植木の剪定はプロに任せるのがオススメ!かかる費用の相場は?

更新日:2019年08月27日 発注カテゴリ: 外構・エクステリア工事
植木の剪定はプロに任せるのがオススメ!かかる費用の相場は?

この記事では、植木の剪定の費用相場や料金体系などについて詳しく解説していきます。実は剪定料金以外にもゴミの処分費用や出張費用が発生することをご存知ですか。トラブルなく予算内で依頼するために必要なことを記しているため、剪定依頼を考えている方はご参考ください。

関連する記事

仕上がりに大きな差が出る植木の剪定

庭に植木があると、眺めるだけで癒されますし、時の経過とともに木々の成長を楽しむこともできます。そんな植木は、定期的に剪定作業が必要になるわけですが、専門的な技術を持たない素人が行うのは、なかなか大変なものです。

形が上手く整わずに見た目が悪くなってしまったり、場合によっては切ってはいけない枝を落としてしまい、翌年から植木が成長しなかったりといった事態にもなりかねません。植木の剪定で失敗しないためには、やはり熟練した知識と技術を持つプロに依頼するのが良いでしょう。

植木の剪定の費用相場

植木の剪定においては、料金システムは大きく分けて2通りがあります。1時間当たりの時給制とか、一日当たりの作業でいくら、というような日給制になっている場合と、庭木1本当たりいくらという単価制になっている場合とがあります。

時給制もしくは日給制の場合ですが、職人一人当たりの相場は15,000円〜3万円程度が目安となります。その地域によって単価は異なりますが、都市部に行くと単価は高くなる傾向にあります。見積もりを取る段階で、時給制になるのか日給制になるのかは職人が決めてくれますが、庭木の数が少ない場合には時給制になることが多いようです。その場合には、職人一人当たりの時給は2,000円〜3,000円程度が一般的です。

単価制の場合には、どのぐらいの費用が掛かるのでしょうか?庭木1本あたりの単価によってかかる費用は変わるため、この料金システムだと庭木の数が多ければ多いほど、費用は高くなるということになります。

また、単価は庭木の高さや種類などによっても異なります。かかる費用の相場は、高さが3メートル未満の低木の場合には、1本あたり3,000円程度が目安となりますし、5メートル未満になると費用は5,000円〜7,000円程度となります。さらに高さが7メートル未満になると、費用は一気に高くなって15,000円〜17,000円程度となります。

単価制の料金システムで生垣の剪定を依頼する際には、木の数をカウントするというよりは幅1メートルいくらという単価で計算するのが一般的です。/b>生垣の場合にも高さによって1メートルあたりの単価が異なり、500円〜2,000円程度の単価で計算されます。

植込みの剪定の費用相場

庭木と言っても、高さが低い植え込みの場合には、別料金が設定されている業者が多いです。植え込みの場合には、1屬△燭蠅領繕眄瀋蠅多く、500円〜1,000円程度が相場となります。これは庭木1本ごとに単価が設定されている場合の料金システムの例で、時給計算の業者に依頼した場合には、植え込みでも生垣でも庭木でも、かかる料金は変わりません。

剪定作業以外にかかる料金

庭木の剪定を依頼すると、職人の作業にかかる費用以外にも、経費を請求されることが少なくありません。例えば、剪定によって発生した葉っぱや枝などのゴミは、業者が持ち帰って処分してくれることになりますが、その際には処分費用が掛かります。ゴミ袋1つ当たり500円程度の費用ですが、枝を切り落とすような作業だとゴミ袋の数ではカウントできないため、軽トラック1台分あたり3,000円〜8,000円という費用が相場となります。

ただし、業者によってはごみの処分費用が剪定費用の中に含まれている場合があるので、見積もりを取る際にはその点を確認したほうが良いでしょう。格安だと思って依頼したのに、実際にはゴミ処分費用を請求されて最終的にはかえって割高になってしまうことはあります。そうした事態を防ぐためには、剪定費用に含まれている内訳についても事前に確認しましょう。

もしも依頼側でゴミの処分ができる場合には、ごみの処分費用が別料金となっている業者に依頼して、剪定作業だけをしてもらって出たごみは自社で処分するということもできます。ただし、その場合には、職人が切り散らかした枝や葉っぱのゴミを片付ける作業なども自身で対応しなければいけないため、その工数を確保する必要があるでしょう。

剪定業者が遠方から足を運んでくる場合には、出張費を請求されることがあります。多くの剪定業者はローカルな地域でのみの営業をしているため、営業地域外のエリアになると出張費がかかるというシステムになっています。

ネットで見つけた剪定業者へ依頼したいという場合には、営業エリア内であることを確認したほうが良いでしょう。営業エリア外でも対応してくれる業者は多いのですが、その際には出張費についても質問することをおすすめします。

剪定業者の選び方

剪定業者を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。1つ目のポイントは、腕が良くて仕事の早い職人が多く在籍している業者を選ぶという点です。同じ庭木の剪定作業でも、腕が良い職人なら1日で終わる作業が、仕事の遅い職人だと3日かかってしまうということが起こります。

料金システムが日給制や時給制だと、依頼する業者を間違えたために費用が多くかかってしまうことになりかねません。業者選びでは、実績や口コミなどを参考にしながら、素早く品質の高い作業をしてくれる業者を選びましょう。

2つ目のポイントは、見積もりで現地まで足を運んでくれる業者を選ぶという点です。時給制や日給制の業者だと、たぶん1日で終わるのでこのぐらいかかります、といったザックリとした見積りだけで作業をスタートするところもあります。実際に現場を見ることなく出した見積もりでは、実際に作業をしたら時間が計画よりも多くかかって費用が高くなったとか、処分費用などがかかって予想よりもコストが高かったということが起こりやすいものです。

そのため、できるだけ業者を選ぶ際には、実際に現場へ足を運んで庭木を確認した上で見積もりを出してくれる業者を選びましょう。

費用をかけても業者へ依頼するメリットとは?

自身でサッと剪定すれば費用も掛からず経費削減ができるのに、と考える企業はあるかもしれません。しかし、費用をかけてプロの職人へ剪定作業を依頼するメリットは、たくさんあります。

1つ目のメリットは、なんといっても見た目がキレイに仕上がるという点です。企業にとって庭木の見た目は企業のイメージにもつながります。素人っぽい仕上がりよりも、プロの仕上がりの方が、企業のイメージアップとなるでしょう。

2つ目のメリットは、数年後に庭木がどんな風に成長するのかをイメージしやすいという点です。職人は庭木の成長を考えた剪定をしてくれるので、美しい見た目を維持しながら庭木が育ってくれます。

3つ目のメリットは、素人が作業をするよりも、職人が作業したほうがやはりかかる時間が短いという点です。作業効率や作業スピードが違うので、サッと剪定したい時には、プロの職人へ依頼するのがおすすめです。

まとめ

庭木の剪定作業は、プロの職人に依頼しましょう。業者によって料金形態は異なり、時給制や日給制のシステムだと1日当たり15,000円〜3万円という設定になっている業者が多いですし、庭木1本あたりの単価制では、木の高さや種類などによって1本あたり3,000円〜17,000円程度の設定が一般的です。地方よりも都市部の方が単価は高い傾向にあります。また、剪定費用以外にごみ処分費用などが掛かることがあるので、事前に確認しておきましょう。

外構・エクステリア工事を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

建設・建築会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

外構・エクステリア工事の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら