社会保険労務士を一括見積もり、比較して探すなら「比較ビズ」

日本最大級ビジネスマッチングサイト

あなたにピッタリの条件の
社会保険労務士完全無料で見つかる

完全無料!たったの120秒で匿名見積もりができます。

社会保険労務士の分野の一覧

  • 顧問契約は会社が従業員に対して行うべき「社会保険(健康保険/厚生年金)・労働保険(労災保険/雇用保険)・労災処理業務全般や、就業規則の運用支援、労基署・年金事務所の調査立会、及び、採用、教育・ …

  • 給与計算事務を必要としない会社はありません。しかし給与計算は特殊な業務なので、社内で行った場合、担当者に「作業の負担」「精神的な負担」の2つが発生します。入力ミス・計算ミスなども気になりま …

  • 助成金とは「融資と違い、返済不要で国からもらえるお金」のことをいいます。よく融資と勘違いされ、『返済するのですか?』と質問されることがありますが、その必要は全くありません。助成金は一度もら …

  • 労務規定・就業規則作成

    労務規定・就業規則作成

    就業規則の内容は大きく分けると、「労働者の権利」と「労働者の義務」に分かれており、これらをきっちりと会社の実情や社風、会社理念に合わせて作ることで無用の労務トラブルを避けることができるよう …

  • 社会・労働保険手続代行

    社会・労働保険手続代行

    社会保険、労働保険等の事務手続に時間を取られるものです。社会保険等の事務手続は、大変煩わしいものです。これらを社会保険労務士に相談することで、「コストの削減」「届出がスムーズになる」「労務 …

  • 人事制度構築

    人事制度構築

    人事制度とは、企業の経営理念や経営方針の実現を図るために必要な、人事に関わるルールのことです。そのため、人事制度を構築することは、企業の業績に大きく関わってくる重要な業務であると言えます。 …

  • 退職金・企業年金

    退職金・企業年金

    退職金制度を見直していなかったため、思いがけず高額の退職金を支払わなければならず経営が悪化!というケースも珍しくありません。一度トラブルになってしまうと非常に厄介なことに巻きまれかねません …

  • ADR(裁判外紛争解決手続)

    ADR(裁判外紛争解決手続)

    ADRは法的トラブルについて、裁判を起こすのではなく、当事者以外の第三者に関わってもらいながら解決を図るのがADRです。「未払残業」「サービス残業」などが取り沙汰される昨今、いつ社員の方が訴訟を …

社会保険労務士を都道府県から探す

オススメの社会保険労務士

社会保険労務士の口コミ紹介

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、労働関連法令や社会保障法令に基づいて労務管理などの書類等の作成、および中小や零細企業の総務事務の代行等を行ってくれる専門士業です。中小や零細企業の経営、労務管理や社会保険に関する相談、代行を行うことで総務を持たない会社などの社会保険や人事労務管理を調整してくれる仕事です。

弁護士・司法書士・行政書士・弁理士・税理士・海事代理士・土地家屋調査士ともに 8士業の一つに数えられています。主務官庁は厚生労働省です。また特定社会保険労務士であれば、労務手続きや代行以外では労務に関する相談や紛争の相談、手続き代行なども行ってくれます。社会保険労務士は企業を営む人にとって身近な相談相手となることも多く、知識が豊富な場合には経営や会計、決算などのアドバイスができる場合もあります。

社会保険労務士の仕事内容・独占業務

社会保険労務士の仕事内容や独占業務は次の通りです。

  • 1.労働及び社会保険に関する労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所等に提出する申請書、届出書、報告書、審査請求書などの書類を作成する。
  • 2.上記らの申請書等の提出に関する手続を代行する。
  • 3.個別労働関係紛争の解決、手続について、紛争の当事者の代理をする。相談に応じる。和解交渉を行う。又は指導する。

これらの業務は、社会保険労務士又は社会保険労務士法人でない者が原則として報酬を得得て行ってはならないとされています。さらに紛争解決手続代理業務においては、特定社会保険労務士でなければ行うことができないとされています。社会保険労務士に関しては勤務型と自分で事務所を構える独立型に分かれます。

また、「勤務型」の場合は、平均的な会社員の年収とあまり差がありません。資格手当などが関係して多少手当が付くくらいです。これに比較して、開業型の場合はその社会保険労務士のキャリアと抱えているクライアントによります。顧問契約を多く結んでいたり、得意な分野があったりすれば定期的な高額収入も見られる場合があります。また、特定社会保険労務士であればさまざまに紛争の代理なども行えるので他の社会保険労務士が複数所属しているというような場合もあります。

社会保険労務士の実情・年収

社会保険労務士の年収の開きはその人それぞれにより大きく開きがあるともいわれています。若い、まだ20〜30代前半の社労士であっても知識が豊富であれば、さまざまなコネクションで活躍の場を広げている社会保険労務士もいます。特にネットやITに強い社会保険労務士は次々と新規顧客をゲットすることも少なくありません。

また顧問を務めている場合、柔軟性があったほうが今は企業に好まれることも多いです。多種多様な働き方が多くなっている現在ですから、世の中に柔軟に対応できる社会保険労務士が求められているのです。

平均年収は500万円前後、時給換算にすると2000円ちょっとくらいと言われています。 総労働時間ですが170時間/前後で開業していてもよほどのキャリアと特徴、クライアントを定期的に持っていなければ一般サラリーマンや企業所属の社会保険労務士との差はさほどありません。平均すると、社労士の年収は500〜800万円くらいになるようです。

しかし、この仕事を専業にしている日ともいれば、傍らの仕事として行っている人もいるため実際の平均年収などを出すと、そのような有資格者のアルバイト程度の業務も全般的な社会保険労務士の年収の中にカウントされてしまうことがあります。決して低い年収ではありませんが、とびぬけて高いわけでもないといったところですね。どの士業でもそうですが、規模やキャリア、関わっている分野が大きく影響します。

良い社会保険労務士の特徴

独立して開業している方は、自分の裁量で仕事を行えますから企業所属より若干の余裕をもって業務を遂行している場合も多いようです。中には登録していて、社労士として仕事をしてないという場合もあるようですが、良い社会保険労務士は定期的に仕事が切れず、 多くの案件を扱っているので応用パターンになれている、細かい点などもきちんとサポートしてくれるといったような社会保険労務士が依頼されやすい、コンスタントに仕事があるようです。まだ男女の社会保険労務士の違いでは、それぞれの得意分野を持っている 社会保険労務士が強みをもちます。たとえば紛争に強い、人事労務系に強い、ITに強いなどどいった特徴がある社会保険労務士が良いでしょう。

社会保険労務士のよくある質問

社会保険労務士は不景気な時にはどうでしょうか?

社会保険労務士は不景気な時こそ相談など増えて、忙しい場合もあります。 不況により定職に就けない人も多い中、社会保険労務士そのものが資格を持っている専門職なので、自分で開業することもできますし、企業お抱えの社会保険労務士として活躍することもできます。

年収の高い社会保険労務士とはどのような人ですか?

社労士として年収が高い人とは当然ながらたくさん仕事を抱えている人、多く顧客を 抱えている人ですね。高年収を得るために、開業して多くの顧客を抱えると簡単に儲けられるようですがこれは多少のバックグラウンドやコネクションがあってのこと。つまり自分でやっていくとなると、営業力やマーケティング能力も必要になってくるのです。

社会保険労務士の力量もさることながら集客力や営業力をもっていかないと人は集まってきません。場合によっては本業よりも営業で顧客を得る方が難しいこともありますので目途が立っていないうちに開業をするのは大変な負担となる事でしょう。常に世の中のアンテナを貼り、さまざまなことに柔軟対応できる社会保険労務士がニーズとしてはあげられると思います。大企業以外の中小企業や小規模企業になれば様々なことに手が回らないことも十分に考えられるのでその会社の一員となってサービス精神をもち、手足となって働いてくれるような、社労士がゆくゆくは、安定した収入を得られることでしょう。

社会保険労務士

一括見積もりスタート

社会保険労務士を探すなら

比較ビズでは社会保険労務士を 労務顧問給与計算助成金申請労務規定・就業規則作成社会・労働保険手続代行人事制度構築退職金・企業年金ADR(裁判外紛争解決手続)、 など様々な分野から絞り込んで、比較・一括見積もりをして探すことができます。社会保険労務士を探すなら日本最大級のビジネスマッチングサイト「比較ビズ」で。

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら