「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

動画広告の単価や計算方法を解説!メディア別の特徴や活用ポイントも紹介!

最終更新日:2022年09月07日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
動画広告の単価や計算方法を解説!メディア別の特徴や活用ポイントも紹介!
この記事で解決できるお悩み
  • 動画広告の単価はいくらなのか?
  • 動画広告の特徴とは?
  • 動画広告を効率的にするポイントとは?

動画広告を出稿するにあたって、具体的な単価を知りたい企業・店舗担当者の方は多いはずです。

そこで本記事では、動画広告の単価、メディア別の特徴・動画広告の単価、効果的に動画広告を活用していくためのポイントを紹介していきます。動画マーケティングを実施したい方は、ぜひ参考にしてください。

動画広告の単価はメディアと課金形態の組み合わせで決まる

動画広告の単価・料金は、一概にいくらだという形で断言できません。課金形態、動画広告のジャンル、競合他社の存在など、さまざまな要素で単価・料金が大きく変動するからです。

メディア CPV CPM CPC CPD CPF CPE
Facebook 100〜150円 500〜2,000円 - - 変動 変動
Instagram 5〜10円 500〜1,000円 50〜100円 - 2〜6円 変動
Twitter 40〜100円 - - - 40〜100円 40〜100円
YouTube 3〜20円 300〜2,000円 3〜20円 変動 変動 変動

表のように、動画広告は「出稿するメディア」と「出稿スタイルに応じた課金形態」の組み合わせによって単価が決まります。

さらにTwitterに関しては、課金形態が複雑なこと、入札・オークションによって単価が変動するのも特徴です。

動画広告の単価・料金がわかりにくいのはこのためです。動画マーケティングの予算を最適化するためには、課金の仕組みを理解すること、メディアごとの特徴を把握することが重要なのです。

動画広告の課金形態とは?

動画広告の単価について、どのような場合に課金されるのかなど仕組みを理解しておくことが基本です。課金の仕組みはさまざまではありますが、以下からは、動画広告で一般的に採用される、基本ともいえる課金形態を解説していきます。

  • CPV(Cost Per View)
  • CPM(Cost Per Mille)
  • CPC(Cost Per Click)
  • CPD(Cost Per Day)
  • CPF(Cost Per Follow)
  • CPE(Cost Per Engagement)

CPV(Cost Per View)

CPV(Cost Per View)とは、動画広告が1回View(視聴・再生)されるごとに課金される課金形態のことです。視聴・再生されることが前提となる動画広告と非常に相性のいい課金形態であるため、多くのメディアで採用されています。

動画広告の単価算出方法、および費用の計算例は以下の通りです。

単価算出方法

広告費用 ÷ 視聴・再生回数

例:10万円の広告費で1万回再生された場合の動画広告単価は10円

視聴・再生されたと見なされる基準には「最後まで再生」「一定時間再生」「再生時間に応じて変動」などがありますが、出稿するメディアに応じて再生の定義はまちまちです。

また同じCPVでも、再生回数に応じた金額をオークションで決める「入札型」、再生回数に応じた金額のみ支払う「予約型」があります。メディアごとの特徴を見極めることが肝心です。

CPM(Cost Per Mille)

CPM(Cost Per Mille)とは、動画広告が1,000回(Mille = ラテン語で1,000)表示(インプレッション)されるごとに一定金額が課金される課金形態のことです。再生される・されないに関わらず、インプレッションの回数で課金されるのが、CPVとの大きな違いです。

動画広告の単価算出方法、および費用の計算例は以下の通りです。

単価算出方法

広告費用 ÷ 表示回数 × 1,00

例:10万円の広告費で10万回表示された場合の動画広告単価は1,000円

表示回数の最大化を目指して配信されるため、多くのユーザーからの認知を獲得したい商品・サービスの動画広告に最適です。スキップできない数秒程度の動画広告配信に採用されることの多い課金形態です。

CPC(Cost Per Click)

CPC(Cost Per Click)とは、動画広告が1回クリックされるごとに広告費用が発生する課金形態のことです。上述したCPMとの違いは「表示回数」なのか「クリック回数」なのかですが、どちらも動画以外のリスティング広告で幅広く採用されていることが特徴です。

動画広告の単価算出方法、および費用の計算例は以下の通りです。

単価算出方法

広告費用 ÷ クリック回数

例:10万円の広告費で100回クリックされた場合の動画広告単価は1,000円

クリックごとに料金が発生するCPCは、動画広告のパフォーマンス、単価あたりの費用対効果を測定しやすいため、動画広告を継続的に改善していくのに最適です。

一方、入札制が基本となるため、競合の存在によっては動画広告の単価が高額になりがちなのもCPCの特徴です。単価の幅が大きくなる要因でもあります。

CPD(Cost Per Day)

CPD(Cost Per Day)とは、動画広告を掲載する日数に応じて課金される、予約型の課金形態のことです。YouTubeのマストヘッド広告などで採用される課金形態ですが、採用するメディアはそれほど多くはありません。

動画広告の単価算出方法、および費用の計算例は以下の通りです。

単価算出方法

広告費用 ÷ 掲載日数

例:10万円の広告費で10日間掲載する場合の動画広告単価は1万円

YouTubeホーム画面に表示されるマストヘッド広告で採用されているなど、幅広いユーザーにリーチできるのがCPDの特徴です。動画広告のジャンルなどによって単価は大きく変動しますが、ブランディング用途などに最適な課金形態です。

CPF(Cost Per Follow)

CPF(Cost Per Follow)とは、SNS広告でフォロワーを1人獲得するためにかかった費用のことです。

動画広告の単価算出方法、および費用の計算例は以下の通りです。

単価算出方法

広告の出稿額 ÷ 新規フォロワー数

例:10万円で新規フォロワーを1万人獲得できた場合のCPFは10円

ユーザーにとって有益な情報を届けることで、同じ予算でもフォロワーの獲得数を上げられます。

CPE(Cost Per Engagement)

CPE(Cost Per Engagement)とは、「いいね」などを獲得するごとにかかる費用のことです。

動画広告の単価算出方法、および費用の計算例は以下の通りです。

単価算出方法

広告の出稿額 ÷ エンゲージメント数

例:10万円で新規フォロワーを1万人獲得できた場合のCPEは10円

Instagramでは、エンゲージメントを確認するために、プロアカウントに変更する必要があるので注意しましょう。

各メディア広告の単価・特徴

主要メディアではどのような動画広告を活用できるのでしょう。単価やメディアごとの特徴を交えながら解説していきます。

YouTube広告の単価・特徴

YouTubeで活用できる主な動画広告は「インストリーム広告」「バンパー広告」「ディスカバリー広告」「マストヘッド広告」の4つ。それぞれ以下から簡単に解説していきます。

  • インストリーム広告

    インストリーム広告とは、文字通り、YouTube動画のストリーム中に流される動画広告のことです。再生前・再生途中・再生後などに配信されるパターンがあり、動画広告の途中でスキップ可能な「スキッパブル広告」、最後まで再生される「ノンスキッパブル広告」の2種類に分類できます。

    スキッパブル広告とは、動画広告が再生されてから5秒以降に「スキップできる」インストリーム広告のことです。

    「CPV」の課金形態が採用され、以下の条件を満たした場合に広告費用が発生します。YouTubeスキッパブル動画広告の場合、単価はおおよそ3〜20円程度になることが一般的です。

    • 動画広告を30秒視聴・再生(30秒以上の動画広告の場合)
    • 動画広告を最後まで視聴・再生(30秒未満の動画広告の場合)
    • 動画広告のリンククリックなど、ユーザーがなんらかのアクションを起こした場合

    上記3つの条件を満たさずに動画広告がスキップされた場合、広告費用が発生しないのがスキッパブル広告の特徴です。自社商材に関心を持つユーザーのみに広告費用を使えるメリットがあるといえるでしょう。

    一方、ノンスキッパブル広告とは、6〜15秒の動画広告を活用した「スキップできない」インストリーム広告のこと。

    「CPM」の課金形態が採用され、インプレッション数(表示回数)に応じて広告費用が発生します。YouTubeノンスキッパブル動画広告の場合、単価はおおよそ300〜2,000円程度になることが一般的です。

    動画広告を最後まで視聴してもらえるノンスキッパブル広告は、自社商材の認知獲得やブランディングなどに最適です。ただし、ターゲット以外にも表示されてしまうため、CVRが低めになる傾向があります。そのため、費用対効果を計測しにくい一面もあります。

  • バンパー広告

    バンパー広告とは、YouTube動画のストリーム中に流される動画広告のことです。広告が流れるタイミングも含め、ほぼインストリーム広告と同じと思われがちですが、バンパー広告は「6秒以下の動画広告を活用する」かつ「スキップできない」点で異なります。

    バンパー広告では「CPM」の課金形態が採用され、ノンスキッパブル広告と同様、インプレッション数(表示回数)に応じて広告費用が発生します。目安としての動画広告単価は、おおよそ300〜2,000円程度ですが、動画広告のジャンルに応じて費用は大きく異なるといわれています。

    バンパー広告では短時間でメッセージを訴求できる動画広告が必要なため、商材のプロモーションというよりは、ブランディングなどのイメージ訴求に向いているといえるでしょう。

  • ディスカバリー広告

    ディスカバリー広告とは、サムネイルとテキストで動画広告が表示され、クリックすると動画が再生される広告のことです。

    ディスカバリー広告では「CPC」の課金形態が採用され、動画広告がクリックされた場合のみ広告費用が発生します。ディスカバリー広告の単価はおおよそ3〜20円程度であり、以下の3か所に表示されます。

    • 動画再生中に表示される関連動画の位置
    • 動画の検索結果画面
    • YouTubeモバイル版のトップページ

    検索結果などにもとづいて表示されるディスカバリー広告は、ユーザーの興味を惹きやすい、興味の高いユーザーにクリックしてもらえるメリットがあります。クリックされなければ費用が発生しないため、高いCVRも期待できます。

  • マストヘッド広告

    マストヘッド広告とは、YouTubeのホームフィード画面上部に表示され、音声なしで自動再生される30秒までの動画広告のことです。

    PC版のほかにモバイル版、テレビ画面版の3種類があり、仕様は若干異なりますが、YouTubeホームに表示されるのがマストヘッド広告最大の特徴です。膨大なYouTubeユーザーにアプローチできるメリットがあるといえるでしょう。

    マストヘッド広告には、予約型の「CPD」課金形態が採用されていることは紹介しましたが、インプレッション数(表示回数)に応じた「CPM」課金形態も選択可能です。単価は動画広告のジャンル、時期に応じて大きく変動するため、一概にいくらというのは困難です。

YouTubeの特徴

日本だけでも6,500万人以上のユーザーが利用するといわれるYouTubeは、ユーザーの年齢層や嗜好も非常に幅広いことが特徴。活用できる動画広告の種類も豊富で、比較的単価も抑えられるため、幅広い世代を対象にした商材アピール、ブランディングなどに最適だといえるでしょう。

年齢・性別・関心の高いジャンルなど、動画広告を活用するうえで有効なターゲティングがしやすいのもポイントです。1日1,000円単価で動画広告を開始する企業が多いなど、中小企業や個人事業主でも取り組みやすいのもYouTubeの魅力です。

Facebookの単価・特徴

Facebook広告の単価

Facebookで活用できる主な動画広告は「インストリーム広告」「フィード広告」「ストーリーズ広告」「プレミアム動画・プレイアブル動画」の4つです。これに「CPM」「CPV」「ThruPlay」という3つの課金形態を組み合わせて動画広告を運用できます。

動画広告の種類 課金形態
インストリーム広告 CPM / CPV / ThruPlay
フィード広告 CPM / CPV / ThruPlay
ストーリーズ広告 CPM / CPV / ThruPlay
プレミアム動画・プレイアブル動画 CPM / CPV / ThruPlay

CPVの場合は、動画広告が10秒以上視聴・再生された場合に課金され、おおよその単価は100〜150円程度です。CPMの場合であれば、動画広告の単価は500〜2,000円程度であるのが一般的です。動画広告を再生してくれそうなユーザーを自動でターゲティングしてくれるThruPlayも選べます。

また、広告予算を適正な範囲に収めやすく、「1日の予算」では1日あたりの広告金額と配信期間を設定でき、予算の125%を超えないように制御できるほか、「通算予算」では、配信期間内で決められた広告金額を消化していく方法も選べます。

Facebook広告の特徴

月間アクティブユーザーが2,600万人といわれるFacebookは、30〜50代のユーザーがボリュームゾーンとなる比較的年齢層の高いSNSであることが特徴です。

ThruPlayによるターゲティング、広告予算の適正化がしやすいことと相まって、ビジネス関連の動画広告を高い費用対効果で配信するのに適しているといえるでしょう。

予算の変動を抑えられるFacebookは、計画的に動画広告を出稿できるため、ほかのSNSに比べても参入しやすいメリットが。ただし、若年層のユーザーが少ないため、動画広告の商材には気を付けておく必要があります。

Instagram動画広告の単価・特徴

Instagram動画広告の単価

Instagramで活用できる主な動画広告は「フィード広告」「ストーリーズ広告」「ディスカバリー広告」の3つです。これに「CPM」「CPV」「CPC」「CPI」という4つの課金形態を組み合わせて動画広告を運用できます。

動画広告の種類 課金形態
フィード広告 CPM / CPV / CPC / CPI
ストーリーズ広告 CPM / CPV / CPC / CPI
ディスカバリー広告 CPM / CPV / CPC / CPI

CPVの場合は、動画広告が15秒以上視聴・再生された場合に課金され、おおよその単価は5〜10円程度です。CPMの場合であれば500〜1,000円程度、動画広告がクリックされた場合のCPC単価は50〜100円程度であるのが一般的です。

アプリをインストールした際に単価100〜150円程度課金される課金形態「CPI(Cost Per Install)」も選べます。

また、Facebook傘下であるInstagramは、Facebook同様「1日の予算」「通算予算」の設定ができるのもポイントです。広告予算の適正化はもちろん、最低100円から動画広告をはじめられるのもInstagramの魅力です。

Instagram動画広告の特徴

月間アクティブユーザーが3,300万人といわれるInstagramは、20代の女性ユーザーがボリュームゾーンとなる、Facebookとは対照的なSNSであることが特徴です。

投稿に対するアクション率が高いのもInstagramならではの特徴であり、ビジュアル面を訴求できるファッション、美容系の動画広告に最適です。

細かなターゲティングが可能なため、少ない予算で動画広告から最大限の効果を引き出す、大きな予算で大々的なキャンペーンを実施するなど、使い勝手がいいのもInstagramの魅力です。ただし、ビジネス関連の商材やターゲットの年齢層が高い商材には向きません。

また、以下の記事ではインスタグラムで広告を出稿する際の費用や効果性を高めるポイント解説しています。マーケティングをする上で参考になるでしょう。

Twitter動画広告の単価・特徴

Twitter動画広告の単価

Twitterで活用できる動画広告は、タイムラインに表示される「プロモツイート」「プロモアカウント」などのプロモーション広告。課金形態は「CPV」が基本ですが、視聴・再生の定義が細かいのがTwitter動画広告の特徴です。動画広告の単価は入札・オークションで決定されます。Twitter動画広告の視聴・再生定義は以下の通り

  • 動画広告の半分以上が表示されてから2秒経過した場合
  • 動画広告全体が表示されてから3秒経過した場合
  • 動画広告を6秒以上視聴・再生した場合
  • 動画広告の拡大、もしくはミュート解除した場合

CPVが採用されるTwitterの場合は、動画広告のおおよその単価は40〜100円程度です。上述した通り、入札・オークションによって動画広告の単価は変動しますが、100円以上の単価になるケースはほとんどないようです。

Twitter動画広告の特徴

月間アクティブユーザーが4,500万人といわれるTwitterは、10〜20代のユーザーがボリュームゾーンとなる若年層に活用されるSNSであることが特徴です。

リツイートによる拡散後は広告費用が発生しないため、比較的低予算でも動画広告から大きな効果を引き出せる可能性が高いといえるでしょう。ゲームなどを含む、エンターテインメント系商材にはTwitterが適しているといわれています。

動画広告を効果的に活用するポイント

動画広告を効果的に活用するにはどうするべきなのでしょう。第一に、動画広告の目的・ターゲットに応じて適切なメディアを選ぶことが重要です。

他にも動画広告を制作・出稿する際の注意ポイントを簡単に紹介していきます。

  • 動画広告のターゲットを決める
  • 動画広告の媒体とターゲットを考える
  • 動画広告は最初の3秒までが勝負
  • 動画広告の分析機能を改善に活かす
  • Instagramは尺を短くするべき

動画広告のターゲットを決める

動画広告を作るときは、広告のターゲットを決める必要があります。これは、どの動画媒体でも同じです。

ターゲットを決めなければ、どんな内容にしていいかわからなくなるでしょう。動画の作成をスムーズに進めるためにもターゲットをしっかり決めるところから始めましょう。

動画広告の媒体とターゲットを考える

動画広告を作る際は、媒体とターゲットの相性の把握が大切です。ターゲットと相性が悪い動画媒体を選択した場合、本来届けたかったターゲットに届きません。

例えば、若者に届けた場合はInstagramを使う、40代以上に届けた場合はFacebookを活用するなど、ターゲットによって異なります。

届けたい広告を届けたいターゲットに届けるためにも、動画広告の相性を考えましょう。

動画広告は最初の3秒までが勝負

動画広告は、ユーザーに視聴・再生してもらわなければ意味がありません。これは動画視聴が目的のYouTubeであっても同様です。続きを見たい、つい惹き込まれてしまう動画広告にするためにも、最初の3秒まででユーザーの心をつかむ構成が動画広告には必要です。

ただし、視聴する側からすれば「3秒」といえども意外に長く感じるものです。特にSNSの場合はその傾向が顕著です。YouTubeであれば「スキップボタン」が出るまでの3秒、SNSであれば最初の1秒が勝負になります。

動画広告の分析機能を改善に活かす

テレビCMや雑誌広告と違い、動画広告は簡単に効果測定・分析できるのが特徴です。完全視聴率や離脱箇所を含めたデータを収集・分析し、動画広告の改善に向け、仮説を立てて継続的なPDCAを回していくことが大切です。

もちろん、一度制作した動画広告に修正を加えるのは簡単ではありません。しかし、動画広告制作時に充分な素材を用意できるよう多めに撮影しておくという方法も。素材が多ければ、編集作業のみでバリエーション豊かな動画広告を制作するのも可能です。

Instagramは尺を短くするべき

動画広告の尺(長さ)は、できる限り短くすることが基本ですが、出稿するメディアに応じて適切な尺は異なります。YouTubeであれば15〜30秒程度でも問題ない一方、Instagramに動画広告を出稿するなら、3〜10秒程度に尺を抑えるのが理想でしょう。

これは、動画の視聴自体が目的となるYouTubeと異なり、スマートフォンユーザーの多いSNSでは「動画広告がスクロールで流れてしまいやすい」からです。

特にその傾向が強いのがInstagramです。ただし、FacebookやTwitterにも同じことがいえるため、どちらも動画広告の尺は10〜15秒程度に収まるよう、コンパクトにまとめることがおすすめです。

まとめ

今回、動画広告の単価、メディア別の特徴・動画広告の単価、効果的に動画広告を活用していくためのポイントを紹介しました。

動画広告はたしかに有効なマーケティング手法ではありますが、メディアに応じた適切な動画広告を制作するにも、効果的に運用していくにも、ある程度の知識・ノウハウが求められます。動画広告をうまく制作・活用できるのか?不安を感じる方も少なくないでしょう。

そんなときは、動画マーケティングを得意とする優良な動画制作会社との協働を検討するのがおすすめ。「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良な動画制作会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイント。動画制作会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

監修者の一言

動画広告の相談を受けることが増えたのですが、大抵は「YouTubeに広告を出したい!」という相談が多いです。私のクライアントは中小企業の方が多いのですが、個人的にはYouTubeに広告を出すよりもFacebookやInstagramといったSNS系の媒体の方が合っているケースが多いです。

例えば小売業で一般的な消費者に向けている商品の動画広告の場合、YouTube広告にするのと、SNSで数秒だけしか表示されないけどサクッと見れるものだとどちらが良いでしょうか。この事例の場合はSNSで広告を配信した方が効果が出やすいかと思います。

一方、大企業が新商品のプロモーションを不特定多数の人にアピールしたい場合はYouTubeの広告が適していたりします。予算もそうですが、媒体を利用している年齢・性別・世代などの層に合った配信先を選ぶことが広告を成功させる重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す