MEO対策費用の相場・仕組みを解説!おすすめの対策会社・選定のポイントも紹介!

更新日:2021年04月15日 発注カテゴリ: Web制作会社・システム開発会社
MEO対策費用の相場・仕組みを解説!おすすめの対策会社・選定のポイントも紹介!

MEO対策の代行費用相場はどのくらい?MEO対策の費用・料金が決まる仕組みは?美容室や飲食店などの店舗運営者の方であれば知りたいはず。なぜなら、Web集客を強化したいけれど、リスティング広告は割があわない、自社ホームページのSEO対策はハードルが高いと考える店舗の方に、費用対効果の高いMEO対策はビッタリのWeb施策だからです。しかし、自分でできるとはいえ、MEO対策にリソースを割り振るのが困難なのが多くの店舗の実情。そこで本記事では、MEO対策代行の費用相場から、料金が決まる仕組み、具体的な対策方法まで、MEO対策の基本を徹底解説!おすすめのMEO対策会社や、最適な一社を選定するポイントも紹介していきます。

MEO対策?ローカルSEO対策?

MEO(Map Engine Optimization)対策とは、Google検索におけるローカル検索結果(地域名を使ったキーワード検索結果)に、Googleマイビジネス(GMB)の情報を上位表示させるための施策です。

MEOは「マップエンジン最適化」とも呼ばれますが、 これはGoogleマップにローカル検索結果を表示させるために「マップエンジン」が活用されているから。Google独自のアルゴリズムによって、GMBに登録する店舗・事業所のなかから、キーワードに最適だと考えられる「上位3位まで」がデフォルトで表示されます。

ここまでの解説で、SEO(検索エンジン最適化)を思い浮かべる方が多いかもしれません。対策の対象が検索エンジンか?マップエンジンか?という違いがあるものの、MEOもSEOも特徴は同じだといえます。このため、MEO対策を「ローカルSEO対策」と呼ぶ場合もあります。

MEO対策の費用相場

ローカル検索では検索対象が少ないということもあり、マップエンジンに表示されるのは上位3店舗のみです。「すべて表示」をクリックすれば、4位以降の検索結果も閲覧できますが、わざわざ4店舗目以降まで閲覧するユーザーは多くありません。この枠内に表示させるためのMEO対策代行費用は、それなりに高いのではないか?危惧する方も多いでしょう。

しかし、MEO対策代行の費用相場は、月額費用が約2万5,000円〜5万円程度、初期費用が無料から5万円程度と比較的リーズナブル。クリック単価が高騰する傾向にあるリスティング広告や、30万円からの費用がかかるSEO対策と比較すれば、費用対効果のよさは歴然です。MEO対策代行の具体的な費用相場を表にしてみました。

FVFV項目 費用相場 概要
初期費用 無料〜5万円 対策会社による
成果報酬の場合 1キーワード900〜1,200円 / 日 1キーワードが月20日間上位表示した場合は1万8,000〜2万4,000円 / 月
固定報酬の場合 2万5,000〜5万円 / 月 対策内容に応じて変動

MEO対策会社によって費用が異なる理由は?

比較的リーズナブルだとはいえ、MEO対策の代行費用相場は対策会社によってまちまちなのも事実。その要因のひとつとしては、対策会社によって「MEO対策の施策内容が異なる」ことが挙げられます。具体的には、Googleマイビジネス(GMB)の登録・運用代行のみ依頼するのか?外部対策も含めたトータルな代行を依頼するのか?依頼内容に応じて費用は変動します。

もうひとつの要因としては、成果報酬なのか?固定報酬なのか?期間はどの程度か?といった「契約形態」や、MEO対策キーワードをいくつ設定するか?など、MEO対策の代行費用が決定される「仕組み」面が挙げられるでしょう。

MEO対策の代行費用が決まる仕組み

それでは、MEO対策会社で採用される一般的な契約形態はどのようなものなのか?どのような仕組みで費用が決定されているのか?それぞれの要素を一つひとつ解説していきます。

成果報酬型

成果報酬型とは、成果(対策キーワードで情報が上位3位以内に表示)の出た日数に応じて報酬が発生するタイプのMEO対策代行費用のこと。MEO対策の結果を順位チェックツールなどを用いて毎日計測し、月末締めで成果日数に応じた報酬を請求される場合が一般的。たとえば、1日1,000円の成果報酬で、20日間上位表示されれば、1.000 × 20 = 20,000円が月額の報酬になります。

成果の出た日数分だけ報酬が発生するというわかりやすさもあり、近年では成果報酬型をチョイスする店舗が多くなりつつある傾向にあります。ただし、成果報酬はキーワードごとに設定されることに注意が必要。

3つのキーワードがそれぞれ20日間成果を出した場合は、20,000 × 3 = 60,000円の報酬が必要です。報酬総額が大きくなりすぎないよう、成果報酬額に上限を設定している会社もあります。

固定報酬型

固定報酬型とは、成果のあるなしに関わらず、施策内容に応じた月額固定料金が発生するタイプのMEO対策代行費用のこと。あらかじめ、施策内容の異なるいくつかのプランが用意され、ニーズに応じて選択するというケースが一般的。月額約2万5,000円〜5万円程度というのが、固定報酬型MEO対策の費用相場だといえるでしょう。

成果が出ない場合でも報酬が発生するのは、固定報酬型のデメリットだといえるかもしれませんが、複数キーワードで成果が出た場合でも追加費用が発生しない安心感も。上位表示という成果を追いがちな成果報酬型と比べ、固定報酬型はユーザー満足度を高めてコンバージョンにつなげられるメリットもあります。

初期費用

MEO対策会社によっては、Googleマイビジネス(GMB)の登録や初期設定代行費用として、初期費用が必要になる場合も。その場合は、おおむね1万円〜5万円程度が費用相場になりますが、近年では初期費用を無料とする対策会社も増えています。これは、MEO対策に必要な事前準備に、それほど手間がかからないことが影響していると考えられます。

対策キーワード数

Googleマップでの上位表示を目指すMEO対策では、事前に対策キーワードを設定しておくことが大前提。固定報酬型の場合、プランに応じて4〜6キーワードを設定できる、というパターンであるのが一般的です。

一方、成果報酬型の場合は、事前に4キーワードを設定して「成果の出たキーワード」のみ報酬が発生するタイプが一般的。キーワードを1〜2つに限定して対策してもらいたい、といったニーズには対応してもらえない場合がほとんどです。

これは、競合の多い「ビッグワード」のみを設定しても、なかなか成果をあげるのが難しいから。周辺のキーワードを上位表示させつつ、継続したMEO対策を実施することで、本来のビッグワードの上位表示を狙う意味合いが大きいのです。

契約期間

ある程度長期的な観点で施策を継続する必要のあるMEO対策の場合、契約期間が6か月、あるいは12か月単位とされているのが一般的。契約満了後は「自動更新」とされているケースがほとんどですが、自動更新の期間は対策会社によってまちまち。1か月単位の場合もあれば、6か月単位とされている場合もあります。

成果報酬型と固定報酬型では、契約期間の概念が異なる場合も。「成果の出た日を起点とする」ことが多い成果報酬型に対し、固定報酬型では「施策を開始した日を起点とする」場合がほとんどです。

MEO対策の基本・具体的な方法

契約形態によって、MEO対策代行の費用相場が変動する仕組みを解説してきましたが、施策内容に応じてもMEO対策費用は異なります。これを理解するためには、MEO対策が具体的にどのような方法で実施されているのか?施策内容を把握しておくことが一番。といっても、MEO対策自体は複雑なものではありません。具体的な3ステップを簡単に紹介しておきましょう。

Googleマイビジネス(GMB)の登録

MEO対策でGoogleマップ、ローカル検索結果に店舗情報を表示させるためには、大前提として「Googleマイビジネス(GMB)」への登録が必要。入力項目は「店舗名」「住所」「サービス範囲の指定」「サービスカテゴリーの指定」「Webサイト・電話番号などの連絡先」のみとシンプル。登録するための費用もかかりません。

https://www.google.com/intl/ja_jp/business

MEO内部対策

Googleマイビジネス(GMB)登録後からが、MEO対策の本番。基本となるのはGMBの情報を充実させ、最新情報を更新することが基本となる「内部対策」です。ポイントとなるのは「キチンとしたNAPの入力」「GMB情報を充実させる」「写真を追加」「口コミへの返信」の4つ。

対策項目 内容
NAPの入力 N(Name = 名前)A(Address = 住所)P(Phone = 電話)を正確に入力
GMB情報 入力項目を最新に更新、情報漏れをなくす
写真を追加 店舗の写真など、Googleストリートビューも有効
口コミへの返信 口コミへの適切な返信でユーザー満足度を高める

MEO外部対策

効果的なMEO対策を実施するためには、店舗の知名度を高める施策が欠かせません。いわは、店舗の広報活動の一環として、知名度を高めていくMEO施策が「外部対策」です。ポイントとなるのは、サイテーションを構築してポジティブな口コミ評価を集めること。

SEO対策でよく実施される施策として「外部リンク」がありますが、サイテーションとは「リンクのない外部リンク」のようなもの。店舗を知っているユーザーに、WebサイトやSNSでの情報発信を働きかける、あるいはYelpなどに情報を掲載していくなどの方法が考えられます。

おすすめのMEO対策会社4選!

MEO対策の基本・施策の方法や、代行費用相場・費用が決まる仕組みが理解できたところで、どの対策会社に代行業務を依頼すればいいのか?悩んでいる方のヒントとなるよう、おすすめのMEO対策会社を厳選して紹介していきましょう。

株式会社コーボー

https://www.cooboo.co.jp/special/meo

株式会社コーボーは、東京都渋谷区を拠点にデザイン・システム開発などのクリエイティブ事業、人材紹介事業、マーケティング事業などを展開する会社です。2011の創業以来、MEO対策サービスを提供してきた豊富な経験を持つほか、3,500店舗以上が利用するなど実績も充分。上位表示率84%以上の成果も残しています。

独自のアルゴリズムを適用した内部対策、マップエンジンの検証を前提にした外部対策を提供しながらも、初期費用無料で依頼できるのがポイント。

4キーワードを設定する日額700円の成果報酬プラン、月額1万8,000円の固定報酬プランが用意され、ニーズに応じて選択可能です。独自開発の順位チェックツールの提供、レポートの提出など、サポート面が手厚いのも同社の特徴です。

smart MEO(株式会社H2)

https://smart-meo.com/

「smart MEO」は、東京都港区に拠点を構え、クラウドPBXなどのオフィスソリューション、テーブルーダーシステムなどの店舗ソリューションを展開する会社、株式会社H2が提供するMEO対策サービスです。

美容院・飲食店を含むさまざまな業種、1,500社以上から利用される実績を誇り、上位表示目的ではない、集客をゴールに見据えたMEO対策サービスを提供しているのが特徴です。

そのため、しっかりとした施策を実施するため月額固定の固定報酬制を採用。施策内容に応じた、2万7,500円の「MEOライトプラン」、3万8,500円の「スマートプラン」、7万7,000円の「スマートPROプラン」が用意されています。独自の効果測定システムを活用し、対策効果を可視化できるのもポイント。サイテーション構築も任せられます。

株式会社トライハッチ

https://tryhatch.co.jp

株式会社トライハッチは、東京都中野区に拠点を構え、SaaS事業、Webマーケティング事業などを展開する会社です。ローカルビジネスの集客・マーケティングに特化した同社では、その一環としてMEO対策サービスを提供。自社開発の順位チェック・効果測定ツール「MEOチェキ」を活用したMEO対策は、1,300社以上の導入、上位表示率92%以上の実績を誇ります。

同業他社にもMEOチェキを貸し出ししているため、そこから得られた膨大なMEOデータを保有しているのも同社の強み。日額1,100〜1,320円で上限3万9,600円が設定された成果報酬プランのほか、2万7,280円〜4万3,780円までの3つの固定報酬プランも用意。上位プランなら、口コミ促進ツール「星カクトくん」を活用した口コミの自動返信も可能です。

MEO Dash!(GMO TECH株式会社)

https://meo-dash.com

「MEO Dash!」は、GMOインターネットのグループ企業、GMO TECH株式会社が提供するMEO対策サービスです。2,300社以上の利用実績、97%以上の上位表示率を誇り、複数の拠点・店舗の一括管理も依頼可能。

GMOグループで培ったSEO技術を元にしたアルゴリズム分析で、内部最適化と外部対策を両立。自社開発ツールも活用しながら精度の高いMEO対策を実施してくれます。

4キーワード月額換算3万3,000円〜、6キーワード月額換算4万1,250円〜、8キーワード月額換算4万9,500円〜と、キーワード数に応じた契約期間1年の3つのプランを用意。複数拠点のGMB情報の最適化、A/Bテスト、最適化された口コミ返信代行なども依頼可能。すでにGMBの登録が済んでいれば、MEO施策の即日運用も可能です。

MEO対策会社の選定ポイント

MEO対策は比較的リーズナブルに代行依頼できるのが特徴ではありますが、それゆえに、対策会社を選定する際に「費用面」を重視してしまいがちなのも事実。しかし、MEO対策からしっかりとした成果を得るためには、対策会社選定時に費用面以外のポイントにも気を配っておくことが重要です。

成果を残した豊富な実績があるか?

SEO対策と同様、MEO対策も「この施策を実施しておけば大丈夫」といった法則がありません。これはGoogleのアルゴリズムが頻繁に更新・変更されているためであり、しっかりとした成果を残すためには、変化に応じて適切な施策を施す柔軟性・対応力が求められます。

これらを確認するためには、MEO対策会社の実績を確認することがベストです。ホームページなどに掲載されている上位表示率、導入社数などを参考にすることが基本ですが、掲載されているキーワードを検索してみて、実際に上位表示できているかを確認するのも重要です。

同一エリアの競合を扱っているのか?

MEO対策会社が、同一エリア内の同業他社を扱っているのかどうか?確認しておくことも重要です。なぜなら、無秩序に同一エリア・同業種のクライアントを扱っていては、すべてのクライアントを上位表示させることができなくなるからです。対策会社によっては、同一エリアの業種は1店舗までとしている場合もあるため、確認が必要です。

運用代行か?トータル代行か?

MEO対策は、Googleマイビジネス(GMB)の最適化を中心とした内部対策 = GMB運用代行のほかに、サイテーション構築を含めた外部対策が重要であることは紹介しました。しかし、一部の対策会社では運用代行のみを提供しているケースもあり、外部対策はオプション扱いになっている場合もあります。

MEO対策会社のプラン内容がどうなっているのかを確認するとともに、投下するコストに応じたサービスが得られるのかを検討する必要があります。

MEOツールを活用しているか?

ローカル検索結果は、常に同じ結果が返されるとは限りません。アクセスした地点のIPアドレスによっては、同じキーワードでも検索結果が異なる場合があります。つまり、大阪の店舗のMEO対策を実施しても、東京では上位表示されているのに肝心の大阪では圏外、ということもあり得るのです。

順位チェックツール・効果測定ツールを活用して正確な施策を行えるMEO対策会社なのか?確認しておく必要があるでしょう。実際、ツールを活用していなければ、MEO対策の結果をレポートするのも困難です。ツールを活用して定期的にレポートを提出してくれる会社を選定するのがおすすめです。

Googleマイビジネス(GMB)のガイドラインに違反していないか?

一時期SEO対策で横行した「ブラックハット」を覚えている方がいるかもしれませんが、MEO対策でもGoogleマイビジネス(GMB)のガイドラインを無視した、ブラックハットMEOを実施する会社がないとも限りません。

こうした違反行為は、最悪、GMBのアカウント停止などの事態に追い込まれてしまうケースもあります。しっかりとガイドラインを守ったうえで、成果を上げているMEO対策会社なのか?確認しておく必要があるでしょう。

まとめ

MEO対策代行の費用相場、料金が決まる仕組み、具体的な対策方法を含みMEO対策の基本を解説するとともに、おすすめのMEO対策会社、選定のポイントなども紹介してきました。ローカル検索結果に特化したMEO対策は、非常に費用対効果の高いWeb集客施策であり、自店舗を同業他社と差別化する有効な方法です。一方、リーズナブルだからという理由だけでMEO対策会社を選ぶのは危険。複数の候補先をピックアップしたうえで、適切な一社に絞り込んでいくことが重要です。

しかし、市場には多数のMEO対策会社が存在するのも事実。候補先を選ぶことすら迷ってしまうことがあるかもしれません。「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良なMEO対策会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイント。MEO対策会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

Web制作会社・システム開発会社を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

Web制作会社・システム開発会社の案件一覧

Web制作会社・システム開発会社のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら