動画広告とは?5Gで活用メリットは高まるのか

更新日:2020年02月07日 発注カテゴリ: 動画編集・映像
動画広告とは?5Gで活用メリットは高まるのか

インターネットを見ていると、動画広告を目にする機会も多いでしょう。テキスト広告と比較すると動きがあるので印象に残りやすく、文章以外の情報提供スタイルも活用でき視聴者に訴求したいことが入っていきます。しかも今後5G通信の時代が近々やってきます。超高速で遅延も起こりにくく、より多くの機器でシェアできるようになります。そうなってくると動画広告は今後急速に普及することが考えられます。5年後には倍近くの規模にまで、マーケットは発達するとみられています。現在動画広告はどのようなスタイルがあるのか、5Gと動画配信の関係性についてまとめました。今後の宣伝戦略を構築するにあたって、参考にしてみませんか?

関連する記事

そもそも動画広告とは?3つの種類と特徴

まずは動画広告の基本についてみていきます。動画広告は大きく3種類に分類できます。

  • インストリーム動画広告
  • インバナー広告
  • インリード広告

以下ではそれぞれの種類の特徴についてまとめました。

インストリーム動画広告

YouTubeの動画広告を見たことはありませんか?このような動画サイトで配信されるスタイルで、従来のバナー広告と比較して大画面で強いインパクトを与えられます。

動画の時間も自由に設定できます。15秒程度のコマーシャルと一緒の長さにもできますし、数分単位の大作を作成することも可能です。

スキッパブル広告といって、数秒後にユーザーがその動画をスキップできるか選択できる広告も作れます。スキッパブルにせずに、最後まで視聴者に強制的に広告を見せる手法もあります。

インバナー広告

従来のバナー広告枠で動画広告を配信するスタイルです。基本的に音声はなしです。

動画サイト以外にも掲載できるの画、インバナー広告の強みです。動画視聴意思がなくても、広告を見てもらえるチャンスが出てきます。

インリード広告

Webをスクロールして、画面上に動画広告が現れると自動的に再生スタートするスタイルです。動きが出るので、静止画のCTAバナーと比較すると見た目のインパクトが高まります。

3つの動画広告の中では最も新しいフォーマットになります。スマホ向けの宣伝で活用できるとして注目されています。

動画広告の効果とは?知るべき3つのメリット

動画広告を展開することで、静画では難しかったいろいろなメリットが期待できます。その中でも主な3つのメリットについて、以下にまとめました。

ユーザーに印象に残せる

動画広告の大きなメリットは、視聴者へのインパクトです。動く映像は静止画と比較して、見ている人の関心を引きやすいです。まず見てもらうことが広告の目的ですから、このゴールはクリアできるでしょう。

文章だとわかりにくい情報でも、ビジュアルにすることで理解が進むという効果もあります。短い時間で自分たちの伝えたいことを視聴者に理解できるのは大きなメリットです。

テキストに比べて情報量が多い

テキストの場合、目にしか訴えることができません。しかし動画広告であれば、ナレーションや音楽など聴覚にも訴えられるのがメリットです。

また文章では伝えにくい情報もあるでしょう。使用方法なども実際にやり方を見せることでイメージしやすくなります。

ビジュアルに訴えることで、言葉がわからなくても何となく理解させることも可能です。このため、海外の視聴者もターゲットにしてより幅広い購買層にアピールできるのもメリットの一つです。

バズらせやすい

いわゆるバズりやすいのも動画広告のメリットの一つです。動画広告をスマホやタブレット端末を見れば、自分が情報を受け取るだけでなく情報を発信できます

つまり自分たちだけでなく、それを見た人がさらに情報を広めてくれます。SNSなどで動画をアップしてくれれば、瞬く間に多くの人に自社製品やサービスが認知されます。

超高速通信の5Gで動画広告の可能性は拡大

今後情報通信は5Gの時代がやってくると、ニュースなどでも紹介されています。今までよりもさらに高速通信が可能といわれていますが、5Gの導入によって動画通信がどのように変わっていくか、以下で解説します。

超高速・低遅延・多同時接続 5Gの特徴

5Gには従来にはない特徴があって、まず欠かせないのが超高速通信です。最大20Gbpsの通信速度で従来の4G回線の1000倍程度といわれています。

低遅延も5G回線の特徴です。ネットワーク遅延の起きる確率は1/1000以下といわれているほどです。

遠距離間の通信でもずれは生じにくいです。このためビデオ通話のようなリアルタイム性が要求されるツールや遠隔手術にも対応できるのではないかと期待されています。

他同時接続も5Gの特色です。1平方キロメートル当たり100万個以上の機器を同時接続できるといわれています。

2024年には5000億円の市場規模の試算

5G通信は早くも世界中から高い関心を集めています。2020年には5Gの商用化が期待されていて、これにより動画市場は急成長を遂げるのではないかとみられています。

2019年の市場規模は2312億円で、昨年比125%の伸びです。しかし5年後の2024年には、4957億円に達する見込みで5年で倍近くにマーケットは成長すると予測されているほどです。

動画広告が当たり前の世界に

スマホの普及や5G回線の登場によって、動画広告が今後は主流になる可能性があります。5G時代の到来によって、誰でも高品質の画像をどこでも視聴可能になるからです。

すでにその兆候は表れています。InstagramやTikTokに代表されるような動画メディアも若者を中心に人気です。

現在のところこれら動画メディアは短時間の動画しか配信できません。この課題も5Gが普及すれば、克服できる可能性が高いです。

動画広告についてのまとめ

5G時代が到来することによって、データ通信は今までよりも利便性や品質は格段に向上するとみられています。このため、動画広告を視聴する機会も多くなり、その宣伝効果も高まるとみられています。

動画メディアが拡大すれば、フォーマットのバリエーションも増えると予想されています。従来のテレビコマーシャルとは違って、短時間で強いインパクトを残すスタイルや長尺の動画でじっくり見せる手法なども考えられます。

どのようにピンポイントで購買層にアピールできるか、これが今後の企業の課題になるでしょう。アプリやソフトの発達で個人で自由に動画を制作できるようになるので、競争相手も多くなることも予想できます。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す

動画編集・映像の案件一覧

動画編集・映像のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

動画編集・映像の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら