ウッドデッキの費用相場はどのくらい?業者選びのポイント3つを紹介!

最終更新日:2023年03月20日
ウッドデッキの費用相場はどのくらい?業者選びのポイント3つを紹介!
この記事で解決できるお悩み
  • ウッドデッキの費用相場はどのくらい?
  • ウッドデッキの費用を抑えるポイントは?
  • ウッドデッキの施工業者はどうやって選ぶ?

ウッドデッキを設置したいと考えているが「費用はどのくらいかかる?」「少しでも費用を抑える方法はあるの?」とお悩みの方必見!

ウッドデッキは使用する木の種類によって費用相場が変わるため、費用を抑えるポイントについて知っておく必要があります。最後まで読めば、ウッドデッキの費用や業者選びのポイントがわかります。

ウッドデッキの設置やリフォームを検討している方はぜひ参考にしてください。

外構・エクステリア工事の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの建設・建築会社がいいかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 予算内での工事実施やコスト削減の提案がほしい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の建設・建築会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

外構・エクステリア工事に対応できる業者を一覧から探す

ウッドデッキの費用相場は1屬△燭18,000円〜35,000円

pixta_85973865_M

ウッドデッキの費用相場は、1屬△燭18,000円から35,000円です。ウッドデッキに用いられる材料は人工木や天然木があり、材料によって費用が異なります。

設置しようと思っているウッドデッキの面積が大きければ費用は高額になりますが、1屬△燭蠅涼渦舛浪爾るのが一般的です。

ウッドデッキの用途と費用のバランスを取りながら設計するといいでしょう。テーブルやイスを置くか、ローデッキを設置するかによっても費用の総額は大きく変わります。

具体的な広さで相場を紹介

ウッドデッキの具体的な広さと相場は以下のとおりです。

  幅(m) × 奥行き(m) ウッドデッキ費用
狭め 2.0 × 0.9 1.8屐32,400円〜63,000円
ちょうどよい(4人家族) 4.0 × 1.3 5.2屐93,600円〜182,000円
広め 8.0 × 2.5 20屐 360,000円〜700,000円

ウッドデッキに洗濯物を干したいのであればさほど広さは必要ありませんが、家族でバーベキューすることを想定している場合には広いウッドデッキを想定した方がいいでしょう。

天然木は1屬△燭18,000円〜20,000円

ウッドデッキに天然木を使う場合、費用は1屬△燭18,000円から20,000円です。

天然木は自然の温もりを感じられ、風化していく姿も味があるのが特徴です。しなやかさが売りのソフトウッドと、耐久性に優れたハードウッドがあり、何を重視するかによって使用する材料が異なります。

ハードウッドはソフトウッドに比べて耐久性や耐害虫に優れており、高品質の材料は人工木よりも長期間使える場合もあります。メンテナンスがあまり必要ないのもメリットですが、見た目の美しさを維持するために定期的な塗装が必要です。

人工木は1屬△燭30,000円〜35,000円

人工木は、1屬△燭30,000円から35,000円で、天然木と比べて高額です。ウッドデッキの材料では、天然木よりも人工木の費用が高くなる点に注意しましょう。

人工木は耐久性が高く、シロアリの被害もほとんどないのがメリットです。天然木で起こりがちな材料の反りが起こらず、カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

人工木にはメリットが多くありますが、熱を吸収しやすい点がデメリットです。直射日光が当たり続けると、非常に高温になります。遮熱効果のある塗料を塗る、屋根を設置するなどの対策が必要です。

ウッドデッキの費用を左右する4つの要素

pixta_89187692_M

ウッドデッキの費用を左右する要素は以下の4つです。

  1. 依頼する業者の工事費用
  2. 運搬の難しさ
  3. ウッドデッキ取り外しの有無
  4. 屋根や手すりの有無

1. 依頼する業者の施工費用

ウッドデッキの施工費用は、依頼する業者の工事費用によって大きく変わります。施工業者によりますが、ウッドデッキの施工費用は1屬△燭20,000円から30,000円です。

材料費と同程度の施工費用がかかりますが、仕上がりの美しさやスピードを重視するのであれば必要な出費です。費用総額を抑えたい場合には、DIYでウッドデッキを制作することも検討できるでしょう。

2. 運搬の難しさ

ウッドデッキの設置場所まで材料や機材を持っていくのが難しいケースでは、費用が高額になります。たとえば、前面道路が狭くてトラックが入れない、家の駐車場からウッドデッキの設置場所まで距離がある場合、施工に時間がかかるでしょう。

施工に時間がかかると、職人に支払う人件費が増えるためウッドデッキの施工費用全体が上がります。見積もりの段階で設置場所を見てもらい、追加費用が発生するのか、どの程度の費用になるのか確認しておくことが重要です。

3. ウッドデッキ取り外しの有無

ウッドデッキがすでに設置されている場合には、取り外しの費用が追加でかかります。天然木のウッドデッキはシロアリ被害に遭うことがあり、材料の交換が必要な場合があります。取り外したウッドデッキを廃棄する費用も考えなければなりません。

業者によりますが、取り外し・廃棄費用は小規模なウッドデッキで5万円、広いウッドデッキで20万円が相場です。取り外しや廃棄処分の費用は1屬△燭蠅硫然覆任呂覆、一式費用での記載が多いことを覚えておきましょう。

4. 屋根や手すりの有無

ウッドデッキに屋根や手すりを付けたいと考えているのであれば、やや費用が高額になります。ウッドデッキは日が当たる場所に設置されるため、屋根を付けることでより使いやすい仕様になります。

まずは屋根を付けずにウッドデッキを設置し、後から屋根だけ取り付けることも可能です。

ウッドデッキに屋根を取り付ける費用は10万円から20万円。これは製品の費用、施工費用、防水加工などを含めた価格です。小さなお子さんがいる家庭であれば、2万円から4万円で手すりを設置することで安全性を高められます。

ウッドデッキの費用を抑える3つの方法

pixta_86888855_M

ウッドデッキの費用は高額になることがあるため、以下の3つの方法で費用を抑えることが可能です。

  1. 外構専門業者に施工を依頼する
  2. 相見積もりを取る
  3. DIYで施工する

1. 外構専門業者に施工を依頼する

ウッドデッキの費用を抑える重要なポイントの1つは、外構専門業者に施工を依頼することです。ハウスメーカーや工務店でもウッドデッキの注文を受けていますが、その後下請けの外構専門業者に施工を依頼するのが一般的です。中間マージンが発生し費用が高額になりがちです。

外構専門業者に直接ウッドデッキの施工を依頼することで、中間マージンが必要なくなり費用を抑えられます。外構専門業者は、材料を大量に発注する代わりに価格交渉を行っているため、材料費も抑えられるのがメリットです。

2. 相見積もりを取る

ウッドデッキの費用を検討する際に、相見積もりを取ることも大切です。相見積もりは、複数の業者から見積もりを取ることで、施工の費用相場を知るとともに業者ごとの違いを見極められる方法です。本当に必要な工程は何か、不要な費用が入っていないか確認できます。

相見積もりを取る際に、1番見積もり金額が安い業者がもっともいい業者とは限らない点に注意が必要です。他の業者と比較してあまりにも安い見積もりの場合、手抜き工事や粗悪な材料の使用が疑われます。適正価格の範囲内で信頼できる業者を選びましょう。

3. DIYで施工する

ウッドデッキの費用を抑えたいのであれば、DIYによる施工を検討できます。ウッドデッキの施工費用は全体の半分程度を占めており、DIYでウッドデッキを設置することで費用を圧縮可能です。

ただし、ウッドデッキをDIYで設置した場合、仕上がりに納得がいかなかったり時間がかかったりするおそれがあります。大工仕事が苦にならない、時間がかかっても問題ない方は、DIYに挑戦するといいでしょう。

ウッドデッキの施工業者を選ぶ3つのポイント

pixta_61536791_M

ウッドデッキの施工業者を選ぶ際には、以下の3つのポイントを意識してみましょう。

  • 実績の多さ
  • 施工事例が写真付きで掲載されているかどうか
  • 経営年数の長さ

1. 実績の多さ

実績の多い施工業者であれば、信頼できる可能性が高いです。ウッドデッキは家の構造や庭の広さによって施工方法や難易度が変わるため、さまざまな施工例を実施している業者の方がスムーズに工事が進むでしょう。

実績の多さは、満足度の高さと関係しています。実績豊富な施工業者は多くの顧客から支持されていると考えられるため、施工数を1つの基準として業者を選ぶのは賢い方法です。

2. 施工事例が写真付きで掲載されているかどうか

ウッドデッキの施工業者を選ぶ際、施工事例が写真付きで掲載されているかどうかも重要なポイントです。多くの実績があったとしても、どのような工事だったのか見ることができなければ完成のイメージが湧かないでしょう。

施工事例の写真を掲載することは、施工業者の自信の表れでもあります。業者選びでは、施工事例の写真を確認し、質の高い工事をしているかどうかしっかり確認すべきです。

3. 経営年数の長さ

ウッドデッキの施工業者選びでは、経営年数の長さも判断材料となります。外構専門業者は入れ替わりが激しく、工事の質が悪い業者は数年程度で事業をたたまざるを得ないことが少なくありません。

経営年数が1年から3年の業者は、やや不安が残ります。5年以上実績のある施工業者であれば、ある程度信頼できると考えられるでしょう。その期間の実績や口コミなどを総合的に判断しながら施工業者を選ぶことが重要です。

まとめ

ウッドデッキの費用相場は、1屬△燭蠅虜猯組颪18,000円から35,000円、施工費用が20,000円から30,000円です。屋根や手すりを付けたり、古いウッドデッキの取り外しが必要だったりするケースでは、さらに費用がかかります。

外構専門業者に業務を依頼する、相見積もりを取るなどの方法で、できるだけ低価格でウッドデッキを設置できるようにしましょう。

比較ビズでは、ウッドデッキの実績豊富な建設・建築業者を比較しながら選べます。利用料はかからないため、ウッドデッキの設置を検討している方は、ぜひ一度比較ビズを利用してみてください。

比較ビズ編集部
執筆者
比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。
外構・エクステリア工事の依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの建設・建築会社がいいかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 予算内での工事実施やコスト削減の提案がほしい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の建設・建築会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

外構・エクステリア工事に対応できる業者を一覧から探す

比較ビズ求人のお知らせ

エンジニアの募集

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら