データ入力代行の費用相場は?代行会社の選び方・おすすめサービス7選も紹介!

更新日:2021年03月02日 発注カテゴリ: データ入力代行・オペレーター
データ入力代行の費用相場は?代行会社の選び方・おすすめサービス7選も紹介!

「データ入力代行サービスに興味がある」「どんな会社・サービスが最適なのか探している」そんな企業担当者の方は少なくないはず。なぜなら、市場競争が激化する一方の現代では、業務効率化を図って生産性を上げ、企業の競争力を高めていくことが至上命題になりつつあるからです。しかし、クオリティの高い成果物が期待できるデータ入力代行サービスでなければ業務を効率化できません。費用負担が大きくなれば本末転倒。「どんなデータ入力代行会社・サービスを選べばいいのか?」そんな悩みを抱える企業担当者の方に向け、本記事では、データ入力代行サービスの費用相場を解説するとともに、データ入力代行会社の選び方、おすすめサービスも紹介していきます。

データ入力代行サービスとは?

データ入力代行サービスとは、文字入力・データ入力・集計・リスト化など、日常的に発生する企業の事務作業を代行してくれるアウトソーシングサービスです。

商品・サービスのコモディティ化・グローバル化が加速する現代では、社内のリソースを効率的に活用するため、外部のリソースを積極的に活用していこうという機運が高まっています。部署全体の業務をアウトソーシングする「BPO(Business Process Outsourcing)」を活用する企業も増加。そんななか、もっとも手を付けやすくアウトソーシングしやすいのがデータ入力だといえるでしょう。

データ入力自体はだれにでもできる業務ではありますが、利益に直結しないノンコア業務であるのも事実。そのため、データ入力のプロフェッショナルが正確かつスピーディーに業務を遂行してくれる、データ入力代行サービスの活用が進んでいるのです。

文字・データ入力

データ入力代行サービスは、情報をデータ化する業務であればほぼなんでもアウトソーシングできるのが特徴。なかでもニーズが高いのは、紙ベースの情報をデータ入力していく「文字・データ入力」業務です。

手書き書類のデータ化、申込書などのデータ化、顧客リストの入力など、さまざまなデータ入力業務を委託可能。イベント・コンベンションで収集された名刺をデータ入力していくなど、必須ではあるものの煩わしくてまのかかる業務をアウトソーシングできます。

データ化・リスト化

もちろん、ただ単にデータ入力していくだけでは、いざデータを活用しようとしても使いにくいものになってしまいがち。データ入力代行会社を活用すれば、ノウハウを活かした独自の入力規則に従って、使いやすく整理されたデータを用意してくれるのもポイントでしょう。専用ツール、表、グラフを活用し、視覚的にもわかりやすくデータ化・リスト化してくれます。

アンケート集計

ビジネスを成長させていくためには、顧客の声を反映させた商品・サービスの継続的な改善が必要。そのための重要な要素となるのがアンケートです。ただし、アンケートから得られるさまざまな回答を、的確かつわかりやすくまとめるのは簡単ではないのも事実。そんなときにもデータ入力代行会社を活用できます。アンケートをシートにまとめ、結果をグラフなどで簡単に把握できるマーケティング資料を作成してくれます。

データ入力代行サービスの費用相場

必須かつ正確さが要求されるものの、できる限り効率化したいデータ入力業務はアウトソーシングするのがベスト。そんなときに気になるのはやはり費用相場。適切なデータ入力代行会社・サービスを選定するためにも、おおまかな費用相場を知っておきたい方は多いでしょう。以下からは、委託業務ごとの目安となる費用相場を紹介していきます。

代行の種類 費用相場
文字入力 1文字あたり0.5円
ページ入力 1ページあたり800円
データベース入力 1レコードあたり35円
名刺・名簿入力 10項目あたり50円
データ集計・グラフ作成 1設問あたり400円
スキャニング 1枚あたり4円

サービス内容・納期でも費用相場は変動

目安となるおおまかな費用相場を紹介しましたが、もちろん、データ入力代行会社によって費用・単価は変動します。クオリティを重視する会社・サービスは単価がやや高めになる一方、アジアなどにオフショア拠点を持つ会社・サービスであれば、コストパフォーマンスを売りにしている場合もあるでしょう。

データ入力代行サービスは委託会社での作業が基本ですが、セキュリティ面からスタッフ常駐を希望すればそれだけ費用も高額になりがち。データ入力代行サービスのみに限ったことではありませんが、納期が短ければそれだけ単価も高くなります。ニーズとコストのバランスを考慮しつつ、最適なプランを提案できるデータ入力代行会社を選定するのがポイントです。

おすすめのデータ入力代行サービス【7選】

データ入力代行サービスにどのような作業を委託できるのか?委託業務ごとの費用相場はどの程度なのか?把握できたところで、おすすめのデータ入力代行会社・サービスを厳選して紹介していきましょう。どの会社・サービスも、豊富な実績・ノウハウを誇り、サービスの充実度・正確性に定評があります。

シスプロデータプロ

シスプロデータプロ

参照元:シスプロデータプロ

  • 年間取引実績2500社以上
  • 中国事業所との連携で低価格を実現
  • 個人から大企業までは幅広く対応

設立して20年以上経ち、これまで個人事業者や大企業、官公庁などで幅広く導入され、現在では年間で2500社以上の取引実績を持つ入力代行サービスです。中国武漢市にオフショアオフィスを持ち、データを連携して低コストを実現しています。主力サービスであるデータ入力代行の他に、スキャニングやDM発行代行サービスなど多数の関連サービスを提供。武漢市のオフショアオフィスを活かした日中翻訳サービスも提供しています。

企業情報

住所:大阪府 大阪市北区梅田2丁目4番13号 阪神産経桜橋ビル6F

ナレッジデータサービス

ナレッジデータサービス

参照元:ナレッジデータサービス

  • 日本全国対応のデータ入力代行サービス
  • 大学や学術機関などの専門業界で圧倒的な実績量を持つ
  • データ入力後に追加できるサービスが充実

ナレッジデータサービスは大学や学術機関などの専門業界で圧倒的な実績量を持つ全国対応のデータ入力代行サービスです。手元にある活用できない紙情報をマーケティングで活用できるように、エクセルやワードなど多数の納品形式でデータ化してくれます。また、集めたデータの入力・編集・加工をワンストップで提案してくれるので、活用法に困った場合にも最大限サポートしてくれます。データ入力の他にDM発送や古いデータとの統合、データ重複の最適化など追加で対応可能なサービスが豊富に用意されているので、データ入力業務から延長して手間のかかるこれらの業務を依頼することができます。

企業情報

住所:京都府 京都市北区小山北大野町14

リードコンピュータサービス

リードコンピュータサービス

参照元:リードコンピュータサービス

  • データ入力代行専門会社として35年の実績を持つ
  • 入力したデータは二段階で確認
  • 徹底したセキュリティ対策でクライアントのデータを守る

株式会社リードコンピュータサービスは35年以上の実績を活かし、安心と信頼の入力代行サービスを提供しています。データを入力するスタッフと入力したデータを確認するスタッフを別々にすることで、データ漏れなどのミスを防ぐ対策をしています。使用したデータは社内で速やかに処理され、外部に持ち出さず、漏洩や流出を防ぎます。伝票や名簿、アンケートなど電子化されていないものも対応可能で、希望の形式で納品データを作成。クライアントの様々なニーズに応えます。

企業情報

住所:埼玉県 深谷市小前田2373-26

プロセス・マネジメント

プロセス・マネジメント

参照元:プロセス・マネジメント

  • 顧客リスト、名刺、書類など格安料金で入力代行
  • 大学や病院のアンケート集計で多数の実績
  • 目視チェックとシステムチェックで入力精度は99%

アンケートや顧客リスト、名刺、書類の入力代行を格安料金で依頼できるデータ入力の専門部隊です。格安料金かつ安全にクライアントをサポート。社員全員が個人情報保護士の資格を持っており、高いセキュリティで安心して入力代行を任せられます。データ入力後に目視チェックとシステムチェックで抜け・漏れを確認。システムを使った効果的な確認で高い制度を誇ります。また入力代行後にダイレクトメールの発送や、封入・発送までワンストップで依頼することができるのが特徴です。

企業情報

住所:東京都 品川区西五反田7-22-17 TOCビル4F

うるるBPO

うるるBPO

参照元:うるるBPO

  • 取引企業は4500社以上を誇る
  • 目的達成にフォーカスした戦略的提案
  • 海外拠点を持ち、低価格を実現している

うるるBPOは取引企業が4,500社以上を誇り、受託案件は累計25,000件以上の人気サービスです。圧倒的低コストで名刺や名簿、手書き原稿、アンケートなどあらゆる用紙をデジタルデータ化します。日本国内だけでなく、人件費の低い海外にも拠点を持っているため低コストでの受注を実現しています。また、豊富な実績からクライアント企業の課題を発見し、目標達成のために最適な戦略を提案してくれるのも特徴です。成果物は自社内の検品チームがあらゆる方面からチェックするので高い精度で納品されます。セキュリティ対策も万全でPマークを取得しており、安心して入力代行を依頼できます。

企業情報

住所:東京都 中央区晴海3丁目12-1 KDX晴海ビル 6F

アレスクリエイション

アレスクリエイション

参照元:アレスクリエイション

  • 高いデータ入力技術でクライアントの信頼を得ている
  • データ代行で個人情が特定されないよう万全なセキュリティ対策
  • 官公庁や大企業にも依頼される高水準なサービス

「会員申込書」「懸賞応募ハガキ」など様々なデータ入力を対応しており、高いデータ入力技術が特徴です。また、データ入力は個人情報保護士・情報セキュリティ管理士監修の元行われ、セキュリティ対策に気をつけています。セキュリティ対策と高水準の入力精度が評価され、機密情報を扱っている官公庁や大企業もクライアント企業のサービスです。データ入力以外にも画像のスキャン代行やDM封入・発送代行など、幅広いラインナップでクライアントのニーズに応えます。

企業情報

住所:大阪府 大阪市中央区常盤町2-1-13 大松ビル3階

フジ子さん

フジ子さん

参照元:フジ子さん

  • オンラインで必要な際に依頼できる
  • 東証一部上場企業や医療機関、中小企業など実績多数
  • 掛かった時間だけ料金を請求

オンラインアシスタントサービスであるフジ子さんは専門性の高いスタッフが多数在籍しているので、データ入力以外にもパソコンを使った業務なら何でも依頼できます。フジ子さんに在籍しているスタッフは在宅で勤務しているので、チャット上で業務の指示を送ります。業務時間の区切りが1分単位でカウントされるため、業務に掛かった時間分の費用しか請求されないので、必要な時に必要な時間だけ業務を依頼できます。東証一部上場企業や医療機関、中小企業など実績豊富で、サポートが手厚いのも特徴です。

企業情報

住所:東京都 中央区銀座6-14-8銀座石井ビル4F

データ入力代行会社を活用するメリット

データ入力代行会社を活用すれば、必須でありながらも煩わしいノンコア業務から解放されます。しかし、煩わしさから解放されたと喜んでいるだけでは、アウトソーシング効果を最大化できません。データ入力代行会社を活用するメリットをしっかり把握し、得られたメリットを最大限活かしていく体制を整えていく必要があるでしょう。

コア業務に集中できる・生産性が高まる

データ入力というノンコア業務から解放されるということは、自社従業員がコア業務に集中できることを意味します。ノンコア業務に費やしていた時間をコア業務に割り振れれば、その分だけ利益に直結しやすくなり、結果的に会社全体の生産性が高まります。これは、データ入力代行会社を活用する最大のメリットだといえます。

ただし、ノンコア業務から解放された分だけ生産性を高める、という意識を全従業員が持っていることが大前提。余裕を持って仕事できるといった感覚のままでは、時間を有効活用できません。

コスト削減効果が期待できる

ノンコア業務であるデータ入力をアウトソーシングすることで、大きなコスト削減効果が期待できます。たとえば、名刺入力業務を例に考えてみましょう。氏名のみ(4文字換算)入力した場合、1日(7.5時間)で約3,500件の入力が可能だといわれています。

  単価 合計
データ入力代行サービス 2円 / 1氏名 7,000円
アルバイト従業員 時給1,200円 9,000円
正社員 時給2,000円換算 15,000円

実費だけでも非常に大きなコスト削減効果が得られるのがわかります。特に、正社員が残業してデータ入力している状況であれば、データ入力代行サービスの費用を残業代で補ってもあまりある、大きなコスト削減効果が得られます。

クオリティの高い成果物が期待できる

データ入力はだれでもできる業務ではありますが、スキルに応じてクオリティに差が生じるのも当たり前。データ入力のプロフェッショナルが作業するデータ入力代行サービスなら、スピーディーかつ正確な、クオリティの高い成果物を納品してもらえます。

もちろん、人間がタイピングするデータ入力にはミスが付き物。これを踏まえたうえで、複数人で入力作業を分担するなど、ミスを最小限に抑える工夫をしているのもデータ入力代行サービスを使うべき理由。ほぼ100%に近い正確さの確保された作業を期待できます。

テレアポ代行・営業代行サービスと併用する企業も

データ入力代行サービスを活用することによって得られるメリットは、特に営業スタッフの負担を軽減してコア業務への集中、生産性の向上を期待できること。データ入力代行会社を活用するメリットとは直接関係ありませんが、そもそも営業リソースの足りない企業・店舗では、テレアポ代行・営業代行サービスも併用し、より生産性を高める工夫をしている場合も。自社リソースの状況に応じて、さまざまなアウトソーシングサービスを活用するのもおすすめです。

データ入力代行会社の活用にデメリットはある?

業務効率化・生産性向上のためにも積極的に活用していきたいデータ入力代行サービスですが、デメリット面がないわけではありません。すべての会社・サービスが当てはまるわけではありませんが、リスクマネジメントのためにもデータ入力代行のデメリット面を知っておくことも必要です。

セキュリティ面での不安

データ入力代行会社に依頼する業務は、名刺・顧客などの個人情報データ、機密情報を含む自社データである場合がほとんど。万が一の情報漏えいなど、セキュリティ面でのリスクがゼロだとは言い切れません。アウトソーシングに不安を感じる企業担当者の方も少なくないでしょう。

ただし、情報漏えいが発生するのは「自社内部から」である場合がほとんど。プライバシーマークを取得するなど、しっかりと情報保護に対する意識を持つデータ入力代行会社に依頼すれば、セキュリティ面で問題になることはほとんどありません。

必ずしも優良会社とは限らない

どのような業界・業種でもいえることですが、すべての企業・会社が高い意識を持ってサービスを提供しているとは限りません。データ入力代行会社のなかには、品質の低いサービスしか提供できない企業・会社が紛れ込んでいることも考えられるのです。

クオリティの高いサービスを提供する会社を見極めることが重要ですが、そのためには担当者の対応で判断するのがおすすめ。迅速なレスポンスが得られるか?疑問や問い合わせに明確かつ誠実に応えられるか?などで判断するといいでしょう。

データ入力代行会社選びのポイント!

担当者の対応を見るだけでは、優良なデータ入力代行会社を見極めるのに充分とはいえません。総合的なバランスに優れた適切な会社を選定するためにも、ほかにチェックしておくべきポイントがあります。簡単に解説していきます。

費用・料金は適正か?

大きなコスト削減効果が得られるとはいえ、アウトソーシング費用をなるべく抑えたいのはどこの企業も同じ。しかし、費用・料金・単価のみでデータ入力代行会社を選定するのはおすすめできません。あまりにも安い料金を提示する会社は、どこかでムリをしている可能性が高く、結果的にクオリティの高いサービスが期待できないからです。

たとえば、単価が安ければオペレーターの人件費を抑えているかもしれません。低賃金で作業を続ければ、高いクオリティの納品物を期待するのは困難。サービスに見合った適正な費用・単価で、クオリティの高いサービスを提供してくれるデータ入力代行会社を選ぶべきです。

セキュリティは確保されているか?

データ入力代行サービスのデメリットとして、セキュリティ面での不安があるのは事実。こうしたセキュリティ面での不安を解消するため、データ入力代行会社がどのように取り組んでいるのか?確認しておくことが重要です。

プライバシーマークの取得などの明らかに確認できる要素はもちろん、従業員の入退出にIDカードを活用しているか?データ入力に専用の端末を使っているか?機密情報・個人情報をどのように保管しているか?確認しておくことがポイント。意識の高いデータ入力代行会社であれば、ホームページなどで公開しているケースもあります。

豊富な実績を持っているか?

実績が豊富だということは、クライアントから信頼されている証拠。積み重ねた実績はノウハウとなり、さらにクオリティの高いサービスにも結びつきます。つまり、データ入力代行会社を選定する際には、どの程度の実績を誇る会社なのか?を確認するのも重要なポイントです。

近年では、ホームページで実績を公開するデータ入力代行会社も増えましたが、クチコミや評判なども参考にできればベスト。どのような分野を得意にしているのか?データ入力代行会社の特徴を見極めるのも重要です。

見積もりは必ず複数社から取る!

データ入力代行会社を選定する際にもっとも重要なポイントは「複数の候補先から同じ依頼内容で見積もりを取る」ことです。すでに紹介したように、データ入力代行会社によっても、サービスによっても費用相場はまちまち。1社のみから見積もりを取るだけでは、それが適正価格なのかの判断もできません。

複数の候補先から見積もりを取れば、費用・単価を比較検討できます。作業項目ごとに金額明示されている、わかりやすく詳細に作成されているなど、見積書を見るだけでもデータ入力代行会社のサービスクオリティを判断できるでしょう。

まとめ

激化する競争を勝ち抜いて企業が生き残っていくためにも、業務効率化・生産性向上は至上命題。ノンコア業務の負担を軽減し、従業員がコア業務へ集中できる環境を実現できる「データ入力代行サービス」は、生産性向上に向けてもっとも手の付けやすい分野だといえるでしょう。しかし、ただ安いからと安易に依頼先を選定しては、効率化できるはずだった業務遂行に支障をきたしてしまう可能性があります。

自社ニーズに見合った優良データ入力代行会社を選定するためにも、複数の候補をピックアップして絞り込んでいくことが重要です。「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良なデータ入力代行会社をスピーディーに探せます。複数の会社に無料で相談できるのもポイント。データ入力代行会社の選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

データ入力代行・オペレーターを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

データ入力代行・オペレーターの案件一覧

データ入力代行・オペレーターのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら