キャラクターデザインの費用相場はどのぐらい?

更新日:2019年08月31日 発注カテゴリ: イラストレーター
キャラクターデザインの費用相場はどのぐらい?

マーケティング戦略の一環でイメージキャラクターを使用する自治体や企業が増えています。とは言えキャラクターデザインの制作ノウハウを自社で持っているケースは少なくデザイン会社に依頼するのがほとんど。せっかく依頼するなら予算内でイメージ通りのデザインを作ってもらいたいものです。そこで、今回はキャラクターデザインを発注する際の費用相場や依頼時に確認すべき点などを徹底的に解説します。キャラクターデザインで失敗したくない方は必見です。

関連する記事

知名度がアップするキャラクター

近年では、都道府県や市町村などの自治体、官公庁、その他企業でもキャラクターを取り入れるマーケティング戦略を行う団体が増えています。商品やプロジェクトに対してイメージキャラクターを作ることもあれば、自治体や官公庁では、サービスの内容や利用者との距離を縮めるための戦略の一つとして、キャラクターという手段をとることもあり、その用途は多種多様です。

このキャラクター作りに欠かすことのできないのが、キャラクターデザインではないでしょうか。キャラクターデザインと言っても、大体のイメージが出来ていて、それをプロの手で作品として完成させてほしいというケースもあれば、ザックリとぼんやりしたイメージしかないので具体化しながら多くの人に愛されるキャラクターを作りたいというケースもあります。

ぼんやりとしたイメージしか決まっていない段階でキャラクターデザインを発注することも可能です。しかし、その場合にはデザインを考えるという作業もデザイナーに求められるため、かかる費用にも影響するでしょう。

キャラクターデザインをどんなレベルのデザイナーへ依頼するのかによっても、かかるデザイン費用は変わってきます。知名度の高いデザイナーに頼む場合と、素人に近いレベルの人に頼むのとでは、当然ですがかかる依頼料は変わってくるものです。

また、ラフな手書きのイメージがあれば良いという場合もあれば、きちんとデジタル画像として仕上げてほしいという場合もあるでしょう。加えて、いくつかのポージングが欲しい場合もあります。利用者のニーズによって、キャラクターデザインの費用相場は大きく変わるのです。

デザイン会社へ依頼した場合の費用相場

デザイン会社の多くは、イメージキャラクターのデザインを行っています。もちろんケースバイケースなので具体的な料金については各デザイン会社とのヒアリングの中で見積もりを出してもらう必要があるでしょう。ただ、多くの業者ではいくつかのパッケージの中から選べるスタイルが多いようです。

例えば、依頼主のザックリとしたリクエストや盛り込みたい内容やイメージなどをキャラクター化する作業だと2万円ぐらいが相場となっていますし、業者が2,3つのキャラクター案を出した上で依頼主が選ぶという作業だと4万円程度が相場となり、費用は高くなります。

業者へ依頼する際には、原案に対して修正を依頼する際に発生する料金についても、しっかりと見積もりを取り寄せることが必要です。 例えば、2回までの修正は無料だけれど3回目以降は1回につき2,000円〜3,000円の修正料金が発生するとか、後から追加でポーズのリクエストがある場合には、ポーズごとに5,000円程度かかるなどがあります。

イメージキャラクターは、その商品や企業の名刺代わりとなって宣伝活動をしてくれるものですから、できるだけ妥協せずに満足度の高い仕上がりで納品してもらいたいものです。そのためには、業者へ依頼する前の段階で社内でできるだけ具体的な案を出したほうが良いでしょう。

デザイン会社への依頼はどんな人にオススメなのか?

デザイン会社にキャラクターデザインの依頼する際は、初めてイメージキャラクターを導入する場合におすすめです。初めての導入となると、不明点がたくさんありますし、後から「しまった、忘れていた」なんてことがないように、しっかりと盲点をカバーしておきたいものです。

例えば、著作権などについても、ただイメージキャラクターを作って満足するのではなく、著作権の取り扱いについてもきちんとした法的な手続きをして著作権を取得した方が安心です。

デザイン業者では、制作したイメージキャラクターの著作権についても、きちんとした手続きを代行してくれる所が多いようです。一般的にはデザイン業者が著作権を取得するため、キャラクターデザインを依頼した側はその著作権を買い取ると言う形で取得できます。

WEBでそのイメージキャラクターを使う場合には著作権がなくても問題になることはありません。しかし、キャラクター商品を作って販売するとなると、著作権が必要となるため、あらかじめそうした点もしっかり押さえておきましょう。

低コストでキャラクターデザインを発注するならフリーランス

キャラクターデザインは、プロの集団であるデザイン会社へ発注する方法が一般的です。しかし、もっとリーズナブルに作りたい場合には、フリーランスへ依頼するという方法もあります。

デザイン依頼費用という点では、デザイン会社へ依頼してもフリーランスへ依頼してもほとんど変わらないことが多いのですが、フリーランスは個人で仕事を請け負っているため、修正や追加などに対して会社よりフレキシブルに対応してくれることが多いようです。

最終的にかかるデザインの料金相場は10万円前後

キャラクターデザインは、デザイン会社へ依頼してもフリーランスへ依頼しても、最初のヒアリングや見積もりを取る段階では、ほとんどが無料で対応してくれます。そのため、複数の業者へ相談しながら、最も自分と相性が良さそうな業者を選んで正式に依頼することも可能です。

キャラクターデザインの作業においては、ヒアリングの後でデザイナーが作業をし、仕上げたうえで納品してくれます。しかし、最初の納品で大満足というケースは少なく、修正してもらいたい箇所なども当然出てくるでしょう。

何回の修正まで無料とか、修正してくれる回数などによって最終的にかかる料金は異なりますが、おおよその相場としては、一つのイメージキャラクターを作るだけの場合には、10万円前後が平均的と言われています。

業者ごとに、持っている雰囲気や制作する作品の質やタイプなどは異なります。もしもそのデザイン業者やフリーランスの方公式サイトなどで過去に制作したサンプルを紹介している場合には、業者選びの参考にすると良いでしょう。アニメ調のタッチが得意な業者もあれば、メルヘン調のタッチが得意な業者もありますし、ユルフワ系を得意分野とする所などもあります。

キャラクターデザインの発注をする際には、契約をする段階において修正してもらえる回数や最終的な納期についてもきちんと決めておき、契約書に盛り込むことが大切です。

初回納品は問題がなくても、修正の場合には内容によっては制作側にとってはかなりの工数が必要になることは少なくありません。できるだけ納期までの期間を短く抑えて費用面でも安くするためには、最初のヒアリングの段階で細かく希望を伝えることと、ラフな画像が出来上がった時点で確認させてもらい、大掛かりな修正はラフ画像の段階で済ませておくのがポイントです。

まとめ

キャラクターデザインの発注は、デザイン会社やフリーランスに発注することができます。どちらも発注の際にかかる費用には大きな差はありません。

しかし、修正に関する回数や費用、最終的な納期などを事前にきちんと話し合って合意しておくことが、トラブルなく大満足できるイメージキャラクターを納品してもらう際の大切なポイントとなります。

最終的に仕上げた後での大掛かりな修正は制作側にとっては大変な作業となるため、大掛かりな修正はラフ画像の段階で済ませておくようにしましょう。制作側との密な連絡や、依頼する前にできるだけ具体的な案を伝えることが、失敗しないためのポイントです。

イラストレーターを一括見積もりで発注先を楽に探す

イラストレーターの案件一覧

イラストレーターのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

イラストレーターの費用・相場に関連する記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら