青色申告決算書と収支内訳書の違いとは?【サルでも分かる】

更新日:2020年03月13日 発注カテゴリ: 税理士・公認会計士
青色申告決算書と収支内訳書の違いとは?【サルでも分かる】

不動産所得の確定申告では、青色申告か白色申告を選ぶことができますが、それぞれ確定申告の際に提出する「青色申告決算書」と「収支内訳書」はどのようなもので、どんな違いがあるのでしょうか?本記事では、青色申告決算書と収支内訳書についてそれぞれの違いを解説すると共に、青色申告と白色申告それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

関連する記事

青色申告決算書と収支内訳書とは?

不動産賃貸に取り組み1年間の間で家賃収入があった場合には不動産所得として計上し、自分でその所得額を計算し、確定申告する必要があります。

このように事業で得た所得については、確定申告時に白色申告か青色申告かを選ぶことができます。

青色申告とは、複式簿記による方法で帳簿をつける必要のあるもので、専門の知識が必要になりますが、最大65万円の青色申告特別控除を受けられたり、専従者控除を受けられたりといった特典があります。

一方、そうした特典はないものの、複式簿記による方法で帳簿をつけなくてもよいものが白色申告です。

この、青色申告のときに提出するのが青色申告決算書で、白色申告のときに提出するのが収支内訳書となります。

青色申告決算書と収支内訳書の違い

青色申告決算書と収支内訳書と見比べてみると、青色申告決算書の方が記載する内容も提出する書類も多くなっています。

まず、収内訳書で提出する書類は2枚ですが、青色申告決算書は4枚です。

また、具体的な記載内容を挙げてみると以下のようになります。

 

収支内訳書の記載内容

1枚目:収支内訳表、給料賃金と税理士弁護士等の報酬の内訳、専従者氏名

2枚目:売上金額と仕入金額、減価償却費の計算、地代家賃の内訳、他

 

青色申告決算書の記載内容

1枚目:損益計算書

2枚目:月別売上金額と仕入金額、専従者給与の内訳、他

3枚目:減価償却費の計算明細、利子割引料・地代家賃の内訳、他

4枚目:貸借対照表、製造原価計算書

青色申告決算書は1枚目が損益計算書、2枚目3枚目がその明細となっており、1枚目から3枚目で記載する内容は、収支内訳書をより詳細にしたものだといえます。

一方、青色申告では作成する貸借対照表や製造原価計算書について、白色申告では提出する必要がありません。

そもそも青色申告では日々の取引の記録を元に「仕訳帳」と「総勘定元帳」を作成し、総勘定元帳をもとに損益計算書や貸借対照表を作成しますが、白色申告ではこうした複式簿記にもとづいた帳簿づけをする必要はありません。

なお、青色申告するには開業から2カ月以内に税務署への青色申告承認申請が必要です。

こうした申請を行っていない場合、白色申告を行うことになります。 以下、青色申告する場合と白色申告する場合でそれぞれのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

青色申告する(青色申告決算書を作成する)メリット・デメリット

まず、青色申告するメリット・デメリットを見ていきましょう。

青色申告のメリット

青色申告のメリットとしては各種特典を受けられることが挙げられるでしょう。

青色申告の特典には以下のようなものがあります。

  • 最大65万円の青色申告特別控除
  • 専従者給与の経費化
  • 赤字の場合3年間の繰越が認められる

最大65万円の青色申告特別控除

まず、青色申告すると最大で65万円もの控除を受けることができます。

これは青色申告決算書という、大変な申告書を作成することへのご褒美のようなものだと考えるとよいでしょう。

ちなみに、サラリーマンの収入を計算する給与所得において最低の控除額は65万円とされており、青色申告特別控除はこれと同額です。

なお、青色申告特別控除で65万円の控除を受けるにはアパートで10室以上、戸建てで5棟以上といった目安が定められており、これに満たない場合には10万円の控除額となります。

ただし、10万円の控除額を選択した場合は青色申告決算書の内、4枚目は簡易的なものでよくなります。

専従者給与の経費化

事業を営むにあたり、生計を一にする家族へ支払う給与は「専従者給与」とされ、白色申告の場合は配偶者86万円、その他親族50万円まで控除でき、それ以上について経費にすることはできません。

一方、青色申告の場合は「専従者給与」として上限なく経費にできるようになっています。

赤字の場合3年間の繰越が認められる

確定申告では1年を1月1日から12月31日で区切って計算します。

年によっては所得が多い年もあれば少ない年も出てくるでしょう。

青色申告の場合、ある年に赤字となってしまった場合、その赤字を3年間繰り越すことができます。

たとえば、1年目に300万円の赤字を出し、翌年に100万円の黒字、翌々年に150万円の黒字、3年後に200万円の黒字となった場合、翌年と翌々年の黒字額を0円に、3年目の黒字額を250万円にすることができます。

青色申告のデメリット

一方、デメリットとしては日頃から複式簿記による方法で帳簿をつけ、作成した仕訳帳と総勘定元帳から損益計算書と貸借対照表を作成する必要があるため、複式簿記に関する知識が必要となることが挙げられるでしょう。

とはいえ、先に挙げたように青色申告にはさまざまなメリットがあります。

特に所得が一定額以上あるようであれば、税理士をつけてでも青色申告を選択したほうがよいといえるでしょう。

なお、青色申告では開業から2カ月以内に青色申告承認申請書を提出する必要がありますが、こうした書類についても税理士が代行して申請してくれます。

白色申告する(収支内訳書を作成する)メリット・デメリット

白色申告のメリット・デメリットは青色申告のメリット・デメリットとそれぞれ反対です。

つまり、青色申告のように複式簿記による方法で記帳し、青色申告決算書(損益計算書と収支内訳書)を作成する必要はありませんが、青色申告特別控除などの各種特典を受けることができません。

所得の額がそこまで大きくないのであれば、確定申告に慣れていなくても比較的簡単に申告書を作成しやすい白色申告を選ぶのもよいでしょう。

ちなみに、平成25年までは白色申告で所得が300万円を超えない場合、記帳と帳簿書類の保管が義務付けられていませんでしたが、平成26年からは白色申告でも保管しなければならなくなりました。

これまで、帳簿の作成がシンプルで記帳や帳簿書類の保管が不要だったのが白色申告の大きなメリットでしたが、平成26年以降はそのメリットが薄くなったといえます。

まとめ

青色申告決算書と収支内訳書の違いや青色申告、白色申告それぞれのメリット・デメリットをお伝えしました。

収支内訳書は複式簿記に関する知識がなくとも比較的簡単に作成できますが、青色申告特別控除など各種特典を受けることができません。

特に所得が一定規模以上ある場合には、青色申告を選択して青色申告決算書を作成するようにするとよいでしょう。

青色申告で初めて税理士へ相談するという場合は、無料で一括して複数の事務所に相談できるビジネスマッチングサービス「比較ビズ」の利用をおすすめします。

税理士・公認会計士を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

税理士・公認会計士に関連する記事

税理士・公認会計士に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

税理士・公認会計士の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら