仕事を受けたい企業と仕事を依頼したい企業を繋ぐ

日本最大級のビジネスマッチングサービス

仕事を受けたい方はこちら

受注者として活動する

映像制作で独立するに当たって必要な準備は?

更新日:2020年05月15日 カテゴリ: 動画編集・映像
映像制作で独立するに当たって必要な準備は?

映像制作のスキルと経験を持っていて、自分一人でも作品を完成させることができるのであれば、フリーランスとして独立を考えることができます。より自分の感性と技術を用いた作品作りに専念できますし、周りに左右されずに仕事ができるというメリットがあります。とはいえ、独立するに当たっては、いくつもの準備が必要となります。今勤めている会社を辞めて独立する前に、どんな準備が必要となるかを確認しましょう。

独立して映像制作を始めるに当たっての準備

勤め人として映像制作をしている時は、会社の機材を利用することができますが、フリーランスとなれば全部自分で揃えないといけません。プロとしてやっていくためには、高い品質の機材が必要となりますので、そのための初期投資資金を用意しておかないといけません。

カメラや関連機材

完全にアニメーションだけでやっていくというのでなければ、撮影機材は必須です。特にカメラの性能は映像の質に直接関係してきますので、きちんと使いやすく高性能のものを選びましょう。

最近のスマホや家庭用のデジカメも性能が上がってきていますが、やはりプロとして独立するのであれば、プロ仕様の高性能機材を選ぶべきです。せっかくのセンスやアイディアも、整った機材がないと質が落ちてしまうからです。

カメラ本体に加えて、三脚や照明、マイクなどの関連機材も購入する必要があります。どんなタイプの映像を作るかによって異なってきますので、自分が目指す仕事に必要な機材をリストアップしてみましょう。

パソコンとソフト

撮影した映像を編集するためには、パソコンと編集用のソフトが必須です。編集作業をスムーズに行うためには、処理能力の高いパソコンを使う必要が出てきます。

多くのクリエーターはMacProなどのApple製品を使うことが多いですが、Windows PCを使って編集をする人もいます。ただし、CPUの性能が高くないと、処理に時間がかかってしまって苦労してしまいます。

編集用のソフトはいくつもの種類があります。ソフトによって得意とする映像ジャンルが異なりますし、操作感覚がかなり違います。

こればかりはクリエーターそれぞれの好みによって違いますし、慣れもあります。勤めていた会社で使っていて慣れているものを購入することができれば、それがベストです。

ただし、企業が購入するような映像編集ソフトは高性能な分、かなり費用が張ることもあります。予算のことも考えながらチョイスしましょう。

プロ用の映像編集ソフトは数十万円することが多いので、初期投資の予算プランを決める際には、早めに価格を確認した方が良いです。ただし、編集ソフトは後から変更すると、使い勝手が変わって面倒になりますので、初めの段階から使いやすいものを選ぶことが肝心です。

プロとしてのスキル

「物」を準備するだけでなく、独立するに当たってはスキルや経験がないと仕事が成立しません。たとえ、案件が舞い込んできたとしても、十分な質の映像を納品できなければ、その後の仕事が来なくなってしまいます。

独立するということは、すべて一人で映像制作をすることになりますので、構想と撮影対象の準備とセットアップ、そして撮影のスキルが求められます。そして、仕様通りに時間と画質をまとめる編集スキルも必須です。

こうしたスキルによって、質の高い映像を作れることも大事ですが、それと同時に必要なのが作業スピードです。それぞれの案件で納期が定まっていて、ある程度コンスタントに仕事を請けていくと、作業をスピーディーに行えないと大変です。

納期に間に合わないということになれば、クライアントの信頼を失ってしまう原因ともなります。単に良い作品を作れれば良いということではなく、納期を守るというのも、フリーランスとして仕事をもらう条件の一つとなるのです。

映像制作案件の営業の仕方

フリーランスとして独立するということは、制作作業をするだけでなく、新規案件をもらうために営業をしないといけないことも意味します。今まで営業やマーケティングをしたことがないと、どのように仕事を見つけたらいいか困ってしまいます。そのためにも、どんな営業手法があるのかを考えましょう。

そもそも映像制作案件が増えている理由を知る

独立して営業をするに当たっては、そもそも映像制作案件が豊富にあるのか、あるとしたらどんなジャンルの映像制作依頼が多いのかを知ることが大事です。その情報に見合った適切な営業手法を選べるからです。

実のところ、今までよりも映像制作案件は増加しているという良い傾向が見られます。これは、インターネット上での動画使用割合が高くなっているからです。

具体的には、YouTubeなどの動画投稿サイトに企業を含めて多くの人が動画を投稿し、マーケティングに利用しています。1分程度の短い動画から10分以上の動画もあります。

また、ネット広告に動画を使うケースも増えてきました。以前はテキストや静止画だけの広告が多かったですが、現在ではより動的な広告を、ということで動画を挿入するようになっているのです。

取り組む映像タイプを絞る

こうした情報を基に、営業をかける映像タイプを絞り込んでいきます。より仕事を得られやすいように、案件が多いジャンルを扱った方が効率が良いからです。

たとえば、数分程度の短時間の動画であり、制作費用がそれほどかからないものが多い傾向にあります。また、カット数が多く、広告向けの動画の割合が高いです。

エージェントやクラウドソーシングを利用する

知り合いなどから仕事を紹介してもらう他には、エージェントを利用して案件をもらうことができます。エージェントサイトでは、仕事を出したい企業や個別案件をフリーランサーに紹介してくれます。

クラウドソーシングは、エージェントと似ていますが、クライアントが出す案件に対してクリエーターが複数応募して、選考を経てクライアントが確定依頼を出すという違いがあります。豊富に案件がありますので、応募制なので確実に受注できるとは限りません。

案件をコンスタントに受注するためにも、実績を積み上げていくことが重要です。

まとめ

映像制作で独立するためには、プロとしての高いスキルと同時に、カメラやパソコン、ソフトなどの機材も必要となってきます。初期費用として、少なくても数十万円から百万円オーバーがかかります。

フリーランスとして働き始めるためには、資金面も含めて入念な準備が必要となりますので、早めに計画を立てるようにしましょう。また、案件を取るための営業手法についても、勉強してコンスタントに仕事をもらえるように努めましょう。

待っているだけで仕事が獲得できる「比較ビズ」とは

最後に「比較ビズ」の告知をさせて頂きます。

  • 忙しくて新規開拓できない
  • 営業せずに案件を増やしたい
  • 月額数万で集客できるツールが欲しい

比較ビズはこんな悩みを抱えた経営者・営業マンにピッタリなサービスです。 多種多様な業界でお仕事の発注・見積依頼が日々大量に行われているので、比較ビズに掲載するだけで、 新規開拓をすることができます。

まずは下記のボタンより、お気軽に資料のご請求を頂ければと思います。しつこい営業等は一切ございません。

比較ビズへ掲載しませんか?

案件・仕事を探す

  • 業種
  • 分野
  • 予算帯(月額は年額換算)
  • フリーワード

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら