パーマリンク設定の方法とは?WordPressで解説

更新日:2021年06月03日 発注カテゴリ: ホームページ更新・管理
パーマリンク設定の方法とは?WordPressで解説

WordPressを使ってサイト開設しようと思っている人はいませんか?その方法について、いろいろなサイトで解説されています。その中でしばしば見られるのが、「パーマリンクを変更したほうがいい」というものです。WordPressを始めようと思っているのであれば、パーマリンク設定のやり方は覚えておいたほうがいいでしょう。

そもそもパーマリンクとは何か?

パーマリンク設定の方法を知る前に、そもそもパーマリンクとは何かを理解していなければなりません。基本的な事柄からマスターしていきましょう。

ページごとのURL

パーマリンクとは、サイト内の各ページに割り当てられることになるURLのことです。WordPressでページ作成した場合、そのままにしていると、ドメイン+投稿日+記事のタイトルになるでしょう。

別にこのままでのいいのではないか、と思う人もいるかもしれません。しかし、変更を加えないと、いろいろと不都合が生じてしまいます。

そのままではSEOの効果が期待できない

サイト開設するにあたって、ほとんどの人がより多くの人に自社サイトを訪問してほしいと考えるはずです。そのためには、SEOが必要不可欠です。実はパーマリンクを上で紹介したままにしておくと、SEO的にはマイナスの効果になりかねません。

Googleでは推奨するパーマリンクに関する条件を公開しています。その中で推奨すべきパーマリンクとして、「意味のある単語を使用している」と「人間が理解できるような論理的なもの」という2つの条件を提示しています。

そのページのサイトの中の位置づけも内容も、投稿日と記事タイトルだけで理解するのは、見ている人にとって難しいでしょう。そこで、そのままにするのではなく、パーマリンク設定を任意で行ったほうがいいとなるわけです。

パーマリンク設定のポイントとは?

パーマリンクをそのままにするのではなく、自分で設定したほうがいいということは分かったでしょう。では、パーマリンク設定をするにあたって、どのようなことに気を付ければいいでしょうか?

理解できるワードを使用する

先ほど見たように、Googleでは、ユーザーがパーマリンクを見たときに内容を理解できるものを推奨しています。その意味でおすすめなのが、記事内容を英単語化したものです。

例えば、このページのように「パーマリンク設定の方法」をテーマにした記事を作成したとします。この場合、「howtopermalink」とすると、その内容を見ている人にも伝わりやすいでしょう。

WordPressの場合、そのままだと投稿日が表示されます。結論から言うと、投稿日は外すべきです。

例えば、後でその記事を修正やアップデートする可能性があるでしょう。そうすると、投稿日も変更した日付に変わります。結果的に、パーマリンクの変更になって、元記事にアクセスできなくなる恐れもあるからです。

WordPressの場合、そのままにすると記事のタイトル、つまり日本語で設定されてしまいます。パーマリンク設定は英単語で行うのが基本です。

日本語の場合、英数字や記号に変換されてしまいます。「%E3%5%AD%7%G…」のようになってしまって、長くなりますし、何の記事が読み取れなくなってしまいます。

パーマリンク設定は短く簡潔に

Googleの推奨するパーマリンク設定の条件として、構造はできるだけシンプルに、というのもあります。短く簡潔にまとめることが大事です。

パーマリンクが長すぎてしまうと、逆に何について書いてあるページか、訪問者もわからなくなってしまいます。できるだけシンプルで、一目見れば何となく書かれている内容のわかるようなパーマリンク設定を目指しましょう。

ハイフンがおすすめ

いくつかの英単語を直に組み合わせてしまうと、逆に何が書かれているのか、直感的に判断するのが難しくなります。「何が書かれているかわからない」と思ったのであれば、ハイフン(-)を活用することです。

単語をハイフンでつなぐことによって、それぞれの単語が見やすくなります。例えば、先ほど紹介したパーマリンク設定を「howtopermalink」としました。ここにハイフンを加えて「how-to-permalink」とした方が見やすいでしょう。

WordPressにおけるパーマリンク設定の流れを解説

では、具体的にWordPressでパーマリンク設定をどのように行うのでしょうか?やり方は決して難しいものではなく、3ステップで終わりますから、ITに関する専門知識をそこまで持っていない人でも、十分自力で行えます。

パーマリンク設定の変更設定

初期設定の段階で変更する方法があります。管理画面のメニュー画面にある「設定」を選択しましょう。次に、「パーマリンク設定」をクリックします。

いろいろなメニューが出てくるので、「投稿名」を選択します。初期設定のパーマリンクになっているので、設定を変更しましょう。最後に「変更を保存」をクリックすれば、手続きは完了です。

投稿時に変更する

新規投稿する際の画面にパーマリンクが表示されます。こちらから変更することも可能です。タイトルの下にパーマリンクが表示されているはずです。

この右端に「編集」というボタンがあります。こちらをクリックすると、最後のパーマリンクの部分が編集できるようになるので、希望するパーマリンクに変更して「OK」をクリックすれば完了です。

カテゴリーのスラッグを変更する

必要に応じて、カテゴリーのスラッグを変更しておいた方がいい場合もあります。ちなみに、スラッグとはURLの一部のことです。

投稿画面のメニューの中で「新規カテゴリーを追加」を選択します。そのままにしているとスラッグが日本語のままになってしまうので、内容を理解しにくくなってしまいます。

変更するには、「投稿」の中の「カテゴリー」を選択します。そして、編集しようと思っているカテゴリーのところにある「クイック編集」をクリックしましょう。

スラッグという欄が出てくるので、希望する名称に変更します。最後に「カテゴリーを更新」という部分をクリックすれば、完了です。

いずれの方法もそれほど難しくないので、忘れずにパーマリンク設定をしておきましょう。

まとめ

WordPressでサイトや記事作成するにあたって、パーマリンクまではあまり意識していないという人もいるでしょう。しかし、SEOのことを考えると、やはりわかりやすい、ユーザーに伝わりやすいものに変更するといいです。

上で紹介したポイントを押さえながら、どのようなものがベストかを考えましょう。変更そのものはそんなに難しくないので、ITに関して素人という方でもできるはずです。

ホームページ更新・管理を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ更新・管理の案件一覧

ホームページ更新・管理のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら