浴室の暖房機は後付けできる?暖房機を設置する費用や3つのメリットを解説

最終更新日:2024年06月11日
浴室の暖房機は後付けできる?暖房機を設置する費用や3つのメリットを解説
この記事で解決できるお悩み
  • 暖房機を後付けできる浴室のタイプとは?
  • 浴室に暖房機を後付けする費用とは?
  • 浴室に暖房機を設置するメリットとは?

冬場になると浴室が寒くなるため、暖房機を設置したいと考える人もいるでしょう。浴室のタイプによっては、大がかりなリフォームをせずに後付けで暖房機の設置が可能です。

当記事では、浴室に暖房機を後付けしたい人に向けて、暖房機を設置できる浴室のタイプと費用相場を解説します。暖房機を設置するメリットも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

記事を読み終わった頃には、暖房機を後付けする予算感がイメージできるようになるでしょう。

浴室の暖房機は後付けできる

お風呂

浴室の天井部分に換気扇があれば、後付けで暖房機が設置可能です。浴室に換気扇があると、電気配線と換気ダクトがすでに備わっているため簡単な工事で暖房機を取り付けられます。

換気扇がついている位置も重要になるため、リフォーム会社に後付け可能かどうか・費用はどれくらいかを確認しましょう。

暖房機の後付けが難しい浴室

名称未設定のデザイン (3)

浴室のタイプによっては、暖房機の後付けが難しい場合があります。暖房機の後付けが難しくなる条件を以下のとおり解説します。

  • 浴室に換気扇や排気口がない
  • 換気扇と照明器具の位置が近い|天井型暖房機
  • 天井と窓の間にスペースがない|壁面型暖房機

浴室に換気扇や排気口がない

後付けする暖房機は、浴室にある既存の換気扇や排気口の位置に設置する方法が一般的です。換気扇や排気口のない浴室では、暖房機の後付けが難しくなります。

浴室に換気扇や排気口がない場合は、壁に新たに穴を開け、電気配線や換気ダクトを設置する必要があります。換気扇や排気口がある場合と比較して工事費用が割高になるため、リフォーム会社から見積を取得して検討しましょう。

換気扇と照明器具の位置が近い|天井型暖房機

天井型の暖房機を後付けする場合、換気扇と照明器具の位置が近いと設置が難しくなります。暖房機の熱によって照明器具が溶けたり発火したりするおそれがあるためです。

配線工事で対応可能ですが、工事費用が別途必要になる点に注意しましょう。

天井と窓の間にスペースがない|壁面型暖房機

壁面型の暖房機は、壁にある排気口の位置に後付けできます。窓と天井の間にスペースがないと暖房機を設置する場所が確保できない可能性があります。

天井と窓の間にスペースがない場合は、リフォーム会社に暖房機の設置場所を相談してみましょう。

浴室に暖房機を設置する3つのメリット

浴室に暖房機を設置するメリットは、以下の3つです。

  1. 浴室が温かい状態で入浴できる
  2. ヒートショックを防止できる
  3. 浴室で衣類乾燥ができる

暖房機は浴室を温めるだけではなく、衣類乾燥できるメリットがあります。

1. 浴室が温かい状態で入浴できる

お風呂に入る前に浴室の暖房機を稼働させておくと、浴室が温かい状態で入浴できます。

億劫になりやすい冬場の入浴時間を快適に過ごすことができるでしょう。湯上りに体が冷えない点もメリットです。

2. ヒートショックを防止できる

ヒートショックは、急激な温度変化によって引き起こされる症状で、脳卒中や心筋梗塞が発生するリスクがあります。

浴室に暖房機を設置すると、寒い洗い場を温めて浴槽との温度差を縮小でき、ヒートショックの予防につながります。温度差を感じやすい冬の浴室はヒートショックのリスクが高まる場所であるため、暖房機を設置するメリットは大きいといえるでしょう。

3. 浴室で衣類乾燥ができる

浴室の暖房機の多くは衣類乾燥機能が備わっており、雨の日や寒い日に浴室で洗濯物を乾かせる点がメリットです。花粉症に悩んでいる方も、浴室で衣服を乾かすことで症状を抑えることにつながるでしょう。

暖房機の乾燥機能を利用する際には、浴室が乾いた状態で利用すると効果を得やすいです。浴室が乾いた状態を維持できると、カビの発生を抑えられるメリットもあります。

浴室に暖房機を後付けする費用相場

電卓!

浴室に後付けで暖房機を取り付けるときの費用相場は、電気式とガス温水式によって違い、電気式の方が割安になっています。

費用相場は以下のとおりです。

  電気式 ガス式
本体 本体市場価格 7万円〜15万円 12万円〜20万円
設置費用 取付工事費 3万円〜4万円 約5万円
追加工事費 約2万円 約2万円
諸費用 見積・出張費 約1万円 約1万円

浴室の暖房機には、工事が不要の防水仕置き型暖房機も存在します。

浴室暖房機の電気代の目安

浴室暖房機の電気代の目安は、以下のとおりです。

  消費電力 電気代(1時間運転)
24時間換気 11W 約0.3円
標準換気 17W 約0.5円
弱暖房 1180W 約32円
強暖房 1250W 約34円
標準乾燥 1190W 約32円

電気料金は、電気機器の料金を算出するときの目安として使われている「27円/kWh」で計算しています。1日3時間の利用では、1カ月で3,000円ほどの電気料金になるでしょう。

浴室暖房機の選び方

浴室暖房機の選び方は、以下のとおりです。

  • 設置方法で選ぶ
  • 熱源で選ぶ
  • 生活スタイルで選ぶ

家族と相談をして、生活スタイルで選ぶことが重要になるでしょう。

設置方法で選ぶ

浴室の暖房機を設置する方法は、天井設置型と壁掛け型の2つの方法があります。

天井型は、浴室天井に機器を埋め込んで設置する主流のタイプですが、換気扇が設置されていない場合は設置が難しいです。換気扇が天井にある場合には、天井型の方が設置後も浴室がすっきりするでしょう。

壁面型は、換気扇や通気口が壁に設置されており、十分なスペースが空いていなければなりません。工事が大がかりになりにくく、在来工法の浴室でも設置しやすい点がメリットです。

熱源で選ぶ

浴室の暖房機は、電気式とガス式があります。電気式は、暖房機を設置する工事が簡単なため費用を抑えやすい点がメリットです。

ガス式は、ガスや灯油を使って湯を沸かすことで温風を発生させる方式です。高い暖房能力を発揮しますが、専用の給湯器が必要なことから電気式よりも割高になります。

生活スタイルで選ぶ

家族構成や生活スタイルによって浴室暖房機を選ぶ方法です。たとえば、家族に花粉症の人がいるのであれば浴室乾燥機能が整っている暖房機を選びましょう。

高齢者の方と住んでいる場合は、暖房スピードが早いことが求められます。機能だけではなく、生活スタイルで選ぶことで浴室暖房機に求める機能が明確になるでしょう。

まとめ

浴室に暖房機を後付けする際、換気扇があれば電気配線と換気ダクトがすでに備わっており、取り付けが可能です。換気扇がない場合や設置場所が特殊な場合は工事が難しくなり、費用も増加する点に注意しましょう。

「比較ビズ」では、浴室の暖房機を後付けできるリフォーム業者を簡単に探すことができ、比較して相談できます。浴室のリフォームを検討してる人は、ぜひ利用してください。

比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら