MEO対策サービスの費用相場とは?費用の変動要素やおすすめの企業もあわせて紹介

アドリブ株式会社
監修者
アドリブ株式会社 広告事業本部所属 持田 智也(モチダ トモヤ)
最終更新日:2024年07月01日
MEO対策サービスの費用相場とは?費用の変動要素やおすすめの企業もあわせて紹介
この記事で解決できるお悩み
  • MEO対策サービスの費用相場とは?
  • MEO対策サービスで費用が変動する要素とは?
  • おすすめのMEO対策会社とは?

「MEO対策の費用はどれくらい?」「おすすめのMEO対策サービス会社は?」とお悩みの方、必見です。MEO対策サービスは初期費用や料金体系によって、全体の費用は大きく変動します。

この記事では、MEO対策サービスの費用相場や費用が変動する要素を解説します。

おすすめのMEO対策会社も紹介するため、MEO対策サービスの外注を検討している方、集客に悩む店舗運営者の方は、ぜひ参考にしてください。

Web制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 継続的に費用が発生するのか知りたい

比較ビズでは制作会社の登録に力を入れており、小規模〜大規模と幅広い制作会社を掲載しております。価格重視、デザイン重視、集客重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりがもらえ、適切な費用相場が分かります。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

Web制作会社を一覧から探す

MEO対策とは

9ucgzeqy56WMyhW1705645742_1705645758

MEO(Map Engine Optimization)対策とは、Googleマップでの検索上位実現に向けた施策全般を指します。飲食店やアパレル店など、店舗向けのマーケティング対策です。

検索上位に表示されるとユーザーに自店舗のサイトを閲覧される機会が増え、認知度向上や集客率改善が望めます。

店舗情報の更新や口コミへの返信、写真の掲載など、MEO対策は外注しなくてもできる作業ですが、MEO対策の知識やノウハウに乏しい場合、上位に表示される保証はありません。

短期間で新規顧客獲得や収益拡大を実現するためにも、MEO対策をサービスとして提供する専門会社に依頼しましょう。

MEO対策の費用相場

OynrSd3jQQJGKV41684729730_1684729754

MEO対策サービスの費用は、初期費用に成果報酬または月額費用を加えた合計金額となります。初期費用の相場と各料金体系の費用相場を以下にまとめました。

初期費用:3万〜5万円

MEO対策サービスの初期費用は3万〜5万円が相場です。初期費用が3万円以下または無料扱いしている企業もあります。月額料金や成果報酬も確認しましょう。

初期費用の内訳は、Googleビジネスのアカウント取得や基本情報の入力、店舗写真の撮影など、MEO対策の準備にかかる費用です。SEO対策やWeb広告の運用など、他のマーケティング手法と比較すると、MEO対策は作業量が少ないため、初期費用が比較的安価に抑えられます。

ミスマッチにともなう無駄な費用の支払いを避けるため、初期費用が5万円よりも大幅に超過する企業への依頼は避けましょう。

成果報酬型と月額固定型

成果報酬型と月額固定型の費用相場を以下の表にまとめました。

成果報酬型月額固定型
料金相場1日1,000円〜2,000円(月額換算:30,000〜36,000円)2万〜5万円
特徴設定キーワードが上位表示された場合のみ報酬が発生月額料金や作業内容が一定

成果報酬型は特定の成果を達成した際、報酬を支払う料金体系です。報酬額は1日1,000円〜2,000円に設定され、月額換算すると30,000〜36,000円が相場です。数種類の対策キーワードを設定し、いずれかのキーワードがGoogleマップ検索で3位以内に表示された場合を成果と認定します。

月額固定型は月額料金や作業内容が決まっている料金体系となり、費用相場は2万〜5万円です。毎月一定の費用を支払い、アクセス解析やレポート提出などのサービスを受けることができます。

MEO対策サービスの費用が変動する5つの要素

OQB0RsK4nZKMI2V1692334663_1692334671

MEO対策サービスの費用は、以下5つの要素によって費用が変動します。

  1. 対策キーワード数
  2. 契約期間
  3. 順位計測システム
  4. 口コミ管理と投稿代行
  5. 外部対策

内容をひとつずつみていきましょう。

1. 対策キーワード数

Googleマップでの上位表示実現に向けた対策キーワードを決めます。6個〜10個のキーワードを決めて、上位表示を目指すのが一般的です。対策キーワード数が多いと上位表示の確率は高まりますが、費用は高騰します。

ユーザーニーズを踏まえたキーワードを設定しない限り、ターゲット層の関心や興味を惹きつけられません。集客率改善や新規顧客獲得を早期に実現するためには、キーワードの数ではなく内容を重視することが重要です。

商品やターゲット層を反映したキーワードを設定し、来店意欲が高いユーザーの獲得につなげましょう。

2. 契約期間

MEO対策サービスを利用した場合、契約期間は6カ月もしくは12カ月単位で締結するのが一般的です。Googleマップで上位表示を実現するためには、長期的に施策を継続する必要があります。

予算に合ったサービスを選定するためには、6カ月と12カ月間の利用金額を事前に把握することが重要です。たとえば、月額固定制のMEO対策サービスを選んだとしましょう。

月額費用が5万円の場合は6カ月の利用で30万円、12カ月では60万円かかります。月額費用または成果報酬×利用期間で算出された金額が合計金額になります。MEO対策サービスの場合、契約期間の長さにより費用が安くなることはありません。

3. 順位計測システム

順位計測システムは、Googleマップでの検索順位を毎日表示するシステムです。検索順位をもとに、現状の課題抽出や対策内容の反映につなげます。

自社開発と他社製システムのどちらを利用しているか、確認することが重要です。自社開発システムの場合は取得可能なデータの数が多く、定期的なアップデートも望めます。

料金プランの変更によってデータ取得に追加費用が発生する可能性があるため、商談の際に入念に確認しましょう。

他社製システムの場合は提供先の方針変更がない限り、取得可能なデータ数や利用料金は一定です。

4. 口コミ管理と投稿代行

Googleビジネスプロフィールに寄せられた口コミへの対応や店舗情報の投稿を代行するサービスもあります。顧客ロイヤリティ向上やリピーター獲得のために、どちらも必要な作業です。

口コミ管理ではサイト上に表示する口コミの選別に加え、コメントへの返信をおこないます。集客率改善や店舗認知度向上を実現するためにはいい口コミの獲得だけではなく、良質な顧客体験の提供が重要です。

Googleビジネスプロフィールのヘルプページにも、口コミへの返信が推奨されています。新商品販売やイベント開催など、定期的に店舗の最新情報を投稿すると、ユーザーの関心を惹き付けれるでしょう。

5. 外部対策

SNSでの投稿やホームページの制作など、Googleビジネスプロフィール以外での施策代行に対応したサービスもあります。基本的にオプション扱いとなり、利用する場合は追加料金を支払わなければなりません。

サービスによって対応可能な業務範囲も異なるため、事前に確認しましょう。外部対策はSNSでの投稿に不慣れな方、ホームページのリニューアルを検討している方におすすめです。

複数のツールで店舗情報を発信できると、店舗認知度向上やリピーターの獲得を早期に実現できます。

MEO対策サービスの選び方

pixta_85859567_M

MEO対策サービスを選ぶ際は、以下6つの点を確認しましょう。

  • 実績
  • 得意な業種
  • Googleのガイドラインに準拠しているか
  • サービス内容の充実度
  • サイトでの情報発信に積極的か
  • 効果測定の方法を明確に提示しているか

自社がどの項目を重視するのか、事前に明確にすることで、依頼先を選びやすくなります。

実績

特別なメリットがないかぎり、MEO対策の支援実績が豊富な企業を優先的に選びましょう。実績が多い企業はサービスの充実度や費用対効果に関して、多くのユーザーから高評価を得ていると認識できます。

ミスマッチを避けるため、ホームページ上で導入実績や事例に関して確認しましょう。同じ業界の企業や競合他社での事例があると、要望に見合った提案が得られる確率が高まります。

ホームページに実績が掲載されていない企業への依頼は避けましょう。サービスの提供年数が浅く、紹介できる実績が少ないと判断できます。

得意な業種

MEO対策会社の得意分野も重要な確認ポイントです。飲食店や雑貨店、アパレル店など、同じ店舗運営でも扱う商品によって対策キーワードや発信すべき情報は異なります。

MEO対策会社は特定の業種に特化しているケースが一般的です。ホームページの導入事例から得意分野を確認し、自社と同じ業界や競合他社での実績があるかを確認しましょう。

Googleガイドラインに準拠しているか

Googleガイドライン」とは、Googleビジネスプロフィールを利用するうえでのルールです。ガイドラインに記載されている内容の一部をまとめました。

  • 看板やサイト上で認知されている店舗名を利用
  • 住所やサービス提供地域を正確に記載
  • 1つのビジネスに対して1つのプロフィールを作成
  • 特別料金や特典を強調する文章の記載を禁止
  • リンクの使用禁止
  • 個人情報や機密情報を含む情報の掲載を禁止

MEO対策はGoogleガイドラインの内容に沿って進めるのが基本です。ガイドラインの内容に違反した場合、検索順位の低下やアカウント停止など、さまざまな悪影響に悩まされます。

検索上位を実現するためにも、Googleガイドラインの内容に精通した企業に依頼しましょう。

サービス内容の充実度

MEO対策に十分な時間や労力を割けない場合は、サービス内容が充実したMEO対策会社に依頼しましょう。

MEO対策会社には、デジタルマーケティングに精通した人材が多数在籍しています。口コミ管理やSNSへの投稿、ホームページのリニューアルなど、さまざまな作業の依頼が可能です。

外注先の利用により、従業員の負担軽減や業務効率化につながります。自社で対応するよりも早期に店舗認知度向上や新規顧客獲得が望めるでしょう。

基本料金でどの程度の範囲まで作業を依頼できるか、確認することが重要です。外部対策がすべてオプション扱いに含まれていた場合、多くの費用を支払わなければなりません。

効果測定の方法を明確に提示しているか

効果測定のやり方に関して明確に情報を開示してくれる企業を選びましょう。MEO対策での検索順位は、ユーザーの位置情報によって大きく変動します。

店舗から近い場所で検索するほど上位表示の確率が高まるため、測定範囲を限定したうえでの結果を示されても、改善効果はほとんど望めません。

店舗から数キロ以上離れた場所まで測定範囲を拡げたとしても、集客はさほど望めないでしょう。店舗から最寄り駅までの範囲に測定位置を絞るのが無難です。

検索ボリュームが少ないロングテールキーワードを選ぶと、アクセス数増加やコンバージョン獲得率向上など、施策の効果が明確に反映されます。

ロングテールキーワードとは

「飲食店 東京 安い」のように複数の単語を組み合わせて構成されるキーワードです。検索ボリュームが少ない一方、検索上位に表示されやすく、安定した集客やコンバージョン獲得率向上が望めます。

おすすめのMEO対策会社5選

多くのユーザーに利用されているMEO制作会社を5つ紹介します。

  • GMO TECH株式会社
  • 株式会社トライハッチ
  • 株式会社H2
  • 株式会社コーボー
  • 株式会社トリニアス

外注先選定の際にぜひ参考にしてください。

GMO TECH株式会社

K5grxs7hogkHcp71705635073_1705635093

参照:GMO TECH株式会社

GMO TECH株式会社の提供するMEO対策サービスは、導入実績数や顧客満足度など、さまざまな指標で高評価を得ています。

同社のサービスは、Googleマップ内での上位表示を高確率で望める点が特徴です。独自に開発した順位計測ツール「MEO Dashboard」を活用し、キーワード別順位や検索エンジンのアルゴリズムを分析します。

SEOコンサルティングで培ってきたマーケティングの知識と組み合わせ、現状を正確に反映した施策の提案が可能です。MEO DashboardはAPI連携によって情報更新や写真管理、口コミへの返信など、店舗情報の更新や口コミ管理もまとめて処理できます。

株式会社トライハッチ

sYV6Vu05n5L9kdx1705635106_1705635120

参照:株式会社トライハッチ

株式会社トライハッチのMEO対策サービス「MEO HATCH」は、同社が独自開発したMEOツール「MEOチェキ」のデータや機能を最大限に活用しています。MEOチェキは中小企業から大手企業まで、多くの企業に導入され、導入実績数は55,000社を突破しました。

MEOチェキのユーザーデータを参考に、競合店の動向やユーザーニーズ、現行サイトの課題などを短時間で正確に分析できます。ユーザーの潜在的ニーズや獲得済みのクチコミも含め、分析結果は簡単に入手可能です。

任意の地域に設定したうえで日々の検索順位やキーワードの検索順位が算出されるため、施策効果が表れているかを正確に把握できます。

株式会社H2

O0nUzgYWnIF8K8U1705635134_1705635151

参照:株式会社H2

株式会社H2が提供するMEO対策サービス「smart MEO」は多くの企業に導入され、導入実績数は1,500社を突破しました。smart MEOの特徴は、集客率改善を重視している点です。

既存キーワードの検索順位を分析したうえで、最大8個まで対策キーワードを新たに設定します。キーワード再設定後は、自社開発ツール「G−MAC」がキーワードの直接検索数や間接検索数、検索順位などを含めて集計する仕組みです。

分析機能が充実し、ユーザーの流入経路やキーワード別の検索ボリュームを正確に把握できます。SNSでの投稿代行にも対応し、定期的な情報更新によって新規顧客獲得が望めるでしょう。

株式会社コーボー

aGbFCU8B27lz8Fh1705635169_1705635179

参照:株式会社コーボー

株式会社コーボーのMEO対策サービスは、4,000以上の店舗で利用されています。同社のサービスは費用対効果に優れている点が特徴です。サービスを利用する際に初期費用は発生しません。

自社開発した順位測定ツールの分析結果や検索アルゴリズムの検証により、実情を正確に反映した施策を提案します。合計表示回数やマップ経由の表示回数、通話数など、施策効果はGoogle Insightsから確認が可能です。

上位表示率は86%を超えているため、高確率で集客率改善や収益拡大が望めるでしょう。

株式会社トリニアス

kCVeUCvoDCRjDzA1705635194_1705635212

参照:株式会社トリニアス

株式会社トリニアスが提供する「MEOprime」は、導入実績4,000社以上を誇るMEO対策サービスです。Googleマップでの検索上位率は90%を誇り、露出量の増加によって店舗認知度向上や新規顧客獲得が望めます。

MEOprimeはGoogleストリートビューの撮影に対応し、撮影実績は約2,000件に達しました。店内や外観を撮影したパノラマ写真の掲載によってユーザーに安心感を与え、来店意欲を高められます。

あわせてランディングページやホームページの制作も依頼可能です。定期的な情報発信によって、顧客との関係強化やコミュニケーションの活性化が望めるでしょう。

MEO対策サービスを安く利用する3つのポイント

pixta_80894260_S

MEO対策サービスの費用を削減するためには、以下3点を意識することが重要です。

  1. 依頼範囲を限定する
  2. 複数の企業から見積もりを取得する
  3. コンサルティング力に優れた企業を選ぶ

ポイント1. 依頼範囲を限定する

MEO対策サービスでは依頼する業務量が多いほど、費用が高騰します。予算オーバーを避けるため、自社で対応する業務範囲を拡げ、外注先への依頼業務は限定しましょう。

たとえば、口コミ管理やSNSへの投稿は従業員が対応し、外注先には順位計測やキーワード対策を依頼するかたちです。Googleビジネスのアカウント取得や写真撮影なども自身で対応した場合、初期費用がかからないサービスを選択できます。

ホームページのリニューアルや新規制作を予定していない場合は、外部対策で追加費用が発生する心配もありません。外注費用を削減するためには、自社対応の業務と依頼予定の業務を明確に区別することが重要です。

ポイント2. 複数の企業から見積もりを取得する

依頼先を決める際は、複数の企業から見積もりを取得しましょう。1社からしか見積もりを取得しない場合、費用の相場や提案レベルを正確に把握できません。複数の見積もりと提案書を比較したうえで決断することで、ミスマッチを避けられます。

見積もりを依頼する際はあわせてRFPを提出してください。RFP(Request for Proposal)とは現状の課題や予算、希望納期など、自社の要望をまとめた提案依頼書です。

RFPの提出によって自社の要望を正確に伝えられ、認識のズレにともなうトラブルの発生を避けられます。

ポイント3. コンサルティング力に優れた企業を選ぶ

コンサルティング力に優れたMEO対策会社を選ぶことも重要です。MEO対策に関する知識やノウハウを提供してもらえると、検索上位に必要な施策を正確に理解できます。

MEO対策全般を自社で対応できると、外注先に作業を継続的に依頼する必要はありません。外注費用を削減するためにも、コンサルティングサービスやサポート内容が充実しているかを確認しましょう。

まとめ

MEO対策代行の費用相場は、月額費用が約2万〜5万円で、初期費用は3万〜5万円です。MEO対策代行サービスの費用は、 対策キーワード数や契約期間をはじめさまざまな要因で変動します。自社のニーズにあわせて利用するサービスを選定しましょう。

業務負担が増大し、業務効率悪化や接客の品質低下を招くおそれがあります。通常業務への支障を避けるためにも、MEO対策会社へ作業を依頼しましょう。

比較ビズ」を利用すると、必要事項を入力する2分程度で条件に合った企業を探し出せます。外注先を探している方は、ぜひ利用をご検討ください。

監修者のコメント
アドリブ株式会社
広告事業本部所属 持田 智也(モチダ トモヤ)

奈良県出身。立命館大学法学部卒業。Webマーケティングの現場を通して形成した独自のノウハウを基に、多種多様な企業の集客を支援。専門分野はSEO対策・リスティング広告。分析したサイト・広告アカウントは1,000以上となっており、中小から東証一部上場企業まで数多くのニーズに対応。

MEO対策は近年、店舗型事業者様のWeb集客において重要視されている施策となっております。ただ近年ではMEO対策のアルゴリズムも複雑化の一途を辿っており、インハウスだけでの運用が難しくなっている側面がございます。

そんな時は、MEOコンサルティングを行っている会社に外注依頼をかけることも一つの手となります。MEO対策はSEO対策やリスティング広告と比較して、比較的安価で外注が可能な施策となりますが、ペナルティやGoogleマイビジネス削除等の危険性をしっかりと説明される業者に対策を依頼しましょう。

地道な更新で上位表示化への道のりは開けます。PDCAサイクルをしっかりと回して、コツコツと対策を行いましょう。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

Web制作にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの制作会社に依頼したらいいかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 継続的に費用が発生するのか知りたい

比較ビズでは制作会社の登録に力を入れており、小規模〜大規模と幅広い制作会社を掲載しております。価格重視、デザイン重視、集客重視など、様々な特徴を持った会社から一括で見積もりがもらえ、適切な費用相場が分かります。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご相談ください。

Web制作会社を一覧から探す