電気工事の費用・料金と見積もり時のポイント「比較ビズ」

電気工事の費用・料金と見積もり時のポイント

更新日:2017年12月26日 発注カテゴリ: 電気・回線工事
電気工事の費用・料金と見積もり時のポイント

これから起業する方、店舗を新しく移転する方にとって、電気工事はまず初めに必要となる工事となります。その為、どこの業者に頼んだら良いのかが悩むところかと思います。今回、どんな工事があるのか、費用はどのくらいかかるのか、種類はどのくらいあるのか、見積り時のポイントなどまとめてみました。業者選びに関して、事前に把握すべきポイントとなるため、是非参考にしてみて下さい。

電気工事とは

基本的に発電所で生まれた電気を、一般的に使えるようにするのが電気工事です。建設業の中で送電線、配電盤、電灯、電力機器などの設備の工事を行う専門工事のことを言います。

電気工事と一口に言っても、細かく分けると様々な工事があるため、ニーズに合わせた業者選びが必要です。工事をするには、原則として電気工事士の資格が必要となります。

電気工事の種類

電気工事とは、工具などが揃っていれば自分でも対応することが出来るのですが、素人が配線などを触ることで停電してしまったり、怪我をしてしまったりと、危険と伴う為、オススメは出来ません。知識やノウハウを持つ業者に依頼することで、手間や時間がかかる工事をスムーズに終えることが出来、安全面もしっかりとしています。また、電気工事は種類も多い為、専門知識を持つ業者に依頼することがオススメです。

照明器具取付工事

一般的な照明の取り付けや、交換工事。LED照明のサポートをします。

コンセント・スイッチ増設

電源コンセントの新設・移設・増設工事を行います。

アンペアの増設工事

ブレーカー・分電盤の交換工事、専用回路増設工事を行います。

パソコン配線・LAN工事

LAN配線工事や、パソコン設置工事を行います。

テレビアンテナ・設置工事

新規のアンテナ設置や、既設アンテナ撤去工事。テレビの設置や、コンセントの増設を行います。

エアコン取付け・取外し・移設工事

エアコンの取り付けから、撤去工事。エアコンの水漏れ修理やクリーニングを行います。

厨房換気扇・レンジフードのダクト工事

換気扇の取り換え工事やクリーニング。レンジフード取り替え工事やダクト工事を行います。

太陽光発電・オール電化設置工事

昨今ニーズが高まる太陽光システム・オール電化。最も形状に適した設置工事を行います。

防犯カメラ・セキュリティ設置工事

セキュリティ工事は用途によって、様々なため、貴社に合わせた設置工事を行います。

電気工事の費用・料金

照明器具取付工事

照明器具取り付け工事5,000円〜
スイッチ取替え工事5,000円〜
照明増設配線工事8,000円〜
配線器具交換工事5,000円〜
LED照明工事 15,000円〜

コンセント・スイッチ増設

コンセント・スイッチ取替え工事3,000円〜
コンセント増設工事5,000円〜
屋外用コンセント増設工事12,000円〜
専用コンセント増設工事15,000円〜

アンペアの増設工事

ブレーカー交換工事5,000円〜
ブレーカー新設20,000円〜
分電盤交換25,000円〜
電圧切り替え3,000円〜
漏電調査・改善工事8,000円〜

パソコン配線・LAN工事

LAN配線工事12,000円〜
LANコンセント増設5,000円〜
通信用配線15,000円〜
電話モジュラージャック増設・移設工事10,000円〜

テレビアンテナ・設置工事

  
地デジアンテナ・BS・110度CS工事15,000円〜
アンテナ修理・撤去工事15,000円〜
テレビコンセント増設工事10,000円〜
テレビコンセント取替え工事4,000円〜
アンテナ取外し9,000円〜

エアコン取付け・取外し・移設工事

   
エアコン取付け工事(2.2kw〜5.0kwまで)16,000円〜
エアコン取付け工事(6.3kw、7.1kw大型機種)19,000円〜
業務用エアコン取付け工事32,000円〜
エアコン撤去工事5,000円〜
エアコンクリーニング12,000円〜

厨房換気扇・レンジフードのダクト工事

換気扇(壁掛け)取り替え工事5,000円〜
換気扇(天井)取り替え工事6,000円〜
レンジフード換気扇取替え工事16,000円〜
給気口増設工事8,000円〜
換気扇の掃除5,000円〜

太陽光発電・オール電化設置工事

メーカーや容量(kW数)などで価格が違います。直接業者に問い合わせるとこをオススメします。

防犯カメラ・セキュリティ設置工事

防犯灯設置28,000円〜
センサーライト設置16,000円〜
自動点滅器取付け6,000円〜
防犯カメラ設置35,000円〜

電気工事の見積もりのポイント

業者に工事を頼む以上、費用は発生します。しかし工事内容によっては、もしかしたら安くすることができるかもしれません。電気工事の費用を安くするポイントを、いくつかご紹介します。

補助金制度を確認する

県、市区町村によっては特定の電気工事に補助金制度を設けていることがあります。例えば、LED照明の設置工事や、防犯カメラの設置工事です。自治体によって制度の有無は違いますし、条件などはあります。更に、手続き申し込みの期限も設定されていることがありますが、一度確認してみると良いでしょう。

修理か交換の判断を適切に

壊れるたびに修理を必要とするなら、いっそ新しくしてしまった方が安くすむ場合もあります。修理だけで十分なのか、交換すべきなのかは判断しにしにくく、専門的な知識も必要となるため、業者に相談してみると良いでしょう。

居抜き物件を選ぶこと

営業したい飲食店と同業種の居抜き物件であれば、初期費用をかなり抑える事が出来ます。

工事業者の選択

電気工事のみ依頼する場合は、内装業者より、工務店やリフォーム会社に依頼する方が、契約電力と電圧のバランスについてのアドバイスも聞けるため、総合的に安くなります。

話を聞いてくれる業者に依頼する

単純な事かもしれませんが、重要なポイントです。話半分に業者が独断で工事を行った場合、予想外の費用がかかったり、高額な見積りになる可能性もあります。事前に、しっかりと話を聞き、不安を無くすことが大切です。

電気工事業者の選び方

電気工事会社に依頼をする時には、

  • 初めに工事内容をきちんと説明してくれること
  • 期間や騒音などの問題にしっかりと対処してくれるとこ
  • 実績のある電気工事会社に相談をすること
  • 得意不得意な分野があるため、事前に専門の分野を把握すること
  • 工事終了後のアフターケアに優れていること
  • 地域からの信頼が熱いこと

以上の項目を事前にしっかり把握してから、業者選びをすることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。電気工事と一口に言っても、細かな工事から大きな工事まで種類も多く、かかる費用も、個数や大きさ広さによって様々になります。また、専門的な分野となる為、自ら行うには安全面からも、手間と時間からみても、なかなか出来るものではありません。

業者を選ぶ際のポイントなど、事前に自社でしっかりと把握することが大切です。また、費用を抑えるときのポイントなども参考にしてみて下さい。比較ビズには、電気工事会社の登録もございますので、是非参考にしてみて下さい。

電気工事の費用・料金と見積もり時のポイント

気に入ったら「いいね!」をクリック
比較ビズがビジネスに役立つ情報をあなたにお届けします

比較ビズへ掲載しませんか?

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら