「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

企業動画を制作するメリットとは?押さえるべきポイントについても紹介

最終更新日:2022年02月21日
SUGI WORK
監修者
代表 杉山茂幸
企業動画を制作するメリットとは?押さえるべきポイントについても紹介

企業のPRやブランディングをするにあたって、動画を活用するのは一つの方法として確立された感があります。しかし、やみくもに企業動画を制作しても、思った効果が上がらないかもしれません。そこで、ここでは企業動画を制作するメリットやどのようなポイントを押さえるべきかについて、まとめました。アピール力のある動画作りを検討しているのであれば、参考にしてみてください。

企業動画を制作するメリット

企業動画を制作することによって、どんなメリットが期待できるのか理解しておく必要があります。YouTubeなどと連動すれば、より大きな広告宣伝効果も期待できます。

共感が得られやすい

動画は態度変容に影響を与えやすいメディアといわれています。映像だけでなくCGやテロップ、効果音などを使えば、メリハリのついた動画になります。テキストだけではイメージしにくかった利用シーンなどもより鮮明になります。

このため、より広い層から共感が得られやすいというメリットがあります。今まで会社や商品を知らなかった層にアピールでき、購買行動を促す効果にもつなげられるかもしれません。

ブランドイメージにも寄与する

企業動画を制作することで、ブランドイメージを与える可能性もあります。テキストのみと比較して、映像や音を駆使したほうがより多くの情報量を伝えられるといわれているからです。

このため、これまでユーザーに伝わりきれていなかったブランドイメージを浸透させられる可能性もあります。ブランドイメージを与えるためには、目に留まりやすいストーリー調にするのがおすすめです。

YouTubeとの連動効果

動画投稿サイトというとYouTubeを連想する人も多いでしょう。企業動画を制作したら、YouTubeにアップするのもおすすめの手法です。企業の公式チャンネルを作れば、幅広い視聴者の目に留まる可能性が高まります。

YouTubeは今では国内外で、多くの人が視聴しているメディアです。YouTubeに企業動画をアップし、自社サイトやオウンドメディアに導入すれば、アクセス数の増加や商品の購入につなげられるかもしれません。

企業動画を制作するポイント

企業動画にはいろいろなメリットが期待できます。しかしそれは「効果的な動画が作成できれば」という前提条件付きです。効果的な動画を制作するためには、以下で紹介する4つのポイントを押さえる必要があります。

目的を明確に

まず動画制作を進めるにあたって大事なことは、目的を明確にすることです。つまり、誰に対して何を伝えるか、を明確にしましょう。

目的だけでなく、だれに見てほしいか、そのターゲットも明確にすることです。例えば商品やサービスの認知度を高めるのが目的で、企業動画を作るケースも多いでしょう。しかし、もしターゲットがはっきりしていないと有効なメッセージを伝えられないでしょう。

ターゲットが明確でないと、漠然とした抽象的なメッセージになってしまいます。その結果、だれの印象にも残らず、思っているようなPR効果が期待できません。

情報の整理をする

何を伝えたいのか、情報の整理をすることも大事です。企業動画の場合、もっとも伝えたい内容を冒頭に持ってくるのがセオリーです。

動画の場合、最初の数秒で続きを見るかどうか判断するといわれています。よって伝えたい情報を最初に持ってこないと、視聴者の目に留まらない可能性があります。そのためには伝えたい内容をリストアップして、何を優先的に伝えるべきか整理する必要があるわけです。

コンセプトを固める

企業動画のコンセプトは何か、具体的に固めておくことも大事です。コンセプトとは具体的には、基本的な考え方という意味です。動画の中で何が芯になっているか、制作前に今一度整理しておきましょう。

コンセプトが明確でないと、情報がぼやけてしまったり、ずれてしまったりします。視聴者からすると何が言いたいのかわからない動画になってしまって、途中で離脱してしまうかもしれません。

プラットフォームの想定

企業動画を制作するにあたって、どこで配信をするかというプラットフォームもあらかじめ想定しておくことも大事です。プラットフォームは今では選択肢がいろいろとあって、YouTubeや自社サイト、SNSなどが想定できます。

プラットフォームによって、視聴者のモチベーションも違ってきます。前もってプラットフォームを決めておくと、それに合わせて冒頭に何を持ってくるか、動画の尺なども自然と決まってきます。

企業動画を作ってからどのプラットフォームに配信するか決めると、微調整が必要になるかもしれません。それだけ余計に手間もかかってしまうので、制作に取り掛かる前に想定しておく必要があります。

企業動画を使った実際の事例を紹介

はじめて企業動画を制作する場合、どこから手を付ければいいかわからないという人もいるでしょう。その場合、まず既存の企業動画を参考にしてみるとイメージも固まりやすくなります。

株式会社Voicy

音声テクノロジーを活用したサービスを提供している株式会社Voicyでは、ロゴとCIが変更された際に企業動画を作成しました。株式会社Voicyの場合、冒頭に古いロゴから新しいロゴに変化するシーンを持ってきているのが特徴的です。

ロゴが変化することで、これから変わっていこうとしていることが視聴者に伝わりやすいです。そのあと事業の未来図についてアニメで説明しているのですが、ビジュアル的にわかりやすい動画にまとまっています。

Honda

自動車やバイクのメーカーであるHondaの企業動画は、これまでの挑戦をダイジェストで紹介している作品です。挫折や壁にぶち当たりながら成長してきた歴史をわかりやすく紹介しています。

Hondaの企業動画は実写とアニメをうまく融合させているのが特徴です。世界中のHonda社員が自社の魅力やHondaに対する思いを熱く語っているところは、視聴者のハートをしっかりとらえるでしょう。

昭和電工

昭和電工では会社紹介の動画を制作しています。これまでの会社の歴史について紹介していますが、2分弱にまとめられていて途中で飽きないような工夫を施しています。

実写とCG、BGMで会社について紹介しています。ナレーションなどの音声を使っていないので、スタイリッシュな感じに仕上がっています。

まとめ

企業動画を制作することで、より多くの人に伝えたいことが伝わる可能性があります。自分たちで制作するのもいいですし、専門の業者に発注するのも一つの方法です。

後者でどこにお願いすればいいかわからなければ、比較ビズを使ってみるといいでしょう。動画制作のプロが多数登録しているので、イメージ通りの企業動画を作ってくれるスタッフに出会えるはずです。

監修者の一言

企業動画を制作することで、企業としての取り組みや社風、ブランドイメージの訴求がより具体的で内容の濃いものになるのではないでしょうか。

完成した動画はホームページに掲載したり、YouTubeにアップロードすることはもちろん、会社の媒体資料やプロモーションビデオの役割も兼ねて、新規・既存取引先や、新入社員説明会の冒頭で流すなど、活用の幅は様々です。

クオリティーの高い映像はブランディングにおいても重要ですし、働いている社員のモチベーションアップにも繋がるのではないでしょうか。

また、企業動画に関しては、細かな1つ1つのサービスや商品を紹介するというよりは、テレビで流れているCMやYouTube広告のような15〜30秒程度、長くても1分弱の映像にまとめた方が良いと思います。

SUGI WORK
代表 杉山茂幸
監修者

山形県出身。埼玉県越谷市と山形県上山市の2拠点で活動中のフリーランス。開業5年目でSUGI WORK代表。国内・海外法人から行政案件まで経験。WEB制作をはじめ、デザイナー・エンジニア・出張撮影・ドローン空撮・取材・自社メディア運営など幅広い分野で活動中。中小企業の課題解決が得意。

動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
動画編集・映像を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す