「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

外構工事の料金相場と業者の選び方のポイント

最終更新日:2022年05月24日
外構工事の料金相場と業者の選び方のポイント
この記事で解決できるお悩み
  • 外構工事の料金相場が知りたい
  • 外構工事の業者選びのポイントとは

外構を業者に依頼する際の相場や依頼の流れについてまとめました。門扉や塀囲いや庭など部分毎の相場の他に、業者を選ぶ際の気を付けるポイントや契約の流れまで、様々な役立つ情報も知りたい方向け。

外構工事とは?

外構工事とは建築物そのもの以外の外部周りの工事をすることを言います。代表的な例としては、門、車庫、カーポート、塀、柵、垣根などの構造物、植栽などです。

デザイン性を加味して周りを整えることにより建物を引き立てるのが「外構工事」ですが、デザイン性だけではなく水はけなどの機能性も加味して良くしないと、昨今のゲリラ豪雨などに対応できません。機能性では他にも耐震性のリフォームも近年増加しています。

また最近では、外観や外構のことをインテリアの対義語である「エクステリア」と呼ぶことが増えてきており、外構も「隠す時代」から「魅せる時代」へと変化してきたため、「エクステリアデザイン」とも呼ばれているようです。

外構の種類は下記のように、大まかに2つに分けられます。それぞれ解説していきましょう。

  • クローズド外構
  • オープン外構

クローズド外構

クローズド外構は外部から敷地内を極力見えないようにするために、フェンスや塀囲いを設けるなど外部と敷地内部を分ける目的で造作することを言います。

オープン外構

オープン外構は、ヨーロッパやアメリカなどの欧米などによく見られる、フェンスや塀囲いを使用せず樹木などの緑を使用して開放的に、また街並みに溶け込むように造作することを言います。とにかく開放的にしたい、敷地を広く見せたい方にはオススメです。また場合によってはクローズド外構よりも費用が安く済むこともあります。

セミクローズド外構

日本では上記2つの要素を取り入れたセミクローズド外構が現在の主流となっています。

外構工事のメリット

では、外構工事のメリットについて見ていきましょう。下記のように、主に3つのメリットがあります。それぞれ解説していきましょう。

  • プライバシーが守られる
  • 開放的に、敷地を広く見せられる
  • バリアフリー対策

プライバシーが守られる

これはクローズド外構でのメリットとなりますが、フェンスや塀囲いを用いることにより外部から敷地内部が見えないようになり、洗濯物などを気にする必要もなくなり、視線を意識することなく過ごすことができます。プライバシーを気にされる方や、子供やペットをお庭で安心して遊ばせたい方にはオススメです。

開放的に、敷地を広く見せられる

これはオープン外構でのメリットとなりますが、フェンスや塀囲いを使用せず、代わりに樹木や芝生を使用することにより見栄えが良くなり、開放的に見せることができます。またデザインによっては外構を変えるだけで雰囲気がガラリと変わるので目で楽しむこともできます。

バリアフリー対策

両親やご高齢の方のために階段をスロープに変更したり手すりを設置したり、駐車スペースを一台増やしたりと様々な対策が可能です。これだけでも色合いなどを建物などと統一することによって、より便利かつお洒落にすることもできます。

外構工事の契約の流れ

では、外構工事の契約の流れについて見ていきましょう。下記のように、主に8つの工程があります。それぞれ解説していきましょう。

  1. お問合せ
  2. ご相談・打合せ
  3. 現地調査
  4. プランの作成
  5. ご提案
  6. ご契約・着工
  7. 完成・お引渡し
  8. アフターフォロー

,問合せ

お客様のご要望・ご相談をメールや、電話にて問い合わせます。

△漢蠱漫β嚢腓

具体的なイメージがなくても、最低限の要望だけでもOKです。外構工事業者が提出する施工事例見ながら、より具体的に打ち合わせを行います。その際に図面などがあれば、より話がスムーズに進むと思います。

8獣歪敢

お客様同伴での現地調査を行います。その際に、立地条件、道路条件、障害物、高低差等の確認をします。

ぅ廛薀鵑虜鄒

お客様の要望・希望を踏まえた上で、建物付の立面図や平面図を作成します。ここまでは無料で行ってくれる外構工事業者もいます。

イ環鶲

初めてのご提案時には、図面をもとにお客様のイメージをふくらませていき、納得いくプランが出来るまで図面・見積もりのご提案を重ねていきます。

Δ慣戚鵝γ綛

納得のいく図面や仕様が決まりましたらいよいよ着工です。近隣の方に迷惑がかからないように配慮しながら施工を行います。途中、中間検査をした上で完成・お引渡し等の日程を決定します。

Т粟・お引渡し

施工完了後、図面のイメージ通りに仕上がっているかの完了検査を行い、問題がなければお引渡しとなります。

┘▲侫拭璽侫ロー

引き渡し後も何か気になる事があれば、連絡をすると対応してくれます。

信頼できる外構工事会社を選ぶポイント

では、信頼できる外構工事会社を選ぶポイントについて見ていきましょう。下記のように、主に5つの抑えるべきポイントがあります。それぞれ解説していきましょう。

  • 工事内容に合った業者に絞る
  • エンドユーザーと直接契約している会社を選ぶ
  • 信頼性を重視
  • 安さに惑わされない
  • 保証・アフターサービスを確認

工事内容に合った業者に絞る

外構工事会社と言っても様々で、業者ごとにそれぞれ得意分野があるのですが、実際はあまり経験がない工事にもかかわらず外注するケースも多いため、コストや品質の面でどうしても不安が生じてしまいます。なので事前に目的を明確にして、その目的とする工事が得意な業者を探し出し、数社を比較して相談しながら絞り込んでいくのがポイントです。

エンドユーザーと直接契約している会社を選ぶ

外構工事や造園工事業者は、下請けの工事業者が多く指示通りに言われたことだけを実施すると言ったことが多いようです。もちろん実績やノウハウが豊富な下請け業者もいますが、費用面に余裕があるのであれば、より実績やノウハウが豊富な、積極的に提案をしてくれるエンドユーザーと直接契約しましょう。

信頼性を重視

外構工事業者は大きい業者だからと言って、良い仕事をしてくれるとは限りません。大企業だからこその実績はもちろん重要ですが、だからと言って親身に相談に乗ってくれる業者ばかりではなく、淡々と業務的になる業者もいますので気を付けましょう。

逆に地域に密着していて、実績こそ少ないが少人数で営んでいる業者の方が評判が良く信頼性が高い場合もあります。この辺りは一長一短ですので、しっかりと業者を見極めて依頼するようにしましょう。

安さに惑わされない

外構工事や造園工事の適正価格を一般の方が判断するのは難しいものです。もちろん安いことに越したことはありませんが、極端に安すぎると良い仕事をしてくれない場合もありますので、複数業者を見積もって安さ、実績、信頼性など、それぞれを考慮し自社に合った業者を選ぶようにしましょう。

保証・アフターサービスを確認

外構工事が完了して引き渡した後、修理やメンテナンスが必要になる場合もあります。そんな時に対応してくれないとなった場合、別途で割高の料金が発生する可能性があります。事前に外構工事を対応してくれる業者に保証があるかの確認をしておけば、何かあった時に割安で対応してくれるかもしれませんので依頼する前に確認しておきましょう。

外構工事の相場

リフォームでの外構工事を行う場合、中心となる価格帯は50万円〜100万円程度です。広さやどのような工事を行うかで、もちろん費用は変動しますが、よくある駐車場含むアプローチ部のリフォームでこれくらいの費用相場となります。

新築での外構工事は、100万円〜300万円ほどの場合が多いです。

では、それぞれの工事別だとどれくらいの費用相場なのかをカテゴリー別に参照していきましょう。

門扉・門柱

門扉・門柱

出展元:タカケン

門扉・門塀・ポスト・表札などの門周りをまとめて工事する事が一般的であり、15万円〜30万円程度が相場です。

玄関アプローチ

玄関アプローチ

出展元:太陽ハウジング

門から玄関にまでのアプローチを歩きやすくするために、砂利やコンクリートを敷いたりする工事です。デザインはもちろんですが安全面でも大事な工事となります。1平米あたりの値段で計算することが多く、10万円〜15万円程度が相場です。

ポーチ

ポーチ

出展元:株式会社Monkeypod

バリアフリーを目的とした手すりの設置や、ひさし部分の工事が中心で20万円〜50万円が相場となります。

塀囲い

塀囲い

出展元:BIKOUPLANNING

敷地内のプライバシー面や防犯対策に必要で、塀の長さや面積によって変動してきますが、総額の相場は約100万円程度です。

フェンス

フェンス

出展元:Yard Style

塀囲いと同様に防犯対策で設置する方が多いです。アルミ、樹脂、木材など様々な材質のフェンスがあります。費用はフェンスの材質によって変わってきますが、総額ですと40万円〜60万円程度が相場となります。

ガレージ・カーポート・駐車場

ガレージ・カーポート・駐車場

出展元:ザウス株式会社

車を所有している方には必要不可欠なガレージ・カーポート・駐車場ですが、外構工事として設置するなら費用相場は50万円〜100万円程度です。

庭

出展元:phytolife

庭に芝生を敷くなど、簡易的な工事のみだと1平米あたり1万円弱になりますが、デッキの設置など新たな物を設置する工事の場合は50万円〜100万円です。庭全体を造り変える事になると100万円以上が相場となります。

テラス

テラス

出展元:Next-Life-Design Co.Ltd.

床材がタイルだと比較的安価で、ウッドデッキだと割高になってきます。テラスに屋根をつける場合だとだいたい10万円前後です。もう少しグレードをあげると20万円〜30万円程度となり、全体相場で約50万円くらいとなります。

ガーデンルーム・サンルーム

ガーデンルーム・サンルーム

出展元:SUUMO

室内にいながら日光を存分に感じる事が出来る為、人気となっています。一般的な部屋の増築に比べ費用はやすく、約50万円前後が相場となっています。

ベランダ・バルコニー

ベランダ・バルコニー

出展元:重量木骨の家

防水加工の補修や屋根取り付け、タイル敷き詰めなど、行うことにより多少変わりますがそれぞれ10万円〜20万円程度が相場です。新規に取り付けたり全交換となる場合は約40万円程かかります。

照明・ライト

照明・ライト

出展元:井清不動産

防犯対策や安全面で設置する場合や、お洒落な雰囲気作りで用いる場合と用途は様々です。最近ではセンサー付きなど、多機能のものが増えておりだいたい20万円前後が相場となります。

植栽

植栽

出展元:ガーデン光房

植える樹木の数が増えれば増えるほどその分高くなりますが、一般的な植栽の一式で5万円〜10万円程度が相場となります。

物置

物置

出展元:高崎松風園

小さい物で3万円〜5万円ほど、幅が2m程度で10万円〜15万円。大きく防犯性も高いものになると50万円〜100万円程度かかります。

耐震 リフォーム

耐震 リフォーム

出展元:関本工務店

構造に手入れをせず補強を行う場合は100万円以下が相場になりますが、それ以上の補強が必要と判断された場合は予算はそれなりに必要となります。 素材によっても費用は大きく変動するため、それぞれの工事や素材の相場を理解した上で比較、検討することが必要となります。

外構工事の無料一括見積もり・提案依頼

「比較ビズ」では、必要事項に入力するだけですぐに終わる、簡単2分の無料一括問い合わせができます。御社の条件にピッタリの外構工事・造園工事業者を見つけましょう!

外構・エクステリア工事を一括見積もりで発注先を楽に探す
外構・エクステリア工事を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す