【ダメな税理士から卒業したい方】失敗しない変えるタイミングとは

更新日:2020年05月15日 発注カテゴリ: 税理士・公認会計士
【ダメな税理士から卒業したい方】失敗しない変えるタイミングとは

税理士と顧問契約を結んだものの、うまくいかず変更したいと考える方は意外と多いようです。本記事では、税理士をすでに利用されている方で、うまくいっていないと感じている方に向けて、失敗せず税理士を変更するポイントや注意点、具体的な手順等お伝えしていきます。

関連する記事

ダメな税理士から変更したいという人は意外と多い?

一度税理士と契約を結んだものの、うまくいかず変更したいと考えている方は意外と多いです。

こうした方は、税理士に対して以下のような不満を持っていることが多いようです。

  • 税理士報酬が高い
  • 契約した後ろくに連絡してくれなくなった
  • 業界知識に欠ける
  • 年齢差があって話が合わない
  • 会計処理に関するミスが多い

こうしたことを感じているのであれば、税理士を変更することを考えるべきでしょう。

しかし、いきなり税理士と契約を切るのはおすすめしません。

会計書類は引継ぎ等もあるため、事前の準備等タイミングが重要なことが多いからです。

税理士を変えるのに失敗しないタイミングとは?

税理士を変更するときは急にするのではなく、あらかじめ計画を立てて順次行っていくことをおすすめします。

ここでは、税理士を変えるのに失敗しないタイミングについてお伝えしていきたいと思います。

税理士変更を避けたほうがよいタイミング

まず、税理士を変更するときは以下のようなタイミングは避けるようにしましょう。

  • 決算申告前
  • 税理士が忙しい時期

それぞれ詳しくお伝えします。

決算申告前

まず、自社の決算を税理士に任せている場合は、決算申告前に税理士を変えるのはやめておいた方がよいでしょう。

決算申告前の時期は深刻のためのデータの集計に取り掛かっており、決算書を作成するための特別な処理などに取り掛かっており、このタイミングで税理士を変えてしまうと、間違った内容の決算になったり、決算申告書を提出できなくなったりする可能性があるからです。

このため、税理士の変更は決算申告が終わった後、落ち着いたタイミングにするとよいでしょう。

税理士が忙しい時期

また、新しく顧問契約をお願いする税理士を探すにあたり、税理士が忙しい時期だとちゃんとした対応ができない可能性があります。

法人の決算期は、法人ごとに異なるため、税理士は契約している法人によって忙しい時期が異なる可能性があります。

とはいえ、一般的に3月末を決算期にしている法人が多く、4月〜5月は忙しい時期にあたることが多いです。

また、個人事業主等を複数担当しているケースでは、2月〜3月の時期は忙しくなる可能性が高いでしょう。

新しい税理士を探すにあたり、これらの時期は避けるべきだといえます。

こんなタイミングで税理士を変える人が多い

一方、税理士の変更を検討されている方は、以下のようなタイミングで実行することが多いようです。

  • 経営者が変わった
  • 企業の経営状況が変わった
  • 税理士の対応に不満がある

それぞれ見ていきましょう。

経営者が変わった

税理士は経営者と違いところで仕事をすることが多い分、経営者が変わったときに変更されることは多いようです。

特に、親から子へ事業承継するようなケースでは、新しい経営者と税理士との間に年齢差が生じるため、コミュニケーションが取りづらいといった理由で変更されるケースがよく見られます。

企業の経営状況が変わった

企業の経営状況が芳しくなく、税理士にアドバイスを求めたい場合にはそうしたことを得意分野とする税理士を選ぶことが多いでしょう。

このように会社の経営状況が変わることで税理士の変更を検討されるケースもあります。

税理士の対応に不満がある

会計業務や経営コンサルなど依頼した業務への対応面で契約見直しを検討される方は少なくないでしょう。

会社側の経理担当者が変更されたり、税理士事務所の担当税理士が変わったりすることで、こうした問題が生じるケースが多いようです。

税理士を変更する具体的な手順

税理士を変更するタイミングについてお伝えしてきましたが、実際に税理士を変更するとなったらどのような手順を踏む必要があるのでしょうか?

一般的な税理士変更の手順は以下のような流れで行います。

  • 税理士の契約解除を希望する旨を伝える
  • 会計に関する各種書類を返却してもらう
  • 新しい税理士と顧問契約を結ぶ

税理士には業務上必要な会計に関する各種書類を渡すため、まずは契約解除する旨を伝え、書類を返却してもらう必要があります。

とはいえ、単に古い契約を解除して新しい契約を結ぶだけなのでそこまで難しいものでもありません。

なお、契約によっては解約の3カ月前までに通知する義務があるといった条文が入っていることもあるので、契約書の内容を確認しておくとよいでしょう。

税理士変更に関する注意点

税理士変更の手順はそう難しいものではありませんが、引継ぎがスムーズにいかないケースも少なくありません。

そうしたことになることを防ぐため、税理士を変更する際には以下の点に気をつけましょう。

  • 現在の契約内容を確認する
  • 変更後の税理士に期待することを決めておく
  • 変更前に次の税理士の候補を決めておく

現在の契約内容を確認する

先述の通り、契約の内容によっては解約の数カ月前までに通知する必要があるといった条文が掲載されていることがあるため、まずは現在の顧問税理士との契約内容を確認するようにしましょう。

変更後の税理士に期待することを決めておく

また、税理士の変更自体は難しいことではありませんが、書類の引継ぎなどは手間がかかりますし、変更してからしばらくは逐一確認しなくてはならないことが多くなってしまいます。

基本的には、税理士を変更するにであれば長く付き合っていける税理士を見つけることを目標に、変更後の税理士に期待することを明確にしておくとよいでしょう。

現在の税理士のどこに不満を持っており、新しい税理士にはどのような点でサポートしてもらいたいかを決めておきます。

なお、現在の税理士への不満が、税理士の能力やノウハウ不足だった場合、それらのある税理士を探せばよいのですが、実は会社側に問題があるケースもあります。

例えば、十分な資料を準備できていないことが原因で問題が起こっており、そのことに不満を抱いているようであれば、税理士を変更したとしても同じ問題が起こってしまいます。

税理士への期待を明確にすると同時に、自社に問題はないかの確認もしておくことが大切です。

変更前に次の税理士の候補を決めておく

契約書の内容を確認し、次の税理士に求めることを明確にしたら、いざ具体的に変更の手続きを進めていくことになります。

このとき、先に解約手続きを進めるのではなく、先に次の税理士の候補を見つけておくようにしましょう。

最悪の場合、会社に顧問税理士のいない期間が生じることになり、その間何らかのトラブルが起こってしまわないとも限りません。

できる限り、元の税理士との契約が終了すると同時に新しい税理士との契約が開始するようスケジュールを組んでおくことをおすすめします。

まとめ

税理士を変える際の注意点や具体的な手順等お伝えしました。

税理士の変更自体は古い契約を解約し、新しい契約を結ぶだけなのですが、引継ぎにはある程度手間がかかってしまいます。

このため、変更するにしてもできるだけ長く付き合っていける税理士を見つけることが大切だといえるでしょう。

そうした税理士を見つけるには、税理士に求めることや自社の問題を把握したうえで、それらの問題を解消できる税理士を見つけることが大切です。

そうした税理士を見つけるのであれば、無料で複数の税理士に相談できる比較ビズを利用することをおすすめします。

税理士・公認会計士を一括見積もりで発注先を楽に探す

税理士・公認会計士の案件一覧

税理士・公認会計士のお見積り案件の一覧です。このような案件に対応したい場合は「資料請求フォーム」よりお問い合わせください。

比較ビズへ掲載しませんか?

カテゴリ一覧

人気記事

税理士・公認会計士の最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら