「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

プロカメラマンに写真撮影を依頼したい!気になる料金相場は?

最終更新日:2022年08月22日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
プロカメラマンに写真撮影を依頼したい!気になる料金相場は?
この記事で解決できるお悩み
  • プロカメラマンに依頼した時の費用相場が知りたい
  • プロカメラマンに依頼できる内容とは
  • 上手なプロカメラマンの選び方とは

プロカメラマンに写真撮影を依頼したい!スマートフォンのカメラで簡単にキレイな写真が撮影できるようになった現代でも、そう考える方は少なくないはず。アプリで簡単に加工・レタッチできたとしても、写真自体のクオリティが低ければ、それなりの仕上がりにしかならないからです。

結婚式や子どもの記念日をキレイな写真で残したい個人の方、商品写真やWebサイト向けの写真を高品質に撮影したい法人の方なら、プロカメラマンへの依頼を検討していることでしょう。そんなときに気になるのが写真撮影の費用・料金相場。

そこで本記事では、プロカメラマンへ写真撮影を依頼した場合のシチュエーション別料金相場、オプションや追加料金が必要になるケースなどを紹介していきます。

プロカメラマンに依頼した場合の費用相場はどう決まる?

プロカメラマンに撮影依頼をする場合、撮影費用は3,000円〜20万円とかなり幅があります。撮影費用を左右する要素は大きく分けて以下の3通りです。

  • 撮影にかかる時間
  • 撮影に必要なカット数
  • 撮影する写真の種類

撮影にかかる時間で料金が変わる

プロカメラマンに撮影を依頼する場合「1時間〇〇円」のように、時間ごとに料金が設定されている場合があります。

スナップ写真のように2,3時間でサクッと撮影できるものなのか、半日〜1日がかりで撮影するものかに費用は大きく変わります。1日がかりで撮影が入る場合、撮影内容にもよりますが4〜7万円が相場でしょう。

カット数が多ければ撮影料金も増える

「基本料金+1カット○○円」で料金を設定しているプロカメラマンも多いです。カット数が多ければ写真を選ぶ際の選択肢が増えますが、もちろんそれに伴って値段は高くなります。

また、プロカメラマンによっては最低カット数を設定している場合があります。枚数によっては想定より高額になることもあるので、依頼前にきちんと確認しましょう。

撮影する写真の種類によっても料金は変わる

プロカメラマンに依頼すると言っても、結婚式の写真撮影、子どもの記念撮影や企業向けの写真撮影など、様々な写真の種類があります。例えば、結婚式の写真撮影だと最低10万円はかかりますが、子どもの記念撮影などは大体2万円から依頼ができます。

出張撮影サービスの利用がおすすめ

出張撮影サービスは基本的に時間で料金が設定されているため、高くなりそうな種類の写真を依頼したい場合は利用すると良いでしょう。

参照元:フォトグラファーに撮影を依頼したときの費用は?料金相場を解説!

プロカメラマンの写真撮影費用・料金相場【早見表】

ここでは、写真撮影費用・料金相場の表をご用意しました。種類や状況によって大きく費用が異なることが理解いただけるかと思います。

  写真撮影の種類 撮影の料金相場
スタジオ撮影 記念写真 3,000〜5,000円
商品撮影 3〜4万円 / 半日、7〜8万円 / 1日
出張撮影 子どもの記念撮影・イベント撮影 2〜3万円 / 1時間、4〜5万円 / 半日
コスプレの撮影 4〜5万円/半日、8万円〜10万円/1日
結婚式の写真撮影 10〜20万円 / 1日
Webサイト・会社案内・イベント撮影 4〜5万円 / 半日、8〜10万円 / 1日

最終的には、依頼するプロのカメラマンと費用感のイメージ共有をして契約の運びになります。依頼するカメラマンに応じて費用・料金相場は異なるので、契約するときにきっちりと費用の内訳などを理解しておきましょう。

プロカメラマンの出張撮影料金相場は半日で4〜5万円

プライベートな記念日・イベントの撮影、Webサイト用・会社案内用の写真など特別な撮影をして欲しい場合は、プロカメラマンに出張してもらいましょう。以下の4つの場合からそれぞれ解説していきます。

  • 結婚式の場合
  • 子どもの記念撮影の場合
  • 企業ホームページ用の撮影の場合
  • コスプレ撮影の場合

結婚式の場合

同じ記念日・イベントごとであっても、失敗の許されない結婚式の場合はやや特殊です。大事な瞬間を撮り逃さないようカメラ2台体制で待機する必要があり、進行を把握した絶妙な位置取りなど、結婚式ならではのノウハウが必要です。こうしたノウハウに秀でているのは、やはり式場と契約するプロカメラマンでしょう。

失敗のない確実な写真撮影が期待できる反面、式場契約カメラマンへの依頼はやや高めです。式場契約のないカメラマンであれば10万円程度からの料金相場で依頼できるかもしれませんが、クオリティはやや低めになりがち。結婚式場によっては、契約カメラマン以外は受付けないといったケースもあります。

結婚式のエンディングロールの依頼も可能

出席者一同が結婚式を楽しんでいるシーンを撮影して最後にエンディングロールとして流すというサービスもあり、利用する人は非常に多いです。そこまで「写真のクオリティ」を求めないのであれば、フリーランスやバイトに頼むのもよいでしょう。この場合は5万円ぐらい(映像制作も含む)から依頼することが可能です。

子どもの記念撮影の場合

子どもの記念日・誕生日パーティーなどのイベントを写真撮影してもらう場合も、プロカメラマンに出張撮影を依頼可能です。半日(約3〜4時間)で約4〜5万円程度が料金相場ですが、1時間2〜3万円の短時間の依頼が可能な場合も。

ただし、延長する場合は1時間1万円程度の追加料金が発生するため、最初から長めの時間でブッキングしておくのがおすすめです。

企業ホームページ用の撮影の場合

コーポレートサイト・ショップサイトの写真、会社案内用の写真、社内イベント・セミナー撮影など、企業・店舗などの法人であれば、なおさらプロカメラマンに依頼したいニーズが高いかもしれません。半日撮影のほかに、1日(全日7〜8時間)約8〜10万円程度の料金相場でプロカメラマンに写真撮影を依頼可能です。

シズル感を強調した料理写真、店内写真を撮りたいレストラン・飲食店も、プロカメラマンに出張撮影を依頼するのがおすすめです。

時間外の料金がかかる場合も

営業時間や勤務時間の都合で、出張してもらう時間帯が早朝・深夜などになってしまう場合、時間外の料金がかかる場合もあります。事前に確認しておくといいでしょう。

コスプレ撮影の場合

昨今、コスプレを楽しむ人が非常に増えています。どれだけ素晴らしいコスチュームを着こなしたとしても、撮影のレベルが低ければ魅力は半減してしまうでしょう。その結果、撮影を「プロのカメラマンに依頼をする」人が増えても不思議ではありません。

なかには「商用利用」をすることも考えている人もいるため、多少の出費は「必要な経費」として割り切っている人もいらっしゃいます。

半日程度のコスプレイベントであれば、「4〜5万円程度」で依頼をすることが可能です。フリーランスのカメラマンの中にはコスプレ撮影を専門とする人もいらっしゃるぐらいで、その場合はもう少し相場に幅が出て「3万円〜6万円」となることもあります。

プロカメラマンに依頼する場合の料金内訳

プロカメラマンに出張撮影を依頼した場合の基本料金には、どのような料金が含まれていて、どこまでの仕事をしてくれるのでしょうか。出張撮影の料金には以下の4つが含まれているのが一般的です。

  • プロカメラマンの技術料
  • カメラ・レンズなどの機材費
  • アシスタントなどの人件費
  • 現像費

現像費とは

プロカメラマンは写真のダイナミックレンジを確保するため「RAW」で撮影する場合がほとんど。生のデータであるRAWを、ホワイトバランスや色を調整しながらJPG、TIFFなどに変換する作業が「現像」です。クライアントに「写真データ」を渡すために必要な、現像作業も撮影料金に含まれているのです。

出張撮影に追加でかかる料金は?

プロカメラマンの出張撮影料金に含まれないものは、追加費用がかかる場合があるということ。たとえば、遠方から出張してもらう場合の交通費・宿泊費、照明機材が必要な撮影では追加の機材費・人件費がかかることも考えられるでしょう。写真の現像費は基本料金に含まれる場合がほとんどですが、フォトレタッチは別料金の場合もあります。

交通費・宿泊費などは実費ですが、距離に応じた金額が定められているケースも。ただし、近隣への出張撮影は交通費無料とするカメラマンも少なくありません。依頼前に、基本料金になにが含まれるのか?追加でかかる費用はあるのか?充分確認しておく必要があります。

フリーカメラマンなら撮影料金を抑えられる?

予算が厳しい、撮影料金を抑えたい、という方であれば、フリーカメラマンを活用しようと考えるかもしれません。確かに、フリーカメラマンに依頼することで撮影料金は抑えられる可能性は高まりますが、安いからという理由だけで選択するのはおすすめできません。

フリーカメラマンとは?

フリーカメラマンとは、会社や組織に所属しない、フリーランスのカメラマンのことです。会社から独立して個人事業主として生計を立てるプロカメラマンから、アマチュア・ハイアマチュアが空いている時間に撮影する「サンデーカメラマン」まで、実にさまざまなフリーカメラマンが存在します。

フリーカメラマンは組織に所属しないため、同じ実力・スキルの会社所属カメラマンよりも中間マージンをなくせる分、安価に写真撮影を依頼できるのは事実。しかし、大前提として「フリーカメラマンはさまざま」ということを覚えておかなければなりません。

フリーカメラマンの実績・得意分野をチェック!

フリーカメラマンへの依頼を考える場合は、実力を見極めるのがなによりも重要。そのためには、これまでにどのような作品を撮影してきたのか?ポートフォリオを中心にした実績チェック、どんな写真撮影を数多くこなしてきたのか?得意分野をチェックするのがおすすめです。

近年では、クラウドソーシングなどで簡単にフリーカメラマンを探せるようになり、ポートフォリオなども確認しやすくなっています。しかし、素晴らしいと感じたポートフォリオは、100枚に1枚だけのたまたま「当った」ものなのかもしれません。1枚だけで判断せず、似たような作例はないのか?問い合わせてみるといいでしょう。

撮影料金が安過ぎるフリーカメラマンは注意

フリーカメラマンの撮影料金相場は確かに安めになる傾向にはありますが、それは中間マージンがないからだと考えた方がいいでしょう。たとえば、一般的なプロカメラマンの相場から10〜15%安いといった程度なら「プロの」フリーカメラマンだと判断できるかもしれません。

しかし、なかには実績作りのために仕事を取りたい、あるいは興味のある撮影だから安価でも参加したい、といった「カメラマンを生業としない」フリーカメラマンも存在します。後々のトラブルを避けるためにも、あまりにも報酬が安いフリーカメラマンは避けておくのが無難です。

人柄にも注意する

SNSを活用している方であれば、他の人とのやり取りやレビューも見ておくと良いでしょう。人柄のすべてはわかりませんが、過去にトラブルを起こしていないか、悪い噂が無いかどうかをある程度調べることをおすすめします。

マッチングサイトを上手に活用することで安価に依頼できる可能性も

昨今、さまざまなマッチングサイトが登場しています。多種多様のカメラマンが在籍しているサイトもあるため、じっくりと探すことで理想のプロカメラマンに出会えるかもしれません。

そして、何よりもプロカメラマンの依頼の費用が安く抑えることも可能だということです。最近増加傾向にある依頼方法なので、これから「このマッチングサイト利用」がスタンダードな依頼の仕方に変わっていく可能性があります。

評価コメントを参考にできるメリットがある

マッチングサイトに登録しているカメラマンの何よりのステータスは「評価コメント」です。この評価が高ければ安心してお願いできるでしょう。明らかに依頼費用が相場よりも安い場合なども、評価コメントも参考にしてジャッジすることが可能です。

評価コメントをじっくりと読むことで、そのカメラマンの人柄が見えてくる部分もあります。「よく喋って場を盛り上げてくれる!」「的確な指示でサクッと撮影をしてくれる!」など、自分が好む撮影スタイルを評価コメントから推測できるのは大きなメリットです。

撮影ジャンルから探すことも可能で使いやすい

「家族写真」「カップル」「スポーツ」などなど、多種多様なジャンルからカメラマンを探すことも可能です。カメラマンの方も得意とするジャンルで良い写真を撮りたいと考えているため、「満足のいくカメラマン」に出会える可能性が高くなってきます。

「旅行同行スタイル」でカメラマンに依頼する人も増加

修学旅行などにプロカメラマンが同行してくれますが、まさにこのイメージです。宿泊費や交通費も負担しないといけないため、費用が高めになることは理解しておきましょう。

まとめ

フォトスタジオでの撮影、現場に出向いての出張撮影、どちらでも対応できるプロカメラマンは、美しい写真を確実に残したいときに是非とも依頼したい頼もしい存在です。しかし、カメラマンによって料金相場も異なれば、得意分野も異なります。主観的な判断になる写真は、カメラマンの作風が気に入るかどうかも選定する際の重要な要素です。

フリーカメラマンを含め、多数の選択肢があるなかからニーズに最適な候補を選ぶことさえ迷ってしまうこともあるでしょう。「比較ビズ」なら、必要事項を入力する2分程度の手間で、優良なカメラマンをスピーディーに探せます。カメラマンの選定に迷うようなことがあれば、是非利用してみてください。

監修者の一言

プロカメラマンに撮影を依頼する場合の料金設定は各フォトスタジオのカメラマンにより異なります。私もカメラマンとして活動をしていますが、お客様にとって明瞭で分かりやすくすることを目的に1時間あたりの金額+交通費の実費という形で請求をさせていただています。

一方、建築写真や女優を使ったポートレート撮影などは、撮影後の編集(いわゆるレタッチ)を行う必要があり、こちらの金額もコミコミで提案しているカメラマンもいます。また撮影時間と枚数が少ないため、1カットあたりの金額で提案しているカメラマンもいます。

案件によりケースバイケースですが、金額はカメラマンのレベルと撮影難易度により変動してくるため、その都度撮影に合ったカメラマンを探すのがおすすめです。全体の撮影費用を安くしたい場合、近くのカメラマンに依頼すると交通費分が比較的安くなるのでぜひ探して相談してみてください。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

カメラマン(写真撮影)を一括見積もりで発注先を楽に探す
カメラマン(写真撮影)を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す