テンプレートはコーポレートサイト制作の強い味方!選び方やおすすめのテンプレートもご紹介

更新日:2021年11月18日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
テンプレートはコーポレートサイト制作の強い味方!選び方やおすすめのテンプレートもご紹介

コーポレートサイトは世間一般に対する企業の認知度を高めるという大きな役割があります。消費者へ向けて企業としての取り組みや強みを効果的にアピールすることで、インバウンドマーケティングの強化にもつながることでしょう。ここでは、コーポレートサイト制作においてテンプレートを利用することのメリットおよび注意点をご紹介します。また、効果的な選び方やおすすめのテンプレートもチェックしていきましょう。

サイト作りに使用されるテンプレートとは何か

テンプレートとは、サイトのデザインを簡単に変更できるツール、もしくはひな形のことです。多くのテンプレートはマウス1つで簡単に変更したり適用したりすることができます。そのため、WEBデザインやHTMLに関する専門的な知識がない人でも直感的にサイトのテイストを変更することができるわけです。

テンプレートの中には、グラフィックデザイナーが制作したハイクオリティな作品も数多くあります。多種多様なデザインパーツを自由に自分のサイトで利用できるというのは、テンプレートを活用する大きなメリットと言えるでしょう。

国内外で圧倒的なシェアを誇る「wordpress」にも数多くのテンプレートが存在しており、個人ユーザーだけでなく企業のコーポレートサイトでも大いに活用されています。ただし、wordpressに関しては「テンプレート」ではなく「テーマ」という呼称で取り上げられることが少なくありません。テンプレートには無料のものと有料のものがあり、それぞれに異なった魅力があります。

無料テンプレートを使うメリット

サイトのデザインを初めて手掛けるというケースでは、無料テンプレートを活用すると良いでしょう。実際、無料テンプレートを使うことには以下のような2つのメリットがあります。

  • シンプルで設定が簡単
  • 制作コストが抑えられる

シンプルで設定が簡単

無料のテンプレートはデザインや設定が非常にシンプルなので、誰でも短時間で簡単にサイトへ組み込むことが可能となります。また、多くのユーザーが導入しているので、トラブルが起きたり設定の方法が分からなかったりする場合には、コミュニティサイトで実際にテンプレートを使用しているユーザーへ相談することもできるでしょう。

制作コストが抑えられる

文字通り「無料」ですから、通信の費用を除き、テンプレートをインストールする際にコストが発生することはまずありません。「コーポレートサイトは制作したいけれど、手持ちの資金がほとんどない」という企業は、ぜひ無料テンプレートを大いに活用しましょう。

無料テンプレートを使う際の注意点

無料のテンプレートは使いやすさという際立った強みがある一方で、注意すべきポイントもあります。テンプレート選びに悩んでいる人は、以下に挙げる2つの点を覚えておいてください。

  • 選択肢が限られている
  • 欲しい機能が搭載されていない

選択肢が限られている

無料で利用可能なテンプレートは限られています。そのため、企業のイメージにぴったりと合致するテンプレートが見つかるかどうかは不明です。また、wordpressに関しては、全世界でおよそ4割のシェアを獲得しており、国内でも多くのネットユーザーがこのCMSを利用してサイト運営を行っています。

そのため、無料テンプレートだけを組み合わせてコーポレートサイトを制作すると、他サイトと同じようなデザインになってしまうというリスクもあることを覚えておきましょう。

欲しい機能が搭載されていない

無料のテンプレートは誰でも簡単に導入できるよう非常に簡素化されています。そのため、「デザインは気に入ったのだけれど、欲しい機能が搭載されていない」ということが起こり得るのです。そうなると、テンプレートに符合するプラグインを探して機能を拡張しなければなりません。この作業は慣れていない人が行うとかなりの時間を要します。

有料テンプレートを使うメリット

wordpressを使って製作された多くのコーポレートサイトでは、有料のテンプレートが広く活用されています。その背景としては、以下のように明確なメリットがあるからでしょう。

  • デザイン性が非常に高い
  • プラグインに関する作業が不要

デザイン性が非常に高い

有料テンプレートの強みは選択肢が多く、いずれもデザイン性が非常に高いことでしょう。ですから、カラーやデザインにこだわったコーポレートサイトを制作したいという企業にはおすすめです。

特に、海外で活躍するWEBデザイナーが作ったテンプレートはユニークで独創的なものが少なくありません。テンプレートに関するマニュアルは英語表記のものが多いとはいえ、設定に関する解説動画を提供しているケースがほとんどなので、比較的スムーズに導入できます。

プラグインに関する作業が不要

有料テンプレートは、サイトをおしゃれにしてくれるだけでなく、多くの場合複数の機能がプレインストールされています。機能のON/OFFは、大抵テンプレートの設定画面を開いてクリック操作するだけで簡単に切り替えることが可能です。わざわざプラグインを探したり、wordpressの設定画面を調整したりして機能を追加する必要がないというのは大きな利点と言うことができるでしょう。

有料テンプレートを使う際の注意点

コーポレートサイトのデザイン性を高めるという点で有料テンプレートは非常に有用なツールです。ただし、以下に挙げる2つのポイントを注意点として覚えておきましょう。

  • 設定項目が非常に多い
  • サイト全体の仕様変更に繋がる可能性あり

設定項目が非常に多い

有料のテンプレートはたくさんの機能が搭載されているため、設定に時間がかかるという注意点があります。きちんと設定をしないと、サイトへ変更が反映されなかったり、アップデートが行われたときにエラーが発生してしまったりというリスクがあるため、すべての項目を確実に調整しなければなりません。これは多機能な有料テンプレートゆえの悩みということができるでしょう。

サイト全体の仕様変更に繋がる可能性あり

有料テンプレートはいずれもデザイン性が高く、非常にお洒落です。そのため、1つ新たなテンプレートを組み込むとそこだけが目立ってしまい、他のパーツとうまくマッチしないということが起こり得ます。

文字の色やフォントもこれまでのデザインではあまりしっくりこないため、最終的にはコーポレートサイトすべての仕様変更になってしまい、大変な作業になったというケースは珍しくありません。

ですから、テンプレートの導入によるサイトの仕様変更を考えている場合には、各テンプレートに関して用意されているデモムービーなどをチェックして、現在のサイトイメージとかけ離れていないかを確認するようにしましょう。

コーポレートサイト向けテンプレートの選び方

wordpressなどで使用可能とされているテンプレートやテーマには色々な制約や制限が掛かっているものがあります。ですから、以下に示す6つのポイントをよく確認してから選ぶようにしましょう。

  • 広告表示やリンク設置の条件がないか
  • 日本語のフォントに対応しているか
  • テンプレート製作者の評判は良いか
  • カスタマーサポートが利用できるか
  • サイトに合わせた調整がしやすいか
  • スマホ専用のテンプレートではないか

広告表示やリンク設置の条件がないか

有料テンプレートの中には、「基本的に使い方は自由」とされているものの、実際には開発した会社やデザイナーが有する著作権に関して、指定されたクレジットをサイト内に表示しなければならないと規定されているケースが少なくありません。中には、デザイナーへ報告をしたうえでサイトへのリンクを貼らなければいけないということもあります。

こうしたクレジットやリンクの表示を行うと、コーポレートサイトの雰囲気が変わる恐れがあります。ですから、有料テンプレートに関しては使用前に必ず利用規約の確認をしっかりと行いましょう。

日本語のフォントに対応しているか

数ある有料テンプレートの中でも、海外のデザイナーが制作したものに惹かれる人は多いことでしょう。もちろん、利用規約や詳細に関しては英語で記載されているものの、基本的な使い方に関してはある程度英語力があれば理解できます。ただし、複雑な機能を最大限活用しようとすると、英語を読み解くのにかなりの時間を要するということが起こり得ます。

また、海外で制作されたすべてのテンプレートが日本語のフォントに対応しているとは限りません。日本語に対応していないテンプレートを使おうとすると、日本語で記載されている部分のフォントが崩れるというエラーが生じます。

こうしたトラブルを避けたいのであれば、国内で制作されたテンプレート、もしくは日本語のフォント対応と明記されている海外のテンプレートに限定して探すようにしましょう。

テンプレート製作者の評判は良いか

コーポレートサイト作りでは、セキュリティー対策が非常に重要です。ですから、サイト用のテンプレートを選ぶ際には、制作した会社もしくはデザイナーの評判についても確認するようにしましょう。口コミで「セキュリティー対策が不十分」といった不安な情報が見つかる場合には、採用を見送るのが賢明です。

テンプレートのセキュリティーを確保していくためには、定期的なアップデートが不可欠です。評価の高いデザイナーは更新に関する情報もきちんとアップしています。ですから、テンプレートの購入手続きをする前にこうした情報もチェックしておきましょう。

カスタマーサポートが利用できるか

有料テンプレートを提供している会社やデザイナーは、多くの場合カスタマーサポートを行っています。これがあることで、CMSのアップデートが行われてテンプレートにトラブルが発生した時にもサポートを受けることができるわけです。

無料のテンプレートでは基本的にカスタマーサポートが用意されていません。つまり、サイトの表示や動作にエラーが発生しても相談するオフィシャルな窓口が一切ないわけです。企業の顔ともいえるコーポレートサイトを作る際には、安心感に重点を置いてテンプレートを選ぶことも大切です。

サイトに合わせた調整がしやすいか

有料テンプレートは細かい設定ができるようになっています。言い換えると、新しいテンプレートを有効化して使用する際には、サイトのバランスや構成と合致するように微調整をしなければならないということです。

サイト内に多数のアイコンが設定されていたり、動画や画像が配置されていたりするケースでは、テンプレートとのバランスをよく確認する必要があるでしょう。テンプレートの中には残念ながらこうしたカスタマイズ作業がとても難しいものもあります。

スマホ専用のテンプレートではないか

テンプレートにはスマホ専用、PC専用のものと、両方に対応したものがあります。スマホ専用のテンプレートを選んでしまうと、PCのブラウザでは正しく表示されません。ですから、必ずテンプレートの規格を前もって確認するようにしましょう。

もちろん、スマホ向けのコーポレートサイトを別途用意する場合には、スマホ専用のテンプレートを活用しても構いません。ただし、サイトは実質2つ制作しなければならなくなるため、時間やコストが跳ね上がるということを覚えておきましょう。

コーポレートサイトにおすすめの無料テンプレート

無料テンプレートの中で、企業サイトにぜひ活用してほしいのは以下の7つです。

  • カスタマイズしやすい「Lightning」
  • シンプルなテーマ型「Xeory Extension」
  • 企業向けで使いやすい「Biz Vektor」
  • コラムが見やすい「Emanon Free」
  • マルチな使い方ができる「Pasionate」
  • ユニークなサイトが作りやすい「Flash」
  • お洒落な雰囲気を醸し出す「無料レスポンシブWordPressテーマNo.087」

カスタマイズしやすい「Lightning」

設定が簡単でWEBデザインに詳しくない人でもカスタマイズしやすいテンプレートを探しているなら「Lightning」を使ってみましょう。ホワイトカラーをベースとした清潔感のあるシンプルなテンプレートです。ブログと会社のSNSアカウントを連携させて情報発信を行いたいというときに便利な機能も揃っています。

シンプルなテーマ型「Xeory Extension」

シンプルなデザインでコラム紹介に特化したテンプレートといえば「Xeory Extension」です。サイトを訪れるクライアントへのアプローチおよび情報発信がメインとなっているため、会社に関する情報の掲載はやや少なめといえるでしょう。5色のカラーバリエーションがあるというのも嬉しいポイントです。

企業向けで使いやすい「Biz Vektor」

ベーシックなコーポレートサイトを作りたいなら「Biz Vektor」を活用しましょう。これは日本語対応のテンプレートで、企業が保有するtwitterやfacebookなどのSNSアカウントとも簡単に連携させることが可能です。画面右上には「会社の連絡先」、右下には「最近の投稿」と各ツールの配置が決まっているので調整はしやすいでしょう。

コラムが見やすい「Emanon Free」

コーポレートサイトのメインコンテンツとしてコラムを充実させていきたいなら「Emanon Free」をおすすめします。テーマごとにサイト内検索がしやすくなっていることに加えて、SEO対策もデフォルトで行われている非常に優秀なテンプレートです。PCとスマホの両方に対応したレスポンシブ機能を搭載している点も魅力でしょう。

マルチな使い方ができる「Pasionate」

会社紹介のために画像やムービーを多用したいと考えているなら「Pasionate」がおすすめです。コンテンツやウィジェットの配置がしやすいので、直感的にサイトのデザインを進めていくことができます。テンプレートに付属しているオリジナルツールを活用することで、かなりスピーディーにサイトを多機能化することが可能です。

高機能なサイトが作りやすい「Flash」

企業紹介だけでなく経営者のブログ、クライアント向けの専用ページなど、複数の機能を持ったサイトを制作したいのであれば「Flash」がおすすめです。プラグインと連携させることで、ECサイトも比較的簡単に作ることが可能となっています。高機能なコーポレートサイトを目指しているなら、ぜひこのテンプレートをチェックしてみましょう。

お洒落な雰囲気を醸し出す「無料レスポンシブWordPressテーマNo.087」

カジュアルな雰囲気のコーポレートサイトを検討しているなら「無料レスポンシブWordPressテーマNo.087」」は要チェックです。インテリアショップのような優しい雰囲気のデザインになっているため、サイトを訪れる人はゆったりとした気分で閲覧することができるでしょう。

コーポレートサイトにおすすめの有料テンプレート

有料テンプレートは個性が強いものが多いとはいえ、コーポレートサイトに使いやすいデザインのものも数多くあります。特におすすめしたいのは以下の7つです。

  • バランスの良いデザイン「NEXTAGE」
  • ポップなデザインが目を引く「PRECIOUS」
  • ベーシック・スタイル「White Studio」
  • ラグジュアリー感漂う「ORION」
  • シンプルな美しさが魅力「flora deux」
  • ブログやコラムが配置しやすい「Folclore」
  • 画像を有効に使える「Juliet」

バランスの良いデザイン「NEXTAGE」

全体にブルーを基調としたデザインで、落ち着いた雰囲気のコーポレートサイト作りに貢献してくれるのが「NEXTAGE」です。テンプレートのデフォルトで「採用情報」や「プレスリリース」、「ブログ」などの基本項目が準備されているので、企業のロゴなど基本情報を調整すればすぐにコーポレートサイトとしてオープンすることができるでしょう。

ポップなデザインが目を引く「PRECIOUS」

パステルカラーをベースとしたポップなデザインに仕上げたいなら「PRECIOUS」をぜひチェックしてみましょう。コーポレートサイトにECサイトとしての機能も持たせたいのであれば、このテンプレートは最適といえます。レスポンシブ対応なので、スマホユーザーへ向けた情報発信を積極的に行っている企業にもおすすめです。

ベーシック・スタイル「White Studio」

さまざまなコンテンツをバランスよく配置したベーシックなテンプレートなら「White Studio」が良いでしょう。レイアウトもすべてパターンが用意されているので、WEBデザインに詳しくない人でも短時間で簡単に設定が完了します。もちろん、フォントのサイズやカラーは自在に変更ができますから、企業のイメージカラーと合わせるのも容易です。

ラグジュアリー感漂う「ORION」

サイト内で高画質の写真や動画を使ったプロモーションをしたいと考えている人は「ORION」をチェックしてみましょう。トップページに表示されるフルスクリーンの画像はインパクト抜群です。また、YouTubeを始めとするSNSと簡単に連携できるというのもこのテンプレートを選ぶ大きなメリットと言えます。

シンプルな美しさが魅力「flora deux」

「flora deux」は透明感のあるホワイトカラーをベースとした美しいテンプレートです。ブログをメインコンテンツとしてサイト運営を計画している企業にはぴったりのデザインといえるでしょう。日本語対応で、各ウィジェットには使いやすい機能が付与されており、操作や設定も簡単です。

ブログやコラムが配置しやすい「Folclore」

プラグインが不要で、ブログやコラムを設定しやすいテンプレートといえば「Folclore」です。デフォルトでギャラリーも用意されており、画像ファイルの配置などもマウス操作で簡単に行うことができます。「初心者でも使いやすいテンプレート」というコンセプトで作られており、複雑な設定がほぼ不要というのは魅力的です。

画像を有効に使える「Juliet」

柔らかなゴシックのフォントと多数の画像でおしゃれな雰囲気を演出できるのが「Juliet」です。オリジナルのウィジェットが豊富に用意されており、ドラッグして貼り付けるだけで簡単にサイトの構成が変更できます。日本語対応でカスタマーサポートがしっかりしているという点も嬉しいポイントと言えるでしょう。

まとめ

デザイン性があり魅力的なコーポレートサイトを作りたいのであれば、テンプレートを活用しましょう。WordpressなどのCMSには、有料・無料どちらのテンプレートも数多く用意されていますから、会社のブランドイメージなどを念頭に置きつつ、特徴的なテンプレートをチョイスしていくことをおすすめします。

ただし、テンプレートを選ぶ際には、デザインだけでなくカスタマーサポートやセキュリティー対策、日本語への対応状況などもきちんと確認しておくことが大切です。これにより、いざテンプレートを適用した時にサイトの表示が乱れてしまうというトラブルを避けることができます。このように適切なリスクマネジメントを行うことで、安定したサイトの運用を行っていくことが可能となるのです。

とはいえ、会社によってはコーポレートサイトの立ち上げに十分な人材が確保できないということがあります。そうしたお悩みを抱えているなら、ぜひ弊社が運営する「比較ビズ」へご相談ください。サイト制作に関して豊富な実績を持つ複数の業者へ一括で見積もりを依頼することが可能です。10万社以上の利用実績を誇るこのサイトをぜひ一度ご覧ください。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインの案件一覧

ホームページ制作・デザインのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営17年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら

一括見積もりで発注先を探す