テナントのリフォームで聞くc工事ってなに?その特徴と注意点をチェック!

更新日:2020年08月06日 発注カテゴリ: 店舗内装・設計
テナントのリフォームで聞くc工事ってなに?その特徴と注意点をチェック!

企業経営をしていく上で、社内に蓄積された経験や知識だけでは対応できない事態は度々起こります。また、特定の問題に対応してきたものの、より効果的に対処するためには専門家の意見が必要だと感じることも少なくありません。そこで、コンサルタントの助けを得るというのは、企業にとって大きな助けとなります。コンサルタントが行う業務の範疇やどんな種類があるのかを理解しておくのは大事です。そうすることで、適切なサポートを得られるからです。

コンサルタントとは?

そもそもコンサルタントとは、「助言」を意味する英語から来ています。企業においては、経営に関係する様々な問題や改善のための課題について相談に乗り、専門家としての立場からアドバイスを提供するプロやその業務を指します。

専門性が非常に強い業務ですので、一つのジャンルに特化していることがほとんどです。そのため、内容によって、複数のコンサルタントに頼ることもあります。

相談したい内容によってコンサルタントが変わることになりますし、専門知識や経験が求められる業務ですので、信頼のできるプロを探し出すことが欠かせません。そのためにも、まずはコンサルタントの具体的な業務やその特徴をチェックすることは大事です。

業務内容

種類によって違いはありますが、通常、コンサルタントは相談業務をメインとします。経営上の問題などについて経営者が疑問を提示し、それを解決するための方策を提案するという流れになります。

それに伴って、データ収集や現状の分析を行うことも多いです。そのデータに基づいて、根本的な問題点を洗い出し、問題解決の手法を見つけるのです。

また、場合によっては公的機関における手続きや事業再編に伴う組織など、様々な作業が必要となりますので、その支援も行います。書類作成や実際の手続き代行、関係者との折衝なども実施するケースもあります。

このように、単に相談に乗るだけのこともあれば、総合的な支援を行うこともあり、業種や課題によって行う業務範囲は変わってきます。また、コンサルタントによっても差が大きく出ることもあります。

特徴

すでに様々な問題に直面し、それをクリアしてきた経営者にアドバイスを与えることになるわけですから、コンサルタントには非常に高い専門知識や判断力が求められます。難しく複雑な問題であっても的確に解決できるよう助けられる能力が必須です。

こうしたことから、コンサルタントのほとんどは、特定の分野に限定して支援を行っているのが特徴です。一つの分野に集中しているからこそ、より専門的で深い知識と判断力を培えるのです。

また、多くの企業を支援してきた経験がありますので、机上の知識だけでなく、実践的なノウハウを所有しているというのもポイントです。たとえば、公的機関への届出などは、書類の書き方次第で回答が変わることもありますので、実務的なノウハウを持つコンサルタントの力は大きなものがあります。

メリット

コンサルタントに頼ることによって、自分たちだけでは得られない解決法を知ることができます。その分、複雑そうに見える問題であっても、スムーズにかつスピーディーに解決できるのが大きなメリットです。

このように、外部の知見に頼れるというのが魅力で、コンサルタントに頼ることによって、自社の中にもノウハウを蓄積できるというのもメリットです。その分野に特化しているプロの知識を苦労なく得られるのです。

さらに、経営状況などの分析をしてもらうことも多いので、外部からの客観的な評価を知ることができるというのも大きいです。自分たちでは気づかない自社の強みや弱みを確認できて、それを事業に反映させることが可能となります。

このように、コンサルタントは一企業の力だけでは得られないものを得るために用います。そのため、良きビジネスパートナーとなります。

場合によっては、一つの問題に対処するためだけでなく、継続的に付き合っていくことも多いのです。それだけに、コンサルタントを選ぶ際には、長い付き合いになるかもしれないということを考えてじっくりと選ぶことが大事なのです。

費用

コンサルタントの費用はいくつかの報酬体系に分かれています。その一つが成功報酬です。

助成金の申請などでは、受け取りに成功したらそのうちの○○パーセントを支払う、といった形で報酬が決まります。成功報酬は単発での依頼が多く、低コストで頼めるというのがメリットです。

もう一つは月額報酬で、毎月固定額を支払う方法を採ります。このタイプだと顧問契約に近い形になり、継続的な支援を得られるのがメリットです。

長期的に支援を求めたいという時に向いています。時間を問わず相談ができるので、緊急な事案にもすぐ対処しなければならない業種でニーズが高いです。

時間単位で報酬が決まるものもあります。相談業務に特化したサービスで、一時間当たりいくらという形で支払いをします。

相談だけで済む内容や一回だけの依頼では、こちらの方が安く済みます。

コンサルタントを選ぶ際のポイント

種類にもよりますが、コンサルタント業務をしている会社や個人は多く存在しますので、その中から自社に合ったところを見つけるのは簡単ではありません。そのため、いくつかのポイントを押さえておき、長く付き合えるパートナーを見つけたいものです。

実績と専門分野

やはり、高い実績を残しているかどうかというのはとても大事な要素です。コンサルタントは単に知識があれば良いというわけではなく、実際にいろいろな事案をこなしてきて、実践的なノウハウを経験により蓄積していることが欠かせないからです。

また、大規模な案件を行ってきた経験があれば、より複雑な問題にも対処できることが分かります。それぞれの問題や企業規模に見合った実績を残してきたかということをチェックすることで、ニーズに適ったパートナーを得られるのです。

相談したい分野を専門としているかも大事なポイントです。たとえば、一口に経営コンサルタントといっても、中小企業と大企業では異なりますし、財務系や人事系かなどの違いもあります。

必要とする分野を明確にして、それからその分野に強いかどうかを知ることで、適切なサービスを受けられるのです。コンサルタントは専門性の高いサービスですので、できる限りその分野に特化した業務を行っているところの方が安心です。

報酬の妥当性

コンサルタントによって得られる効果に見合った報酬かどうかを確認しましょう。特に、長期的な依頼をしたいのであれば、予算を確保できるかどうかを事前に検討することは重要です。

全体としては、単発での依頼の方が割高になる傾向がありますが、もし継続的な支援が必要ないようであれば、単発依頼にした方が無駄なく予算を使えます。逆に、常に支援が必要な状況であれば、月額プランを申し込んだ方がお得になることもあります。

それぞれの事務所で報酬制度は異なりますので、どのような形で料金が決まるかを調べて、具体的に自分たちのケースではどのくらいかかるかを見るようにしましょう。また、複数の事務所で相見積もりを出してもらって、コスパの優れたところを見つけられるようにすることも必要です。

サポート体制

どのくらいの支援を必要とするかによりますが、サポートの充実度もしっかりと見たいところです。通常の相談業務に加えて、いつでも質問ができるように電話やSNSでの受け付けをしているところもあります。

また、それぞれの企業に対して専任のチームを作り、様々な角度からの支援を提供したり、空白ができないように休みのないサポートをしたりするプランも存在します。もちろん、こうしたサポート体制の違いは料金の差にも表れてきますので、予算とのバランスを見ながら最も安心できるサービスを選ぶことが重要です。

どんな体制を採っているにせよ、楽にコミュニケーションが取れるようにしているというのは欠かせないポイントです。緊急の事案が生じた時に、すぐに連絡を取れ、解決のために働いてくれるかどうかを確認し、選ぶ一つの基準としましょう。

自社との相性

単に能力や実績があれば良いというわけではありません。というのも、多くの場合、コンサルタントは会社が長く付き合うビジネスパートナーとなるからです。

そのため、担当してくれる人との相性やフィーリングというのも大事にしたいものです。気軽に話せるか、聞き取りや分析を丁寧に行ってくれるかなども関係してきます。

コンサルタントは、時に自分たちにとって耳の痛いことを指摘してくることもありますので、それを敬意と信頼を持って受け止められるかはとても大事なことです。そのためには、付き合いやすい人たちかどうかという基準で検討することも必要なのです。

業種別コンサルタントの種類

一口にコンサルタントと言っても、業種やニーズごとにたくさんの種類があります。一般的に利用されることが多い種類を取り上げ、その特徴を見ましょう。これにより、どこを頼ったら良いかを判断しやすくなります。

IT系コンサルタント

社内の業務システムのIT化やマーケティング用のITツールの開発戦略を立てるなどの支援を行います。既存の事業をIT化することによって、業務を効率化したりさらに事業を大きくできたりするチャンスはたくさんありますので、ニーズが高まっている分野です。

また、企業が海外進出する場合や国内支社を設ける場合などは、コミュニケーションを取るためにオンラインシステムを採用することも多いです。そのようなケースで、単発でシステムの構築や具体的な作業サポートを依頼することもできます。

経営戦略系コンサルタント

経営そのものを支援するためのプロ集団です。企業の現状を客観的に調査、分析した上での長中期における戦略を立案する、問題の改善プランを立てるなどの仕事をしていきます。

ほとんどのケースで、戦略プランを立てるだけでなく、具体的にそれぞれの事業部でどのように行動していくかを提案したり、具体的な現場での支援を行ったりします。会社全体の経営に関わることもあれば、特定の事業部だけにコンサルティングをすることもあります。

企業再生系コンサルタント

経営が厳しくなっている状況を専門に支援する種類です。企業がM&Aによって買収されそうになっているケースや、赤字経営が続いているため立て直しを図らないといけない状況などで必要とされます。

自社だけでの再建が可能なのか、支援先が必要なのかの判断を行い、支援先を見つけるなどのサポートまで行うこともあります。会社の規模や法人の種類によっても事業再生の手法は異なりますので、このジャンルの中でも細かく専門分野が分かれています。

また、企業再生においては金融系や法律系の専門家も求められることが多いので、チームとなってプロジェクトを進めていくのも珍しくありません。状況や企業によって、依頼内容も支援の範囲にもかなりの違いが出てきますので、対応できるコンサルタントを慎重に選ぶことが必要です。

財務系コンサルタント

節税対策や会計部門の効率化といった実務的なことから、企業の財務戦略全体を検討することまで、幅広い対応を行います。予算組みや原価管理などにおいて専門的なアドバイスを提供し、コスト削減を図ったり利益率アップを実現したりするのを目標として働くこともあります。

M&Aを検討している場合は、事業再編の要素も含めて適切な金額での再編ができるかどうかを検討するなどの支援も行っていきます。近年、この分野におけるニーズが増えてきていて、M&Aを専門に扱うコンサルタント会社も多くなっています。

組織人事系コンサルタント

企業内再編や事業部の組織再編などを行いたい時に支援業務を行います。企業を成長させるために、人材登用や育成の面でのサポートを行うことを専門にしているコンサルタントもあります。

社員研修や人事評価のための手法を指導したり、実際に研修プログラムを組んで講師を派遣したりするなど、総合的な支援を行っているところもあります。海外事業を始めるため、どのように特定の国で人材を選び、雇用したら良いかを教えるのに強い事務所も存在します。

人事系のコンサルタントを強みとしているところでは人材の紹介も同時に行い、それぞれの企業にとって役に立つ社員を見つける手伝いまでを行うこともできます。小企業から大企業まで幅広くニーズに合った人材を見つけられるルートを持っているところでは、企業の人材力を強めるための大きな助けとなります。

危機管理系コンサルタント

企業の危機管理を専門にサポートします。個人情報の管理などのセキュリティーや社員のトラブルに対応する事案など、様々なケースによって依頼内容が変わってきます。

また、製品に異物混入が生じた場合など、何らかの大きな問題が生じた時に、どのように対応したら良いかを指導するコンサルタントも存在します。顧問契約を結んで普段から管理体制を構築することもできますし、問題が生じた場合にのみ依頼をすることも可能です。

まとめ

コンサルタントは企業が特定分野での改善をしたり、問題を解決したりするための専門家です。実績とノウハウを持った事務所を選び、良きビジネスパートナーを見つけたいものです。

「比較ビズ」では、様々な種類の実績あるコンサルタントを一括比較できるサービスを提供しています。信頼できるプロを見つけられますし、低料金で質の高いサービスを受けられるのがメリットです。

店舗内装・設計を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

店舗内装・設計の案件一覧

店舗内装・設計のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す