仕事を受けたい企業と仕事を依頼したい企業を繋ぐ

日本最大級のビジネスマッチングサービス

仕事を受けたい方はこちら

受注者として活動する

動画制作・編集の仕事内容とは?

更新日:2020年11月12日 カテゴリ: 動画編集・映像
動画制作・編集の仕事内容とは?

近年では自分で動画制作も可能になりました。動画制作のソフトもいろいろと出ていて、こちらを利用すれば一般でも作ることは十分可能です。動画制作が好きというのであれば、それを仕事にする方法もあります。では動画制作をどのように仕事につなげられるかという疑問が出てくるでしょう。

動画制作の仕事内容について

動画を制作するにあたって、いろいろなスタッフがチームを形成します。職種によって制作系と技術系に大別できます。

制作系の職種

制作系とは、映像の企画や制作にかかわる職種のことです。企画力や管理能力が求められると考えましょう。

まずプロデューサーの仕事があります。制作チームの司令塔のような存在です。クライアントとの交渉やスケジュールと予算管理をするのが主要な業務です。

プロデューサーになるためには、企画力や交渉力、マネジメントスキルなど総合的な能力が求められます。さらに仕事をとってくるために人脈も必要になるので、社交的な人向けの職種です。

ディレクターも制作系の職種の一種です。実際に動画制作にあたっての演出を担当します。

プロデューサーが企画やコンセプトに関する指示を出します。それに従って、実際に動画を制作していくのが主な仕事です。

技術系

動画制作における技術系とは、動画の編集や加工などを担当する職種です。最近では編集手法も多様化していて、CGや音声を入れるなどのテクニックが求められます。

技術系の中にもいくつか職種があります。例えば編集オペレーターもその中の一つです。

編集オペレーターとは、映像のカットやテロップの挿入などを行います。ディレクターが指示を出してくるので、その通りに作業する形です。

CGクリエイターも技術系の職種の一つです。CGとはコンピューターグラフィックスの略称で、画像やイラストなどを差し込んでいきます。

音声の仕事もあります。ナレーションやBGM、効果音などを入れていく仕事です。また現場で撮影中の音をとる録音技師の仕事も考えられます。

動画制作の仕事に就くには?

動画制作の仕事をやってみたいと思うのであれば、主に2種類のルートのいずれかをたどることになるでしょう。それは動画制作会社に就職する、もしくはフリーランスとして活動する、の2通りです。

動画制作会社に就職

動画制作会社に就職して、そこで様々な仕事をこなしていくルートがあります。具体的にはテレビ制作会社やゲーム制作会社、広告エージェントなどに就職する方法です。

動画制作会社のいいところは、未経験でも就職可能な点です。特に最近動画制作市場が急速に拡大していて、慢性的な人材不足に陥っています。ですから、未経験者でも積極的に採用する制作会社も少なくありません。

もし動画制作会社に就職しようと思ったら、関連する学校に通って必要な知識やスキルを身に着けておくといいでしょう。動画制作の専門学校などもありますので、こちらに進学するのがおすすめです。

フリーランスとして活動

もう一つの方法は、フリーランスとして仕事を受注するスタイルです。特定の会社に所属せず、個人として活動する方式です。

特に近年YouTubeやSNS動画の配信の制作にあたって、フリーランスに発注するケースが増えています。ある程度のクオリティがあればOKとしている案件もあるので、フリーで実績を積むということも可能になりました。

また最初は動画制作会社に就職して、ある程度キャリアを積んだところでフリーとして独立する人も増えています。人脈もできているので、仕事の受注もしやすいでしょう。

動画制作の仕事の収入

動画制作の仕事について興味を持っている人の中には、収入が気になる方も多いはずです。動画制作の仕事は職種や働き方も多岐にわたります。このため、収入についてもピンキリだと思ったほうがいいです。

就職して仕事をする場合、その会社の規模によって収入はある程度決まります。基本的に大企業であればあるほど、高収入が期待できます。

大手の動画制作会社やテレビ局の場合、年収は700万円以上稼げる人が多いです。地位やキャリアによっては、1000万円くらい稼げる人も見受けられます。

中小の動画制作会社の場合、収入は若干下がります。大体年収600万円前後といったところが相場です。

フリーランスとして活動している動画クリエイターも少なくありません。フリーの場合、その実績や仕事の受注量によって収入はだいぶ異なります。

まだキャリアのないフリーの場合、なかなか仕事を受けられません。この場合、年収300万円に満たないことも十分あり得ます。一方、売れっ子のクリエイターになると1000万円を超えるような収入を得ている人も見られます。

動画制作の仕事をするメリット

動画制作をするメリットとして、やはり創造の仕事に携わっていることが挙げられます。自分の思いや考えが形になって世に出るところに、動画制作のやりがいが感じられます。

創造する楽しさ

動画制作の大きなメリットとして、自分の考えやこだわりが形にできる点です。自分のセンスを生かして作品を作り、それが評価されるのは大きな喜びです。

動画制作するにあたって、企画をいろいろとひねり出さないといけません。無から作り出すところにやりがいを見出しているクリエイターは少なくありません。

リアクションがある

動画制作すると、不特定多数の視聴者がそれを目にします。作品を見た人の感想がわかるのも動画制作の仕事の特色の一つです。

最近では反響もチェックしやすいです。SNSで手軽に自分の感想や意見を発信できるからです。ブログ開設して、そこで取り上げられることも少なくありません。

「良かった」「この作品は面白い」といったコメントがあると、クリエイターとして素直にうれしいです。それが次の作品を作るにあたってのモチベーションになっていきます。

まとめ

動画制作の仕事は、視聴者の意見や評価がダイレクトに伝わってきます。高い評価が得られれば、他では味わえない達成感が得られます。

動画制作の仕事は、フリーランスとして自分で働くことも可能です。しかし最初のうちは、どうやって仕事を得ればいいのかで迷うかもしれません。

その場合、活用したのが比較ビズです。比較ビズとは、仕事を受けたい人と仕事をお願いしたい会社を繋げるマッチングサービスです。

比較ビズは多種多様な職種の方が仕事を受注するために登録しています。動画制作に携わる人も少なくないので、登録してみるのはいかがですか?

比較ビズは有名なサイトで、多くの企業が発注するために登録しています。このため、ちょうどよい仕事が見つかる可能性が高いでしょう。

待っているだけで仕事が獲得できる「比較ビズ」とは

最後に「比較ビズ」の告知をさせて頂きます。

  • 忙しくて新規開拓できない
  • 営業せずに案件を増やしたい
  • 月額数万で集客できるツールが欲しい

比較ビズはこんな悩みを抱えた経営者・営業マンにピッタリなサービスです。 多種多様な業界でお仕事の発注・見積依頼が日々大量に行われているので、比較ビズに掲載するだけで、 新規開拓をすることができます。

まずは下記のボタンより、お気軽に資料のご請求を頂ければと思います。しつこい営業等は一切ございません。

比較ビズへ掲載しませんか?

案件・仕事を探す

  • 業種
  • 分野
  • 予算帯(月額は年額換算)
  • フリーワード

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す