「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

プレゼント用の似顔絵の相場は?大手サイトとフリーランスの違い

公開日:2020年07月28日 最終更新日:2022年03月15日
プレゼント用の似顔絵の相場は?大手サイトとフリーランスの違い
この記事で解決できるお悩み
  • 似顔絵通販の相場
  • 似顔絵通販ってなぜ高いの?
  • 相場より安価な似顔絵通販

お祝い事のプレゼントに何を送ろうか迷ってしまうことはありませんか?それならオーダーメイドの似顔絵がおすすめです。世界に二つとない一点物だから贈る人の気持ちが伝わりますし、もらった方も愛着が湧きます。プレゼント用にしっかり描いてもらうならネット通販が最適です。

ここでは、似顔絵通販の価格相場や腕が良く、かつ安く請け負ってくれる似顔絵師を探す方法などについて詳しくお伝えしていきます。

似顔絵通販の相場

似顔絵を通販で描いてもらう場合、いくらぐらいかかるのでしょうか。もちろんどこに依頼するかによって価格は千差万別ですが、一般的に席描きよりも高額になるものです。

では、なぜ似顔絵通販は価格が高くなる傾向にあるのか、だいたいの相場を紹介しながらその理由を詳しく見ていきましょう。

大手の似顔絵サイトは高額の傾向

「似顔絵 通販」で検索して1ページ目に表示されるサイトの価格を調べてみると、相場は席描きに比べて3倍以上と高額です。席描きでは1人描いてもらうのに2,000円前後が相場ですが、通販では7,000〜8,000円が平均的な価格になります。

平均価格がこれですので、これより安いところもあれば、なかには1万円以上などと高額なところも存在するほどです。では、なぜ席描きに比べてこれほど高額になるのでしょうか。

時間と労力の違い

それは、絵を描くのに費やす時間と労力の違いです。

席描きの場合

席描きでは観光地やショッピングモールなどに席を構え、道行く人たちの似顔絵を短時間で描くというスタイルでやっています。お客さんの方もあまり長い時間足を止めたくないですから、所要時間はだいたい10〜15分です。

プレゼント用の場合

一方、結婚式や記念日などのプレゼント用としての似顔絵の場合、席描きのように10〜15分の短時間ではとても終わりません。席描きではキャンバスも色紙程度の大きさですが、プレゼント用の場合、もっと大きなキャンバスが主体になりますし、もちろん描き込む丁寧さも違います。

似顔絵師としても、記念品として残る以上、ラフなスケッチではなく、自分の実力を存分に発揮したいと思うものです。そのため、席描きよりも時間をかけてじっくり取り組むことになります。

大手似顔絵サイトが高額な理由

似顔絵通販の価格が席描きより高くなる理由は上記したように似顔絵師が費やす時間と労力の違いですが、もう一つ、過去から続く慣例が大きく影響しているとも言えそうです。

手間と労力がかかった似顔絵通販

以前は似顔絵といえば席描きが中心でした。似顔絵の通販が行われ始めたのは、せいぜいここ十数年といったところでしょう。

当初は今と比べてスマホも普及していなかった時代ですので、モデルの写真を郵送してもらい、電話などで顧客と何度もやり取りしながら、希望通りの絵に仕上げていくというプロセスを辿らなければなりませんでした。

その場で顧客と直接やり取りできる席描きと違って、とにかく時間と労力がかかる方法でしたのでその分、価格設定も高く設定せざるを得ないという事情があったのです。

ところが、誰もがスマホを持つ今の時代では、画像や動画を簡単にやり取りできるようになりました。以前の写真よりはるかに高画質で、動画を使えば本人の雰囲気まで確認できます。

そのため、本人の特徴をうまく掴んだ質の高い似顔絵に仕上げやすくなり10年前と比べると、似顔絵通販の労力は大幅に軽減されているのです。

しかし、状況が変わっても、労力の軽減に反して価格設定はそのままというサイトが少なくありません。もちろんやり取りの手間がかからなくなったといっても、席描きより時間も労力もかかるのは理解できます。とはいえ、十数年前と同じ価格設定というのは、それが適正なのかと疑問を感じざるを得ない状況です。

相場より安い似顔絵サイトを見つける方法

似顔絵通販の相場が高い理由を見てきましたが、相場より安い価格で請け負う似顔絵師を見つける方法は存在します。次は、お得な似顔絵サイトを見つける方法についてお伝えしていきましょう。

検索下位のサイトまで見る

先ほど、似顔絵サイトの価格相場が7,000〜8,000円とお伝えしましたが、これは検索結果の1ページ目に表示されるサイトの平均です。

何かを調べる時、ほとんどの人は検索結果の上位に表示されるサイトを重視するのではないでしょうか。2ページまで目を通すことはあっても、3ページ目以降はクリックすらしない人も多いでしょう。

お得な似顔絵サイトを見つけるのなら、2ページ目、3ページ目以降の結果の参照もオススメします。

少なくとも似顔絵に限っては、検索表示が下位だからといって質が悪くなるわけではありません。むしろ、上位表示される大手サイトより高品質で、かつ、安い価格で似顔絵を提供しているサイトが見つかる可能性があります。

なぜなら、検索結果の1ページ目に表示されるのはSEO対策に力を入れる会社組織がほとんどで、そうでないサイトは、どうしてもそれらより下位に表示されてしまうからです。

質が高くて安価なフリーランス

特にフリーランスの似顔絵師は、大手サイトよりかなり格安な価格で請け負っている人が多い印象です。

大手似顔絵サイトのコストの仕組み

基本的に大手似顔絵サイトでは、似顔絵師を何人も在籍させて注文ごとに振り分け、各々が似顔絵を描くという仕組みでやっています。そのため、似顔絵師自身が手にする報酬に加え、サイトに入る中間マージンが発生するのです。

フリーランスのコストの仕組み

フリーランスにはそれがないですから、大手サイトよりも価格設定が総じて低く、3〜5割ほど安い価格で請け負っている人を見つけられる可能性が高くなります。

もちろんフリーランスといっても千差万別で、趣味レベルの人からプロとして実績のある人までさまざまなレベルの似顔絵師が存在します。価格に関しては大手サイト以外が狙い目といっても、仕上がりのクオリティーを重視するならあくまでプロの似顔絵師を探さなければなりません。

絵柄を気に入るかがポイント

一方、検索上位の大手サイトだからといって、在籍する似顔絵師が全員ハイレベルの実力者とは限りません。なかには頭数を揃えるために実力のない似顔絵師でも在籍させているところもあります。

では、結局、どこに依頼すべきかですが、自分の気に入る絵柄かどうかが判断のポイントです。「この人にぜひ描いてもらいたい」という似顔絵師なら、多少価格が高くても、単に安さで選ぶより仕上がりに満足できる可能性は高いでしょう。

大手とフリーランスのメリットとデメリット

会社組織の大手サイトであれ、個人で活動するフリーランスであれ、メリットもデメリットも存在します。

大手似顔絵サイトの特徴

大手サイトはシステムがしっかりしているので、納期やサイズなどで一律料金となっていることが多く、後から追加料金が発生する心配がありません。また、大量発注にも対応でき、返品にも無料で応じてくれるところが多いです。

フリーランスの特徴

フリーランスの場合、お気に入りの似顔絵師を探し当てるまでに手間が掛かる点はデメリットですが、価格相場は大手より安く要望や修正依頼など細かいやり取りができるのが特徴です。

まとめ

似顔絵を依頼できる通販サイトはたくさんありますが、価格を重視するなら検索上位のサイト以外にも目を向けるのがおすすめです。

とはいえ、サイトを一つ一つ見ていくのも手間暇がかかります。比較ビズには似顔絵に対応できるクリエイターが多数登録していますので、ぜひ活用してみてください。一括見積りが可能で、仲介料が発生しないので出費を抑えるのにも有効です。

イラストレーターを一括見積もりで発注先を楽に探す
イラストレーターを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す