セミナー撮影の費用・料金相場は?おすすめの動画・映像制作会社やライブ配信の方法も紹介!

更新日:2021年07月09日 発注カテゴリ: 動画編集・映像
セミナー撮影の費用・料金相場は?おすすめの動画・映像制作会社やライブ配信の方法も紹介!

セミナー撮影を依頼した場合の費用・料金相場ってどのくらい?セミナーやイベントは開催するだけでも準備が大変です。当日のセミナーを撮影・収録して、従業員教育に役立てたいが、そこまで手が回らないという方も多いはず。そんな悩みを持つ企業担当者であれば、セミナー撮影の費用相場が知りたいでしょう。しかし、セミナーといっても目的や規模はさまざまです。依頼内容に応じて変動するセミナー撮影費用はわかりにくいのも事実です。そこで本記事では、費用の内訳・ケース別の撮影費用例をはじめとした、セミナー撮影・収録の費用・料金相場を徹底解説!ライブ配信の方法や、セミナー撮影におすすめの動画・制作会社、依頼先を選定するポイントなども紹介していきます。

セミナー(講習会)撮影・収録の費用・料金相場【早見表】

セミナー撮影の費用は依頼内容に応じて変動しますが、会社紹介動画や商品・サービスのプロモーション動画などと異なり、企画・構成・絵コンテ作成などのプロセスは必要ありません。

必然的に、セミナー撮影の費用項目となるのは「撮影・収録費用」「動画編集費用」「納品・オプション費用」と非常にシンプルです。まずは、それぞれの費用相場がどの程度なのか?早見表で確認しておきましょう。

費用項目 費用相場
撮影・収録費用 5〜25万円
動画編集費用 4〜15万円
納品・オプション費用 5,000〜5万円

セミナー撮影・収録費用の内訳:撮影・収録費用

セミナー・講習会・イベントなど、開催当日の模様を撮影・収録するためにかかる費用が「セミナー撮影・収録費用」です。費用が変動する要因となるのは「カメラの台数」「カメラマンの人数」「撮影時間」となり、セミナー(会場)の規模が大きくなれば、費用は高額になる傾向があります。以下は、条件に応じたおおまかな撮影・収録費用相場です。

撮影条件 時間 費用相場
1カメラ1カメラマン 90分 5万円〜
2カメラ(定点・移動)1カメラマン 90分 8万円〜
2カメラ(定点・移動)1カメラマン 120分 10万円〜
3カメラ(定点・移動)2カメラマン 120分 18万円〜
3カメラ(定点・移動)2カメラマン 180分 25万円〜

セミナー当日の記録だけ必要なのであれば、セミナー撮影・収録のみを依頼することも可能です。音声はマイク・ミキサーからのライン録音が標準ですが、オプションでピンマイク収録も依頼できます。撮影した素材は「mp4」などの加工しやすい映像データで納品される場合が一般的です。

セミナー撮影・収録費用の内訳:動画編集費用

セミナー撮影・収録した素材をカット編集し、テロップを追加するなどで動画作品に仕上げていくためにかかる費用が「動画編集費用」です。費用が変動する要因となるのは「編集ポイント数」「テロップ」「素材の長さ」「特殊効果の有無」となり、凝った演出を採用すれば費用は高額になります。以下は、編集方法に応じたおおまかな動画編集費用相場です。

編集方法 費用相場
タイトル・簡易的なカット編集 4万円〜
カット編集 + テロップ挿入 8万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション 10万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション + 資料挿入 15万円〜

セミナー撮影・収録費用の内訳:納品・オプション費用

編集済み動画の納品は、mp4をはじめとするデータ納品が一般的ですが、DVD・Blu-Rayなどのメディア納品を依頼するのも可能です。

その場合にかかる費用が「納品・オプション費用」です。mp4などの動画データをそのままメディアに焼くだけなら、追加費用は3,000〜5,000円程度です。一方、セミナー動画を配布・販売することを目的に、量産用のマスターディスクを作成するなら、メニュー作成を含むオーサリング費用が3〜5万円程度必要です。

ケース別:セミナー撮影・収録の費用例

セミナー撮影・収録の費用相場、その内訳を把握できたところで、より具体的な費用感をつかむため、ケース別でのセミナー撮影・収録費用例を紹介してみましょう。比較的シンプルなセミナー撮影・収録は、パック料金などの各種プランを用意する制作会社も多く、以下の費用例に準じたプランを利用できる場合もあります。

小規模社内セミナー撮影・編集・データ納品:9万円〜

15〜20名程度のセミナールーム、講師1名で開催される小規模社内セミナーを撮影・収録し、簡易編集でセミナー動画を制作するケースでは、約9万円程度からというのがおおよその費用相場です。納品形式は、mp4などでのデータ納品を想定しています。

費用項目 費用目安
1カメラ1カメラマン 5万円〜
タイトル・簡易的なカット編集 4万円〜
合計 9万円〜

中規模セミナー撮影・高品質編集・データ納品:20万円〜

30〜50名程度の会場、講師1名で開催される中規模セミナーを撮影・収録し、テロップ・トランジションを含む高品質編集でセミナー動画を制作するケースでは、約20万円程度からというのがおおよその費用相場です。

ピンマイクの使用など、音質にこだわる場合は1〜2万円程度の追加料金を見ておくといいでしょう。納品形式は、mp4などでのデータ納品を想定しています。

費用項目 費用目安
2カメラ(定点・移動)1カメラマン 10万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション 10万円〜
合計 20万円〜

大規模イベント撮影・高品質編集・データ納品:30万円〜

100名以上が収容できる会場、講師複数名で開催される大規模イベント・セミナーを撮影・収録し、資料挿入も含めた高品質編集でセミナー動画を制作するケースでは、約30万円程度からというのがおおよその費用相場です。

カメラの台数が増える分だけ編集ポイントも増えるため、規模が大きくなればそれだけ総額は高くなる傾向になります。納品形式は、mp4などでのデータ納品を想定しています。

費用項目 費用目安
3カメラ(定点・移動)2カメラマン 18万円〜
カット編集 + テロップ挿入 + トランジション + 資料挿入 15万円〜
合計 33万円〜

スタジオでのセミナー撮影・制作:10万円〜

セミナー動画を制作してオンデマンド配信することを前提に、講師のみで実施する講習会・セミナーを専用スタジオを利用して撮影・収録するパターンです。

すべての動画・映像制作会社が対応できるわけではありませんが、自由に撮影・収録できる専用スタジオを1時間単位でレンタルすることが基本です。動画編集の料金は別途必要になり、当然、編集の品質に応じて費用は上下します。

費用項目 費用目安
スタジオ利用料金(1時間) 7万円〜
動画編集費用(1時間) 3万円〜
合計 10万円〜

セミナー撮影と同時にライブ配信するには?

スタジオでの撮影・収録を含め、イベント・セミナーを撮影と同時にライブ配信したい場合もあるでしょう。こうしたケースでは、おおむね3〜5万円程度の追加料金が必要になるのが一般的です。ただし、カメラからのストリームデータを分配して配信用PCに接続できれば、「YouTube Live」「Zoomウェビナー」などを利用したセミナーの自社配信も可能です。

YouTube Live

動画・映像制作会社にライブ配信を依頼する際に、もっとも活用されているツールだといえるのが「YouTube Live」です。

PCはもちろん、スマートフォンやタブレットなどに動画が自動で最適化されるため、ユーザーの視聴環境を気にすることなくセミナーをライブ配信できるのがポイントです。自社配信する場合は、YouTubeアカウントを作成したうえで、「ライブストリーミング」を有効にするだけです。簡単操作かつ無料で活用できるのも魅力です。

https://www.youtube.com/howyoutubeworks/product-features/live

Zoomウェビナー

ライブ配信するセミナー・講習会のマネタイズを検討しているのであれば、気軽に使える「Zoomウェビナー」を活用するのもおすすめです。

Zoomミーティングの有料プランに加入したうえで、Zoomウェビナーのオプション料金を支払う必要がありますが、ホワイトボードやマークアップツールを活用したオンラインセミナーを簡単に開催可能です。YouTube Liveと連携したストリーミング配信やセミナーの録画も可能です。

https://zoom.us/ja/webinar.html

セミナー撮影・収録で注意したいポイント

ここまでで、セミナー撮影・収録・編集を制作会社に依頼した場合の費用相場や、ライブ配信の方法などを解説してきました。セミナー撮影・収録の費用は、一般的な動画制作に比べれば安価だとはいえますが、自社で撮影すればさらに費用を抑えられるのでは?

そう考える方も少なくないかもしれません。そんな方に向け、セミナー撮影・収録で注意しておきたいポイントとともに、できる限り動画・映像制作会社を活用した方がいい理由を紹介しておきましょう。

セミナー・イベントは1回限り!

まず、前提として把握しておきたいことは、オンデマンドを除いてセミナー・イベントを撮影・収録するチャンスは、本番の1回限りしかないということです。本番と同じ条件でのリハーサルは不可能だということです。

セミナーの収録時間に合わせた電源の確保や、バックアップカメラを含めた機材の用意など、事前準備を万全の状態で整えておくことが必須です。それでも、撮影に慣れていない従業員のミスや機材トラブルで、完全なセミナー撮影ができなかったといったケースもあり得ます。

その点、経験豊富なプロフェッショナルにイベント・セミナー撮影を依頼すれば、撮影ミスやトラブルのリスクを最小限にとどめらます。1度限りのチャンスをふいにしないためにも、動画・映像制作会社への依頼がおすすめなのです。

セミナー・イベント撮影・収録は音声が重要

セミナー撮影で意外と見落としがちな重要ポイントとして挙げられるのが「音声収録です」。講師の声がよく聞こえない場面でテロップを活用する方法もありますが、テロップはあくまでも音声を強調・補完するものです。

視聴者に伝わるセミナー動画を制作するためにも、最低限ライン入力によるマイク音声収録、できればピンマイクでの音声収録が必要でしょう。

こうした録音機材の調達、録音レベルの調整ノウハウなどは、一般企業のリソースで実現するのは困難です。セミナー撮影の経験豊富なカメラマンに任せたい理由はここにもあるのです。

セミナー撮影におすすめの動画・映像制作会社

それでは、セミナー撮影・収録は、どのような動画・映像制作会社に依頼すればいいのか?以下からは、セミナー撮影の実績が豊富な、おすすめの動画・映像制作会社を厳選して紹介していきます。

セミナー制作.com

「セミナー制作.com」は、東京都千代田区に本社を構え、動画マーケティング・クリエイティブ事業を展開する、株式会社ナツメスタジオワークスの「セミナー動画制作・配信サービス」です。

2007年の設立以来、1万本以上のセミナー動画を制作してきた実績を誇り、セミナー撮影・編集はもちろん、配信・課金サービス、DVD制作・プレス・販売まで、セミナーの活用をワンストップでサポート可能です。9万円からのお得なパック料金も用意されています。

本社に併設されたグリーンバック完備の撮影スタジオ「東京セミナースタジオ」を運営しているのも同社の特徴でしょう。YouTube Live、Zoomウェビナーを活用したライブ配信はもちろん、オンデマンド配信用のセミナー動画も制作可能です。オンラインサロン立ち上げのサポートも提供しています。

https://seminar-contents.jp

株式会社リンクイット

株式会社リンクイットは、東京都新宿区に本社を構え、動画制作・音楽制作・システム開発などの事業を展開する会社です。

「IT × 映像」をビジョンにした「映像コンビニエンスサービス」をコンセプトとしているのが同社の特徴です。セミナー撮影から編集、Web動画化、DVD化をワンストップで提供する「丸ごとセミナー撮影サービス」を展開しています。

同社の特徴は、講師をカメラで撮影・収録するのと同時に、セミナーで活用されるプロジェクター映像を独自システムでデジタル録画できることです。カメラで撮影したぼやけた画像ではなく、鮮明なプロジェクター画像をワイプ編集で挿入してくれます。

プロジェクター映像の録画・ワイプ編集を含んだセミナー撮影が、3時間までで13万2,000円と、非常にリーズナブルなのもポイントです。

http://www.linkit.jp

セミナー映像撮影 FILM365

「セミナー映像撮影 FILM365」は、千葉県松戸市に本社を構える映像制作・ライブ配信会社、株式会社ムービーイノベーションの「セミナー撮影専用ブランド」です。東京都内のセミナー撮影、およびライブ配信に特化することで、ほかでは得られないリーズナブルな料金と、高品質撮影を両立させているのが最大の特徴です。

カメラ1台2時間までの撮影、簡易編集をセットにした「セミナー撮影基本プラン」が、税別3万6,000円で利用可能です。マルチカム編集を含んだカメラ追加が1台2万円、ピンマイク1本で7,500円などの撮影オプションが選べるほか、動画編集オプション、DVDを含む納品オプションも豊富です。基本プランと組み合わせた、4万5,000円のライブ配信プランも好評です。

https://www.film-japan.com

株式会社アートワークス

株式会社アートワークスは、東京都中央区に本社を構え、動画制作・Webサイト制作・メディア制作・販売などの事業を展開する会社です。会社案内・店舗紹介・動画マニュアル・プロモーション動画など、法人向けの動画制作を得意とし、セミナー撮影・収録や編集の実績も豊富です。

マルチカメラで「しっかり撮る」、最高の音質で「一言一句逃さず収録する」ことで、セミナーの臨場感を余すところなく記録できるのが同社の特徴です。テロップ挿入、資料挿入などに柔軟に対応する動画編集はもちろん、DVD・Blu-Ray・Web動画などでの納品も可能です。複数会場を結んだ双方向中継など、さまざまな形式のライブ配信にも対応しています。

https://www.kartworks.com

株式会社フォー・ファイブ

株式会社フォー・ファイブは、東京都港区に本社を構え、動画制作・グラフィック制作・CG制作・Web制作・システム開発などの事業を展開する会社です。

汐留にムービー・フォトスタジオ「スタジオ・ダ・ヴィンチ」を持ち、グリーンバック合成のセミナー動画を当日中に制作できるサービス「すぐトル」を展開しているのが特徴です。オンデマンド配信用、オンラインセミナー用動画制作に最適です。

2時間の間であれば、撮り直しも含めてどんな長さのセミナーを撮影するのも可能。事前打ち合わせや1時間の立会編集、30分のデータ書き出しを含めても、5時間でセミナー動画を制作できる便利なサービスです。10万円のリーズナブルな基本料金で利用できるほか、カメラやプロンプターの追加などのオプションも充実しています。別途、ライブ配信にも対応可能です。

https://www.forfive.co.jp

セミナー撮影に最適な動画・映像制作会社を選ぶには?

ここまでで、セミナー撮影におすすめの動画・映像制作会社を紹介してきましたが、小規模事業者も含め、セミナー撮影に対応する制作会社は多種多様です。一体なにを基準に依頼先を選定すればいいのか?迷ってしまう場合もあるでしょう。そんな方のヒントとなるよう、セミナー撮影に適切な動画・映像制作会社を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

セミナー撮影の目的を明確に

イベントやセミナーの目的・規模がさまざまなのと同様、セミナー撮影の目的や用途もまたさまざまです。まずは、開催するセミナーの目的・規模を踏まえ、セミナー撮影によってどのような目的を達成したいのか?収録したセミナー動画をどのように活用するのか?明確にしておく必要があります。

セミナー撮影の費用は規模や時間によって、動画編集費用は編集のこだわりによって決まります。ライブ配信の方法によっても費用・準備は異なるでしょう。これらを明確にするには「セミナー撮影の目的・用途」が決まっていなければなりません。予算・撮影方法を把握するためにも、目的・用途の明確化が必要です。

動画・映像制作会社の実績を重視

セミナー撮影の目的・用途が明確になれば、どのようなスタイルで撮影・収録すべきかが見えてきます。自社が想定するスタイルのセミナー撮影に充分な実績を持っているか?動画・映像制作会社を選定する際のポイントです。

なぜ実績を重視すべきなのか?それは、チャンスが1度のみのセミナー撮影では失敗が許されないからです。似たようなスタイルのセミナー撮影の実績が豊富な制作会社なら、起こりがちなトラブル、ありがちなミスを想定したうえでの準備が可能です。

まとめ

本記事では、費用の内訳・ケース別の撮影費用例をはじめとした、セミナー撮影・収録の費用・料金相場を解説するとともに、ライブ配信の方法、セミナー撮影におすすめの動画・制作会社、依頼先を選定するポイントなどを紹介してきました。ただ撮影するだけと思いがちなセミナー・イベントですが、経験がなければ思わぬトラブルへの対処は困難です。リスクを回避するためにも、信頼のおける優良な動画・映像制作会社との協働がおすすめです。

しかし、セミナー撮影を任せられる適切な制作会社はどこなのか?多数の動画・映像制作会社が存在するなか、候補先を選ぶことすら迷ってしまう場合もあるでしょう。そんなとき「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良な動画・映像制作会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイントです。動画・映像制作会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

動画編集・映像の案件一覧

動画編集・映像のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

  • 京都府

    新着案件動画制作の見積もり依頼

    【動画の使用場所】 その他 【制作本数】 3〜5本 【動画の目的/内容】 開発中のスマホアプリのイメージ動画を作成予定。育児関連のアプリ。父親(男性)が赤ちゃん(生後1−3か月)の育児をしている動 …

    総額予算500万円まで (09/28まで)
  • 沖縄県

    新着案件動画制作の見積もり依頼

    【動画の使用場所】 その他 【制作本数】 1本 【動画の目的/内容】 DVDを現在YouTubeへアップしていますが、一つにまとめる作業を行ってデーターでYouTubeアップ可能な状態にして欲しいです。沖縄県内で …

    総額予算相場が分らない (10/08まで)
  • 茨城県

    新着案件動画制作の見積もり依頼

    【動画の使用場所】 動画サイト 【制作本数】 3〜5本 【動画の目的/内容】 採用活動において、自社業務の紹介兼魅力訴求を目的とした動画。 【発注状況】 情報取集の段階

    総額予算100万円まで

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す