度を目安として簡単に編集でまとめられます。

動画マニュアルの場合、テーマごとに分けて一つ一つは短くまとめられているものが多いです。長時間視聴することを前提にして制作されているからです。

チャプターごとに分けることで、すべてを視聴する必要もないです。特定の部分だけ視聴することで、作業手順などの学習度も効率的に高められます。

メリット(3)習熟度を上げやすい

動画マニュアルは、巻き戻して何度でも同じ部分を見られるところがメリットです。わからないところや注意してほしい部分を繰り返し見せることで、習熟度を上げやすいです。

これを先輩などが繰り返しコーチするとなると、時間も余計にかかってしまいます。スムーズに理解してもらえる、講師など指導者の負担を少しでも軽減できるのは大きなメリットといえます。

また重要な部分、理解してほしい部分をいきなり頭出しすることも可能です。必要な箇所だけを重点的に学ばせることもできます。

メリット(4)時間や場所を問わず視聴できる

いつでも動画マニュアルを視聴できるので、自分のタイミングでチェックできるところもメリットの一つです。最近のマニュアルデータを見ると、DVDなどではなくサーバーやクラウド上にアップされるのが主流だからです。

このため、社内のパソコンやタブレットなどアクセス権を持っているデバイスであれば、どこでも視聴可能です。スマホに権限を与えれば、外出先から手軽にチェックできます。

研修や説明会の場合、一つの場所に集まって行うのがこれまでのやり方でした。しかしどこからでも視聴できれば、どこかに集まってもらう移動の手間を省けるようになるわけです。

メリット(5)コスト削減になる

コスト圧縮できるのは、企業にとって大きな魅力です。紙媒体の場合、印刷コストは不可避ですが、動画マニュアルにはこのコストが不要になります。

動画マニュアルは一度作成してしまえば、データをサーバーやクラウドに残しておけばよく、ほとんどかかる費用はないのです。紙媒体のように保管場所を設置する必要もありません。

動画マニュアルが活躍する場

動画マニュアルは様々なビジネスシーンで活用できます。では具体的にどのような場面で利用するといいか、具体的に紹介していきましょう。

販促

これまでの販促はポスターや横断幕に代表されるように静止画のものが主流でした。そんな中で動画の広告を出せば、目立ちますし見る人へのインパクトも強いです。

近年では展示会でも動画マニュアルを使った販促も増えてきています。空間演出手法の一環としてです。

採用活動

優秀な人材をいかに確保できるか、会社の将来性を見据えれば重要な問題です。求職者にいかに自社をアピールできるか、応募者を増やすためにも重要なポイントになります。

そこで大事なのは、動画による資料作成です。文書や図表などの静止画よりも、動く資料の方が目を引くからです。

おすすめの方法として、事務所や工場内の様子を動画で流す手法があります。言葉よりも実際の様子を見てもらえば、社内の雰囲気などを求職者にわかりやすくアピールできるからです。

営業

商談の時、その場でアピールしたいことを相手に理解してもらえるのも動画マニュアルの大きな強みです。得意先の人を製造している工場などにわざわざ連れていく必要がありません。

タブレットを持っていれば、すぐにアピールしたいことを伝えられます。効率的に営業活動できるのも、動画マニュアルのたまものです。

これから営業社員として仕事を始める新人向けのマニュアルを作成するのも一考です。セールスプロセスの方法をビジュアル化することで、基本的なやり方についてしっかりマスターさせられます。

営業向けのマニュアルを制作しようと思っているのなら、おすすめです。OJTに活用している企業も少なくありません。

顧客サポート

リピーターを増やすためには、顧客に対するアフターケアは大事です。顧客に自社製品の使い方などについて理解してもらうために、動画マニュアルを用意しているとやり方がよりダイレクトに伝わってきます。

近年では自社のホームページでよくある質問を掲載して、顧客自ら問題解決してもらう方式も多いです。プラスして、動画もあれば理解度がより深まります。

社員教育

社員教育の場で動画マニュアルを用いることで、新人のスキルアップを効率的に進められるのもおすすめです。これまでスキルは経歴の長さで決まってしまうところがありました。

動画の場合、分かりにくいところや注意すべきところを繰り返し視聴できます。直感的に伝えられるので、新人のスキルアップも今までより早まるでしょう。社内全体の技術力向上につなげられます。

社員教育では主に新人用のプログラムとして作られることが多いです。電話の正しい応対の仕方、商品説明の方法など基本的なビジネスマナーについて学習できるようなものが中心です。

ただその他の方法でも活用できます。例えばこれから中間管理職になる人のための部下への指導方法や、フランチャイズの店長向けの店舗運営のマニュアルを製作している企業も見られます。

動画マニュアルの作成で必要になるもの

撮影用機材

まずは動画を撮影するのに必要なツールを用意しましょう。

4K対応の高性能なカメラを用意するのもよいですが、要点を押さえたものであればスマートフォンのカメラ機能でも問題ありません。

目的に応じて、例えば高画質でクオリティの高い動画マニュアルを作成する場合には4K対応のデジタルビデオカメラ、社内用の動画程度であればスマートフォンを活用するなど使い分けるとよいでしょう。

最近のスマートフォンのカメラは十分高性能なため、多くの場合で活用可能です。

なお、高機能なデジタルビデオカメラを使う際にはある程度の学習が必要なこともあります。

補助機材

三脚やマイク、スタビライザー等用意すれば、これだけで動画から素人感をなくすことが出来ることも少なくありません。

特にスマートフォンを使っている場合、専用のレンズを使えば撮影能力を大幅にアップできるなど比較的安価で高性能なツールがさまざまあります。

無理にデジタルビデオカメラを購入しようとするのではなく、こうした補助機材を調べるところから始めてみてもよいでしょう。

編集用ツール

撮影した動画は編集する必要があります。

高性能なプロ用のPCソフトから、PC用のフリーソフト、クラウドサービスの他、スマホアプリでもある程度対応することが可能です。

こちらも目的に応じて使い分けるとよいでしょう。

動画マニュアルで活用できるフリーソフト

おすすめのフリーソフト(1)AviUtl

国内のフリーソフトで非常に人気の高いのがこちらのAviUtl。

無料である程度の機能を利用できる他、プラグインを活用して機能を拡張していけるのがポイントで、使いこなせばプロ並みの動画編集も可能です。

これまで動画編集ソフトを触ったことがないという方がいきなり使うとやや敷居の高さを感じてしまうかもしれませんが、無料でこれだけの機能を使えるソフトは他にないといってもよいでしょう。

おすすめのフリーソフト(2)iMovie

Macに標準搭載されている動画編集ソフトで、MacユーザーならまずこのiMovieが候補に挙がるでしょう。

動画の切り貼りやテロップの挿入の他、エフェクトも利用可能で、動画編集するのに必要な基本的なことはこのソフトで一通り揃ってしまいます。

iPhoneのアプリとして利用できるのもポイント。

おすすめのフリーソフト(3)Lightworks体験版

プロも利用するLightworksという動画編集ソフトの体験版です。

有料版との違いは動画の出力方式のみで、無料体験版でも多くの機能を利用できます。

日本語化されていないため慣れるまで少し大変ですが、使い慣れてしまえばハイクオリティな動画を作り出すことができます。

フリーソフトの選び方

自分の編集レベルに応じたソフトを選ぶ

フリーソフトの中にも、動画初心者に向けて簡単に操作できるものから、さまざまな機能を持つ動画編集ソフトまでさまざまあります。

基本的に、多機能、高機能なソフトほど扱いづらくなるため、自分の編集レベルや目的に応じたソフトを選ぶようにするとよいでしょう。

簡単な動画切り貼りやテロップを付ける程度であれば、それらの機能に絞ったフリーソフトを選ぶのがおすすめです。

一方、多彩な画面効果を使いたいといった要望があるのであれば、有料ソフトの体験版を触ってみるとよいでしょう。

多機能、高機能なソフトは有料のものが多いですが、最初の1週間や1カ月間は無料といったものや、機能を絞って無料の体験版を出しているのが一般的です。

動画ファイルのフォーマットに対応したソフトを選ぶ

デジタルビデオカメラやスマホで撮影した動画データのフォーマットや、最終的に出力した動画データのフォーマットに対応しているソフトを選ぶようにしましょう。

特に無料フリーソフトの場合、対応フォーマットが少ないことも多いため、事前に確認しておくことが大切です。

PCのOSなど環境に応じたソフトを選ぶ

編集するPCのOSがWindowsなのかMacなのかといった点や、メモリやグラフィックボード、CPUのクロック数等環境に応じたソフト選びも重要なポイントです。

基本的に、高機能、多機能なソフトほど求められる環境は高くなります。

安全性の高いソフトを選ぶ

無料のフリーソフトの中には、データ内にウイルスやハッキングの元になるデータが入っていることもあるようです。

ある程度有名でDL数の多いものなら、上記のような心配をする必要も少なくなります。

一方、海外のソフトなど利用者に関する情報を入手しづらいといった際には注意が必要です。

動画マニュアルの作成方法

動画マニュアルの持つ効果は非常に高いです。では具体的に制作するにあたって、どのように手順を進めていけばいいかについて、詳しく見ていきます。

作成手順(1)構成案を検討する

まずは動画の構成をどうするか、設計図を描くことが大事です。ここで大事なのは、いつ、どこで、だれが見るのかターゲットとなる視聴者を明確に意識することです。

ターゲットがわかっていれば、その人目線でコンテンツを構成していけばいいわけです。ターゲットがどの程度のキャリアで、スキルや知識はどのくらい持っているかを想定して、それに合わせて計画を練っていきます。

作成手順(2)情報・資料収集をする

動画マニュアルを作成するにあたって、必要な情報があるはずです。この段階で、マニュアルに反映させる資料を収集し、整理していきましょう。

この時重要なのは、最終的に動画マニュアルがどのように完成するかをイメージすることです。この部分を意識できれば、真に必要な情報だけをピックアップできます。

最終的な仕上がりを意識していないと、無駄な情報を集めることにつながりかねません。逆に本当は盛り込むべき情報をとり逃すことも起こりうるので注意が必要です。

作成手順(3)台本を作成する

マニュアルのボリュームに関係なく、台本は作成しておいたほうがいいでしょう。マニュアルに入れるコンテンツを具体化するために必要なプロセスだからです。

逆に台本を作成せずにマニュアルを制作すると、弊害がいろいろと出てきます。撮影の途中で必要な素材がない、言葉に詰まってテンポが悪くなるなどです。

台本を作成するにあたって、ただセリフを入れるだけでなく画像やナレーションのポイントなども入れておくとスムーズに今後工程が進んでいきます。絵コンテなども入れておくと、場合によってはいいかもしれません。

作成手順(4)動画を撮影・録音する

台本が完成したら、いよいよ本格的な動画の撮影や録音に移行します。この時大事なのは、いくつか選択肢を残しておくことです。

例えば撮影する際には、様々なアングルから収録しておきます。すると編集で比較して、どれが最も絵的に良いか検討できるからです。

動画マニュアルを撮影中に、イレギュラーなことが起きるかもしれません。もしいくつか素材を残しておけば、フレキシブルに対応できるでしょう。

作成手順(5)ナレーションを入れる

先ほど紹介した台本に則って、ナレーションの収録を進めていきます。この時ナレーターと前もって打ち合わせをして、言葉のニュアンスやメリハリについてどうするか、具体的に詰めておきましょう。

ナレーションは必ずしも入れなければならないものではないです。例えばテロップを入れることで、ナレーション代わりにすることも可能です。

しかし音声の入っている方が視聴者の理解度も進みます。テロップの場合、見落としてしまう恐れもあるからです。

作成手順(6)編集する

最終的な作業になるのが、編集です。編集の際には複数の人にチェックしてもらって、さまざまな意見を出し合って進めていった方がより良いマニュアルに仕上がります。

単独で編集させると、独りよがりなマニュアルで視聴者の理解が進まないかもしれません。また他の人の意見を聞くことで、自分になかった発想に気づかされることも考えられます。

編集する際には、あまり不要な部分をカットしすぎないように注意しましょう。最初は必要ないと思っていたものが、後になって必要になることもありうるからです。

動画マニュアル作成時の注意

動画マニュアルを作成する際に、注意すべきことがいくつかあります。撮影環境をどうするか、ターゲットはだれかを決めておかないと効果も半減してしまう恐れもあるからです。

注意点(1)ターゲットを決めておく

動画マニュアルをどのような人に見てもらうか、ターゲットを決めてから作成した方がいいでしょう。このとき漠然とした抽象的なイメージではなく、年齢層やその人のキャリアやスキルなど、具体的に視聴者を想定することが大事です。

ターゲットのイメージはかなり具体的に絞り込んでおいた方がいいでしょう。得意分野や強み・弱みといったところまで想定しておくと、その後のマニュアル制作が楽だからです。

ターゲットを詳細に決めておくと、その後の制作準備がスムーズにいきます。どのようなコンテンツや素材が必要か、こちらも具体的にイメージできるからです。

注意点(2)撮影環境に気を付ける

撮影環境の良し悪しによって、動画マニュアルのクォリティに思っている以上の大きな差が出てきます。特に気を使わないといけないのは、照明です。

照明を当てるにあたって、レフ版は使うべきです。レフ版を使用しなかったがために全般的に薄暗い映像になってしまって、よくわからない映像になってしまうこともあるからです。

その他にもカメラのブレはできるだけ最小限に抑えるように努めましょう。そのためにはなるべく三脚を使って、カメラを固定するのがおすすめです。

注意点(3)ナレーションやテロップはシンプルに

ナレーションやテロップを入れる場合には、シンプルで簡潔な表現を心がけましょう。シンプルな表現であれば、どのような人でも理解しやすいからです。

マニュアルというのは、あくまでも特定の人に内容を理解してもらうためのツールです。ですから言葉を修飾する必要はあまりありません。

いろいろな言葉を用いると、回りくどい表現になりかねません。その結果、見ている人が何を言っているか理解できなくなる事態も考えられます。

注意点(4)編集前に複数人で確認する

編集作業に入る際には自分ひとりで行うのではなく、複数の人に見てもらって意見を求めるのがおすすめです。自分だけでやってしまうとその人にとっては良いものでも、必ずしもほかの人も同じとは限りません。

ですから動画マニュアルに実際に携わった人に意見を求めるのもあまりお勧めできません。同じような意見になってしまって、結局意味がありません。

できれば実際にその動画マニュアルを見る人の意見を聞いた方がいいでしょう。立場によって見方も変わってきますし、意外な角度から指摘を得られる可能性も出てきます。

動画マニュアルの失敗あるある

字幕がなくて視聴者に伝わらない

動画を見る人の中には、音を流しにくい場所で視聴していたり、耳が遠くて動画の音声を聞き取りづらいという方もいます。

また、普通に音を流せて耳が正常な方でも、音声と字幕両方を見ることで理解力を高めることができるでしょう。

特に動画マニュアルの場合、音声だけでは理解しづらい内容を喋ることも多いはずです。

字幕をつける必然性は他の動画より高いといえるでしょう。

どこを指しているのか視聴者に伝わらない

動画では「○○をクリックしてください」とったことや「ここに注目してください」といった指示をすることがあるかと思いますが、単に音声で流すだけだとどこを指しているのか分かりづらいといったことがよく起こります。

視聴者がどこを指しいるのか分からないまま次に進んでしまうと、その後の内容が全く理解できないということになりかねません。

こうしたことにならないよう、該当箇所については音声で示すだけでなく、字幕や囲み線、矢印、クローズアップ機能等を利用して分かりやすくするようにしましょう。

動画が長すぎて視聴者が観ない

1つ1つの動画が長すぎると、最後まで観る気を削がれてしまうものです。

具体的な動画マニュアルの長さに具体的な決まりはありませんが、要点を押さえてできるだけ短くするのがポイントです。

特にお客様向けの動画の場合には2分以内にまとめることを目指すことをおすすめします。

場合によっては、複数の動画に分割することも考えるとよいでしょう。

動画の場所を視聴者が知らない

どのように動画マニュアルを視聴者に見せるかにもよりますが、視聴者にとって動画マニュアルがどこにあるのか分からないということがないようにしましょう。

お客様向けの動画であれば、製品そのものやマニュアルにQRコードを貼って誘導するのもおすすめです。

動画制作会社に依頼するメリット

ここまで動画マニュアルの作成方法をご紹介してきましたが、特にお客様向けのようにある程度動画のクオリティが求められるようなケースで、自社に動画作成のノウハウがない場合には動画制作会社に依頼することを検討してもよいでしょう。

動画作成のノウハウがない状態でしっかりとした動画を作成するのは難度が高いことが少なくありません。

以下、動画制作会社に依頼するメリットをお伝えしていきます。

高品質の動画を制作して貰える

動画制作会社に依頼することで高品質の動画を制作して貰えます。

まず、動画制作会社には自社で揃えることができないような(または揃えると高額な費用のかかる)専門機材が備えられています。

また、動画制作のノウハウが豊富で内製では実現不可能なさまざまなことが実現可能になるでしょう。

動画制作に時間を取られる必要がない

動画を1本制作するのには膨大な時間がかかります。

単純に動画を撮影する時間もそうですが、動画作成に入るまでの企画や動画撮影後の編集等、1本の動画が完成されるまでさまざまな工程が発生します。

動画作成を外注することで、これらの時間を本業に充てることができるでしょう。

動画制作のスキルを習得するまでの時間がかからない

また、単純に動画を作成するための時間だけでなく、カメラを使うための技術の習得や編集ソフトを利用するための技術やノウハウ習得のための講習等にも時間がかかります。

一度身に着けてしまえば、以降繰り返し使える技術とはいえ、特にこれから動画マニュアル作成を始める場合にはかかるコストに対してリターンが非常に小さいもの。

こちらも、動画作成を外注してしまえば、これらの時間を本業に充てることができるようにになります。

内製だと実現できないこともあるが外注の場合はそうした心配が少ない

自社内で動画を作成する場合、技術力やノウハウの問題で実現できない表現が出てきます。

企画の段階で「こうしたことを表現したい」と思いついたとしても、技術力を理由に実現を断念せざるを得ないことがあるはずです。

しかし、動画制作会社に外注してしまえば、大抵のことは実現してくれます。

仮に物理的に実現できないようなことでも、他の方法で実現できる方法を提案してくれるでしょう。

まとめ

動画マニュアルを作成することで、理解度が増します。しかも営業や研修のマニュアル、販促用などビジネスの世界では多様に活用できるツールにもなりえます。

ただしきちんとした制作プロセスに則って作れたら、の話です。もし独りよがりなマニュアルになれば、結局見ている人にはその内容がなかなか理解してもらえません。

簡単な短時間の動画だとしても、きちんと制作手順を踏んで進めていくことです。時には他人に実際に見てもらって、意見を求め、それも生かすと多くの人にとって見やすいマニュアルになるはずです。

とはいえ、初心者が動画マニュアルを作成しようとすると、制作プロセスからズレてしまうこともあるでしょう。成果にコミットできる動画マニュアルを作りたい場合は専門の業者に依頼したほうが安心できます。

弊社が運営しているマッチングサイト『比較ビズ』では制作実績が豊富な動画制作会社が数多く登録しています。

どんな動画を作りたいのか、Web上の相談フォームに入力すれば一括で複数の制作会社に相談することが可能です。

相談フォームは数分で入力できますし、『比較ビズ』の利用にあたってお金がかかることはありません。一括相談できるため自分の足で一社一社業者を選ぶ手間も省けます。

「動画マニュアルの作成で失敗したくない」と考えている方でしたら、一度使ってみてはいかがでしょうか。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す

動画編集・映像の案件一覧

動画編集・映像のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

動画編集・映像の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら