名刺デザインの依頼費用は?おすすめの依頼先や安く済ませる方法も解説

最終更新日:2023年05月26日
株式会社ウイングフォーム
監修者
代表取締役 伊藤友也
名刺デザインの依頼費用は?おすすめの依頼先や安く済ませる方法も解説
この記事で解決できるお悩み
  • 名刺デザインを外注したら費用・料金相場はいくら?
  • 名刺デザインはどこに依頼すればいい?
  • 名刺デザインの料金をなるべく安く済ませるためにはどうしたらいい?

「相手の印象に残るオリジナル名刺を作りたい」と考えている企業・店舗の方は多いはずです。

名刺は取引先・顧客とのファーストコンタクトを左右する重要なビジネスツールです。ほかとの区別がつかない名刺では、肝心なときに自社・自店舗を思い出してもらえない場合があります。

名刺デザインをオリジナルにしようとしても、どこに依頼すればいいのか?料金相場はどのくらいなのか?わからない方も多いでしょう。

本記事では、名刺デザインの大まかな料金相場を紹介するとともに、作成費用の内訳・変動する要因、依頼すべき外注先など、名刺作成の基本を解説します。名刺デザイン外注時に注意しておくべきポイントも紹介します。

名刺デザインの依頼でお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 自社の規模の場合の費用がしりたい
  • とにかく安く依頼したい
  • デザインから印刷まで依頼したい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の業者に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

名刺・カード印刷に対応できる業者を一覧から探す

名刺制作の費用内訳

pixta_31404475_M

名刺制作にかかる費用の内訳は、大きく「名刺デザインの料金」+「名刺印刷の料金」です。具体的には以下のとおりです。

  • 名刺デザインの料金

    名刺で伝える情報を整理・レイアウトして印刷用の原稿を制作する料金のことを指します。制作費全体の大きな割合を「名刺デザインの料金」が占めることになる場合が一般的であり、さまざまな要因によって相場が大きく異なるのも特徴です。

  • 名刺印刷の料金

    入稿された原稿をもとに名刺を大量印刷する料金のことを指します。100枚単位になることが多い名刺印刷の料金は安価です。

    もちろん、片面印刷・両面印刷・サイズ・用紙・加工など、条件によって相場は異なりますが、印刷会社によって料金が大きく変動することもありません。

名刺が足りなくなれば追加で印刷料金が必要になるものの、新たな名刺を作る際に相場を知っておくべきなのは名刺デザイン料金だといえるでしょう。

名刺デザインの料金相場

pixta_57183325_M

名刺デザインの料金相場は、約1万円からですが、ときには名刺デザインだけで20万円を超える場合もあります。基本となる名刺デザイン料金があり、要素を追加するごとに料金が高額になっていくイメージです。

料金が変動する要素、それぞれの料金相場を以下で簡単に紹介します。

名刺デザインの基本料金相場

名刺デザインは必要な情報を並べていくだけのように感じてしまいますが、フォントの選び方・サイズ、色・グラフィック、レイアウトなどで相手に与える印象は大きく異なります。名刺のグラフィックデザインにかかる費用が「名刺デザインの基本料金」です。

気になる名刺デザインの基本料金は、片面のみであればおおよそ1万円〜5万円程度、両面であれば1万5,000円〜7万円程度のところが相場になっています。

地図作成費用は別途、約5,000円〜1万円程度の追加料金が必要なパターンがほとんどです。下記の早見表を参考にしてください。

名刺デザイン料金の内訳 名刺デザインの基本料金相場
名刺デザイン(片面)・約100枚〜 10,000円〜50,000円
名刺デザイン(両面)・約100枚〜 15,000円〜70,000円
地図作成・約100枚〜 5,000円〜10,000円

名刺デザインの納期・修正回数・工数

納期・修正回数・工数によっても名刺デザインの料金は変動します。多くのデザインスタジオでは、標準的な納期が定められています。ただし納期がタイトですぐに着手しなければならないケースでは、基本料金の2〜3割程度の割増料金がかかります。

あまりにもスケジュールに無理があると依頼を受け付けてくれない場合もあります。

イラスト制作も含め、名刺デザイン・ロゴ制作は2回までの修正は無償ですが、3回目以上になると、1回5,000円程度の追加料金が発生する場合もあります。

シンプルに情報だけを並べた名刺よりも、デザインを重視した名刺の方が工数が多くなるため、名刺デザイン料金も高くなる傾向があります。

ロゴ制作の料金相場

「新しく名刺を作るなら、会社ロゴ・ショップロゴも新しく作ろう、あるいは見栄えのいいものに作り直そう」という場合は、名刺デザインの基本料金に加え、会社ロゴ・ショップロゴの制作料金がかかります。

実は意外に料金が高額になってしまうのがロゴ制作です。気になるロゴ制作の料金相場は、個人・フリーランスか法人に頼むかによって異なります。会社・ショップの「顔」となるロゴマークは、以下の表を踏まえて多めの予算を考えておくことがおすすめです。

ロゴ制作に関して、詳しくは下記の記事をご覧ください。

イラスト制作の料金相場

「名刺に似顔絵を入れて相手に顔を覚えてもらおう」という場合は、名刺デザインの基本料金に加え、イラストの制作料金がかかります。

気になるイラスト制作の料金相場は、おおよそ1万円〜5万円程度です。名刺に親しみやすさを演出できるイラストは、業種・業態によって非常に効果的ではありますが、ゼロから制作するからにはそれなりの予算を組んでおく必要があります。

名刺印刷の料金相場

pixta_89824232_M

名刺デザインの料金相場がある程度把握できたところで、名刺印刷の料金相場にも触れておきましょう。ポイントとなるのは「用紙のサイズ・種類・厚さ」「片面・両面・カラー・モノクロ」「印刷枚数」「用紙加工」「納期」です。

名刺に限らず印刷料金は「印刷枚数」が多くなるほど単価が安くなり、納期に余裕があるほど単価が安くなります。当然、両面よりも片面、カラーよりもモノクロの方が単価は安価です。名刺印刷の料金相場は、おおよその単価が10円〜50円程度です。

名刺印刷の料金例

参考までに、代表的ともいえる名刺印刷会社の料金例を紹介しておきましょう。名刺データを指定どおりのデータで入稿し、完成までに2営業日の場合の例です。

標準サイズの名刺印刷料金

印刷枚数 片面モノクロ 片面カラー 両面モノクロ モノクロ / カラー 両面カラー
100枚 820円 1,530円 1,430円 2,040円 2,760円
200枚 1,530円 2,350円 2,350円 3,370円 3,980円
500枚 3,370円 4,290円 4,290円 5,880円 7,110円

欧米サイズ・クレジットカードサイズの名刺印刷料金

印刷枚数 片面モノクロ 片面カラー 両面モノクロ モノクロ / カラー 両面カラー
100枚 1,330円 2,040円 1,940円 2,550円 3,270円
200枚 2,550円 2,860円 2,860円 3,880円 3,490円
500枚 3,880円 4,800円 4,800円 6,330円 7,550円

クリア名刺の印刷料金

印刷枚数 片面モノクロ 片面カラー
100枚 1,840円 2,550円
200枚 3,570円 4,390円
500枚 8,550円 9,480円

名刺デザインの料金相場は依頼先で変動する

pixta_73781459_M

名刺デザイン・名刺印刷という、名刺制作にかかる料金相場・料金が決まる仕組みを解説しましたが、名刺デザインの料金・費用相場は「どこに依頼するのか」でも大きく変動します。

名刺デザインの代表的な依頼先のそれぞれの特徴や費用を、以下の3つから簡単に解説します。

  • デザインスタジオ
  • デザイン部門のある印刷会社
  • フリーランスデザイナー

デザインスタジオ

デザインスタジオとは、ポスター・チラシ・名刺を含む商業デザインを専門に請け負うデザイン会社のことを指します。

名刺デザイン料金はやや高額になる傾向にありますが、経験豊富なデザイナーが在籍しているデザインスタジオであれば、クオリティの高いオリジナル名刺デザインにも対応できます。

会社規模が大きくなるほどデザイナー、イラストレーター、カメラマンなどの分業制が進む傾向にあり、人件費がかさむ分だけ費用はより高額になる傾向があります。

逆に、個人事業主が運営するデザインスタジオでは人件費を削減できるため、相対的に費用を抑えながら依頼できる可能性が高まります。

印刷会社

デザイン部門のある印刷会社の場合、料金を抑えながらオリジナルの名刺デザインを制作できることが最大の魅力です。比較的シンプルな名刺デザインであれば、印刷会社のデザイン部門に依頼することで費用を抑えながらクオリティを確保できます。

印刷会社に依頼する場合の名刺デザイン料金相場は、デザインスタジオの約6割〜8割程度の水準だといわれています。

ただし、すべての印刷会社がオリジナル名刺デザインに対応できるわけではありません。印刷会社への依頼を視野に入れるのであれば、どこまで対応可能なのかをしっかり見極める必要があるでしょう。

フリーランスデザイナー

フリーランスデザイナーに依頼することで名刺デザイン料金を抑えられる可能性はありますが、経験・スキル・実績はそれぞれ大きく異なることに注意が必要です。そもそも、スキルの高いデザイナーであれば、フリーランスであっても報酬は高いです。

特に、報酬が低く抑えられるクラウドソーシングでは、コンペを募ってもスキルの高いデザイナーが参加してくれるとは限りません。仕上がりのクオリティはもちろん、納期・確実性という意味でもリスクが伴います。

もしフリーランスに依頼したい場合は、ココナラランサーズなどのサイトを利用するといいでしょう。

ニーズに応じた名刺デザインの依頼先は?

pixta_48622229_M

名刺デザインはどこに依頼すべきなのか?名刺制作に求めるニーズごとに、おすすめの依頼先を以下の3つから紹介します。

  • オリジナルの名刺デザインにこだわりたい:デザインスタジオ
  • 名刺制作費用を抑えたい:フリーランスデザイナー
  • 費用を抑えてオリジナルデザインの名刺を作りたい:デザイン部門のある印刷会社

オリジナルの名刺デザインにこだわりたい:デザインスタジオ

オリジナルの名刺デザインにこだわりたい企業・店舗の方であれば、デザインスタジオへの依頼がおすすめです。

商業デザインを業務とするデザインスタジオの場合、クライアントの細かなこだわりにとことん付き合ってくれるためです。料金・費用はもっとも高くなりますが、それだけの価値はあります。

名刺制作費用を抑えたい:フリーランスデザイナー

逆に、デザイン性の高い名刺は欲しいものの、制作費用はできる限り抑えたい企業・店舗の方であれば、フリーランスデザイナーへの依頼がおすすめです。

実績が多いデザイナーであれば高くなる場合がありますが、大抵は法人に依頼するよりも安く済みます。

ていねいなコミュニケーションで品質の高いデザインを作ってくれるデザイナーも多いため、活用を検討してみるとよいでしょう。

費用を抑えてオリジナルデザインの名刺を作りたい:デザイン部門のある印刷会社

テンプレートを活用するとどこかでみたデザインになってしまう、名刺デザインに多くの予算をかけられない企業・店舗の方であれば、デザイン部門のある印刷会社への依頼がおすすめです。

すべてのニーズに応えられるとは限りませんが、なかにはできる限り対応してくれるところもあります。デザインスタジオよりも費用を抑えられることもポイントです。

なるべく安くデザイン費用を抑える方法4選

pixta_61536791_M

どこに依頼する場合でも、やはりデザイン費用はなるべく抑えたいです。名刺デザイン費用を抑えるには以下4つのポイントを押さえるとよいでしょう。

  • デザインイメージを探して伝える
  • 提供できる素材や画像を送る
  • 打ち合わせで要望を具体的に伝える
  • 複数のデザイナー・会社に見積もりを取る

デザインイメージを探して伝える

デザイン案を依頼先に提示せずゼロから作ってもらう場合に比べ、あらかじめイメージボードを持参した方が安価で済みます。依頼先がどのようなデザインを作ったらよいのか把握しやすい上、必要な素材も決めやすいためです。

たとえば、Pinterest(ピンタレスト)で作りたいイメージの言葉で検索をかけ、表示された画像の中でイメージに近いものを複数枚用意しておくとよいでしょう。

提供できる素材や画像を送る

自社の中で使い回しができるオリジナルのイラストや写真は、積極的に依頼先に共有しておくことをおすすめします。使える素材であれば依頼先が新しく制作する必要がなく、その分コストを抑えられます。

打ち合わせで要望を具体的に伝える

依頼先との打ち合わせでデザインの要望を詳細に伝えることで、修正を依頼する回数を減らせます。修正を重ねるごとにオプションで料金が加算される場合もあるため、修正の工数を減少できることは大きなメリットです。

複数のデザイナー・会社に見積もりを取る

1人だけではなく複数の候補先に見積もりを貰うことも忘れないようにしましょう。1つの所から貰うだけでは自社にとっての相場がわからず、意外に高い金額を取られてしまうケースが考えられます。

自社の予算と相談し、最もコストパフォーマンスがよく依頼できる候補先を吟味するようにしたいです。

まとめ

本記事では、名刺デザインの大まかな料金相場を紹介するとともに、作成費用の内訳・変動する要因、依頼すべき外注先など、名刺作成の基本を解説しました。

現代では、テンプレートを活用し、Webのみで名刺デザイン・印刷することも可能です。少しでもビジネスに役立つ、アイキャッチに優れた名刺を作るためには、商業デザインの視点を持つデザインスタジオ、印刷会社の協力が必要です。

「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度で名刺デザインに強いデザインスタジオ・印刷会社をスピーディーに探せます。どこに相談すべきなのか?迷うようなことがあれば、ぜひ利用してみてください。

監修者の一言

印刷物の中でも小さいサイズに属する名刺ですが、スペースがない分、盛り込む内容をどうするか迷うところです。

名刺は取引先やお客様などに自身や会社、連絡先を伝える為のツールですから、名刺を渡すだけで自己紹介ができるとベストではありますが、記載内容を多くすれば分かりづらくなりやすいですし、シンプルにすればそれだけ伝えたいことを削ぎ落す必要があります。

その間を取り持つのがデザインです。同じ情報量でもデザインするだけで見やすく分かりやすくなることがありますので重要です。

名刺制作に慣れているデザイナーであれば、入れ込みたい内容を伝えれば最適な内容とデザイン方法を提案してくれますので、もし名刺の内容にお悩みでしたら見積り費用と併せて何件か問い合わせて検討してみるといいと思います。

株式会社ウイングフォーム
代表取締役 伊藤友也
監修者

広告代理店勤務を経て、地元である埼玉県さいたま市地域の広告物に特化して取り組める環境をと思い、株式会社ウイングフォームを起業。主に企業や飲食店のDTP印刷、ホームページ制作および広告代理業などを行い、地元地域のみならず各地域クライアントが「根差すPR」を目指して展開。会社やお店だけでなく個人の依頼も取り扱い、数量の少ない印刷物や小回りの利くちょっとした制作物を低価格で制作できるよう努めている。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
名刺デザインの依頼でお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • 自社の規模の場合の費用がしりたい
  • とにかく安く依頼したい
  • デザインから印刷まで依頼したい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の業者に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

名刺・カード印刷に対応できる業者を一覧から探す

比較ビズ求人のお知らせ

エンジニアの募集

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら