「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

ニーズが高まる中国語!翻訳作業を発注すると料金相場はいくら?

公開日:2019年08月16日 最終更新日:2022年05月10日
ニーズが高まる中国語!翻訳作業を発注すると料金相場はいくら?
この記事で解決できるお悩み
  • 中国語の翻訳サービスが知りたい
  • 翻訳作業を発注する際の料金相場とは
  • 翻訳作業を発注する際の注意点とは

中国語圏のマーケットは非常に大きく、中国本土だけでも10億人以上いると言われています。グローバル展開を考える際はこの市場は無視できないでしょう。とは言え、中国語圏をターゲットにしたくても肝心の言語が分からないという方は多いはず。

その際に重要になるのが中国語の翻訳サービスです。今回は翻訳の費用相場や注意点などについて詳しく解説していきます。

中国には巨大なマーケットがあります

中国語を話す人の数は、中国本土だけではなく世界中に拡大し続けています。中国本土だけでも10億人以上いますし、世界各国にも中国語を話す人はたくさんいるため、ビジネスをこの言語でマーケティングできる場はグローバルに拡大することができるでしょう。

しかし、肝心の中国語が分からないという企業の方も多いでしょう。中国語が分かるスタッフを雇用する必要があるかどうかもまだ検討中の段階という時には、中国語の翻訳作業をプロに発注してはいかがでしょうか。

ニーズが高まり続ける言語だからこそ翻訳者の数も増えていますし、市場競争が激しくなる中では翻訳にかかる料金も低価格化する傾向にあります。

中国語翻訳の料金相場

日本語から中国語へ翻訳する際には、基本的には原語である日本語の文字数によって単価が設定されています。翻訳を行う企業によってはネイティブによる原稿のチェックなどの作業も含めて完成度の高い仕上がりで納品してもらうことが可能です。基本の相場と合わせて以下の表にまとめましたのでご覧ください。

基本の相場 1文字当たり10円程度
完成度の高い仕上がりの相場 1文字当たり15円〜20円程度

単価が上乗せされるケースもある

比較検討する際には、文字当たりの単価を比較するだけではなく、その単価にどんな作業が含まれているのかという点もチェックすると良いでしょう。翻訳したいコンテンツの内容や専門性によっては、単価がもっと高くなることはあります。以下の2つの場合において解説していきましょう。

  • 専門的な知識も必要な場合
  • スピード重視の場合

専門的な知識も必要な場合

例えば特許関連のコンテンツや医療関連、ビジネスや財務関連のコンテンツに関しては、翻訳技術だけではなくて専門的な知識も必要となるため、単価は少し高くなります。

スピード重視の場合

企業へ翻訳業務を発注すると、在籍している翻訳者が実際の作業を行い、その上でネイティブのチェックを行い、最終的に納品という流れとなります。納期に間に合うようにそれぞれのスタッフが作業を進めることになるため、発注してから納品されるまでに早くても数日間から1週間程度はかかってしまいます。

しかしビジネスにおいては、急ぎで納品してもらいたいケースもあるでしょう。企業によっては至急案件としてスピード重視で対応してくれる所もありますが、単価は高くなるのが一般的です。希望する納期によりますが、通常単価の1.5倍や2倍になることも珍しくありません。

ネイティブチェックは必要不可欠

中国語の翻訳作業では企業に依頼する多くの場合、翻訳作業の後にネイティブのチェック作業が入ります。そのため、中国語を母国語とする人たちが読んでも違和感がないコンテンツとなりますし、専門的なコンテンツなら翻訳後も同じ難易度や専門性を維持することが可能です。

格安な単価で翻訳を請け負ってくれる企業の場合には、このネイティブチェックが単価に含まれていないことがあります。オプションになっていたりするので、その際には必ずネイティブチェックも含めた発注をするのが得策です。

翻訳だけの場合、読むことはできても文法面で違和感があったり、言葉使いが間違っていたりする箇所が出てきます。少しでも完成度の高い内容に仕上げるためには、専門的な知識を持っている翻訳者が作業を行い、その上でネイティブによるチェックを入れることが必要不可欠と言えるでしょう。

中国語翻訳を発注する時に注意するべきポイント

中国語の翻訳作業を発注する時には、いくつかの注意するべきポイントを押さえておきましょう。ここでは以下の2つから解説していきます。

  • 過去の実績や口コミ
  • 専門的な知識があるかどうか

過去の実績や口コミ

今までどのようなコンテンツに携わってきたのかという点が分かれば、その翻訳企業がどの分野を得意としているのかが分かります。また、顧客の評判や口コミによって信頼できる企業かどうかを把握することも可能です。特に自分が中国語に精通していない場合には、この点は大切になるでしょう。

専門的な知識があるかどうか

翻訳においては原語に関する知識や翻訳技術だけではなく、専門的な知識も求められるという点があります。例えば中国に数年間住んでいたという人なら、日常会話レベルの中国語を理解することはできるでしょう。

しかし、中国に住んでいるだけではビジネスや医療、法律、特許に関する専門知識や専門用語までを理解できるわけではありません。特に専門性が高い分野のコンテンツの翻訳を依頼したい場合には、翻訳技術に加えて専門知識がどの程度あるのかという点も確認してください。

フリーランスに頼むメリットとデメリット

中国語の翻訳は、単価が高い企業に依頼しなくても、フリーランスの翻訳者に依頼するという選択肢もあります。では、フリーランスに頼む際のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

フリーランスに頼む際のメリットについて、以下の3つに箇条書きで簡単にまとめたのでご確認ください。

  • フレキシブルに対応してもらえる
  • 急いで作業をお願いしたい時などに融通がききやすい
  • 企業へ発注するよりも低料金になることが多い

デメリット

フリーランスに頼む際のデメリットについて、以下の2つにまとめたのでそれぞれご確認ください。

  • コンテンツの質に差がある
  • 時間がかかる場合がある

コンテンツの質に差がある

フリーランスの翻訳者は、通常の翻訳企業が設けているような一定レベルを確保するための試験を受けて合格しているというわけではありません。

そのため、翻訳されたコンテンツの質は、その人によって大きな差があるという点は念頭においてください。中国語に精通していても専門分野に精通していなければ、最終的な納品物の完成度は低くなってしまいますし、専門分野に精通していても中国語に精通していなければ、完成度はやはり低くなってしまうことでしょう。

時間がかかる場合がある

一人で作業をするフリーランスの場合だと、他にも案件を抱えていて余裕のない状態になっていることもあります。その場合、素早い納品を期待しているのに、他の案件もあるため実際の作業は2週間先までできない、なんて事態にもなりかねません。納期までのスピードについても、注意しましょう。

フリーランスへ依頼する際の注意点

その人が過去にどんな案件を手掛けたことがあるのか、その経験や実績などを確認した上で依頼することをおすすめします。

まとめ

中国語の翻訳作業は、日本語の文字数ごとに単価が設定されていることが多く、料金の相場としては1文字当たり10円〜20円程度です。企業ごとに、この単価の中にネイティブによるチェック作業などにかかる費用が含まれているかどうかが異なります。そのため、作業を発注する際には単価にどんな費用が含まれているのかを確認することをおすすめします。

リーズナブルに発注するなら、フリーランスに依頼するという方法などもアリでしょう。その際には、過去の実績や経験などを参考にしながら選ぶことが必要です。

「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、中国語の翻訳に強い会社をスピーディーに探せます。どの会社に相談すべきなのか?迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

翻訳・通訳を一括見積もりで発注先を楽に探す
翻訳・通訳を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す