1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場は?メリットや選び方のコツも紹介

最終更新日:2024年06月06日
1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場は?メリットや選び方のコツも紹介
この記事で解決できるお悩み
  • 1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場は?
  • 1分動画制作をフリーランスに依頼するメリットは?
  • 依頼する際のフリーランスの選び方は?

「1分程度の動画制作を、フリーランスに依頼した際の相場を知りたい」方、必見!

1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場は、3万円〜100万円です。スキルのあるフリーランスに依頼できれば、制作会社に依頼するよりも費用を安く抑えられるでしょう。

本記事では、1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場を解説します。フリーランスに依頼するメリットやフリーランスの選び方も紹介しました!記事を読むと、フリーランスに依頼したときの費用相場を把握し、自社にマッチしたフリーランスを見つけられるでしょう。

【種類別】1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場

1分動画制作をフリーランスに依頼した際の費用相場を、制作会社と比較して種類別にまとめました。

1分動画の種類 制作会社の費用相場 フリーランスの費用相場
インタビュー動画 5万円〜 3万円〜
セミナー・イベント動画 15万円〜80万円 15万円〜50万円
会社紹介・PR動画 50万円〜100万円 15万円〜50万円
商品・サービス紹介動画 30万円〜100万円 30万円〜
YouTube・SNS動画 10万円〜100万円 5万円〜30万円
アニメーション動画 10万円〜100万円 10万円〜100万円

下記でそれぞれ解説します。

インタビュー動画の場合:3万円〜

1分のインタビュー動画制作を、フリーランスに依頼した場合の費用相場は3万円程度からと安価です。カメラを1台固定してインタビュー動画を撮ることが多いため、撮影難易度は高くはありません。

インタビューのみの動画構成の場合、シンプルな動画構成のため、動画制作をフリーランスに依頼しやすいでしょう。ただし、カメラを複数使用したり、編集のアニメーションやBGMにこだわったりする場合は相場よりも大きく費用が発生するため注意が必要です。

セミナー・イベント動画の場合:15万円〜50万円

セミナーやイベント動画の制作を、フリーランスに依頼する場合は15万円〜50万円程度が相場になるでしょう。撮影場所の手配や機材の数や種類、撮影時間や編集方法の条件によって相場以上になるケースもあります。

セミナーやイベント動画は見映えや雰囲気が重要になるため、セッティングに慣れているフリーランスではないと、うまくいかないでしょう。

過去にセッティングをして撮影した実績がフリーランスにあるか、よく確認しましょう。

会社紹介・PR動画の場合:15万円〜50万円

1分程度の会社紹介やPR動画の制作を、フリーランスに依頼する場合は15万円〜50万円が相場です。高度なアニメーションや3DCGなどを編集にフル活用する場合は、相場よりもはるかに高額になります。

会社紹介・PR動画は企業のブランドイメージを、掲げたメッセージとともにうまく訴求できるかにかかっているでしょう。1分という短い動画のなかで、視聴者の心を動かせる動画構成が作れるかがフリーランスに求められます。

商品・サービス紹介動画の場合:30万円〜

商品・サービスの紹介動画を1分程度で制作する場合、フリーランスだと30万円程度からになります。商品やサービスを魅力的に見せるために、機材や編集にこだわるケースが多く、費用相場も下限が高めの設定になっています。

商品・サービスの紹介動画は、視聴者の悩みや不安を自分ごと化させて、商品を買いたくなる訴求をするのがポイントです。フリーランスに依頼する際は、上記のポイントを意識して撮影や編集ができているか確認するのが重要でしょう。

YouTube・SNS動画の場合:5万円〜30万円

YouTube・SNS動画の制作をフリーランスに依頼する場合は、5万円〜30万円が相場です。YouTube・SNS動画は、撮影スタイルや編集スタイルが幅広いため、費用に差が出ることが多いでしょう。

また、YouTubeとSNSは広告として動画を掲載できます。広告を利用する場合は、広告マーケティングの知識が必要です。フリーランスに依頼するときは、マーケティングの知識があり、動画投稿をしたいプラットフォームでバズった経験があるかが重要でしょう。

アニメーション動画の場合:10万円〜100万円

1分程度のアニメーション動画制作を、フリーランスに依頼する場合の費用相場は、10万円〜100万円です。アニメーションの種類やモデリングの種類、キャラクターの数によって、費用に大きく差が出ます。

特に3Dのキャラクターを活用した動画を作成したい場合は、動画編集のみではなく、モデラーとしても質の高いフリーランスが求められます。

動画内容によって必要なスキルが変化するため、フリーランスを選ぶ際は、実績やポートフォリオから慎重にリサーチしましょう。

1分動画制作をフリーランスに依頼する際の内訳相場

1分動画制作をフリーランスに依頼する際、制作費用の内訳相場は、下記のとおりです。

内訳 費用相場
企画・構成費 3万円〜25万円
撮影費 1万円〜40万円
編集費 1万円〜50万円

それぞれ解説します。

企画・構成費:3万円〜25万円

1分動画制作をフリーランスに依頼した場合、動画の企画や構成、制作の進行管理をするための費用が発生します。

企画・構成でかかる主な費用は、以下のとおりです。

  費用相場 備考
構成・台本制作費 3万円〜15万円 動画の企画・構成やシナリオを制作するための費用
プロデューサー費 5万円〜10万円 動画制作のスケジュールを管理する費用
ディレクション費 5万円〜25万円 動画制作の全体的なサポート費用

上記の3つは主に、動画制作をするうえでの人件費になります。動画制作の難易度によって、著しく相場が変動します。

撮影費:1万円〜50万円

撮影にかかる主な費用を、下記にまとめました。

  費用相場 備考
スタジオ費 5万円〜40万円 スタジオのレンタル費用
ロケハン費 3万円〜10万円 撮影場所のリサーチや下見をする費用
キャスティング費 5万円〜40万円 動画に出演するキャストの出演費用
スタイリスト費 5万円〜40万円 キャストのメイク・衣装をセッティングする費用
機材費 5万円〜50万円 撮影に必要なカメラ・照明などを使用する費用
撮影費 5万円〜40万円 撮影担当者の人件費
交通費・宿泊費 1万円〜10万円 撮影場所までの移動や遠征での宿泊費用
車両費 2万円〜10万円 撮影場所に機材を車で運ぶ費用
美術費 2万円〜10万円 撮影に必要な小道具やインテリアを準備する費用

1分動画の種類によってはかからない費用もありますが、事前に必要な費用は多々あります。上記の費用を含め、予算を手配できるように準備しましょう。

編集費:1万円〜50万円

動画編集で主にかかる費用を、下記にまとめました。

  費用相場 備考
動画編集費 5万円〜50万円 編集スタッフの人件費
音響効果費 3万円〜30万円 動画に使用するBGMの制作・利用費用
MA(音声編集)費 5万円〜50万円 MAスタッフの人件費
ナレーション費 3万円〜30万円 ナレーターの人件費
素材制作・購入費 5万円〜50万円 編集に必要な素材の制作・購入費用
マスター制作費 1万円〜5万円 納品したデータの制作費用

有名声優をナレーターとして抜擢する場合は100万円以上かかる場合があるでしょう。ナレーションや音響制作もフリーランスに依頼する方が費用を抑えられます。

1分動画制作の費用を抑える方法5つ

1分動画制作の費用を抑える方法を、5つ紹介します。

  • 画像やBGMはフリー素材を使う
  • 自社内から演者を採用する
  • 自社内を撮影場所にする
  • 内製化できる部分がないか探す
  • 補助金を利用する

画像やBGMはフリー素材を使う

1分動画を編集する際は、編集に利用する画像やBGMをフリー素材にすると、大幅に編集費用を削減できます。新たに素材やBGMを作成するよりも、数十万円単位で費用が抑えられるでしょう。

最近では、有料でもおかしくない高品質なフリー素材がインターネット上で配布されています。フリー素材を提供しているおすすめのサイトを、下記にまとめました。

NHKクリエイティブ・ライブラリー NHKアーカイブスの番組や番組素材から切り取った素材を無料で提供するサイト
Pixabay 画像やイラスト、音楽などの素材が無料でダウンロードできるドイツの動画素材サイト
Pexels 動画や写真を無料でダウンロードできるドイツ生まれの動画素材サイト

フリー素材をうまく活用して、少しでも編集費用を抑えましょう。

自社内から演者を採用する

自社内で演者をキャスティングすると、キャスティング費用を抑えられるでしょう。プロの演者はビジュアルや演技力の面で優れていますが、出演費用は高額になりがちです。

企業紹介やインタビュー動画で1分動画を制作する場合は、社員をキャストに採用すると、短い時間で視聴者に信頼感や臨場感を与えられます。

キャストの演技力をそこまで問わない場合は、自社の従業員から動画内容にマッチしている人材をキャスティングしましょう。

自社内を撮影場所にする

なるべく自社内ですべて撮影すると、撮影費用が抑えられます。外部で撮影する場合、撮影場所のレンタル費用やロケハン費用がかかってしまいます。

自社内の撮影環境が良くなくても、照明や小道具などでカバーした方が結果的にレンタル費用やロケハン費用よりも安くなることが多いでしょう。

外部の撮影を試みる前に自社内でなんとか撮影ができないか、必ず検討するべきです。

内製化できる部分がないか探す

1分動画制作をする際、自社内で内製化できる部分はないか探しましょう。内製化できる部分があれば、制作費用の最大の節約になります。

たとえば、企画・構成と動画編集ができる場合、撮影のみを外注すれば大きく費用を削減できるでしょう。フリーランスの場合、制作会社よりもスポットで撮影や編集のみを依頼できることが多いです。

動画制作の工程でできる部分は自社で行い、できない部分をスポットでフリーランスに依頼できないか考えてみましょう。

補助金を利用する

1分動画を制作する際に、動画制作で発生する費用を国や自治体が支援してくれる補助金制度があります。

動画制作で利用できる主な補助金と補助額は、下記のとおりです。

  補助上限額 最大補助率
小規模事業者持続化補助金 50万円〜200万円 4分の3
IT導入補助金 5万円〜350万円 4分の3
事業再構築補助金 100万円〜1.5億円 4分の3
自治体の補助金・助成金 自治体により異なる 自治体により異なる

詳しくは下記の記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

そもそも1分動画制作とは

1分動画制作に関して、以下の観点から解説します。

  • 1分動画制作のメリット4つ
  • 1分動画制作の流れ3ステップ
  • 失敗しない1分動画制作のポイント4つ

1分動画制作のメリット4つ

1分動画を制作するメリットは、下記の4つです。

  • 短時間のため視聴者が離脱しづらい
  • まとまりのある動画でわかりやすい
  • スマホで気軽に視聴しやすい
  • SNSでバズる可能性が上がりやすい

短時間のため視聴者が離脱しづらい

1分動画を制作するメリットは、再生時間が短時間であるため視聴者が飽きずに離脱しづらい点です。1分という再生時間が、視聴するハードルを大きく下げてくれます。

プライベートの空き時間や仕事の休憩時間に視聴しやすいため、最後まで見てくれる可能性があがるでしょう。

ただし1分程度のショート動画は、冒頭にインパクトのある映像やテロップがないと早々と離脱するため、最後まで見てもらう工夫が必要です。

まとまりのある動画でわかりやすい

伝えたい内容をシンプルにまとめて動画で発信できるのが、1分動画制作のメリットです。伝えたい内容を起承転結にまとめやすいため、長尺動画で内容が脱線するリスクが減らせるでしょう。

企業紹介から商品やサービスの動画などさまざまな動画内容にも、内容を整理して発信しやすいため、活用しやすいです。

また、1分という短い動画のなかで広く浅く内容を紹介し、詳細に知りたい方を別のコンテンツに誘導もしやすくなります。

スマホで気軽に視聴しやすい

1分動画は、縦長のショート動画として活用しやすいため、スマホで気軽に視聴しやすいのがメリットです。昨今、InstagramやTikTokなどのショート動画を活用できるSNSの需要が高く、多くのユーザーがスマホでショート動画見ています。

縦長のショート動画は、スマホを横向きにする手間がないため、電車のなかでも視聴しやすいでしょう。

SNSでバズる可能性が上がりやすい

SNSには拡散機能が搭載されているため、1分程度のショート動画を作成して投稿するとバズる可能性があります。制作したショート動画を1つのプラットフォームのみではなく複数のプラットフォームに投稿することで、バズる可能性が高まります。

ショート動画を投稿できるプラットフォームは、下記のとおりです。

  • Instagram(リール)
  • TikTok
  • YouTube ショート
  • LINE(VOOM)

上記のプラットフォームはアカウントの作成が無料のため、1分程度のショート動画を作成したら併用して投稿しましょう。

1分動画制作の流れ5ステップ

周年記念動画制作の流れは、以下のとおりです。

  1. 企画・イメージの検討
  2. 動画のシナリオや絵コンテの作成
  3. 撮影場所の確保と動画撮影
  4. 動画編集・BGMの挿入
  5. 試写・修正

1. 企画・イメージの検討

1分動画をどのようなテーマで制作をするか、企画・イメージを決めます。企画・イメージは、1回の打ち合わせで決まりません。何度も制作関係者と打ち合わせを重ねて決めていきます。

また、企画内容と同時に以下の内容も決める必要があります。

  • 動画の目的やターゲット
  • 動画制作の予算
  • 動画制作の担当者
  • 全体の制作スケジュール

企画段階で上記の内容を定めておかないと、修正の際に取り返しがつかなくなるため、慎重に打ち合わせをして方針を決定しましょう。

2. 動画のシナリオや絵コンテの作成

企画が完了したら1分動画のシナリオを構成し、絵コンテを作ります。動画の構成はテーマにブレないように一貫性を保ちましょう。シナリオが完成したら、内容をイラストや画像に落とし込んで絵コンテを作ります。

動画のシナリオと絵コンテも企画と同様、何度も担当者と打ち合わせを重ねて決めます。以降の段階で動画のシナリオに関する修正があると、巻き戻るのが困難なため、打ち合わせでしっかり固めておきましょう。

3. 撮影場所の確保と動画撮影

1分動画のシナリオが完成すると、動画撮影を行うフェーズに移行します。自社内以外で撮影する場合は、撮影場所を確保する必要があります。

そのほかにも、以下の準備が必要です。

  • 撮影機材やセットの準備
  • キャストやカメラマンの手配
  • 撮影関係者の宿泊先の確保(※遠征する場合)

撮影フェーズに移行した段階で早めに準備をしておかないと、スケジュールの遅延が起こりやすいため、前倒しの気持ちで準備しましょう。

4. 動画編集・BGMの挿入

撮影した1分動画を視聴者に見やすいように編集し、BGMを挿入します。動画編集では主に以下のような編集作業を行います。

  • 不必要な映像のカット
  • テロップやナレーションの追加
  • モザイク処理
  • 再生速度の変更

上記を繰り返していくことで、動画として形になります。動画の内容によっては効果音やエフェクトも必要になるでしょう。動画が作成できたら、動画のテーマや雰囲気にマッチしたBGMを挿入しましょう。

5. 試写・修正

動画が完成したら、試写を行います。試写で編集に不備がある場合は前の段階に戻って、修正する必要があります。

問題がなければ完成です。

失敗しない1分動画制作のポイント4つ

1分動画制作をするうえで、失敗しないポイントを4つ紹介します。

  • 6W1Hで伝えたい内容を整理する
  • 動画を届けたいターゲット層を明確にする
  • 動画の冒頭の演出にこだわる
  • さまざまな画角から撮った映像をつなぎ合わせる

6W1Hで伝えたい内容を整理する

6W1Hを活用して1分動画の伝えたい内容を整理しましょう。6W1Hとは、下記のことを指します。

Who 誰が
Whom 誰に
When いつ
Where どこで
What 何を
Why なぜ
How どのように

1分動画は時間が短いため、必要な情報を整理して、いらない情報を省く必要があります。その作業に活用できるのが6W1Hです。

上記を動画制作の企画段階で、活用すると自然とまとまりのある動画内容を制作できます。

動画を届けたいターゲット層を明確にする

1分動画を制作する際、動画を届けたいかターゲット層を意識して作成しましょう。ターゲット層によって動画のトーンやスタイル、活用するプラットフォームが変わります。

1分動画を発信する場合は、以下を活用して、明確なターゲットを定めましょう。

  • ターゲットの基本情報(年齢・性別・居住地・家族構成)
  • ターゲットの職業
  • ターゲットの収入
  • ターゲットの悩み・不安
  • ターゲットの情報収集方法(SNSやYouTubeなど)

細かく設定すると、1分動画を届けたいターゲットから訴求ポイントまで整理しやすくなるでしょう。

動画の冒頭の演出にこだわる

1分動画のような短い動画は、冒頭で視聴者を演出で引き付けることが重要です。SNSのショート動画では、冒頭3秒で視聴者の離脱率が高いと動画が伸びないアルゴリズムになっています。

冒頭の演出に効果的な施策は、以下になります。

  • 損失回避のフレーズを入れる(例:○○を続けると危険)
  • 一番インパクトのある映像を冒頭に入れる(例:ステーキをフランベしたときの炎)
  • 冒頭のフレーズ後に自己紹介をして視聴者の興味を引き付ける
  • 流行っているBGMを取り入れる

バズるよりも、視聴者に離脱させないことがショート動画で重要です。

さまざまな画角から撮った映像をつなぎ合わせる

1分動画では、さまざな画角から撮影したカットをつなぎ合わせることが鉄板です。同じ画角だと単調なため、短い時間のなかでも視聴者に窮屈感と退屈感を与えかねません。

さまざまな画角から撮影したカットを、1秒〜2秒間隔でカットを切り替えるとテンポのいい飽きない動画になるでしょう。ただし、カットを多用しすぎると違和感のある動画になるため、バランスを考慮しながら編集しましょう。

1分動画制作をフリーランスに依頼するメリット4つ

1分動画制作をフリーランスに依頼するメリットは、下記の4つです。

  • 制作会社よりも費用を抑えやすい
  • 細かい依頼内容でも依頼しやすい
  • スケジュールの融通が通りやすい
  • コミュニケーションの壁が少ない

制作会社よりも費用を抑えやすい

1分動画制作をフリーランスに依頼するメリットは、動画制作会社に依頼するよりも費用が抑えやすい点です。個人で活動していることが多いため、運営するためのコストが低く、安価で動画制作を依頼できます。

制作会社にPR動画の制作して費用が100万円に対し、フリーランスの場合は10万円で済むといったケースがよくあるでしょう。

フリーランスのなかには、独立前に制作会社で長年経験を積んだスキルのある人材がいます。スキルの高いフリーランスを見つけられれば、費用対効果がかなり高いでしょう。

細かい依頼内容でも依頼しやすい

フリーランスは、細かい依頼内容でも依頼しやすいメリットがあります。たとえば「1分動画制作の音響編集のみをお願いしたい」場合、フリーランスだとスポットでお願いできるケースが多いです。

制作会社だと企画から編集まで一貫して依頼することが多いため、内製化できる部分でも費用がかかる場合が多々あります。自社の状況に応じて依頼しやすいフリーランスだと柔軟に対応してくれることが多いです。

スケジュールの融通が通りやすい

フリーランスは制作会社と異なり、スケジュールの面で融通が効きやすいです。フリーランスは、土日関係なく活動している方も多いため、迅速な対応してくれる可能性が高いです。

ただし、1日の稼働時間が短ったりや平日に休日を設けたりしている方もいます。依頼内容から稼働時間と照らし合わせて、対応可能なフリーランスを探し、依頼を対応してもらえるか相談してみましょう。

コミュニケーションの壁が少ない

フリーランスの方は、制作会社と比較してコミュニケーションの壁が少ない点でメリットです。個人で活動しているため、直接やりとりが可能でしょう。

制作会社の場合でも担当者の方が対応してくれますが、要望によっては上長まで話を通す必要がある場合があります。個人で活動しているフリーランスであれば、ダイレクトに話を通しやすく、動画制作がスムーズに進みやすいでしょう。

コミュニケーションの壁が少ないことで、自社が思い描いている質の高い動画を制作する可能性が向上します。

1分動画制作をフリーランスに依頼するデメリット2つ

1分動画をフリーランスに依頼するデメリットは、以下の2つです。

  • 連絡が途絶えるリスクがある
  • 成果物のクオリティに左右される

連絡が途絶えるリスクがある

1分動画制作をフリーランスに依頼する最大のデメリットは、連絡が途絶えるリスクがあることです。個人で活動しているため、連絡が途絶えてしまうと、代わりの担当者がいなくて動画制作が滞ってしまうためです。

企業ではないため、フリーランスのなかには責任感がない方も一定数存在します。また、病気や冠婚葬祭などの事業で作業が止まってしまうリスクもあるでしょう。

緊急事態でフリーランスに依頼している作業が、ストップしてしまうリスクを事前に考慮して解決策を社内でマニュアル化しておくことが重要です。

成果物のクオリティに左右される

フリーランスによって、成果物のクオリティに左右されることがよくあるでしょう。制作会社のように制作の工程に関して標準化されていないため、フリーランスのスキルレベルによって成果物の出来上がりに大きく差が出やすいです。

特に会社紹介やPR動画、商品・サービスの紹介動画も場合は、動画の質が低いと企業のブランドイメージを大きく下げかねません。依頼内容に応じて、フリーランスのスキルに問題がないか慎重に確認する必要があります。

1分動画制作をするフリーランスの探し方4つ

1分動画制作をするフリーランスの探し方は、主に4つあります。

  • SNS
  • クラウドソーシングサイト
  • 自社のホームページ
  • 求人サイト

SNS

1分動画制作をする際に、フリーランスを探す場合はSNSが有効です。SNSでビジネス用のアカウントを持っているフリーランスの方が、年々増加しているためです。

フリーランスの方がビジネス用として活用していることが多いSNSは、以下のとおりです。

  • X
  • Instagram
  • Facebook

特にXとInstagramはDM機能を積極的に活用しているユーザーが多いため、発注したい依頼内容をDMでコンタクトが取れやすいです。

ただし、返信がこないことも多々あるため「興味があればご返信ください」と依頼内容にワンクッション添えておくといいでしょう。

クラウドソーシングサイト

発注者と受注者をマッチングさせるプラットフォームである、クラウドソーシングサイトはフリーランスの方を探す定番の手段でしょう。

代表的なクラウド―シングサイトは、以下のとおりです。

ランサーズ(Lancers) 日本初のクラウドソーシングサイト。導入企業は60万社以上という高い実績
クラウドワークス(Crowd Works) 登録ユーザー数が約480万人を誇る日本最大級のクラウドソーシングサイト。250種類以上の仕事カテゴリーに対応
ココナラ(coconala) 知識・スキル・経験を売買できるフリマサイト。登録しているワーカーの数が480万人以上

求人サイトのように依頼内容を公開し、受注したい方が応募してくれます。応募者のなかから依頼したいフリーランスの方を選別できるため便利です。

自社のホームページ

自社のホームページがあれば、フリーランスの方向けに1分動画の制作を募集できるでしょう。自社に興味を持った方がホームページに訪れて募集をみてくれるため、依頼するフリーランスの方が見つかりやすいでしょう。

ただし、ホームページから募集する場合は、SEO対策をする必要があります。ホームページで集客できる検索ワードを想定し、上位表示をしないと一向にユーザーが集まりません。

そのため、ある程度自社が認知されている場合ではないと、募集者が見つからない可能性が高いでしょう。

求人サイト

業務委託として、求人サイトに募集をかけることも有効です。以下の求人サイトは、業務委託で求人を募集できます。

Indeed インターネットで公開されているさまざまな求人情報を検索できるサービス。業務委託の求人数は30万件以上
求人ボックス 求人サービスの情報を一括で検索できる求人サイト。絞り込み検索やこだわり条件など操作可能
エンゲージ エン・ジャパン株式会社が運営している求人サイト。単発・短期など、さまざまな条件で絞り込み可能

求人サイトによっては詳細に絞り込みができるため、条件にマッチしたフリーランスを探すために設定をしておきましょう。

1分動画制作を依頼するフリーランスの選び方4つ

1分動画制作を依頼する際、フリーランスの選び方を4つ紹介します。

  • 1分動画で制作したいテーマで実績が豊富か確認する
  • マーケティングの知識があるか探る
  • コミュニケーションが問題なく取れるか確認する
  • 複数のフリーランスから相見積もりをとる

1分動画で制作したいテーマで実績が豊富か確認する

1分動画で制作したいテーマで実績が豊富か、確認しましょう。商品やサービスの紹介動画を制作したい場合、今まで実績がないフリーランスに依頼しても、クオリティの高い動画を得られないでしょう。

フリーランスの方でもジャンルやテーマによって制作の得手不得手があります。制作したいテーマで実績があるか、ホームページやSNSを活用してリサーチしましょう。

マーケティングの知識があるか確認する

マーケティングの知識を持っているか確認しましょう。マーケティングの知識がないと、届けたいターゲットに向けて訴求力のある社員総会動画を制作できません。

1分動画は広告を利用して、自社のブランディングとして発信する場合もあるため、以下に関する広告マーケティングの知識があるか確認しましょう。

CPA 広告から1人の新規顧客を獲得するのにかかった費用
ROAS 広告費に対してどのくらいの売上が発生したかを表す指標
ROI 広告費に対してどのくらいの利益が発生したかを表す指標
LTV サービスを開始し終了までの期間に発生する顧客1人あたりで得られる利益

上記の数値を意識しつつ、想定ユーザーに刺さる動画を試行錯誤して制作するのが重要です。

担当者とコミュニケーションが取りやすいか確認する

フリーランスの方とコミュニケーションが取りやすいかも、1分動画を制作するうえで重要です。コミュニケーションが不足すると、制作に対する認識の齟齬が生じ、自社が求めている動画と違った成果物ができ上ってしまいます。

以下の要素でフリーランスの方に問題がないか確認しましょう。

  • 上から目線がなく物腰が柔らかいか
  • 依頼者の理解レベルにあわせて噛み砕いて説明できるか
  • 進捗報告を定期的に行ってくれるか

自社と相性が良ければ、動画制作を成功する確率が大きく上がります。

複数のフリーランスから相見積もりをとる

1人のフリーランスのみではなく、複数のフリーランスに相見積もりをとりましょう。見積もり項目に違いがほとんどないのに、費用で差が出るケースがよくあります。

3社から4社ほど相見積もりをとるのがおすすめです。

まとめ

本記事では、1分動画制作をフリーランスに依頼する際の費用相場を解説しました。動画制作会社よりも安価に動画制作を依頼できるのがフリーランスのメリットです。フリーランスを選ぶ際は、1分動画で制作したいテーマで実績があるか確認しましょう。

自社にマッチしたフリーランスを見つけるために、3社〜4社ほど相見積もりをとりましょう。いち早く一括で複数のフリーランスに見積もり取りたい方は、ビジネスマッチングサービス「比較ビズ」を活用するのがおすすめです。

2分程度の必要項目の入力が完了し、無料で自社にマッチした動画制作のフリーランスから、一括見積もりサービスが利用できます。ぜひご活用ください。

比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら