おすすめのはんこ・法人印鑑を比較、一括見積もりするなら「比較ビズ」

オフィス用品・機器・回線会社

はんこ・法人印鑑
一括見積もりで比較して探す

はんこ・法人印鑑を一覧から比較・一括見積もりできます。契約時や、業務提携の重要な場面で必要となる「社判・実印」また法人設立時に、法人の実印として法務局に提出するものとなる為、きちんとした字体や丁寧なつくりの物でなくてはなりません。ずっと使うものなので、素材選びや、手掘りにしたいなど、様々な拘りがあるでしょう。丁寧に仕上げることはもちろん、良心的な価格で提案してくれる業者選びがポイントとなります。

オフィス用品・機器・回線会社

はんこ・法人印鑑(実印・銀行印・角印)について

契約や業務提携などで非常に重要になる「社判・実印」から業務で必要な「簡易印鑑」などと意外に必要となるハンコや印鑑。比較ビズでは、オリジナリティのあるものやデザイン性の高いものから比較的に価格安価で手に入れることができるものまで幅広くご対応しております。是非、ご相談ください。

はんこ・法人印鑑探しで、こんな悩みはありませんか?

  • 手掘りの印鑑がほしい
  • 高級感のある印鑑がほしい
  • 短納期出来る業者から比較したい
  • デザイン性の高い物にしたい
  • 法人用角印と法人代表者印のセットで購入したい
  • 自慢したくなるような印鑑がほしい

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

はんこ・法人印鑑を一覧から比較して探す

はんこ・法人印鑑をお考えの方へ!はんこ・法人印鑑を一覧から得意業務や得意業界、費用や実績など様々な条件で比較して絞り込むことができます。一社一社直接お問い合せをしたり、選択した企業にまとめてお問い合せをすることができ、完全無料でご利用頂くことができます。

3件中1〜3件を表示中
法人印料金例「実印・銀行印・角印セット」.(円)
納期例.(日)
特徴
取り扱い商品
特色
会社規模「社員数.(人)」
取り扱い商品・サービス
商品名・会社名 評価点数 関連コンテンツ 法人印料金例「実印・銀行印・角印セット」.(円)納期例.(日)特徴取り扱い商品特色会社規模「社員数.(人)」取り扱い商品・サービス お問い合わせ
実績順  人気順  価格順 
有限会社中央印房
兵庫県神戸市中央区若菜通4-2-8
実績 ☆
人気 ☆
価格 26800円
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
  • 26800円
  • 4日
  • 手彫り
  • 高級素材
  • デザイン
  • 象牙素材
  • チタン・金属素材
  • 水牛素材_
  • 竹・木素材XX_シャチハタ
  • ゴム印
  • ・・・・・
  • ノウハウが充実
  • 5人
  • 印鑑
富田印章堂

印鑑作成は「いい判子屋さん」印鑑通販

実印、銀行印は、こだわりの“生涯保証”

富田印章堂
岐阜県不破郡垂井町1555-1
実績 ☆
人気 ☆
価格 37800円
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
  • 37800円
  • 3日
  • 手彫り
  • 高級素材
  • 技術力
  • 象牙素材
  • 水牛素材_
  • 竹・木素材XX_シャチハタ
  • ゴム印
  • カラー印
  • ・・・・・
  • ノウハウが充実
  • 2人
  • 印鑑
株式会社エイヴィング

はんこ・印鑑

短納期でできます。デザインから対応します。

株式会社エイヴィング
東京都台東区日本堤2-20-7-2F
実績 ☆
人気 ☆
価格 -----
  • コラム
  • 実績
  • クチコミ
  • 短納期
  • 価格
  • デザイン
  • 象牙素材
  • チタン・金属素材
  • シャチハタ
  • ゴム印
  • カラー印
  • ・・・・・
  • ノウハウが充実
  • 印鑑
  • その他
  • 1

はんこ・印鑑について

法人代表者印は法人設立時に必要になります。日本ははんこ社会ですから、法人の実印として法務局に提出することになっています。このはんこや印鑑は法人の代表者としての証明になりますし、会社印として法的な効力も持つことが出来ます。

個人の場合と違って法人や個人事業の設立に関しては、法人銀行印などとしても使わなければならない場合が出てきます。法人代表者印一緒に使う場合もあるようですが、一般的には分けて使うことが多いです。法人印鑑では必要となる印鑑をセット販売してくれていることが多いですので、印鑑を制作している会社に確認をするかセット販売の種類をチェックしたほうがバラバラに作らなくても良いので便利です。

法人用角印と法人代表者印のセットだったり、銀行印のセットであったりします。会社設立時に必要となる印鑑セットというものもあります。法人用の角印と法人用の銀行印、法人代表者印(丸)のセットなどもあります。

会社設立には次のような形の印が必要になることが多いので、まとめておきました。

■ 会社設立に必要な印鑑
【設立したい人個人の実印】・・・役所で印鑑登録し、印鑑証明を取ったもの。
【代表者印】・・・会社の実印となる。契約書などに使います。

■ 実務の際に使う印鑑
【角印】・・・請求書や見積書などに押す印鑑で、四角の形状です。
【銀行印】・・・代表者印を銀行印にする場合もあるようですが、セキュリティ関係上分けたほうが良いです。
【会社住所印】・・いろいろな書類に使えます。ゴム印があると、住所をいちいち書く必要がありません。いるものと、社名、住所、電話番号とひとつずつバラバラになっているものもあります。必要なものをその時々で組み合わせて使うことが出来ますので便利です。会社が移転になって住所が変わった場合などにも、必要な個所だけ作り直せるなどで対応が出来ます。

注意しなければならないのは、個人印鑑を会社印鑑に使用することです。個人印鑑で会社印鑑に使用している会社は個人経営になってしまうので別の印を作るほうが良いです。法人格の場合、2〜3種類のはんこを持っていた方が色々と便利で、商売をするうえでもセキュリティ面で安全です。

はんこ・印鑑を依頼する流れ

  • 作りたい印鑑の種類を決める

    一人につき一本だけ登録できる実印、銀行口座を解説する際に必要な銀行印、会社の印鑑にあたる会社印(法人印鑑)と、様々な種類があります。実は同じ印鑑でも、登録先によって実印にも銀行印にもなるのです。

  • 印鑑の字体を決める

    印鑑の字体には篆書体、太字篆書体、印相体、古印体、隷書体などがあります。読みやすい文字だと偽造や複製などの危険があるので、なるべく複雑な書体で作成するのが良いでしょう。篆書体や印相体は普段見慣れない字体ですが、印鑑では非常に良く使われます。

  • 印鑑の素材を決める

    象牙、チタン・金属、水牛、竹・木など様々な存在があります。印鑑の種類ごとに適した素材があったりするので、はんこ屋さんに確認しながら決めると良いでしょう。素材は印鑑の耐久性や捺印のしやすさなどに影響します。安いからといって妥協しないようにしましょう。

  • 印鑑を登録して効力発揮

    印鑑を作ってもそのままでは何の効力もありません。実印・銀行印・会社印などの種類によって、それぞれ必要書類と届け先が異なります。

はんこ・印鑑会社の選び方

  • 丁寧に仕上げる会社を選びましょう

    法人代表者印は法人設立時、法人の実印として法務局に提出するものです。 きちんとした字体や丁寧なつくりのものでなければなりません。ずっと使うものですから(会社名が変更されたりしない限り)丁寧に仕上げてくれる会社を選びましょう。

  • 高いだけではダメ、安過ぎても心配

    法人の代表者としての証明になり、法的効力を持ちますので高いのを作ってしまおう!という人もいるかもしれませんが、高いだけのものも実はあったりします。それなりの価格でも無駄を抑えてきちんとしたモデルを作ってくれるところもありますから、必ずしも高いのが良いというわけでもありません。良心的な価格できちっと作ってくれるものがあれば一番良いですよね。素材など自社でやっているところは割と安く良いものを作れることも多いです。

  • 彫り?機械?どちらが良いか説明してもらえる会社

    手彫り印鑑、高級印鑑の販売は1本ずつ作ります!というようなうたい文句が出されているところもあります。り高いから品質のいい印鑑である、手彫りだから良いというものではありません。機械で作っても丁寧に作るものもありますし、機械彫りで、大まかに作って最後に手彫りにて仕上げをする場合もあるのです。印鑑としてはどちらも場合も押した感じとしては変わりません。職人の工数が価格に反映されるといっていいでしょう。安い印鑑は長持ちしないのでは?と言われたりすることもあるようですが、そうでもないという事は使っている人が良くわかるかと思います。(100円ショップのものなどは除きます)高級感のある印鑑は素材の違いであって、実用的に使う法人の印ならば普通に使えれば何の問題もなく、壊れたりせずに使うことが出来るのです。

はんこ・印鑑の料金相場

はんこ・印鑑の料金相場はサイズや素材で変わりますが、目安料金を下記にまとめました。彩樺(さいか)や黒檀(こくたん)などは木の素材が使われており、官公庁の環境関連企業団体が推奨する印材とされています。一方、動物の角や牙から作られる黒水牛・オランダ水牛や象牙などは非常に耐久性が高く丈夫な反面、価格が高くなりがちです。

素材 料金相場
黒檀 〜5,000円
彩樺 〜5,000円
黒水牛 〜7,000円
オランダ水牛(牛角) 〜10,000円
白檀 〜10,000円
チタン 10,000円〜
象牙 10,000円〜
琥珀 10,000円以上
水晶 10,000円〜

はんこ・印鑑のよくある質問

  • 法人用角印と法人代表者印(丸)は両方必要でしょうか

    法人用角印は法人用の文書、領収書などに使用します。丸印も契約書などに使用することが多いですので両方あったほうが良いでしょう。

  • 天丸タイプは必要でしょうか

    天丸タイプは手にも馴染みやすい瓢箪型で、法人印の定番として広く好まれています。押しやすいのですが乾燥した季節・環境でフタが取りにくくなることもあります。そのような場合は、濡らしたガーゼやウェットティッシュを軽く絞りフタの周りに巻き、涼しい場所(冷蔵庫等)に数時間置いてください。またはちょっと温めてから蓋を取ってください。

  • 株式会社や有限会社で作るはんこの違いはありますか

    株式会社・有限会社の内枠の多くは、「代表取締役印」または「取締役印」、個人事業主・各種任意団体の内枠の多くは「代表者印」を必要とします。その他、「会長印」「所長印」「組合長印」「支社長印」「支店長印」「理事長印」「事業部長印」「専務取締役印」「代表印」「本部長印」「常務取締役印」「事業部長印」等、役職でさまざまに作ることが出来ます。

  • 漢字以外でも作れるのでしょうか

    可能です。外枠に関して、漢字・ひらがな以外にもカタカナまたはアルファベットでの彫刻を作られる企業様もいます。最近では横文字やカタカナの会社名も多くなりましたので、いろいろな字体や形を求められています。外枠には「会社名」または「屋号」、内枠には「役職名」を入れることが可能です。

  • 海外でもはんこを使うの

    海外ではサインがメインとなり、はんこを多く使うのは日本、アジアに多いです。特有のはんこですが法人にとっても個人にとっても大事なものです。

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営13年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら