金属サイディングの費用はどのくらい?メリットやコストを抑える方法を解説!

最終更新日:2023年12月22日
リフォーム相談室〜札幌版
監修者
代表 弘中純一
金属サイディングの費用はどのくらい?メリットやコストを抑える方法を解説!
この記事で解決できるお悩み
  • 金属サイディングにはどのくらいの費用がかかるの?
  • 金属サイディングを低コストで使用する方法は?
  • 金属サイディングを使うメリットは何?

金属サイディングで外壁工事をする際に、「どのくらいの費用がかかるの?」「メリットはあるの?」とお考えの方必見!金属サイディングはデザイン性が高く人気の外壁材ですが、素材によっては高コストになることがあります。

本記事では、金属サイディングの種類別費用相場について解説します。記事を読み終わる頃には、金属サイディングの費用相場を把握し、必要に応じてメーカー選定もできるでしょう。

金属サイディングの費用を抑えるポイントや、使用するメリット・デメリットについても紹介するため、これから外壁工事をする方はぜひ参考にしてください。

外壁塗装・外装工事の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの建設・建築会社がいいかわからない
  • 工事内容と費用のバランスが不明
  • どの建設・建築会社が適しているかわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の建設・建築会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

外装工事に対応できる業者を一覧から探す

金属サイディングの費用相場【種類別】

名称未設定のデザイン (17)

金属サイディングは、金属板と断熱材を組み合わせて製造したサイディング材の一種。金属サイディングの種類別費用相場は以下のとおりです。

  1屬△燭蠅糧駘兪蠑
ガルバリウム鋼板サイディング 7,000円〜1万1,000円
ステンレス鋼板サイディング 1万2,000円〜1万8,000円
アルミサイディング 1万円〜1万5,000円

1. ガルバリウム鋼板サイディングは7,000円〜1万1,000円/

ガルバリウム鋼板サイディングの費用相場は、1屬△燭7,000円から1万1,000円前後です。ガルバリウム鋼板は主にアルミニウムと亜鉛から成る合金メッキ鋼板です。耐久性に優れ、比較的安価で幅広い用途に使用できる特徴があります。

サビに非常に強く、熱反射率に優れており、外壁の表面温度や室内温度の上昇を抑制する効果もあります。素材が軽量で家の耐震性に寄与するのもメリットといえます。

メンテナンス費用がやや高いこと、見た目がトタンに似ているので好き嫌いが分かれる点がデメリットです。

2. ステンレス鋼板サイディングは1万2,000円〜1万8,000円/

ステンレス鋼板サイディングの費用相場は、1屬△燭1万2,000円から1万8,000円前後です。ステンレス鋼板サイディングは、非常に優れた耐食性を持ち、サビが発生しにくいのが大きな特徴です。加工しやすく、複雑な形の外壁にも対応しやすいのがメリットです。

ガルバリウム鋼板と比較するとやや高価な材質ですが、耐久性やランニングコストを考えるとステンレス鋼板サイディングの方がコストを抑えられる可能性があります。

一般的にはステンレス鋼板サイディングに塗装が施された塗装ステンレス鋼板サイディングが用いられます。

3. アルミサイディングは1万円〜1万5,000円/

アルミサイディングの費用相場は、1屬△燭1万円〜1万5,000円です。アルミサイディングの大きな特徴は軽さです。

人気の高い窯業系サイディングと比べると重さは約8分の1、ガルバリウム鋼板と比較しても約4分の1になります。外壁を2枚重ねるカバー工法に向いている外壁材といえるでしょう。

アルミサイディングを使えば、地震に伴う外壁の変形にも柔軟に対応するため、ひび割れの発生を防げるメリットもあります。デザイン性が高い点も魅力的です。大きな衝撃や温度変化に弱いのがデメリットといえます。

【メーカー別】金属サイディングの料金体系例

金属サイディングの料金体系例を、メーカ別に紹介します。

ニチハ「センターサイディング」の料金体系例

ニチハ「センターサイディング」の画像

参照:ニチハ株式会社

シリーズ 1屬△燭蠅糧駘兪蠑
メタリアル 9,400円
メタルガード光シリーズ 9,400円
iシリーズ 9,420円
プレミアムシリーズ 6,550円〜8,970円
モノカラーシリーズ 6,030円〜8,330円
ベーシックシリーズ 5,150円〜5,390円
両面鋼板パネル 5,150円〜5,390円

アイジー工業「アイジーサイディング」の料金体系例

アイジー工業「アイジーサイディング」の画像

参照:アイジー工業株式会社

シリーズ 1屬△燭蠅糧駘兪蠑
シンプルモダンシリーズ 7,200円〜8,800円
ナチュラルシリーズ 6,700円〜10,000円
ベーシックシリーズ 5,700円〜6,300円

ケイミュー「はる・一番」の料金体系例

ケイミュー「はる・一番」の画像

参照:ケイミュー株式会社

シリーズ 1屬△燭蠅糧駘兪蠑
アニューシリーズ 8,811円〜9,471円
デザインシリーズ 7,117円〜8,261円
シンプルシリーズ 7,117円〜8,976円
遮熱・高耐候ポリエステル塗装 6,996円〜8,976円

YKK AP「アルカベール」の料金体系例

YKK AP「アルカベール」の画像

参照:YKK AP株式会社

シリーズ 1屬△燭蠅糧駘兪蠑
モダンシリーズ 8,700円
木目柄シリーズ 11,900円
深絞りシリーズ 7,300円〜12,100円
スタンダードシリーズ 6,000円

旭トステム「Danサイディング」の料金体系例

旭トステム「Danサイディング」の画像

参照:旭トステム外装株式会社

シリーズ 1屬△燭蠅糧駘兪蠑
スチール 深絞り 6,010円〜9,507円
スチール ニュースタンダード 6,845円〜10,685円
スチール スタンダード 5,550円
アルミ スタンダード 7,778円

金属サイディングのリフォーム費用相場

金属サイデイングをカバー工法でリフォームした際の費用相場を、以下にまとめました。

※外壁170屬両豺腓鯀枋

  費用相場
ガルバリウム鋼板サイディング 190万円〜220万円
ステンレス鋼板サイディング 200万円〜300万円
アルミサイディング 200万円〜240万円

3種類とも費用相場の40%〜70%が工事費用、5%〜15%が諸経費になります。

金属サイディングの費用を抑えるポイント5つ

名称未設定のデザイン (18)

金属サイディングを使用する際に費用を抑えるポイントは以下の5つです。

  1. 自宅にあった工法を採用する
  2. こまめに手入れする
  3. 定期的に塗装する
  4. 耐久性に優れた塗料を使う
  5. 気候が穏やかなときに工事を行う

1. 自宅にあった工法を採用する

金属サイディングの費用を抑えるポイントの1つは、自宅に合った工法を採用する点です。金属サイディングの工法は以下の2つです。

  概要 費用相場
カバー工法 外壁材の劣化があまり進んでいないときに採用される工法。短い工期で施工可能 130〜220万円
張り替え 外壁材がダメージを受けているときに採用される工法。カバー工法よりも費用は高額 150〜300万円

それぞれの工法のメリットとデメリットは以下のとおりです。

  メリット デメリット
カバー工法 ・工事費用が安い
・工期が短い
・防音性や断熱材が高い
・外壁材の劣化がひどい場合は不可
・断熱材や間柱などの劣化がひどい場合は費用が割高になる
・耐震性は低下する
張り替え ・破損の心配がなくなる
・内部腐食や倒壊を避けられる
・以前と異なるデザインでイメージチェンジができる
・外壁材の軽量化で耐震性が上がる可能性がある
・工事費用が高い
・既存の外壁材にアスベストが含まれていた場合割高になる
・モルタルやコンクリートへの張り替えは不可

カバー工法の方が施工費用は安いものの、外壁材がダメージを受けている場合には張り替え工法を選んだ方がトータルコストを抑えられます。外壁材の状態を見て、最適な工法を選ぶのがコストを抑えるポイントです。

2. こまめに手入れする

金属サイディングは、こまめにメンテナンスすることで費用を抑えられます。金属サイディングの耐久年数は30〜40年と長いですが、定期的に洗浄することで機能を維持できます。

金属サイディングの寿命を長く保つためには、半年に1度、外壁に溜まった汚れを落としましょう。

金属サイディングを洗浄する際は、ホースで水をかけ、濡れた雑巾で拭いて汚れを落とすことが重要です。高圧洗浄機は威力が強すぎ、金属サイディングにダメージを与えてしまうので使用を避けましょう。

海の近くでは、外壁材に付着した塩分を落とすため、月に1度は清掃が必要です。

3. 定期的に塗装する

金属サイディングでは、定期的なメンテナンスに加えて塗装することも重要です。直射日光・雨・砂塵により、外壁材の塗装は少しずつ剥がれていきます。金属サイディングはサビに弱いので、定期的に塗装することで劣化を防ぎ、トータルコストを抑えられるのです。

塗装のタイミングは、10年ごとが一つの目安です。10年経過していなくても、次のような症状が表れたらできるだけ早く塗装を検討しましょう。

  • 外壁材の変色
  • カビやコケの発生
  • チョーキング
  • ひび割れ
  • 塗膜剥がれ
  • コーキング材の劣化・剥がれ

4. 耐久性に優れた塗料を使う

金属サイディングを長持ちさせ、費用を抑えるためには、耐久性に優れた塗料を使うのもポイントです。塗料にはさまざまな種類があり、価格や耐久性が異なります。

安い塗料を使っても塗装できますが、耐久性を考慮して高い塗料を使い、塗装回数を減らすのも賢い方法です。

各種塗料の特徴と1屬△燭蠅糧駘兪蠑譴楼焚爾里箸りです。

  特徴 耐用年数 目安価格
アクリル ・最も低コストな塗料
・耐久性や防汚性が低い
・使用頻度は低い
6年〜8年 1,500円〜
ウレタン ・優れた密着性
・複雑な形状にも対応可能
・独特の光沢感
・使用頻度は低い
8年〜10年 1,950円〜
シリコン ・耐久性、防水性、防汚性に優れる
・結露の発生を阻止できる
・金属サイディングと好相性
・優れたコストパフォーマンス
10年〜15年 2,300円〜
ラジカル ・コストパフォーマンスに優れて最も人気
・塗膜の劣化や変色を阻止
・チョーキングの発生を抑制
・金属サイディングと好相性
12年〜16年 2,400円〜
フッ素 ・あらゆる気候に対応
・防汚性に優れる
・酸性雨や紫外線にも強い
・ランニングコストを削減
・初期費用は高額
15年〜20年 4,300円〜
無機塗料 ・優れた防汚性
・チョーキングや変色を抑制
・配合する塗料によって耐久性は変動
・初期費用はやや高額
25年〜30年 5,300円〜

5. 気候が穏やかなときに工事を行う

金属サイディングの施工費用を抑えるためには、気候が比較的穏やかな時期に工事を行う必要があります。適切な時期に施工すれば、短い工期で遅延もなく、費用が抑えられるでしょう。

とくに金属サイディングの施工に適しているのが春と秋です。気候が安定しており工期の遅延が少ないことに加え、職人が働きやすいメリットもあります。夏は塗料の乾きは早いものの台風による工期の遅延が懸念されることを覚えておきましょう。

金属サイディングを使うメリット5つ

名称未設定のデザイン (19)

金属サイディングは、高い人気を誇る外壁材で、使用には多くのメリットがあります。金属サイディングのメリットは主に以下の5つです。

  1. 素材が軽い
  2. 外観を美しく仕上げられる
  3. 凍害に強い
  4. 防音性が高い
  5. 割れや欠けに強い

1. 素材が軽い

金属サイディングを使用する大きなメリットは、素材が軽いことです。他の人気外壁材である窯業系サイディングと比較しても約4分の1以下と軽く、家の柱や梁への負担を減らす効果があります。

金属サイディングは素材が軽いため、施工しやすい点もメリットです。他の外壁材よりも工期が短くて済むため、施工費用や人件費を削減できます。コストパフォーマンスに優れている点も、金属サイディングが人気を集める理由です。

2. 外観を美しく仕上げられる

金属サイディングは、デザイン性に優れているため高い人気を誇ります。以前の金属サイディングは、シンプルであるもののややデザイン性に欠けるデメリットがありました。

現在では技術の進歩によりデザインが多彩になり、さまざまな色合いのサイディングが作られています。金属サイディングはシンプルでありながらも飽きのこないデザイン、スタイリッシュな外観に仕上げられるのが特徴です。

3. 凍害に強い

金属サイディングの大きなメリットといえるのが、凍害への強さです。金属サイディングは水分が内部に浸透することがないので、凍害を防げます。

窯業系サイディングの場合、水分が内部に侵入して凍結、膨張することによりクラックが発生し外壁材が劣化してしまうのが難点です。金属サイディングは凍害に強い素材として知られているため、寒冷地ではよく用いられます。

4. 防音性が高い

金属サイディングは、防音性が高いのも特徴の1つです。たとえば、あるメーカーが販売している18mmの金属サイディングは、80dBの騒音を28dBまで抑えることが可能です。

金属サイディングをカバー工法で施工する場合には、古い外壁の上にサイディングを重ねて貼るため、防音効果がさらに高まります。断熱材を使用して施工すれば、防音効果とともに断熱効果も得られるでしょう。

5. 割れや欠けに強い

金属サイディングは、ひび割れしにくく、欠けにくいメリットがあります。地震や台風などによって強い力が加わっても、割れたり欠けたりするリスクを最小限に抑えられます。

割れや欠けに強い金属サイディングは、地震が発生した際に外壁を守る助けになる点もメリットです。通常であれば外壁が崩れてしまうような揺れでも、金属サイディングを使用していれば崩れにくくなります。

金属サイディングを使うデメリット3つ

名称未設定のデザイン (20)

金属サイディングには魅力的な点が多いですが、デメリットもあります。金属サイディングを使う主なデメリットは以下の3つです。

  1. サビに弱い
  2. 衝撃に弱い
  3. デザインの好みが分かれる

1. サビに弱い

金属サイディング最大のデメリットは、サビに弱い点です。金属は水分に弱く、メンテナンスせずに長年放置しているとサビが発生し劣化していきます。海の近くでは、塩分を含んだ水が付着することが多く劣化が進みやすいでしょう。

サビを防ぐためには、耐食性の高い外壁材を使うのが効果的です。ガルバリウム鋼板は金属サイディングの中では耐食性の高い材質です。金属サイディングの耐久性を高めるために、定期的に塗装する方法もあります。

2. 衝撃に弱い

金属サイディングは割れや欠けに強いですが、衝撃を受けるとへこみやすい点はデメリットです。

鋭利なものや先のとがったもので引っかかれると目立つ傷がついてしまうのも難点です。強風には耐えられるものの、飛ばされてきた石があたって傷ついてしまうことはあります。

金属サイディングはやや価格が高いため、傷ついてしまった場合に修理のコストがかかってしまうので注意が必要です。定期的にメンテナンス・塗装をして、美しい状態を保ちましょう。

3. デザインの好みが分かれる

金属サイディングはデザインの好みが分かれる点もデメリットといえます。金属サイディングのデザインはスタイリッシュなものが多く、美しいものの無機質な印象を与えることもあります。窯業系サイディングのような温かみを求めている方はやや物足りないでしょう。

以前は金属サイディングのデザインは非常に限られていましたが、現在では技術の進歩により色やデザインが多様化しています。金属サイディングを選ぶ場合には、できるだけ多くのデザインを見て、気に入ったものを選ぶことが重要です。

金属サイディングの業者選びのポイント2つ

金属サイディングの施工では、業者選びも重要なプロセスとなります。業者選びのポイントは以下の2つです。

  1. 相見積もりを取る
  2. 自社施工している業者を選ぶ

1. 相見積もりを取る

金属サイディングの施工業者を選ぶ際には、相見積もりを取ることが必須です。相見積もりとは、3社もしくは4社から見積もりを取って費用の相場を比較することです。

金属サイディングの施工には、材料費のほかに施工費、人件費、諸経費などがかかります。安い材料を使っても、人件費や諸経費が多ければ工事全体の費用が上がってしまうのです。

相見積もりによって、材料費以外にどんな費用がかかるのか確認でき、信頼できる業者を見極められるでしょう。

2. 自社施工している業者を選ぶ

金属サイディングの施工を依頼する際には、自社施工している業者を選ぶことも重要です。注文を受けて下請けに業務を回している業者の場合、仲介手数料がかかるため費用が高額になる傾向があります。

自社施工していない業者の場合、下請け業者とのコミュニケーションがうまくいかず施工ミスや工期遅延が発生する恐れもあります。見積もりの段階で、自社施工しているのか、どの程度の工期になるのか、職人はどれほどいるのか確認しておきましょう。

おすすめの金属サイディングメーカー

名称未設定のデザイン (21)

比較ビズがおすすめする、金属サイディング取り扱いメーカーを紹介します。

泉龍工業株式会社

泉龍工業株式会社

参照元:泉龍工業株式会社

  • 地域密着型のサイディング施工会社
  • 豊富な実績にもとづく質の高い工事
  • 防水性・通気性・断熱性能のバランス

泉龍工業株式会社は、サイディングを中心に外壁工事を行っている地域密着型の施工会社です。防水性や通気性・断熱性能をしっかりと確保するためバランスのとれた施工にこだわっており、豊富な経験をバックとした工事の仕上がりには自信をもっています。また顧客とのコミュニケーションを重視しており、様々な選択肢を示した中から最適な解決方法を選んでもらうための提案を行っています。

企業情報

住所:千葉県 千葉市稲毛区長沼原町324-20

株式会社ハウスビューティー

株式会社ハウスビューティー

参照元:株式会社ハウスビューティー

  • 17,000件上の実績にもとづく問題解決のサポート
  • 特徴を活かす金属サイディングの使用
  • 低価格かつ高品質な外壁工事

株式会社ハウスビューティーでは外壁リフォームや耐震工事を中心に17,000件以上の施工実績を誇り、顧客の「住まいに関する悩み」の解決をサポートしています。自社独自の外壁素材も扱う中金属サイディングにも対応しており、金属サイディングに用いられる様々な素材が高い遮音性能や断熱性能などを実現させています。またそれぞれの住宅事情にあった工事を、低価格かつ高品質で行うことに努めています。

企業情報

住所:神奈川県 横浜市青葉区美しが丘2-40-15

昭和ルーフリモ株式会社

昭和ルーフリモ株式会社

参照元:昭和ルーフリモ株式会社

  • 10,000棟を超える金属屋根・外壁の実績
  • より付加価値の高い金属サイディングへの対応
  • 住まい手に対する心配のない生活の提供

昭和ルーフリモ株式会社は「こころの雨模様もあかるくする工事会社」として外壁塗装や金属屋根の工事を手がけており、その実績は10,000棟を超えています。もちろん金属サイディングにも対応しており、外壁塗装よりも付加価値の高い工事を心がけています。またこれまでの実績や技術を活かし、他のリフォーム会社や工務店のサポートも担うことで、住まい手の心配をなくす生活を提供したいと考えています。

企業情報

住所:東京都 杉並区高円寺北 2-13-3

ケイミュー株式会社

ケイミュー株式会社

参照元:ケイミュー株式会社

  • 材料ロスの低減に尽力
  • 国土交通大臣認定の不燃材料
  • 幅広い防耐火構造認定を取得

ケイミューは、金属サイディング「はる・一番」を使用しています。本体の長さ10尺品のラインナップや梱包未満出荷(バラ出荷)に対応することにより、材料ロスを低減します。「はる・一番」遮熱性フッ素焼付塗装品は国土交通大臣認定の不燃材料で、鉄骨造で準不燃材料や不燃材料を要求される場合等にも対応可能です。様々な建物の仕様に対応できるよう幅広い防耐火構造認定を取得しており、全商品がどの防耐火構造認定でもお使いいただくことが可能です。

企業情報

住所:大阪府 大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー13F

ニチハ株式会社

ニチハ株式会社

参照元:ニチハ株式会社

  • 独自の成型技術で圧倒的な質感を演出
  • 鉄骨造防耐火構造認定に対応
  • 特注長さ対応品なら中間水切が不要

ニチハ株式会社は、軽量設計で多彩なデザイン、幅広いグレードを揃えた「センターサイディング」を使用しています。ニチハ独自の成型技術が多様な表情を創り出し、圧倒的な質感を演出。深い造形や繊細なパターンによる陰影感や、金属でありながら石や木や塗り壁などのナチュラルな素材をリアルに表現する素材感が強みです。鉄骨造防耐火構造認定に対応しています。特注長さ対応品なら中間水切が不要になり、接合部に継ぎ目が無い一体感のあるこだわりの意匠を実現します。

企業情報

住所:愛知県 名古屋市中区錦2-18-19 三井住友銀行名古屋ビル

旭トステム外装株式会社

旭トステム外装株式会社

参照元:旭トステム外装株式会社

  • 柄の深さと先進の塗装技術でリアルなデザインを表現
  • 独自の塗料で優れた耐久性を実現
  • 金属サイディング業界初の「塗膜の変色・褪色15年保証」に対応

旭トステム外装株式会社の金属サイディングは塗装が強みです。柄の深さと先進の塗装技術により、よりリアルなデザインを表現しています。独自開発した塗料で色あせなどの進行を遅らせる優れた耐候性も実現。金属サイディング業界初の「塗膜の変色・褪色15年保証」に対応しています。アクリルシリコンベースに調合を重ねて開発した水系の塗料「セルクリンコート」も耐候性に優れ「塗膜の変色・褪色10年保証」に対応しています。

企業情報

住所:東京都 江東区大島2-1-1

YKK AP株式会社

YKK AP株式会社

参照元:YKK AP株式会社

  • 長年培ってきた様々な実績
  • 耐久性が強く経年変化が極めて少ない鋼板外装材を使用
  • フッ素塗装品は塗膜10年保証付き

YKK AP株式会社は、1957年から続く長い歴史と数々の実績を誇る会社です。軽量で耐久性が強く、経年変化が極めて少ない鋼板外装材「アイアンベール」を使用しています。窯業系外装材と比べて軽く建物に重量負担がかかりにくいため、万一の地震にも建物倒壊の可能性を軽減。充填されたきめ細かい発泡樹脂が極めて高い断熱性能を発揮し、すぐれた省エネ効果が得られます。赤錆の発生に対する保証を実施しており、フッ素塗装品は塗膜10年保証付きです。

企業情報

住所:東京都 千代田区神田和泉町1-1-1

アイジー工業株式会社

アイジー工業株式会社

参照元:アイジー工業株式会社

  • 「採用したい建材・設備メーカーランキング2021」8年連続で1位を受賞
  • 金属板と断熱材をひとつにした独自のサンドイッチ構造
  • デザインと機能にこだわった商品が豊富

アイジー工業株式会社は、「採用したい建材・設備メーカーランキング2021」8年連続で1位を受賞している会社です。「アイジーサイディング」は軽量で断熱性が高く、意匠性と機能性を高いレベルで両立させた外壁材で、カラー鋼板に発泡樹脂断熱材を裏打ちするという発想から生まれた独自のサンドイッチ構造は、創業以来高い評価を受けています。 デザインと機能にこだわった商品が豊富で、建物のデザインや用途に合わせて新築にもリフォームにも幅広くお使いいただけます。

企業情報

住所:山形県 東根市蟹沢上縄目1816-12

金属サイディングの費用まとめ

金属サイディングの費用は、材質によって1屬△燭7,000円から1万8,000円前後です。窯業系サイディングと比較して軽量で割れに強く、凍害を避けるうえでも効果的といったメリットがあります。

相見積もりや自社施工かどうかの確認により、できるだけ施工費用を抑えるようにしましょう。

比較ビズでは、金属サイディングの施工に強い建設・建築会社を比較しながら見つけられます。2分程度情報を入力すれば、該当する数多くの業者を全国各地から探せるのでとても便利です。

これから金属サイディングの施工を依頼しようと思っている方は、一度比較ビズを利用してみてください。

監修者の一言

金属サイディングは窯業系サイディングの弱点を無くしたもので、たいへん多く使用されるようになりました。デザイン的にも優れたものが多く、住宅だけではなくオフィス建築にも多用されるなど外装材としての魅力は大きくなっています。

新築時はもちろん外壁リフォーム時にも検討したい金属サイディングですが、工事費用は施工する会社により異なります。工事の依頼は複数の会社から見積もりをもらい比較検討するのが鉄則です。

窯業系サイディングの上に重ね張りをする場合は、既存外壁面の劣化状態をよく確認することが重要です。もし凍害などの劣化が生じている場合、通気層の不備が原因の場合もあります。その場合には通気層の改善方法も考慮する必要があり、信頼のおける施工会社に依頼することが大切です。

リフォーム相談室〜札幌版
代表 弘中純一
監修者

宅建取引士、一級建築士として住宅の仕事に従事し30年以上。住宅の設計から新築工事・リフォームそして売買まで、あらゆる分野での経験を活かし、現在は住まいのコンサルタントとして活動している。最近では投資物件の内覧同行なども対応。さまざまな情報が多い不動産業界にて、顧客の立場に寄り添い正しい情報発信を努めている。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
外壁塗装・外装工事の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの建設・建築会社がいいかわからない
  • 工事内容と費用のバランスが不明
  • どの建設・建築会社が適しているかわからない

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の建設・建築会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

外装工事に対応できる業者を一覧から探す