「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

ライター・記事作成依頼の費用相場と質を維持するための見積もり注意ポイント

最終更新日:2022年08月22日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
ライター・記事作成依頼の費用相場と質を維持するための見積もり注意ポイント

アフィリエイト用のコラムや情報記事、ブログの作成をライターに外注することにはたくさんのメリットがあります。より質の高い記事を持てますし、効率よくたくさんのサイトを運営していくことができるからです。また、何らかの専門的な情報記事を作成する際にも、プロのライターに依頼することが多くなっています。やはり、プロに依頼した方が、より情報に富んだ内容となりますし、構成や表現などもレベルが高いので質の良い記事に仕上がるからです。費用と質のバランスを見て、賢くサービスを利用しましょう。

ライター・記事作成依頼の費用を左右するポイントとは?

一口にライターに記事作成を依頼すると言っても、いろいろなタイプのものがあります。記事テーマも無限と言っていいほどありますし、記事の長さや専門性、SEO対策などの要素もあります。

それぞれの要素によって、依頼できるライターが異なりますし、料金も変わってきます。特に専門性の高い記事となると、クオリティーの高さが求められますので、誰にでも依頼できるというわけではないでしょう。他にも、ライターが所属している形態によっても異なります。

大まかに分けると2つあります。

  1. クラウドソーシング
  2. 記事作成代行会社

クラウドソーシングは、ライターがフリーの立場で登録されていて、それぞれの記事依頼の仕事に応じて応募がなされます。

外注費を抑えられること、たくさんのライターの選択肢の中から選べるので、記事によって依頼費を上下させられるというメリットがあります。一方で、それほど実績のあるライターに当たるとは限らないので、記事の質が不安定になってしまうというリスクもあります。

一方で、記事作成代行会社の場合は、固定されたライターが記事を作成しますので、安定した質の記事を期待できるというメリットがあります。しかも、その後のフォローもしっかりとしていて、校正や記事修正などにも応じてくれます。

また、次に同じような記事を依頼したい時に、ライターの指定ができたり、前回と同じ仕様で依頼するといった融通が利くのもメリットです。料金に幅がありますので、クラウドソーシングよりも高くなるケースもありますが、予算に応じた発注ができます。

ライター・記事作成依頼の費用相場

上記のように、どんなタイプの記事を依頼するのかといったことで、費用は変わってきます。しかし、ある程度の相場というものがありますので、それを把握していると予算を立てやすいでしょう。多くの場合、料金は文字単価で決められます。

1文字当たりいくらという形で設定されているのです。会社によってこの文字単価には違いがありますが、安いところで1文字あたり0.8円、高いところでは5円くらいになります。平均としては、1文字あたり1円から1.8円というところでしょう。

それぞれの会社で、基本となる文字単価が設定されていて、それにプラスして追加料金がかってくるものです。たとえば、文字数による単価追加があります。200文字から400文字の記事であれば1文字当たり1.5円としているところでは、400から800文字になると1.7円とするなどの違いがあります。

一般的に、文字数が多くなると単価も若干高くなる傾向があります。また、校正が入るかどうかという点も単価を分けるものとなります。ライターが書いた記事を別の校正担当がチェックして提出すると、表現の誤りや誤字脱字がありませんので、より質の高い記事が受け取れます。

その分追加費用がかかります。他にも、修正依頼がどこまでできるかというのもポイントです。仕上がった記事が納品されたら、よほどのことがない限り修正依頼はできないということもありますし、特に規則を設けておらず、ある程度納得できるまで修正することができるというサービスもあります。

やはり、これも料金の差となって跳ね返ってくる部分となります。もう一つの大きなポイントは、SEO対策をどこまでするかということです。ウエブに記事を掲載するのであれば、当然よりアクセスを稼げる記事を載せたいと思うはずです。

そのために、キーワードの比率や構成などを考えて、より検索ヒットされやすい記事を書くことをSEO対策と呼びます。当然、普通に記事を書いていく以上のテクニックと手間が必要となりますので、費用も上がります。

会社によって料金の差は様々

これも会社によってかなりの料金の差があるので相場を見るのは難しいですが、文字単価で見ると通常の記事と比べて倍程度の単価になることが多い傾向にあります。もしくは、SEO対策の他の手法をセットにして数万円などの追加費用が加算されるという計算方法を採っているところもあります。

質の高い記事を依頼するために注意したいポイントとは?

このように、ライター・記事作成依頼をする時の料金は、依頼するところによってだいぶ変わってくるものです。信頼でき、かつ実績のある会社に依頼するということも大事ですが、依頼の仕方によっても記事の質が変わってくることがあります。

たとえば、ほとんどの記事作成代行会社では、記事の仕様書を作成しています。文字数やテーマ、表現の語調などを指定するためのものです。この仕様書をなおざりにすることなく、ある程度細かく指定することで望む内容の記事を受け取ることができます。

たとえば、執筆のたたき台として欲しいサイトのURLや、ある程度の記事の流れ、小見出しの指定などをしておくことができます。また、ターゲットを誰にしたいのか、記事全体の雰囲気はどんなものかなどを決めておくと、それに基づいてライターが執筆してくれます。

かなりあいまいな指示しかないと、ライターも自分なりにニーズを想像して書くしかありませんので、依頼者が本当に望んでいる記事に仕上がるかどうか不明なところもあるのです。

もう一つのポイントは、最初はいろいろな会社に依頼してみて、それぞれの会社の対応や質の高さ、自分の求める記事にマッチしたものかどうかを見ることです。記事の質というのは、ライターによってかなり異なるものですし、同じライターでもジャンルによって得手不得手があります。

実際に依頼してみないと、どのくらいの記事の質になるか分からないですし、人によって好みの記事というのは異なるというのが現状でもあります。そこで、最初はお試しだと思って複数の会社に依頼して、その中から自分に合った会社を選んで依頼し続けるというのがベストです。

まとめ

ライター・記事作成依頼をする際の費用としては、1文字当たりいくらという文字単価で料金が設定されます。記事の専門性やジャンル、文字数などによって変動があり、1文字当たり0.8円から5円くらいになります。

特に専門性の高い記事や、SEO対策を施した記事とする場合、費用が上がる傾向にあります。また、1記事あたりの文字数が多くなると、やはり単価が上がる傾向が見られます。クラウドソーシングに依頼するか、専門の記事作成代行会社に依頼するかによっても料金や質、サービスが変わってきますので、じっくりと考える必要があります。

予算の中で、質の高い記事を依頼するためには、ある程度しっかりと記事の仕様を説明することが肝心です。語調や記事全体の雰囲気、ソースとなるサイト、キーワードなどを指定するようにしましょう。こうすることで、自分の希望にマッチした記事を受けとることができるようになります。

監修者の一言

ライターに記事作成を依頼する場合の相場は記事のカテゴリーや納期・文字数によっても変わってきます。文章は書く人それぞれで特性やクセなどが出るため、過去にその人が書いたポートフォリオを参考にして専任するか、参考にしたい記事の書き方や構成をクライアント自ら指示を出して執筆してもらう流れが多いです。

一般的にライターに仕事を依頼すると、文字単価で計算する方が多いです。単純明瞭で分かりやすいというのが1つの理由だと思います。私も文字数換算で見積もりを出しています。個人的な感覚では、専門性のないコラム記事を基準とした場合、1文字2円〜3円が相場、それ以下は安い、それ以上は経験や一定の知識のあるライターといった感じです。

記事執筆はライターの経験・スキルによって左右されるので、これまでの実績や経験を聞いたうえで、相場に則った金額で執筆できるか相談してみるとスムーズに進むのではないかと思います。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

ライターを一括見積もりで発注先を楽に探す
ライターを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す