断熱リフォームの費用相場を徹底解説!費用対効果はどのくらい?

更新日:2019年08月12日 発注カテゴリ: 内装工事
断熱リフォームの費用相場を徹底解説!費用対効果はどのくらい?

夏は涼しく冬は暖かい、そんな住まいを目指すなら、断熱リフォームがおすすめです。ここでは、種類やかかる費用、そして費用対効果についてご紹介しましょう。

関連する記事

断熱リフォームの種類

住宅に住んでいると、いろいろと不便と感じることは多いものです。例えば、寒い冬だと暖房をつけても、床の付近はいつも寒いから足が冷えるとか、夏はエアコンの設定温度を低くしているのに、室温がなかなか下がってくれないなど、室内温度に関して不満を感じる人はたくさんいます。そんな家庭におすすめなのが、断熱リフォームです。

断熱リフォームは、どこにリフォームを施すかによっていくつかの種類に分類できます。まず1つ目は、床の断熱リフォームです。床下断熱などが良く知られていますが、床材をはがして断熱材を入れ、床材をフローリングに張り替えるというのが一般的です。

しかし場合によっては、床下から断熱材を入れることによって、床材の張替えをせずに断熱材のみを設置するという工法もあります。2つ目は、天井の断熱リフォームがあります。

こちらは、天井をはがすケースとはがさずに天井裏から断熱材を埋める場合とがありますが、天井をはがさずに施行するためには、天井裏に人が入れる十分なスペースがあることと、天井に人が入っても支えられる十分な強度があることが条件となります。

天井の断熱リフォームの工法としては、天井の骨組みの間に断熱材を敷き詰めていくという敷き込み方法というものと、吹込み装置を使って綿状になっている断熱材を天井裏に吹き込みながら断熱層を作るという吹込み工法とがあります。

費用面でリーズナブルなのは敷き込み工法ですが、断熱効果が高いのは吹込み工法となっています。3つ目は、壁の断熱リフォームがあります。壁の断熱リフォームにおいては、家の内側から施工する場合と、外側から施工する場合とがあります。

内側から施工する場合には、内壁材をはがして骨組みの間に断熱材を詰めるという工法となります。一方、外側から施工する際には、外壁材の塗料を断熱効果のあるものにするとか、骨組みの外側に断熱材を貼るという工法とがあります。外側から断熱材を施工する際には、もともとの外壁が断熱材の重量を支えるだけの強度があることが条件となります。

4つ目には、窓の断熱リフォームがあります。窓は、外からの熱や寒さが入りやすいため、内窓をつけて気密性を高めるという施行が一般的です。どのような窓ガラスを使うかによって施行にかかる費用は異なります。

断熱リフォームにかかる費用の相場

断熱リフォームにかかる費用ですが、どこをどんな風にリフォームするかによってかかる費用には大きな幅があります。まず床のリフォームの場合ですが、床下に断熱材を埋めるだけの場合には、かかる費用の目安としては20万円〜30万円程度となります。

しかし、そこに床材の張替え作業も加わると、かかる施工費用は70万円〜120万円と高くなります。天井の断熱リフォームの場合にも、天井をはがすかどうかによってかかる費用は大きく異なります。

天井をはがさずに天井裏に潜って施工する場合には、かかる費用の目安は15万円〜50万円程度ですが、天井をはがす必要があると、費用は40万円〜90万円程度が相場となります。

壁の断熱リフォームでは、大工だけで施工できる場合と専門の職人が必要になる場合とでは、かかる費用が大きく変わります。例えば、家の内側から施工する際には、大工だけでの施工ができるケースなら費用の目安は80万円〜170万円程度ですが、そこに水道や電気などに関する専門的なスキルを持つ職人が必要になると、費用は150万円〜250万円と高くなってしまいます。

また、家の外側から施工する場合だと、ただ外壁に断熱塗装を塗るだけなら80万円〜120万円程度で済みますが、外壁に断熱材を塗る作業になると、費用は350万円〜500万円と高くなります。

窓ガラスの断熱リフォームにおいては、ガラスの種類やサイズなどによってかかる費用の目安は異なりますが、目安としては6万円〜15万円程度となります。

費用対効果はどのぐらいあるのか?

住宅の断熱リフォームは、数あるリフォームの中でもかかった費用を比較的短期間で回収できるリフォームの一つです。例えば、温熱環境に配慮した住宅の場合には、住宅の壁の表面温度が平均8度程度高くなるため、実際の室温設定は同じでも体感温度は4度〜5度の差が出てきます。そうすると、部屋の中にいても快適さが大きく異なります。

また、暑い夏には冷房を使う家庭が多いですが、冷房の設定温度を同じにしていても、断熱リフォームをしている住宅とそうでない住宅とでは、室内の天井表面温度や室温が異なります。

断熱リフォームを施すことによって、天井の表面温度が平均5度程度低くなるので、それによって冷房効果が高くなり、室内温度も平均すると3度〜4度程度低く抑えることができるのです。さらに、断熱リフォームを施すと、冷房でも暖房でも室内の保温効果が高まるため、快適な室内の温度を長く維持することができます。

例えば寒い冬には、夜中から明け方にかけての時間帯には、室温がとても下がって寝ていても寒さを感じるということが起こりやすいですが、断熱リフォームを施すことによって朝まで一定の室温を維持しやすくなります。

小さな子供がいたり、夜中に目が覚める人、また高齢者がいる家庭にとっては、大きなメリットを実感することができるでしょう。断熱リフォームをする事で、冷暖房費を具体的にいくらぐらい節約できるのか、気になりませんか?

部屋の広さや設定温度などによって異なりますが、平均すると年間で1万円程度の節約が可能になると言われています。これはビッグではないでしょうか。

断熱リフォームを安く抑えるコツ

断熱リフォームを少しでも安く抑えるためには、いくつかのポイントを押さえておきたいものです。まず1つ目のポイントは、リフォーム会社の選び方があります。できるだけ断熱リフォームの実績や経験が豊富な業者を選ぶことによって、満足度の高い効果を得ることができるでしょう。

実績や経験が少ない業者だと、場合によっては効果がイマイチだったり、後からトラブルが起こるリスクもあるので注意が必要です。2つ目のポイントとしては、減税制度を上手に活用するという方法です。

断熱や省エネの効果が期待できるリフォームに関しては、減税制度を利用することができます。投資型とローン型とがあり、それぞれに適用条件などがあるものの、上手に活用するとお得な節約につながります。ちなみに減税制度で安くなるのは、所得税、固定資産税、そして贈与税があります。

3つ目のポイントは、補助金制度を利用するという方法です。これは2016年からスタートした制度で、エコリフォーム補助金と呼ばれています。これは全国の市町村レベルの自治体が行っている制度で、それぞれの自治体ごとに年度ごとの予算が組まれています。

予算を使い切ってしまうと補助金を受けることができないので、そうした点も含めて事前に役所に相談することをおすすめします。

まとめ

断熱リフォームには、天井や床、壁、窓ガラスなどいくつかの種類があり、それぞれ施工法などによってかかる費用が異なります。DIYに挑戦する人がいますが、少しでもすきまが開いていると効果がイマイチだったりしますし、やはり専門的な知識とスキルを持った職人に依頼したほうが、満足度の高い仕上がりになるという点でおすすめです。

補助金や減税制度などを利用することで、かかる費用を安く抑えることができますし、節約にもつながるでしょう。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

内装工事の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら