「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

青色申告とは?申告決算書の書き方をカンタン解説

最終更新日:2022年11月25日
税理士
監修者
佐藤 憲亮
青色申告とは?申告決算書の書き方をカンタン解説

所得税の確定申告の際、青色申告特別控除を受けるには青色申告決算書を作成して提出する必要があります。本記事では、青色申告とはどのようなもので、申告決算書はどのように書けばよいのかなどお伝えしていきます。

確定申告の基礎知識

個人が1年間の事業活動した結果得た所得には所得税が課されますが、この所得税を納めるには自分で確定申告書を作成し、提出する必要があります。

また、個人事業主の確定申告には青色申告と白色申告があります。

ここでは、確定申告に関する基礎知識や白色申告と青色申告の違いなど解説していきます。

所得がいくらあると確定申告が必要になる?

1年間の所得が一定以上ある方は確定申告をする必要がありますが、この一定額については専業の個人事業主の方の場合と副業の方の場合とで以下のように異なります。

  • 専業の個人事業主:基礎控除額48万円超の所得がある場合
  • 副業の個人事業:給与所得以外の総所得が20万円超ある場合

なお、所得の額とは総収入から経費を差し引いた額のことを指します。

白色申告と青色申告

個人事業主の確定申告には白色申告と青色申告の2種類あります。

白色申告とは簡易的な帳簿の付け方で確定申告する方法で、事前に申請など必要がありません。

一定の期限までに、青色申告承認申請書を税務署へ提出しておく必要があります。

ただ、青色申告することで最大65万円の「青色申告特別控除」を受けられる他、青色専従者控除や赤字の繰越といった特典を受けることができます。

白色申告と青色申告の必要書類

確定申告時には、白色申告と青色申告で以下のように必要な書類が異なります。

  • 白色申告:収支内訳書と確定申告書B様式
  • 青色申告:青色申告決算書と確定申告書B様式

白色申告の際に提出する収支内訳書は売上先や収入、必要経費などを記入するだけで特に簿記に関する知識を必要としません。

一方、青色申告で必要となる青色申告決算書は複式簿記による帳簿付けが必要で、簿記に関する知識が必要です。

ただし、最近では無料の会計ソフトで比較的簡単に決算書類を作成できるようになっています。

なお、白色申告の場合でも青色申告の場合でも、上記以外に源泉徴収票や生命保険の控除証明書など別途用意する必要があります。

また、確定申告書の作成に使用した領収書の提出は不要ですが、原則として7年間保存することが義務付けられています。

青色申告決算書の内容

青色申告決算書は以下のような構成となっています。

  • 1ページ目:損益計算書
  • 2・3ページ目:損益計算書の内訳明細書
  • 4ページ目:貸借対照表

損益計算書とは

損益計算書とは、1年間(1月1日〜12月31日)の収入と費用の額を計算するものです。

所得の額を計算する「所得金額=収入金額-必要経費」を表したもので、月毎の収入金額や仕入金額を記載する内訳明細書を作成する必要があります。

貸借対照表とは

貸借対照表とはある時点での資産・負債・純資産(資本)の額がいくらになっているかを計算する書類です。

損益計算書で計算した結果も貸借対照表に記載されることになります。

青色申告決算書の書き方

次に、青色申告決算書の書き方について見ていきましょう。

なお、青色申告する際の確定申告書の作成手順は、基本的に以下のような流れで進めます。

  • 損益計算書と内訳明細書を作成し、双方の金額が一致するか確認する
  • 貸借対照表を作成する
  • 損益計算書や貸借対照表の内容を確定申告B様式に書き写していく

損益計算書の書き方

まずは損益計算書の作成を始めます。 損益計算書と損益計算書の内訳明細書はつながっているため、明細書を作成しながら損益計算書を作成していくとよいでしょう。

損益計算書への各欄には、事前に作成した残高試算表や集計表などをもとに記入を進めていきます。

なお、手書きで損益計算書の作成を進める場合、残高試算表にあって損益計算書にない勘定科目がある場合、空欄部分に新しく勘定科目を追加して記入します。

内訳明細書の記入部分は以下の通りです。

月別売上金額及び仕入れ金額

月別の収支を記載する欄で、合計額は損益計算書の「売上金額」、「仕入金額」と一致する必要があります。

給与賃金の内訳

従業員に支払った給与や賞与、預かった源泉所得税を記入します。記載金額の合計が損益計算書の「給料賃金」と一致する必要があります。

専従者給与の内訳

青色事業専従者に対して支払った給与や賞与、預かった源泉所得税を記入します。記載金額の合計が損益計算書の「専従者給与」と一致します。

貸倒引当金繰入額の計算

売掛金に貸倒引当金を設定する場合はこの欄に記入します。また、記載した金額は損益計算書の「貸倒引当金」と一致します。

青色申告特別控除の計算

損益計算書の所得金額の計算が終了したら、青色申告特別控除額を記入しましょう。損益計算書の「青色申告特別控除」に書き写します。

減価償却費の計算

自動車やパソコンなどの備品の内、10万円以上するものはその耐用年数ごとに減価償却していく必要があります。

ここでは、各年の減価償却費を計算し、記載します。ここに記載した額の合計額が損益計算書の「減価償却費」と一致します。

利子割引料の内訳

個人からの借入など金融機関以外の借入がある場合、本欄に記載します。損益計算書の「利子割引料」は金融機関からの借入も含むため、本欄の記載金額とは一致しないことがあります。

税理士、弁護士等の報酬、料金の内訳

税理士や弁護士に支払った報酬や料金がある場合には相手先と報酬金額、源泉所得税を記載します。損益計算書で「支払報酬料」などの勘定科目を設定します。

地代家賃の内訳

事務所や店舗、事務所など支払った地代について、その相手先は支払額を記載します。損益計算書の「地代家賃」と一致します。

本年における特殊事情

前年と比較して大きく数字が変動しているような場合(主要取引先の倒産や病気療養など)に記載します。通常は空欄で提出します。

貸借対照表の書き方

貸借対照表では左側に「資産」の勘定科目の、右側に「負債」の勘定科目の期首・期末残高を記入します。

また、下部には「青色申告特別控除前の所得金額」を記載する必要がありますが、ここは損益計算書の額と同じ金額となります。

なお、貸借対照表で左側(借方)、右側(貸方)の金額が一致します。

確定申告の提出方法

青色申告決算書と確定申告書を作成したら、毎年2月16日〜3月15日までの間に申告書を提出する必要があります。

確定申告書は期間中に直接税務署に行って提出する方法の他、郵送による方法や電子申告する方法などもあります。

青色申告の届出の期限

青色申告で確定申告するには、事前に青色申告承認申請書を提出しておく必要があります。青色申告承認申請書の提出期限は、原則、その適用を受けようとする年の3/15までとなります。こちらを参考にしてください。

参照元:国税庁:青色申告

まとめ

青色申告の基本的な内容や青色申告決算書の書き方などお伝えしました。

青色申告書の作成には簿記に関する専門的な知識が必要になりますが、最大65万円の特別控除や青色専従者控除などさまざまな特典を受けられます。

税理士に確定申告を依頼すれば、費用はかかりますが上記特典を受けられるのに加え、帳簿付の手間も大きく減らすことができます。

税理士は事務所ごとに費用や信頼性が異なり、また利用者との相性もありますが、ビジネスマッチングサービス『比較ビズ』なら、簡単な入力フォームで無料ですぐに相談できるので、利用してみてはいかがでしょうか。

自社にぴったりの税理士を探すには?

税理士選びでお困りなら「比較ビズ」が解決します!

  • 費用相場がわからず不安...
  • 発注先選びを失敗したくない…
  • 忙しくて探す時間がない...

今年で運営17年目の「比較ビズ」は、仕事を”依頼したい人”と”請けたい人”を繋ぐマッチングサービスです。これまで顧問税理士、決算申告、確定申告の依頼など多くのご相談を頂き1万社以上もの企業様の発注をサポートしてまいりました。

まずは下記のボタンより、お気軽にご相談ください。

監修者の一言

青色申告の適用を受けようとする場合は、一定の期限までに青色申告承認申請書を所轄の税務署へ提出しなければなりません。また、会計帳簿を複式簿記ルールに従って記帳することも必要となります。決算書は複式簿記により記帳された帳簿を基に作成されるものであるため、帳簿作成は正規の簿記の原則に従って行うことが求められますので注意しましょう。

なお、決算書には、貸借対照表と損益計算書の二種類あります。貸借対照表は12月31日時点の事業にかかる財産状況を金額で表示するものであり、貸借対照表の金額は翌年に繰り越していきます。

また、損益計算書はその年1月1日から12月31日までの経営成績を表示するものであり、損益計算書上の利益や損失は、貸借対照表の元入金の項目へ振り替えられ、翌年以後に繰り越していきます。そのため、損益計算書は毎年リセットされ、翌年はまたゼロからのスタートです。

損益計算書ではその年の期間損益計算を行い、貸借対照表はその損益を翌年以降に繰り越す役割があり、途中で申告しない年があったりすると、繰り越し金額がおかしくなってしまいますので、確定申告は毎年継続して行うようにしましょう。

税理士
佐藤 憲亮
監修者

京都市出身の30代税理士。税理士業界歴15年超。「お客様との対話を大事にする」をモットーに、何でも相談できる税理士として税務顧問業務をメインに活動。また、税務記事や税務論文の執筆も行っており、スキマ時間を使ってブログ運営もしている書くことが好きな税理士。大学卒業後、税理士事務所の職員として12年の実務経験を積む。税理士資格取得後は、税理士法人で社員税理士として入社し、現在は京都市で税理士事務所を運営している。

税理士・公認会計士を一括見積もりで発注先を楽に探す
税理士・公認会計士を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す