セミナー撮影の費用相場は?料金内訳やおすすめの動画・映像制作会社を5社紹介

最終更新日:2024年02月22日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
セミナー撮影の費用相場は?料金内訳やおすすめの動画・映像制作会社を5社紹介
この記事で解決できるお悩み
  • セミナー撮影の費用相場は?
  • セミナー撮影におすすめの動画・映像制作会社は?
  • セミナー撮影・収録で注意したいポイントとは?

「セミナー撮影を検討している」「セミナー撮影の費用はいくらぐらい?」とお悩みの経営者・企画担当者、必見です。

セミナー撮影・収録・編集の費用相場は、10万円〜45万円です。依頼内容によっては動画編集費用、納品・オプション費用が別途発生します。

この記事では、セミナー撮影を検討している経営者・企画担当者向けに、セミナー撮影の費用・内訳・おすすめの動画・映像制作会社を解説しています。記事を読み終わった頃には、セミナー撮影にかかる費用を把握し、撮影をスムーズに依頼できるでしょう。

セミナー撮影・収録・編集の費用相場|10万円〜45万円

pixta_85921702_S

セミナー撮影の費用は依頼内容に応じて変動しますが、会社紹介動画や商品・サービスのプロモーション動画などと異なり、企画・構成・絵コンテ作成などのプロセスは必要ありません。

セミナー撮影の費用項目となるのは「撮影・収録費用」「動画編集費用」「納品・オプション費用」と非常にシンプルです。それぞれの費用相場は以下のとおりです。

  1. 撮影・収録費用|5〜25万円
  2. 動画編集費用|4〜15万円
  3. 納品・オプション費用|5千〜5万円

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. 撮影・収録費用|5〜25万円

セミナー・講習会・イベントなど、開催当日の模様を撮影・収録するためにかかる費用が「セミナー撮影・収録費用」です。費用が変動する要因は「カメラの台数」「カメラマンの人数」「撮影時間」となります。セミナー(会場)の規模が大きくなれば、費用は高額になる傾向があります。以下は、条件に応じたおおまかな撮影・収録費用相場です。

撮影条件 時間 費用相場
1カメラ1カメラマン 90分 5万円〜
2カメラ(定点・移動)1カメラマン 90分 8万円〜
2カメラ(定点・移動)1カメラマン 120分 10万円〜
3カメラ(定点・移動)2カメラマン 120分 18万円〜
3カメラ(定点・移動)2カメラマン 180分 25万円〜

セミナー当日の記録だけ必要である場合、セミナー撮影・収録のみを依頼できます。音声はマイク・ミキサーからのライン録音が標準ですが、オプションでピンマイク収録も依頼できます。撮影した素材は「mp4」をはじめ加工しやすい映像データで納品される場合が一般的です。

2. 動画編集費用|4〜15万円

「動画編集費用」は、撮影・収録した素材をカット編集し、テロップを追加する際にかかる費用です。費用が変動する要因となるのは「編集ポイント数」「テロップ」「素材の長さ」「特殊効果の有無」です。凝った演出を採用することで費用は高額になります。以下は、編集方法に応じたおおまかな動画編集費用相場です。

編集方法 費用相場
タイトル・簡易的なカット編集 4万円〜
カット編集 + テロップ挿入 8万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション 10万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション + 資料挿入 15万円〜

3. 納品・オプション費用|5千〜5万円

編集済み動画の納品は、mp4をはじめとするデータ納品が一般的ですが、DVD・Blu-Rayなどのメディア納品を依頼することも可能です。

データ納品の場合、追加費用は3,000〜5,000円です。セミナー動画を配布・販売することを目的に、マスターディスクを作成する場合は、メニュー作成を含むオーサリング費用が3〜5万円必要です。

セミナー撮影・収録の費用例4パターン

OynrSd3jQQJGKV41684729730_1684729754

セミナー撮影・収録の費用相場・内訳を把握できたところで、より具体的な費用感をつかみましょう。ケース別でのセミナー撮影・収録費用例を紹介します。

  1. 小規模社内セミナー撮影・編集・データ納品|9万円〜
  2. 中規模セミナー撮影・高品質編集・データ納品|20万円〜
  3. 大規模イベント撮影・高品質編集・データ納品|30万円〜
  4. スタジオでのセミナー撮影・制作|10万円〜

比較的シンプルなセミナー撮影・収録は、パック料金などの各種プランを用意する制作会社も多いです。以上の費用例に準じたプランを利用できる場合もあります。

1. 小規模社内セミナー撮影・編集・データ納品|9万円〜

15〜20名のセミナールーム、講師1名で開催される小規模社内セミナーを撮影・収録し、簡易編集でセミナー動画を制作するケースです。費用相場は、約9万円です。

費用項目 費用目安
1カメラ1カメラマン 5万円〜
タイトル・簡易的なカット編集 4万円〜
合計 9万円〜

納品形式は、mp4を想定しています。

2. 中規模セミナー撮影・高品質編集・データ納品|20万円〜

30〜50名の会場、講師1名で開催されるセミナーを撮影・収録し、テロップ・トランジションを含む高品質編集で動画を制作するケースです。費用相場は約20万円です。

費用項目 費用目安
2カメラ(定点・移動)1カメラマン 10万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション 10万円〜
合計 20万円〜

ピンマイクの使用をはじめ、音質にこだわる場合は1〜2万円の追加料金を見ておくといいでしょう。納品形式は、mp4を想定しています。

3. 大規模イベント撮影・高品質編集・データ納品|30万円〜

100名以上が収容できる会場、講師複数名で開催されるイベント・セミナーを撮影・収録し、資料挿入を含む高品質編集で動画を制作するケースです。費用相場は約30万円です。

費用項目 費用目安
3カメラ(定点・移動)2カメラマン 18万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション + 資料挿入 15万円〜
合計 33万円〜

カメラの台数が増える分だけ編集ポイントも増えるため、規模が大きくなれば総額は高くなる傾向になります。納品形式は、mp4を想定しています。

4. スタジオでのセミナー撮影・制作|10万円〜

セミナー動画を制作してオンデマンド配信することを前提に、講師のみで実施するセミナーを専用スタジオを利用して撮影・収録するパターンです。

費用項目 費用目安
スタジオ利用料金(1時間) 7万円〜
動画編集費用(1時間) 3万円〜
合計 10万円〜

基本的にスタジオを1時間単位でレンタルし、撮影・収録を行います。動画編集の料金は別途必要になり、編集の品質に応じて費用は上下します。

セミナー撮影費用をおさえるための方法

jLJWAdIgEuaDjJM1707187045_1707187062

セミナー撮影費用を抑えるための方法は以下の3つです。

  1. 自社で撮影を行い編集だけ外注する
  2. 動画の構成やディレクションを自社で企画する
  3. 複数の制作会社のサービスを組み合わせる

費用を抑えるためには、可能な限り自社で済ませましょう。スキルや実績がない場合、制作のすべてまたは一部を制作会社に依頼することをおすすめします。

1. 自社で撮影を行い編集だけ外注する

自社でセミナーの撮影を行い、編集作業だけ外部に委託することで、制作コストを抑えられます。撮影機材費やスタッフの人件費を削減しつつ、編集のみプロに依頼する形です。

2. 動画の構成やディレクションを自社で企画する

撮影前に動画の構成やディレクションを自社で企画し、具体的な指針を提供することで、外部制作会社に依頼する工数を削減できます。

3. 複数の制作会社のサービスを組み合わせる

複数の制作会社のサービスを比較し、得意分野ごとに選定することで、各社の強みを最大限に活かしつつ、費用を最適化することが可能です。競争を活かしてコストを削減します。

セミナー撮影・収録する際の2つの注意点

pixta_73714812_M

セミナー撮影・収録の費用は、一般的な動画制作に比べれば安価です。自社での撮影を検討している方に向けて、セミナー撮影・収録での注意点を紹介します。

  1. セミナー・イベントを収録できるチャンスは原則1回限り
  2. セミナー・イベント撮影・収録は音声が重要

できる限り失敗することなくセミナー動画を完成させたい方は、制作会社への依頼を検討しましょう。

1. セミナー・イベントを収録できるチャンスは原則1回限り

本番と同じ条件でのリハーサルはできないため、セミナー・イベントを撮影・収録するチャンスは、本番の1回限りです。

セミナーの収録時間にあわせた電源の確保や、バックアップカメラを含めた機材の用意など、万全の状態を整えましょう。撮影に慣れていない従業員のミスや機材トラブルで、完全なセミナー撮影ができないケースもあり得ます。

経験豊富なプロフェッショナルにイベント・セミナー撮影を依頼することで、撮影ミスやトラブルのリスクを最小限にとどめられます。1度限りのチャンスを無駄にしないためにも、動画・映像制作会社への依頼がおすすめです。

2. セミナー・イベント撮影・収録は音声が重要

セミナー撮影で意外と見落としがちな重要ポイントとして挙げられるのが音声収録です。講師の声がよく聞こえない場面でテロップを活用する方法もあります。

視聴者に伝わるセミナー動画を制作するためにも、最低限ライン入力によるマイク音声収録、できればピンマイクでの音声収録が必要でしょう。

録音機材の調達、録音レベルの調整ノウハウなどは、一般企業のリソースで実現するのは困難です。

セミナー撮影におすすめの動画・映像制作会社

セミナー撮影におすすめの動画・映像制作会社は以下のとおりです。

  1. セミナー制作.com
  2. 株式会社リンクイット
  3. セミナー映像撮影 FILM365
  4. 株式会社アートワークス
  5. 株式会社フォー・ファイブ

以上の会社は専門性や高い技術力を備え、セミナーの雰囲気を捉えたクオリティの高い映像制作を提供しています。

1. セミナー制作.com

UfXnmy37g6Q2Gsq1708411826_1708411865

参照:セミナー制作.com

「セミナー制作.com」は、株式会社ナツメスタジオワークスが展開するセミナー動画制作・配信サービスです。

2007年の設立以来、1万本以上のセミナー動画を制作してきた実績を誇っています。セミナー撮影・編集はもちろん、配信・課金サービス・DVD制作・プレス・販売まで、セミナーの活用をワンストップでサポート可能です。9万円からのお得なパック料金も用意されています。

YouTube Live・Zoomウェビナーを活用したライブ配信はもちろん、オンデマンド配信用のセミナー動画も制作可能です。オンラインサロン立ち上げのサポートも提供しています。

2. 株式会社リンクイット

jPzACbwENIv6V5w1708411801_1708411817

参照:株式会社リンクイット

「株式会社リンクイット」は、東京都新宿区に本社を構え、動画制作・音楽制作・システム開発などの事業を展開する会社です。

「IT×映像」をビジョンにした「映像コンビニエンスサービス」をコンセプトとしている点が同社の特徴です。セミナー撮影から編集・Web動画化・DVD化をワンストップで提供する「丸ごとセミナー撮影サービス」を展開しています。

同社の特徴は、講師をカメラで撮影・収録するのと同時に、セミナーで活用されるプロジェクター映像を独自システムでデジタル録画できることです。カメラで撮影したぼやけた画像ではなく、鮮明なプロジェクター画像をワイプ編集で挿入してくれます。

3. Video Standard

H6yxZhNDulb4Fr41708411771_1708411791

参照:Video Standard

「Video Standard」は、東京都を中心に出張でセミナーや講演会の撮影・録音・PowerPoint収録を行っています。都内撮影の出張費・交通費やmp4での納品、オンライン打ち合わせは無料と、良心的なサービスが特徴です。

これまでの撮影実績は3,000件で、プロの撮影スタッフが担当します。費用の詳細も完全公開しており、想定以上の金額を提示される心配もないでしょう。概算見積書発行6時間以内と迅速な対応も魅力です。

4. 株式会社アートワークス

zfOHfHioMuZayqw1708411741_1708411763

参照:株式会社アートワークス

「株式会社アートワークス」は、東京都中央区に本社を構え、動画制作・Webサイト制作・メディア制作・販売などの事業を展開する会社です。会社案内・店舗紹介・動画マニュアル・プロモーション動画など、法人向けの動画制作を得意とし、セミナー撮影・収録や編集の実績も豊富です。

マルチカメラで「しっかり撮る」最高の音質で「一言一句逃さず収録する」ことで、セミナーの臨場感を余すところなく記録できます。テロップ挿入・資料挿入などに柔軟に対応する動画編集はもちろん、DVD・Blu-Ray・Web動画などでの納品も可能です。

複数会場を結んだ双方向中継など、さまざまな形式のライブ配信にも対応しています。

5. 株式会社フォー・ファイヴ

WuaEYQDFjiq2boU1708411698_1708411721

参照:株式会社フォー・ファイヴ

「株式会社フォー・ファイヴ」は、東京都港区に本社を構え、動画制作・グラフィック制作・システム開発などの事業を展開する会社です。

汐留にムービー・フォトスタジオ「スタジオ・ダ・ヴィンチ」を持っています。グリーンバック合成のセミナー動画を当日中に制作できるサービス「すぐトル」を展開している点が特徴です。オンデマンド配信用・オンラインセミナー用動画制作に最適です。

2時間であれば、撮り直しも含めてどの長さのセミナーも撮影できます。事前打ち合わせや1時間の立会編集・30分のデータ書き出しを含めても、5時間でセミナー動画を制作できる便利なサービスです。

セミナー撮影に最適な動画・映像制作会社を選ぶ際のポイント

wRx72ppTfOecBvj1680842892_1680842926

セミナー撮影に最適な動画・映像制作会社を選ぶ際、下記の2点を意識しましょう。

  • セミナー撮影の目的を明確にする
  • 動画/映像制作会社の実績を確認する

制作会社に依頼する前に「セミナーの内容や雰囲気を伝えたい」「プロモーション動画を制作したい」など、撮影の目的を明確にしましょう。

制作会社により得意分野は異なるため、撮影目的と制作会社の得意分野がマッチしていることで、クオリティの高い動画を制作できます。制作会社の制作実績はホームページで確認できます。

セミナー撮影と同時にライブ配信する2つの方法

pixta_79187679_M

スタジオでの撮影・収録を含め、イベント・セミナーを撮影と同時にライブ配信したい場合は、以下のツールを利用しましょう。

  1. YouTube Live
  2. Zoomウェビナー

以上のプラットフォームを組み合わせることで、柔軟でさまざまなライブ配信が実現できます。

1. YouTube Live

動画・映像制作会社にライブ配信を依頼する際、もっとも活用されているツールは「YouTube Live」です。

PCはもちろん、スマートフォンやタブレットなどに動画が自動で最適化されます。ユーザーの視聴環境を気にすることなくセミナーをライブ配信できるでしょう。

自社配信する場合は、YouTubeアカウントを作成したうえで「ライブストリーミング」を有効にするだけです。簡単操作かつ無料で活用できるのも魅力です。

2. Zoomウェビナー

ライブ配信するセミナー・講習会のマネタイズを検討しているのであれば、気軽に使える「Zoomウェビナー」を活用しましょう。

Zoomミーティングの有料プランに加入したうえで、Zoomウェビナーのオプション料金を支払う必要があります。ホワイトボードやマークアップツールを活用したオンラインセミナーを簡単に開催可能です。YouTube Liveと連携したストリーミング配信やセミナーの録画も可能です。

まとめ

セミナー撮影・収録・編集の費用相場は、10万円〜45万円です。制作経験が無い場合、制作会社への依頼がおすすめです。依頼費用を抑えたい場合、一部の作業を依頼するのが有効です。

「比較ビズ」では、必要事項を入力する2分程度の手間で、セミナー撮影に詳しい専門家をスピーディーに探せます。どの専門家に相談すべきなのか迷うようなことがあれば、ぜひ利用してみてください。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。