wordpressのテーマを選ぶポイントは?おすすめの企業向けテーマも紹介!

更新日:2020年08月03日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
wordpressのテーマを選ぶポイントは?おすすめの企業向けテーマも紹介!

wordpressでコーポレートサイトを作る際には、デザインや機能などいろいろなことを考える必要があります。そこで役立つのが「テーマ」を利用することです。サイトテンプレートとも言えるテーマは、魅力的なデザインで企業向けサイトとして充実した機能を持っているものが多く、とても便利です。しかし、wordpressは数千もあり、その中から一つを選ぶのはなかなか大変です。そこで、選び方のポイントを知っておくことは大事です。おすすめのテーマも紹介しますので、一緒にチェックしてみましょう。

関連する記事

wordpressのテーマを選ぶ際のポイントとは?

実にたくさんの種類があるテーマの中から絞り込んでいくためには、いくつかの基準を設けて、自社のサイトに適したものを取捨選択する必要があります。そのための重要なポイントをいくつか拾い上げてみましょう。

有料と無料の違い

テーマには有料のものと無償提供のものがあります。有料は数百円から2、3万円程度するものまでが幅広く存在します。

有償というだけあって、機能的にもデザイン的にも優れたものが多いのがメリットです。デザイナーが設計しているため人目を引くものが多いですし、SEO対策などの機能がしっかりと付いていてテーマを導入すれば、他のプラグインをあまり入れずに済むこともあります。

こうしたことを考えると、しっかりとした作りにしたい企業向けのサイトでは、有料テーマを使うだけの価値があると言えます。欲しい機能がテーマに含まれていれば、機能実装作業の手間やプラグイン購入のコストも減って、結果的に効率よく作れることになります。

とはいえ、無料だからといって質が低いということではありません。人気のあるテーマの中には、非常に優れたデザイン性を持っているものもあります。

また、レスポンシブ対応であったりSEO対策が取られていたりと、有償版よりも限定的ではありますが、機能的に及第点というものも多いのです。とりあえずコストをかけずにサイトを立ち上げたいという時に便利です。

ただし、作成者のクレジットが入ったり、機能が制限されていたりすることもありますので、詳細な点はチェックしてから導入する必要があります。

デザイン

選ぶ基準の中でも最も大きなポイントとなりえるのがデザインです。テーマはサイトを貫くデザインやページ構成を決めるものとなります。

それだけにサイト自体のコンセプトやイメージを大きく変えることになりますので、デザインは検討に検討を重ねるようにしましょう。まずはサイトコンセプトの方向性をある程度決めてから、デザインを見て選択していくのがベストです。

デザインの中にはトップページだけでなく、フレーム枠やアイコン、フォームの形式なども含まれます。パッと見ただけで決めるのではなく、細かなパーツもチェックして全体として自社サイトにマッチしているかどうかを見ることが大事です。

機能性の違い

wordpressのテーマは単にデザインテンプレートということではなく、サイト機能も同時に入っています。たとえば、トップページなどでよく使うスライドやポップアップ機能などがあります。

また、会員登録用の入力フォームやアンケートフォームなどが最初から含まれているものもあります。wordpressの場合は、こうした機能だけを後からプラグインで実装することもできますが、最初からテーマに含まれているのであれば、作業の手間も減ってかなり助かります。

レスポンシブ対応かどうか?

レスポンシブ対応、つまりパソコンでもスマホでも問題なく閲覧できるように、画面調整などを自動的に行ってくれるかどうかはしっかりと確認したいところです。ユーザーの多くはスマホで閲覧することが多くなっていますので、より多くの人にサイトを見て欲しい企業にとってはレスポンシブ対応というのは必須条件とも言えます。

もちろん、テーマ導入後に自分でレスポンシブ対応にすることもできますが、テーマ自体が対応していないと、デザインが崩れてしまう危険もあるので注意が必要です。できれば、最初からこの機能が入っている方が安心なのです。

SEO対策ができるか?

タイトルや見出しなどの構成やタグ設定、インデックス対応など、総合的なSEO対策が施されているテーマもあります。wordpressはもともとSEO対策に優れているというメリットがありますので、それをさらに生かすためにこの機能が付いているものだと利便性が高まります。

テーマはサイト全体のデザインや構成を決めるものとなりますので、ここでSEO対策が元からできているものを選べれば、集客効果を上げる点で大きなメリットとなります。SEO対策自体は、他の部分でも行うことができますので、必ずしも付いていないといけないということではありませんが、やはり対策済みの方が選びやすいです。

テーマを決める前にすべきこと

いきなりwordpressテーマをチェックして選んでも、効果的な企業サイトを作ることはできません。事前にいくつかの重要なポイントを決めてから、それに見合ったテーマを探していくという手順を踏むことによって、より成果の出るホームページとすることができるのです。

企業サイトで成し遂げたいことを明確にする

新たに立ち上げるサイトで何をしたいのか、何を持って成果と呼ぶのかをはっきりさせるようにしましょう。そこで商品を販売したいのか、ブランドや企業の知名度を上げたいだけなのかといった点です。

もし商品販売だけを考えているのであれば、ユーザーが速やかに商品紹介ページに行けるように、シンプルな内容の構成を選んだ方が快適です。一方で企業紹介をするのであれば、魅力的でセンスの良いデザインのものを選ぶ必要が出てきます。また、そのデザインも企業やブランドのイメージに合ったものをするべきです。

ターゲットを定める

ターゲティングはサイトの方向性を決めるためにも重要です。年齢層や嗜好によって分かれる属性を見て、それに訴えやすいデザインを決めることができるからです。

そのため、ペルソナ設定をしっかりと行ってターゲットとなる人物像をイメージしやすくしておくことは大事です。たとえば、年齢層や性別、趣味、収入レベルなどを考慮していくことができます。

ターゲティングがうまくできていると、テーマだけでなくサイト内の記事の文章構成や使用する画像などにも統一感を持たせることができます。サイト制作全体に影響する大事な要素となりますので、しっかりと検討を重ねるようにしましょう。

サイトの構成

どのような形で情報を提供するかも事前に考えておくことが大事です。wordpressでは、二つのページ構成があり「固定ページ」と「投稿ページ」に分かれています。

このうち固定ページとはトップページがあり、その下に様々な情報を紹介するページを置くという、一般的なホームページのスタイルです。企業紹介などの目的であれば、この固定ページが向いています。

投稿ページはブログ形式に近いもので、定期的に情報を更新したいケースに向いています。商品を頻繁に変更して紹介したい、ニュースなどの情報発信をしたい時に向いています。

wordpressのテーマはどちらにも対応できることが多いですが、固定ページ向きや投稿ページ向きといった一方に偏った特徴を持っていることもあります。あらかじめサイト構成の形を決めておくことで、より使いやすいテーマを選べるようになります。

おすすめの無料テーマ

無料でも、魅力的なデザインを持ち機能面でも充実しているものは少なくありません。その中からおすすめのテーマを紹介します。

BizVektor

非常に簡単にサイトを作れるのが特徴のテーマです。国産で、特に日本企業のニーズにフォーカスして作っているので、必要な機能やビジネス向けのデザインなどが人気を呼んでいます。

wordpressやホームページ制作の知識がほとんどなくても、開発会社の公式サイトを見ながら作業していけば、充実したサイトを作れるのがおすすめの理由です。

内製でサイトを作りたい、時間とコストをかけずにサイト立ち上げをしたいという企業にぴったりです。手軽にできるだけでなく、機能的にも充実しています。

たとえば、レスポンシブ対応していてスマホユーザーにも快適な環境を提供します。SNS連携もできますので、幅広いマーケティング戦略を練られます。

Habakiri

シンプルなデザインで特にビジネスユースに向いています。基本的な機能がしっかりと付いていて、しかもカスタマイズがしやすいというのが最大の特徴です。

画像やアイコンなどの配置変更やカラー変更がとてもしやすいです。慣れてくると、このカスタマイズ機能を使って自由自在にデザインや構成を変えられるので、応用性が高いというメリットがあります。

トップページはスライドショー機能があるなど、魅力的な視覚効果もあります。シンプルなサイトにすることも、カスタマイズによって凝った作りにすることもできるので、いろいろなタイプの企業サイトに利用できます。

COCOON

投稿ページ型でも固定ページ型でも使える高機能の国産テーマです。シンプルでスマートなデザインなので、いろいろな用途に使えるのがメリットです。

レスポンシブ表示に完全対応していますので、スマホユーザー向けに情報発信したい企業にもおすすめです。内部SEO対策もなされていて、集客効果が高いというのもうれしいところです。

機能やデザインはカスタマイズがしやすいので、サイトのコンセプトに合わせた変更を加えられます。初心者でも使える操作性がありますので、内製したいという要望にも応えることができます。

おすすめの有料テーマ

有料だけあって機能やデザインの点でとても魅力的なものが多いです。特にアフターサポートの利便性が大きな違いとなります。

技術的なトラブルや質問があった時に相談できますし、機能追加やセキュリティー強化などのアップデートができるというのもうれしいところです。その中でも特におすすめのテーマを紹介します。

THE THOR

デザインのおしゃれ度が非常に高いのが人気の理由です。元々のデザイン設計が優れている上に、簡単な操作でバランスの取れたデザイン性の高いページにできるのが魅力です。

オリジナリティーのあるサイトを作りたいという要望にも応えることができて、クリック操作だけで細かく設定を変えられます。そのため、他のサイトとは異なる独自の企業サイトを作れるのです。

機能性も高くSEO対策も充実しています。デザインも含めた高い集客効果を狙うのであれば、おすすめ度の高いテーマだと言えます。

大型のサイトを作るのも楽で、ある程度デザインや構成を最初に決めておけば、効率よく同じフォームでページを作っていけます。固定ページでも投稿ページでも作りやすいタイプとなっていますので、ハイブリッドタイプのサイトにしたいという企業にも向いています。

SWELL

固定ページ型でも使えますが、特に投稿ページ型で情報発信をしたい企業に向いています。というのも、エディタ機能がとても使いやすいからです。

文章や画像、ページ全体の構成などを直感的な操作で調整できるので、かなり効率よく作業ができます。短時間でアップできるので、頻繁に情報更新するとしても負担がかかりません。

内製するのであれば、手間がかかるかどうかというのも大事な視点ですので、この点で非常に優れているテーマです。誰でも使えるので、共同編集も楽にできます。

デザインは全体的にシンプルなもので、たいていのコンセプトに合うのも特徴の一つです。使う画像のチョイスによって雰囲気を変えやすいので、リニューアルもしやすいです。

Avada

海外製のテーマを使いたいというのであれば、これがおすすめです。海外製のものは日本語に合わせるとバランスが崩れてしまうリスクもありますので、多くの実証例があるものを選んだ方が無難ですが、その点でこのAvadaは実績があり安心です。

レスポンシブ対応やSEO対策、視覚効果など、サイト制作に欲しい機能はすべて含まれていますので、充実度がかなり高いです。大胆なデザインでインパクトがあるので、ブランドイメージ作りなどにも向いています。

売上トップ入りの常連テーマということもあり、随時セキュリティーや便利機能の更新がなされていて、長く使い続けられるのも魅力ポイントです。ECサイトや飲食業向けなど、プラグインを入れることによって、様々な業種に特化した作りにもできるので応用が利きます。

ただし、日本語サポートは基本的になされていないので、英語で確認ができる企業向けの製品です。

まとめ

wordpressの便利な機能の一つであるテーマは、サイト全体のテーマや構成、機能を決めるのにとても役立ちます。選んだテーマによって、かなりサイトの雰囲気が変わってきますし、使い勝手も違います。

それだけに慎重に検討して選ぶようにしましょう。また、更新や運用作業も継続して行っていく必要があります。

もし内製でサイト立ち上げや運用が難しいというのであれば、プロに依頼するのが一番です。「比較ビズ」では、実績があり質の高いサイトを作れる業者を一括比較、そして依頼までできるサービスを提供しています。

仲介手数料がなくお得に依頼できるので、ここで良きビジネスパートナーを見つけてマーケティングの助けとしましょう。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す

ホームページ制作・デザインの案件一覧

ホームページ制作・デザインのお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら