「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

ホテルのプロモーション動画制作のポイントとは?成功事例からコツをチェック

最終更新日:2022年12月06日
株式会社ヒカリノオト
監修者
代表取締役 加茂英樹
ホテルのプロモーション動画制作のポイントとは?成功事例からコツをチェック
この記事で解決できるお悩み
  • ホテルのプロモーション動画ってどういうもの?
  • ホテルのプロモーション動画を制作するメリットは?
  • ホテルのプロモーション動画の事例って?

近年はホテルの魅力をより効果的に伝えるため、プロモーション動画を活用するケースが増えています。プロモーション動画は、文章や写真の情報では伝わらない宿泊や体験のイメージを伝えるために効果的です。

今回は、ホテルのプロモーション動画制作を検討している方に、制作のメリットや事例をお伝えします。効果的な動画コンテンツについてもお伝えしますので、ぜひご一読ください。

ホテルのプロモーション動画とは「ホテルの魅力を伝えて利用を促す動画」

pixta_86820147_M

ホテルのプロモーション動画とは、ホテルの雰囲気や施設、料理、サービスなどを映像と音声で魅力的に紹介し、ホテルの利用を促す動画です。プロモーション動画を以下のように活用することで、ホテルの魅力を伝えています。

  • 公式サイトに掲載する
  • YouTubeやSNSで発信する

実際にプロモーション動画がある場合とない場合では、利用者に伝わる宿泊のイメージに大きな差が生じます。プロモーション動画を活用することで「このホテルに宿泊するとこんな体験ができるんだ」とベネフィットを伝えることが大切です。

ホテルがプロモーション動画を制作する3つのメリット

pixta_73897961_M

ホテルがプロモーション動画を制作するメリットを3つ紹介します。それぞれみていきましょう。

  • ホテルの雰囲気や宿泊イメージをリアルに伝えられる
  • ブランディングができる
  • 海外からのインバウンド層にもアピールできる

ホテルの雰囲気や宿泊イメージをリアルに伝えられる

動画なら、実際にホテルにいるかのような視点から施設の様子やサービスの雰囲気を体験するように紹介できます。内装の美しさや提供される食事の美味しそうな見た目、スタッフのサービスなどは映像で伝えた方が、ずっと伝わりやすいです。

1〜2分程度でも多くの情報を伝えられるため、短時間でもリアリティがあります。音声を入れられ、視覚にプラスして音から感じられる魅力を伝えられる点も、動画ならではの強みです。

ブランディングができる

ブランディングとは、市場におけるニーズに対して自社製品やサービスの強み・ポジションを明確化することを意味します。わかりやすく言えば「◯◯といえばあのホテル」というイメージや愛着を浸透させることです。

プロモーション動画ではホテルの魅力をより鮮明に伝えられるため、強い印象を持たせやすくなります。動画を活用してホテル業界内における自社の魅力をアピールし、ブランディングにつなげることが可能です。

海外からのインバウンド層にもアピールできる

プロモーション動画は映像がメインのため、言語の壁があるインバウンド層にも効果的に魅力を伝えられます。字幕を多言語対応にすれば、世界中にアピールすることも可能です。

周囲の観光スポットもあわせて紹介することで、日本観光をしたい外国人客の注目を集められます。「このホテルに宿泊すればこんな場所を観光できる」というイメージを伝えられるでしょう。より多くの層にアプローチしたいなら、プロモーション動画は非常に優れた手法といえます。

ホテルのプロモーションに効果的な動画コンテンツ

pixta_86820142_M

ホテルのプロモーション動画と一言で言っても、さまざまな動画コンテンツがあります。ここではプロモーションに効果的な動画コンテンツを3つ紹介します。

  • ホテルの内観や料理を紹介する動画
  • ホテルのバーチャルツアーを楽しめる動画
  • ホテルの周辺エリアを紹介する動画

ホテルの内観や料理を紹介する動画

利用者は、ホテルを選ぶポイントとして「どのような雰囲気の場所で過ごせるのか?」「どのような料理を楽しめるのか?」を見ています。そのため、以下を紹介する動画が効果的です。

  • ロビーや宿泊する部屋の雰囲気
  • 朝食や夕食などの料理メニューや提供方法
  • 温泉やバーラウンジなどの施設

ホテルの全体像から宿泊部屋までを把握できると、安心して利用できます。さらに、窓からの景色や料理など季節ごとに変化があるものは、春夏秋冬それぞれの魅力を紹介するのもいいでしょう。

ホテルのバーチャルツアーを楽しめる動画

実際にホテルに宿泊した場合にどのような体験ができるのかを伝えられると、利用者の期待感が高まります。ホテルスタッフの出迎えやチェックインから始まり、部屋に入るシーンや夕食を目の前にするシーン、温泉に入るシーンなど順序立てることで、宿泊を疑似体験させられるでしょう。

「こんな体験をしたい!」という気持ちが湧き上がることで実際の利用につながります。体験に沿ってホテルを紹介することで「イメージと違った」というミスマッチも防止でき、満足度の向上も実現できるでしょう。

ホテルの周辺エリアを紹介する動画

利用者がホテル選びで重視することとして、周辺エリアの観光スポットがあります。

  • 「このホテルに宿泊したら、どんな観光ができるだろう?」
  • 「この場所を観光したいけど、近くにいいホテルはあるかな?」

上記のような利用者は、周辺エリアの情報がわかりやすく掲載されているホテルに強く興味を持ちます。またアクセスの良さも注目するポイントです。動画で周辺エリアの観光スポットやアクセスの良さを紹介することで、ホテルの魅力が広がり、さらなる利用につなげられるでしょう。

ホテルのプロモーション動画事例

pixta_86796715_M

実際にプロモーション動画の事例をチェックしてみましょう。

  • ザ・リッツカールトン東京
  • 星のや
  • ザ・ホテル青龍
  • ハレクラニ沖縄
  • 宇和島リージェントホテル

ザ・リッツカールトン東京

有名な高級ホテルであるリッツカールトンのプロモーション動画は、ラウンジという一つの場所だけをピックアップしているのが特徴です。ここでどのようなゴージャスな体験ができるかを、時の流れの経過に応じて表現しています。

余計なナレーションによる説明は一切なく、BGMが付けられているだけです。それだけに、ホテルマンによるサービスの素晴らしさと、リッツカールトンというホテルの雰囲気を余すことなく感じられる作りとなっています。

引用:ザ・リッツカールトン東京

ザ・ホテル青龍

引用:ザ・ホテル青龍 YouTubeチャンネル

ホテルの美しさや料理の素晴らしさなどを、比較的早めのテンポで紹介していきます。ここに泊まったらどんな体験ができるのかを簡単にイメージできる内容なのが特徴で、疑似体験によって心を動かします。

英語のナレーションも入れていて、外国からのお客様にアピールするのにも適しています。周囲の観光スポットの紹介も入れて、京都を訪れるのに便利なホテルであるという良さも伝えているのもポイントです。

星のや

引用:星のや YouTubeチャンネル

非日常の空間を用意していることをコンセプトとして紹介しています。そのために、生活臭を感じるアイテムを置かないことや、特別な環境を用意していることなどを映像で表現しています。

特徴的なのはナレーションがないことで、キャプションと映像だけで豪華でのんびりとした雰囲気を演出しています。BGMのチョイスも見事で、ゆったりと流れる特別な時間を上手に表現することに成功しています。

ハレクラニ沖縄

引用:ハレクラニ

臨場感のあるBGMと効果音とともにホテルの全貌を見渡せるような動画になっています。ドローンを用いて広大な敷地や美しい風景を舞台に、優雅なひとときを過ごせるイメージを膨らませられるような構成です。さまざまな魅力をシーンごとに切り取っています。

実際に体験しているかのような気持ちになれて、観ているだけでも楽しい気分に浸れるのが魅力となっています。

宇和島リージェントホテル

引用:宇和島リージェントホテル YouTubeチャンネル

ビジネスホテルとして機能性に注目した動画です。部屋の作りやアメニティなどを映して、何があるのかを一目で確認できるようにしています。写真を使ったスライドショーで、シンプルに作っていて分かりやすいです。

シティーホテルとビジネスホテルは違うので、その差を押さえて制作しているのが特徴です。ユーザーが本当に求めているものをきちんと伝えていて、とても効果的な動画と言えます。

ホテルのプロモーション動画制作のポイント

pixta_74795423_M

ホテルがプロモーション動画を作る際、どんな点を押さえておくと魅力を伝えやすくなるのかをおさえておきましょう。ホテルのプロモーション動画制作のポイントは以下の3点です。

  • ホテルの疑似体験ができるよう工夫する
  • BGMや音声を効果的に取り入れる
  • 周辺の観光スポットを魅力的に紹介する

ホテルの疑似体験ができるよう工夫する

ホテルの魅力は単に料金が安い、提供されるサービス内容が多いというだけではありません。ホテルに滞在することでどのような時間を過ごせるのか、どのような体験ができるのかが重要です。

ホテルの雰囲気を感じ取れるように、中で楽しむ疑似体験ができることがカギです。訪れる人の視点で映像を作る、それぞれの場所やサービスを実体験に近づけるなどの工夫が求められます。

BGMや音声を効果的に取り入れる

雰囲気を適切に表現するためにBGMや音声を効果的に取り入れることが大切です。ドアが開く音、水の音、調理の音などを入れることで臨場感のある動画に仕上がります。音があることで印象を大きく変えることが可能です。どのような音を入れるとより魅力が伝わるのかを工夫しましょう。

周辺の観光スポットを魅力的に紹介する

観光客はホテルそのものだけでなく、周りの観光スポットも楽しみに来ています。そのため、ホテル施設の紹介だけで終わるのではなく、周囲の魅力も一緒に伝える動画にすることが大切です。観光スポットで検索したユーザーも利用につながるため、滞在するメリットを増やすことにもなるのです。

まとめ

今回は、ホテルのプロモーション動画について紹介しました。ホテルのプロモーション動画は、滞在の疑似体験となる構成にすることがポイントです。ホテルの魅力を伝える手段として、積極的に活用しましょう。

自社で高品質なプロモーション動画を制作するのは難しい場合が多いです。プロモーション動画制作をするなら外注をおすすめします。

無料で複数社の見積もりを比較できる「比較ビズ」なら、動画制作会社を効率よく選べます。ホテルの魅力を引き出す動画制作会社選びにぜひお役立てください。

自社にぴったりの動画制作会社を探すには?

動画制作会社選びでお困りなら「比較ビズ」が解決します!

  • 費用相場がわからず不安...
  • 発注先選びを失敗したくない…
  • 忙しくて探す時間がない...

今年で運営17年目の「比較ビズ」は、仕事を”依頼したい人”と”請けたい人”を繋ぐマッチングサービスです。これまで動画広告、サービス紹介動画、アニメーション制作の依頼など多くのご相談を頂き1万社以上もの企業様の発注をサポートしてまいりました。

まずは下記のボタンより、お気軽にご相談ください。

監修者の一言

プロモーション動画制作では、視聴者が持っているホテルのイメージを上回る映像で、想像力を掻き立たせられる動画にしなくてはいけません。 そのホテルの売りを存分に映像化して、ターゲットに直接的に訴えることができます。

家族向けなのか、外国人向けのプロモーションなのか、サービスや食事が重要なのか、贅沢な時間と雰囲気が売りなのか等、用途によって作り分けるのも良いかもしれません。

プロモーション動画はカメラや撮影の工程がしっかりと具体的に理解しておかないと、何となくカッコイイ映像を撮っているだけだと内容が薄いものになってしまいます。

被写体を撮る角度・時間帯(季節)・流れるような映像展開・料理や温泉(サウナ)の接写や高気温時の撮影・ドローンでの俯瞰映像...etc

カメラに詳しいキャストがいれば頼めるかも知れませんが、中々その後の編集までを考えたら高品質のプロモーション動画を制作するのは至難の業です。 このプロモーション動画が世界中を駆け巡る優秀な営業マン!と理解して頂ければ、経費をかけ制作するのに十分価値はあると思います。

株式会社ヒカリノオト
代表取締役 加茂英樹
監修者

デザイン制作会社で営業兼コピーライターを経験し、その後医療系職業紹介業のコンサルタントを経験。クリエイティブな感性と傾聴力を活かして2021年4月に動画編集コンサルティング・メンタルケアコンサルティング会社を設立。MV制作やイベントの撮影・医療法人へ接遇セミナーやキャリアカウンセリングを行う。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?