「ここでいい」を「ここがいい」へ。発注先探しなら比較ビズで

フリマアプリの作成にはいくらかかる?費用相場を解説

最終更新日:2022年03月17日
株式会社GeNEE
監修者
代表取締役 日向野卓也
フリマアプリの作成にはいくらかかる?費用相場を解説
この記事で解決できるお悩み
  • フリマアプリ開発の方法を知りたい
  • フリマアプリ開発費用を知りたい

インターネットの普及によって、企業が事業の一環としてフリマアプリを開発して、売買の場を提供することも可能になりました。そこで、本記事ではフリマアプリの展開を考えている方に向けてアプリ作成をシステム開発会社に外注する場合の費用相場やどのような流れでアプリの開発が進んでいくのかを解説いたします。

「フリマアプリ自体知っているが、外注経験はゼロ」「開発費用を抑えるために内訳を知りたい」とお考えの方は必見です。

フリマアプリの特徴と開発の流れ

アプリと一口に言っても、求める機能やサービスによってかなり開発の仕方やそのコストが変わってきます。フリマアプリの場合には、どのような流れで開発が進んでいくのかを確認してみましょう。

フリマアプリにはたくさんの機能が必要

フリマアプリは、アプリに入れられる機能の多くが詰められていて、とてもレベルが高いのが特徴です。具体的には、会員登録、検索機能、画像リスト、決済機能、配送システムの導入などがあります。

また、管理側としては通知メールや料金徴収やポイントシステムなども必要となってきます。さらには、より良いサービスを提供するために、クーポン機能なども入れることが多く、かなり機能が豊富で高い質が求められるアプリタイプと言えます。

フリマアプリ開発の流れ

アプリの種類やシステムによって多少の違いはありますが、開発の流れはだいたい同じです。

  • 打合せ

    担当者との話し合いで加えたい機能やサービス、デザインコンセプトなどを決める

  • 設計

    その内容に基づき設計を行い、設計図に従ってプログラミングがなされていきます。この工程が最も長く、人員が求められる部分です。

  • テスト

    プログラミングが終わると、システムのテストを行い設計通りにできているかを確かめます。そして、実際の運用テストを行い、使い勝手などを見ます。

この段階で不具合や改善した方が良い点があれば、修正を加えていきます。問題がないと分かれば、リリースをして発表ということになります。

フリマアプリ作成を依頼した場合にかかる費用

自社でアプリを作成するノウハウを持っていないのであれば、制作会社に依頼することになります。外注をする場合に知っておくべきなのが、外注費用がいくらくらいになるかという点です。まずは相場を知り、それを基準にして発注額を決めることができます。

フリマアプリ作成の費用を決める要素

どんなフリマアプリにするかによって、開発費用は変わってきますので、どんな要素が価格を決めるのかを知っておくと便利です。まずは、OSの種類によって費用が変わるかということですが、基本的にはiOSでもAndroidでもWindowsアプリでも費用に大きな差はありません。

機能の差

それよりも大きな差を生むのが、機能の差です。具体的には決済機能、商品の登録や検索機能、会員登録などの機能が増えるだけ、費用はぐっと上がっていきます。

アプリの大きさ

また、アプリの大きさにもよります。会員数もアップする商品数や、ジャンルも大きく広げたいのであれば、それだけキャパシティーが必要となりますので、開発費用も上がってきます。

対応言語

もう一つ大きな要素は対応言語です。日本語だけであれば標準的な料金となりますが、英語や中国語などの外国語に対応させるとなると、その分の費用もかかってきます。

フリマアプリ開発費用の考え方

フリマアプリの作成費用の内訳としては、ほとんどが人件費です。物理的な仕入れは必要ない作業ですので、作業量によって開発費用が変わってくるのです。

具体的には、「作業工賃×開発期間」という計算で総開発費を求めることができます。当然複雑な機能実装が求められるフリマアプリ開発では、限られた人数での開発は無理で、かなりの人員をかけて開発をします。

また、複雑な機能と高いセキュリティー対策が求められますので、スキルの高いスタッフの力がないといけません。アプリ開発者のスキルによって工賃も変わってくるので、それも開発費に影響を及ぼします。

たとえば、一般にPGと呼ばれるプログラミングを担当するスタッフの工賃と、設計やプロジェクトの管理をする上級SEの工賃は倍以上になることもあります。機能が複雑で大規模なアプリ開発では、上級スタッフが関わる割合も高いので、それだけ開発が膨らむのです。

フリマアプリ開発にかかる費用相場

こうした要素を考慮した上で、フリマアプリ作成の費用相場を考えることができます。ショッピングカートを設けて、いくつかの決済方法を持つアプリであれば、100万円から300万円くらいの幅が相場となります。

費用相場からも分かるように、一口にアプリ作成費用と言っても、かなり幅が広いものです。この違いは、搭載機能の複雑さや規模によるところが多いですが、依頼する開発会社によっても変わってきます。

そのため、開発会社を選ぶ際には、一つの会社だけでなく、必ず複数の会社で見積もりを出してもらうことが重要です。相見積もりを出すことで、より相場に近い価格を知ることができますし、価格交渉をするための材料を得ることもできるからです。

機能を加えるごとにかかる費用

上記の相場はあくまでも一般的な費用です。これに便利機能を加えていくことで、さらに費用が加算されることになります。

たとえば、日本語だけでなく英語などでも利用できるようにする、複数言語対応システムを作るのには10万円から20万円程度の費用がプラスされます。同じように、アプリ内にマップを入れて位置情報から検索するなどの機能を入れる場合も、10万円から20万円程度がプラスされます。

他のSNSと連動させるということであれば、5万円くらいで機能を加えられます。管理者としてあると便利なアクセス解析などの埋め込みも、5万円くらいで可能ですので、予算を付けて運用の助けとなる機能を付けることも可能です。

まとめ

フリマアプリは中小企業であっても、作成会社に外注することによって、さほど難しくなく導入できます。問題はそれにかかる費用です。

まずは相場と、費用を構成する要素を知り、予算を組んでみることが大事です。その予算を基に、複数の会社に見積もり依頼を出し、選定をしていくことになります。

複数社の見積もりを出す際には、弊社が運営する一括見積もりサービスの「比較ビズ」をご利用ください。それぞれの分野でノウハウを持つ信頼できる会社をまとめてリサーチして、比較することができます。

いくつもの開発会社を比較することができるだけでなく、比較ビズでは仲介マージンを徴収していないため、無駄なコストがかからないというメリットもあります。より安い予算で依頼する助けとなりますので、お気軽にお問い合わせください。

監修者の一言

フリマアプリは他のアプリと比べても機能数が多いため、一般的には外注開発が望ましいとされています。商品出品者側のアプリに必要な機能として、商品の写真を撮影してアップロードする機能、商品情報登録機能、タグ付け機能などがあり、もう片方の購入者側のアプリには、商品検索機能、お気に入り登録機能、閲覧履歴表示機能、評価機能などがあります。

これらの標準機能に加えて、フリマアプリの利用者が増えてくると、中古の状態を把握するために使用する画像認識機能、多機能決済機能、アプリ内の検索エンジン最適化(機械学習)などが必要になってくるはずです。

その際、スケーラビリティを意識した初期設計がなされていないと、改修時に大規模なインシデント(サービス提供の停止)が発生したり、そもそも機能追加ができない、といった状況に陥るケースも少なくありません。

このような事態を未然に防ぐために、開発を開始する際には、入口段階からアプリ開発会社の専門家としっかりと意識合わせを行いましょう。

株式会社GeNEE
代表取締役 日向野卓也
監修者

東京工業大学環境・社会理工学院卒業。MBA取得。国内最大手SIerの株式会社NTTデータなどで大手法人領域(大手流通企業、大手小売企業)の事業開発、事業企画等の業務に従事。その後、米国・台湾の海外大学への研修留学を経て、株式会社GeNEEを創業。

システム開発会社を一括見積もりで発注先を楽に探す
システム開発会社を一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

一括見積もりで発注先を探す