洗面台をリフォームする費用とは?リフォームの注意点やタイミングを徹底解説

最終更新日:2024年06月03日
洗面台をリフォームする費用とは?リフォームの注意点やタイミングを徹底解説
この記事で解決できるお悩み
  • 洗面台のリフォームに必要な費用とは?
  • 洗面台をリフォームする際の注意点とは?
  • 洗面台をリフォームするタイミングとは?

洗面台のリフォームに必要な費用の相場は、10万円〜30万円です。洗面台のグレードを高いものにしたり、壁・床の貼り替えまで対応範囲を広げたりするなど、工事の規模によって費用が変動します。

当記事では、洗面台のリフォームを検討している人に向けて、費用の相場や内訳を解説します。洗面台をリフォームする際の注意点やリフォームするタイミングも解説するため、参考にしてください。

記事を読み終わった頃には、洗面台をリフォームする費用がイメージでき、予算を立てられるようになるでしょう。

洗面台リフォームの費用内訳

名称未設定のデザイン

洗面台をリフォームする費用内訳は、以下のとおりです。

  • 本体価格:5万円〜20万円
  • 工事費用:5万円〜
  • 壁紙・床シートの張替え:5万円〜
  • 鏡の曇り止めコーティング:1万円〜2万円
  • 棚の取り付け:3万円〜

洗面台のリフォームは、トイレやお風呂と比較すると工事がシンプルになりやすい特徴があります。他の水まわりと比べて取り外しや取り替えが簡単であり、配管も単純であるため工事期間も短縮できます。

洗面台をリフォームする際の費用相場|10万円〜30万円

洗面台をリフォームする費用相場は、10万円〜30万円です。

洗面台のみを交換する場合と、壁や床もリフォームする場合とで費用に差がでます。洗面台のグレードによっても費用に差が出やすいため、予算と機能を照らしあわせて検討する必要があるでしょう。

洗面台のリフォーム事例を費用相場別に紹介します。

10万円未満のリフォーム事例

洗面台の間口が50cm・60cmのリフォームは、一般的に10万円未満で実施できます。施工工事費用が2万円台、洗面台費用が5〜8万円のケースが多く、工事期間はおよそ1日です。

間口が50cmや60cmの洗面台は、一般的な75cmや90cmよりもコンパクトサイズのため、スペースを有効活用できるでしょう。

10万円〜20万円のリフォーム事例

洗面台の間口が75cmのリフォームは、一般的に10万円〜20万円で実施できます。施工工事費用が2万円台、洗面台費用が10万円前後になるケースが多いです。工事期間は、おおよそ1日です。

間口75cmの洗面台は三面鏡タイプが人気があり、収納スペースが確保できます。

20万円以上リフォーム事例

洗面台の間口が90cmのリフォームは、一般的に20万円以上の費用がかかります。施工工事費用が4万円台、洗面台費用が15万円〜20万円が相場です。

さまざまなパーツを組みあわせて設置するシステムタイプの洗面台も、こだわりに応じて20万円以上のリフォーム費用になるでしょう。オーダーメイドの洗面台や収納棚の拡張は、リフォーム費用が割高になりやすいです。工事期間は、おおよそ1日〜2日です。

洗面台をリフォームする3つの注意点

名称未設定のデザイン (2)

洗面台をリフォームする際の注意点は、以下の3つです。

  1. 生活スタイルにあう洗面台を選ぶ
  2. サイズや給排水管を事前に確認する
  3. 信頼できる業者を選ぶ

デザインや価格だけではなく、生活スタイルにあった洗面台を選びましょう。

1. 生活スタイルにあう洗面台を選ぶ

洗面台は、日常生活の中で1日に数回利用する場所であるため、生活スタイルにあうものを選びましょう。たとえば、洗面台で髪の毛のセットをする機会が多い場合は、幅の広い洗面ボウルやシャワー機能がおすすめです。

洗面台は、お風呂や洗濯機の横に設置されることも多いため、洗剤や石けんなどを入れておく収納がどれくらい必要なのかも考えましょう。

洗面台のカウンターの高さも重要です。子どもがいる家庭では、子どもが乗る台を置くスペースを検討しましょう。

2. サイズや給排水管を事前に確認する

現在利用している、洗面台のサイズをリフォーム会社に相談する前に確認しておきましょう。

洗面台を設置できるスペースを把握しておくと、選定や見積もりがスムーズに進みやすくなります。洗面台の選択によっては既存の給排水管に適合しないことがあるため、見積もり段階で確実に相談できるよう準備が必要です。

3. 信頼できる業者を選ぶ

洗面台のリフォームを依頼する業者は信頼できる業者を選びます。信頼できる業者を見分けるには、これまでの実績を確認しましょう。

見積もりの内訳をていねいに説明してくれる業者も信頼度が高くなります。工事費用が安い理由だけで選択しないように注意が必要です。

洗面台をリフォームするタイミング

ポイント_!

洗面台をリフォームするタイミングは、以下のとおりです。

  • 洗面台のボウルにヒビや水漏れなどの損傷が見つかったとき
  • 洗面台に耐用年数(15年)を超えて利用しているとき
  • 水回りをきれいにして気持ちをリフレッシュしたいとき

リフォームのタイミングを把握しておくと、予算の計画を立てやすくなるでしょう。

洗面台のボウルにヒビや水漏れなどの損傷が見つかったとき

洗面台のボウルにヒビや水漏れなどの損傷が見つかったときにリフォームを検討します。損傷をそのままにしておくとケガの原因になりやすく、洗面台スペースを汚す可能性もあるため注意しましょう。

洗面台に耐用年数(15年)を超えて利用しているとき

洗面台の耐用年数は15年とされています。15年を超えて利用しているときは、リフォームの検討をするタイミングといえます。

耐用年数はあくまで目安にはなりますが、現状の洗面台に問題がないかを確認してみましょう。

水回りをきれいにして気持ちをリフレッシュしたいとき

洗面台をリフォームすると、水回りがきれいになり気持ちがリフレッシュされます。洗面台を変えるとライフスタイルも明るくなりやすいです。

予算との調整にはなりますが、壁紙の変更や床シートを変えることも検討するといいでしょう。

洗面台のリフォーム費用を抑えるコツ3選

洗面台のリフォーム費用を抑える3つのコツを紹介します。

  1. 洗面台本体の費用を抑える
  2. ポイントを活用する
  3. リフォーム補助金を利用する

リフォームの依頼先によって費用が多少上下するため、複数の施工業者で見積もり比較するといいでしょう。

1. 洗面台本体の費用を抑える

洗面台をリフォームする費用の多くを占めているのが、洗面台本体の費用です。

安価な洗面台であっても、今利用している洗面台よりは機能性が高くなっているケースがほとんどです。高額な洗面台に魅力を感じることも多いですが、価格と機能のバランスを検討するようにしましょう。

2. ポイントを活用する

家電量販店やホームセンターのポイントカードを利用すると、結果的にリフォーム費用を抑えられます。

洗面台は高額な買い物になるため、ポイントも付きやすくなり、得たポイントを他の買い物に利用できるでしょう。ポイントが倍になる日を狙うと、よりお得に洗面台リフォームを実現できます。

3. リフォーム補助金を利用する

洗面台のリフォームは、条件があえば以下の補助金が利用できます。

  補助金額 条件
介護保険制度 リフォーム費用最大20万円のうち、所得に応じて7〜9割を補助 ・要介護認定されている介護保険の被保険者
・対象住宅が被保険者の住所と一致している
・福祉施設や病院に入っていない
リフォーム減税制度 ・リフォーム費用を一括で支払った場合:リフォーム内容により最大20〜50万円の所得税控除
・リフォーム費用としてローンを借りた場合:リフォーム内容により5年間で最大62.5万円の所得控除
・長期優良住宅化、同居対応やバリアフリー改修目的であること
・リフォーム工事を行った翌年の3月15日までに税務署へ確定申告提出
各地方自治体のリフォーム補助金 地域による 地域による

自治体の補助金は、住んでいる地域によって違うため自治体のホームページや問い合わせをして確認しましょう。

まとめ

洗面台のリフォーム相場は10万円〜30万円ですが、素材や機能にこだわったり、床や壁も手を入れると割高になりやすいです。生活スタイルにあう洗面台を選び、信頼できる施工業者にリフォームを依頼しましょう。

「比較ビズ」では、洗面台をリフォームする業者を簡単に探すことができ、比較して相談できます。洗面台のリフォームを検討してる人は、ぜひ利用してください。

比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら